仕事でやりたいことがわからない…自分のやりたい仕事を見つけて転職する5つの方法

仕事でやりたいことがわからない時どうすれば見つかる?

やりがいを感じることもなくただ会社に行き、「本当は自分が何をしたいのかわからない」「毎日つまらない」「やりたいことがない」と悩んでいませんか。

やりたいこと…それは自分のことなのに、なぜ、何をしたいのかがわからないのでしょうか?

ひょっとして、いままで生きてきた中での経験が足りなかったのかも、あるいは、自信を失くしてしまっているのかもしれません。

あなたがきっと、やりたいことが見つかる5つの方法をご紹介します。


やりたいことが見つかる5つの方法

仕事でなにがやりたいことなのかがわからない…。

そんな人は、次の5つの方法を試してみてください。

・あらためて自己分析

・趣味、興味のある資格から探す

・将来のライフプランから逆算する

・第三者の意見を参考にする

・どんな職業があるのかを調べる

順にみていきましょう。

スポンサードリンク

1. 自己分析をする

転職活動には自己分析が不可欠です。それは、面接対策として好印象を与えるためではありません。

新卒で就職活動をした時にも自己分析はおこなったと思います。それが社会人になってどう変化したのか?

意外と学生時代とは違う考え方になっていたり、以前はできないと思っていたことができるようになっていたり、仕事をし社会人として生活するうちに身についたことなどで、あなたは変化・成長しているはずです。

いま現在のあなたが、どんな仕事に向いているのか、あらためて自分自身による分析を行いましょう。

自分の強みや興味がどこにあるのかわからなければ、不向きな仕事に就いてしまい「自分にできることが何もない」と思い込み、やりたいことどころか何に対してもやる気が起きなくなってしまいます。

ひょっとすると、いまのあなたはそんな状態になっているのかもしれませんね。

やりたいことがわからなければ、まずは自分を知ることから初めてみましょう。

これからご紹介する方法は、やりたいことがわかった後には、転職活動に実践的に利用することができますので、ぜひ試してみてください。

【自己分析のやり方】

1)好きなこと、嫌いなことを分ける

仕事で与えられている業務の詳細な内容を「好き」と「嫌い」で分けていきましょう。

・電話応対
・コピーを取る
・会議
・飛び込み営業
・目標設定
・新しい人と出会う
・1から人間関係を築く
・日帰りでの仕事
・泊まりがけの仕事
・マネジメント
・資料作成
・プレゼンをする
・ファイリング
・上司に折衝する
・後輩の指導
・お茶出し
・お金の管理
・日報の入力
・細かい数字の集計
・掃除
・通勤
・座学研修を受講する
・レジュメをつくる
・論文を書く
・語学を学ぶ
・アイデアを出す
・ディスカッションをする

・・・・など

このようにお茶出しやコピー取りから営業業務まで思いつくままに行動や作業を「好き」「嫌い」で分けます。

2)「好き」「嫌い」で分けた項目をさらに「得意」「不得意」で分ける

嫌いだけど他の人よりも上手くできることもあると思いますし、下手の横好きもあると思います。自分を客観的に見て分けていきましょう。

内容によっては「得意」「不得意」では判断がしにくい作業や行動もあると思いますので、その場合は「苦痛」「苦痛ではない」で分けても良いです。

3)時間を忘れて取り組めることを加える

ゲームをするでもスポーツをする、おしゃべりをする、読書でも良いです。

時間を忘れて取り組めることを1)2)の内容に書き加えてください。

ゲームなんか誰でも時間を忘れて取り組めるのではないか、と思う人もいるかもしれませんが性格によっては、じっと座っていることが苦痛な人もいます。

シューティングゲームは何時間やってもあきないという人が、RPGでダンジョンを歩き回るのは耐えられないといったこともあります。

ゲームをプレイする中にもさまざまな業務・タスクが含まれています。こんなところからも好き嫌い、得意不得意のヒントが見つかるかもしれません。

そんなこと誰にでもできるのでは?と排除せずに書き出してみてくださいね。

  好き/嫌い 得意/不得意
隣の部署の人に頼み事をする × ×
エクセルで文書をつくる ×
電話アポ取り × ×
予算達成会議 ×
一部の顧客の応対 × ×
伝票チェック
品質検査    
   

4)仕分けた内容を2つに分ける

・「好きで得意(楽しい)なこと」と時間を忘れて取り組めること

・「嫌いで苦手(苦痛)なこと」

この2つに分けます。

「好きで得意(楽しい)なこと」と時間を忘れて取り組めることは、適性のある行動や作業であり、あなたの強みです。

「嫌いで苦手(苦痛)なこと」は適性がなくあなたの弱点です。

5)長時間取り組めて強みを生かせる仕事を探す

世の中には分類の仕方によって、数千、数万もの職業があります。

こんなことでお金を稼げるのか?というようなことで報酬を得ている人もいます。

会社勤め以外は考えていないという人も、いろんな職業があることを知っておいて損はありません。

この後「5.どんな仕事があるのか調べる」で紹介する職業の調べ方を参考にして、自分の適性に合う仕事を探しましょう。

少しでも「面白そう」だと感じる興味・関心を持てる仕事があれば、仕事内容をさらに調べたり、転職エージェントに相談したりしてみましょう。

2. 趣味・興味のある資格から見つける

チラシや雑誌で通信講座の案内を見かけることがあると思います。

その中で少しでも興味があることがあれば、思い切って資料請求をしたり図書館で資格取得に関する本に目を通してみましょう。

その資格が気になるということは、心の奥ではあなたがやってみたいと思っていることなのです。

他にやってみたいことがないのであれば、思い切って挑戦してみましょう。

『資格取り方選び方全ガイド 2018年』(高橋書店編集部 (編集) 高橋書店出版 2017年)

NHK学園やユーキャン、朝日カルチャースクールのようなカルチャースクールの講座を見て、直接仕事に直結するような内容ではなくても良いので、興味や関心を引く講座がないかチェックしてみましょう。


3. 将来のライフプランから逆算する

やりたいことがわからないのであれば、「いま、やらなければいけないこと」を作るという考え方もあります。

将来はこういう生活をしたいという希望があれば、そこから逆算をしていまの年齢では何をしていなければいけないのか、を考えましょう。

たとえば、40代でタワーマンションを購入して住みたいという漠然とした希望があれば、40代までにいくらの貯金が必要なのかを計算をします。

いまから貯金をするには、年収がいくらの仕事に就けば達成できるのか計算して、求人サイトを調べてみましょう。

いまの自分のスキルでは計算した年収に届かないことがあるかも知れません。

場合によっては資格を取得した方が早く目標額を達成できることもあります。

何をすれば良いのか考えて行動していきましょう。


4. 第三者の意見を参考にする

自分で考えてわからなければ第三者の意見を聞いてみましょう。

・友人や家族に「自分にはどういう仕事が向いていると思う?」と聞いてみる

・人事考課の時期に自分はどこで評価をされているのか、フィードバックを見直す

・職場の同僚に「Aさんの作る資料は見やすいよね」とか「ExcelのことはAさんが詳しいよ」と言われた経験を自分で評価する

・人材サービス会社のキャリアコンサルタント資格保有者に相談する

・人材サービス会社の適職診断や適性検査を受けてみる

…自分では人並みにしかできない、と思っていることが実は周囲から高く評価されていることがあります。

自分が評価されていることを生かせる仕事を調べて取り組んでみましょう。

人の役に立てたり、自分を高く評価される職場で働くことでやりがいを得たりすることができ、「やりたいことがない」状況を脱することができますよ。

5. どんな仕事があるのか調べる

株式会社リビジョンが行った10代から20代の男女500人に聞いた『将来の夢と就こうと思う職業』のアンケート集計結果で、就こうと思っている仕事がない人たちの理由1位は「やりたいことがわからない」で74.3%でした。

やりたいことがわからない人はとても多いことがわかります。

そして、就こうと思っている仕事がない人たちの13.3%は「どんな職業があるのかわからない」でした。

サラリーマン家庭で育った人や親戚がほとんど教師だったといった家系だと、皮膚感覚として知っている職業の種類が限られます。

世の中にどのような仕事があるかは、インターネットの求人サイトや、テレビ番組で見つけることができます。

いくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【インターネットサイト】
ハローワーク インターネットサービス「職業分類コード一覧」

給与BAMK

Career Garden
 
【本】

『新 13歳のハローワーク』(村上龍 著 はまのゆか イラスト 幻冬舎出版社 2010年)

『10代のための仕事図鑑』(大泉書店編集部 著,編集 大泉書店出版 2017年)

『日本の給料&職業図鑑』(給料BANK 著 宝島社出版 2016年)

 

【TV番組】

プロフェッショナル仕事の流儀』(NHK)

和風総本家』(テレビ東京系)

ジョブチューン』(TBS系)


やりたいことが自由なようで自由ではない?

成績や親の収入、家業などによって制限があったかもしれませんが、本来、私たちは進学する時も就職をする時に、進学や就職先を自由に選ぶことができます。

しかし、それ以上に「将来安定した生活を手に入れる」ことを目標としたカテゴリーの中から、進学先や就職先を選択させられてきたのではないでしょうか。

そのため、このカテゴリーを外されてしまうと、それまで限られた選択肢の中から選択させられてきた人は、「何を選択するべきなのか」「どうやって選べば良いのか」がわからず、いまの仕事を変えなければならない状況(転職)になっても、やりたいことがわからず悩んでしまうのです。

また、幼い頃から親や周囲の期待に応えるために両親や先生の言うことだけを聞いて育った人は、自分で何かを決めることが苦手な人が多い傾向にあります。

自分自身で何も決めることもせず周囲に決められた道を歩み、社会に出て「自分で仕事を決めてください」と言われて困るような人たちを「アイデンティティ(自我同一性)の未確立状態」といいます。

アイデンティティは自分なりの価値観や本当の自分に気がつき、受け入れることで確立されていきます。

アイデンティティが未確立であると主観的だけでなく、客観的にも自分自身と向き合うことができないため何がしたいのかわかりません。

就職先を選ぶことができない、さらに結婚や子育てなど、多くの場面で自分自身と向き合うことができずにつまずきやすくなります。

これを機に、自分の本当の人生について考えてみてはいかがでしょうか。

テレビで活躍する人やスポーツ選手な中には「この人は天職に就いていてうらやましいな」と思うことがあるでしょう。

しかし、天才と呼ばれるような人であって仕事に就いている以上、楽しいことだけではありません。辛いことがあって当たり前です。

この辛さや苦しみを乗り越えられるような、「やりがい」や「楽しみ」を得られるような仕事が見つかるように、行動してみましょう。

やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

あなたが、やりたい仕事を見つけられますように。