1. TOP
  2. 『島耕作』で学ぶ、役職の順位。会社での偉い順一覧

『島耕作』で学ぶ、役職の順位。会社での偉い順一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
役職の順位って?

役職名というのは、会社によって様々あり、偉い順位も違っていたります。

それでも基本の順番というのがあり、その最もよく分かる例が人気サラリーマン漫画の『◯◯島耕作』シリーズです。

島耕作が出世していく順番を基本に、その間のあまり使われない役職、役職名の英語表記、公務員の役職名について解説します。


島耕作で学ぶ、役職の順位

最初にマンガが発表された『課長島耕作』に始まり、連載開始から約30年を経てついに会長職に。そして過去編が学生時代まで遡っています。

それでは島耕作が出世の階段を上っていく様子を見てみましょう。

学生時代・・・『学生 島耕作』(就職する前ですね)

平社員・・・『ヤング島耕作』(新入社員~平社員)

主任・・・『ヤング島耕作 主任編』

係長・・・『係長 島耕作』

課長・・・『課長 島耕作』シリーズはここからスタート

部長・・・『部長 島耕作』

取締役・・・『取締役 島耕作』…ここから役員に

常務・・・『常務 島耕作』

専務・・・『専務 島耕作』…常務より専務の方が偉い!

社長・・・『社長 島耕作』

会長・・・『会長 島耕作』

島耕作がこんなにメジャー作品になる前のバブルの頃の新卒の面接では、「課長と部長、どっちが偉いんですか?」と質問した学生が大企業に無事合格していた…なんて話がありましたが、いまはそんなわけにはいかないでしょうね、たぶん。
もしそんな人がいたら、島耕作を読んで役職における立場や仕事の役割の違いについて学んでみましょう。

スポンサードリンク

役職の順位って、どう決まってるの?

島耕作では出てこなかった役職もありますので、あらためて役職の順位について見ていきましょう。

まず基本の順番として、平社員(役職なし)⇒役職名あり⇒管理職⇒役員の順に偉くなっていきます。

会社の組織図を見ると、上の方には「役員」という立場があり、新入社員の頃であればなかなか縁がない上の人と思うかもしれませんが、キチンと勉強しておきましょう。

役員は、会社経営を行う「取締役」と業務執行を行う「執行役」にわけられます。ちなみに前者は経営について重要な判断を下す機関で、後者は業務遂行に特化した機関です。

両者を比較した場合、経営に深く携わるという点で、取締役のほうが役職は上になります。

また、役職の序列を判断するうえで「代表権」もポイント。

これは、個人として会社(法人)の意思を代表することができる権限のことで、同じ役員でも代表権のあるほうがポジションとしては上になるのです。

そして、会長や社長といった肩書は、役員の中に含まれる職位です。法律的に根拠や順序はなく、会社それぞれで序列は異なりますが、一般的には次のような順番になりますのでこれを覚えておきましょう。

役員の順位

会長

会社における取締役会の会長。取締役会決議をもって取締役のなかから選任されます。

前社長が就任、社長よりも年長・目上の人が就任するケースが多く、実権を伴わない名誉職の場合もあります。

経営の実権を持つ時は「代表取締役会長」という役職名になります。この肩書の場合は会長が実質的なトップで院政を敷いていると考えていいでしょう。

単に「会長」と書いてある場合は、事実上隠居していることが多いです。

社長

会長と同じく、取締役会決議で選ばれます。

会社組織におけるトップを意味します。つねに代表権を有する立場で、会社の顔ともいえる存在です。

代表取締役」と名刺に書いてあれば、「社長」のことだと思って間違いありません。

副社長

会社組織における社長以下専務以上の役職。社長を補佐するポジションです。

専務取締役

副社長か常務以上の役職のこと。

常務取締役

専務以下役なしの取締役以上のポジションのこと。

取締役

常務、専務などの「役付」のない、いわゆる「平取(ひらとり)」。
ちなみに、口頭で名前を呼ぶ時は「◯◯役員」が一般的。

執行役

業務に直接関わる立場や役員に次ぐ立場として「執行役」を置くことがあります。

取締役とは違って、会社法で定められた「役員」ではありません。取締役と兼ねている場合もありますが、その場合は取締役としての肩書に準ずると考えていいでしょう。

顧問、相談役

こちらも会社法で定められた役員ではありませんが、役員経験者または社外の専門家などを相談役的な立場で置くことがあります。会長を引退した後に顧問として会社に残る場合など、実権はないものの重要事項の決定の前にはいちいちお伺いを立てて…なんてこともあります。

監査役

取締役の職務の執行状況や会社の業績についてチェックを行う役員です。本来であれば社長に次ぐくらい偉いといえば偉い筈ですが、役割として機能しておらずお飾り的になってしまっていることが多いです。

社外取締役

第三者として経営をチェックすることを目的に、有識者や他の会社の経営者などから選任する取締役です。会社の業務を執行するわけではなく「客人」的な立場といえるかもしれません。

役員の中での順位まとめ

・・・ここまでをまとめると、役員としての序列は「代表取締役」⇒「取締役」⇒「執行役」の順番。

職位の序列は「会長」⇒「社長」⇒「副社長」⇒「専務」⇒「常務」⇒「平役員」⇒「執行役員」となります。

厳密には両者の掛け合わせで上下は決まります。例えば、常務であっても取締役であれば、執行役専務より偉くなるというように、ちょっとややこしいところもあるようです。

とはいえ、概ねは上記の通りになりますので、これらを目安に相手の立場を把握すれば問題ないでしょう。

 

・・・続いては、部長、課長など「管理職」の役職の順位です。

次のページで、詳しく紹介していきます。

★自分の「個性」や「強み」がわかればもっと自己PRしやすいと思う…
女性事務員
無料の自己分析とスカウトサービスだけじゃない、転職者の8割が利用する転職サービス


フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす