転職すべきサラリーマンの特徴15

転職すべき会社 特徴

転職すべきサラリーマンの特徴15

スポンサードリンク

一昔前までは多くの企業が終身雇用と年功序列型賃金を前提とする人事制度を採用していたため、新卒で入った会社を安易に辞めるべきではないという考え方が一般的でした。

しかし、いまではこうした人事制度を維持できる会社は少数派となり、転職は当たり前という風潮が広まっています。

もっとも転職を繰り返す「ジョブホッパー」には、

  • スキルが低い
  • 物事をすぐ投げ出す
  • 思慮深さに欠ける
  • 不平不満ばかり言う
  • 自己中心的

などのネガティブなイメージがあり、実際にそういう人は少なくありません。

こうした状況を踏まえ、ここでは多くの人が「一刻も早く転職すべき」と判断する特徴をご紹介します。


スポンサーリンク

一刻も早く転職すべ会社の特徴

1. 給料が極端に安い

手取り収入が生活保護費と変わらない、サービス残業時間も考慮した時給が最低賃金並みなどの人は、すぐに転職を考えましょう。

あまりにも安い給料では酷使されて体を壊せば元も子もありません。

2. 残業代・休日出勤手当をもらえない

昔は有名大企業でも残業代を払わないことが当たり前でした。

しかし現在は、長時間のサービス残業を強いる会社は大幅に減っています。

ベンチャー企業が株式上場をする際にも勤怠管理の適切性と残業代や休日出勤手当の支給は、重要な法令遵守事項の1つとして必ずチェックされています。

残業や休日出勤に対して手当が出ない会社は、長居するメリットはありません。

3. 残業・休日出勤が極端に多い

月間80時間を大幅に上回る残業・休日出勤が恒常的に続いている場合は、過労死認定ラインの超えています。

過労で命を落とす前に転職すべきでしょう。

こうした会社が時間外勤務の大幅削減に乗り出すことはまず考えられません。

ただし特定の職場(上司)の影響で極端な過重勤務状態に陥っている場合は、まず人事部へ通報する手もあります。

転職すべき 残業 過労

4. 有給休暇をほとんど取得できない

残業はそれほどきつくないけれど、有給休暇をほとんど取れないという職場もあります。

ケガや病気、介護、葬儀などどうしても休まざるを得ない理由があっても簡単に有給休暇を取れない会社は、社風や業務運営体制に根本的な問題を抱えています。

法令違反の実態を労働基準監督署などへ告発することも視野に入れつつ、すぐに転職活動を始めるべきです。

5. 出張が極端に多い

一流大企業でも出張が極端に多い職場はあります。

航空機の乗務員や旅行会社の添乗員など出張が仕事そのものという人もいます。

しかし、通常こうした会社では社員の健康管理体制が整備されているため、仕事(出張)が耐えられないという人はあまりいません。

ただし、一般企業などで年間200日以上の出張があるような場合、安い出張手当で長時間残業を強いられる恐れがあります。

6. 転勤が頻繁にある

急成長中の小売・サービス業などでは頻繁な転勤が行われています。

こうした企業には急成長の反動で一気に経営が悪化するリスクもあります。

心身の負担だけでなく、こうした点も見極めて転職活動を始めましょう。

また大手金融機関など全国に多数の支店・営業所・工場を抱える大企業では、組織的なイジメの一環として頻繁に転勤させる場合があります。

意地を張って会社に残る手もありますが、早めに転職する方が身のためです。

7. パワハラ

パワハラには加害者の個人的な資質だけでなく、組織風土が大きく影響しています。

特定の上司だけの問題であれば、人事部へ訴えれば解決することが多いですが、パワハラを働く上司は社内での評価が高い場合もあるため会社も寛容な姿勢を示します。

こういう会社は訴訟になっても加害者の上司の味方になることがあり厄介です。

転職すべき パワハラ

8. セクハラ

セクハラはパワハラと比べれば、組織風土の影響余地は大きくありません。

ストーカー行為と結びついたり事実無根の風評を広められたりするなど、被害が拡大する可能性があります。

特に上司が社内で強い権力を握っている場合、被害者に落ち度があるようなストーリーを作られる懸念があります。

そのため、2次被害の恐れがあると感じたら転職した上で告発や訴訟を考える方がよいかもしれません。

9. 仕事についていけない(スキル不足、肉体的負担)

新入社員であれば、仕事についていけないのは当然とも言えます。

しかし、求められるレベルと自分の能力のギャップがあまりにも大きいと感じたら早めに転職を検討すべきです。

知力、体力、精神力とも要求水準の高い自衛隊の幹部養成学校では、毎年多くの脱落者が出ています。

分相応の仕事に就くという発想も大事です。

10. スキルアップを望めない

一昔前の大企業OLのように数年間勤めた後に結婚退職することを前提に働いている人はともかく、30年、40年と長く働くことを展望している人にとってスキルアップを望めない職場には早く見切りをつけるべきです。

年功序列型の賃金制度がほぼ崩壊した現代では、スキルアップなくして給料アップは見込めません。

11. 給料アップを期待できない

給料アップが見込めない主な原因は、自らの能力不足を除けば会社の体質・業績と雇用形態(非正規雇用)にあります。

いずれも自分がまじめに働いていれば解決する問題ではないため、こうした状況に置かれている人はすぐに転職すべきです。

12. 昇格を期待できない

一生懸命働いて十分な成果を上げても、昇格を期待できないことがあります。

その原因は主に会社の体質と職種にあります。

硬直的・閉鎖的な体質の会社では、年齢、社歴(プロパーか中途採用か)、性別、学歴などの形式要件で差別されます。

また一般職、専門職の場合は、総合職と比べ昇格スピードが遅いことを正当化されています(国家公務員が典型例です)。

13. 違法行為を強要される

いわゆるブラック企業といわれる非常識な会社だけでなく、談合が横行していた時代のゼネコンのように「会社のため」という枕詞をつけて違法行為を強要する企業は少なくありません。

消費者の不利益に直結する品質基準違反を行うよう、不正を強要する会社はすぐに辞めるべきです。

14. 会社が倒産寸前である

会社の中で一定の責任を負う中間管理職以上の人であれば、経営悪化に歯止めがかからない中で努力を続け倒産後も最後まで仕事をやり遂げることにより転職市場で高く評価されることがあります。

しかし、若手の場合は倒産すればすぐに解雇される可能性が高いため、会社が傾き始めたら早めに転職すべきです。

15. 仕事より家庭の事情を優先したい

日本の会社の大半はワークライフバランスを重視していません。

仕事と出産、育児、介護などを両立させたり趣味に一定の時間を割きながら仕事をしたりすることが難しい職場が多くみられます。

個人的な事情で仕事時間をセーブしたい(せざるを得ない)人は、すぐに転職準備をすべきです。ただし拙速でやめると収入が激減して生活そのものが破綻しかねないのでよく考えることが大事です。

スポンサードリンク

自分が転職すべき人材かどうかを見極める

転職せずに済むなら、それに越したことはありません。

しかし長く勤めることがよいという固定観念を持つことは危険です

変化の激しい世の中にあって、30年、40年と安定的に成長できる会社は稀です。

嫌でも転職せざるを得なくなる可能性があります。

また、会社にぶら下がっていれば年功序列で着実に給料が増える時代ではないため、いまの会社で芽が出ない人は転職しなければ給料は上がりません。

大企業や官公庁に勤めていても転職すべき状況に置かれている人は必ずいます。

組織の安定性や世間体に目を奪われることなく、自分が転職すべき人材か否か考えることをオススメします。

転職しない方がいい人の特徴は、
「転職しない方がいい人」…知らないと人生を踏み外す15の落とし穴

転職を迷っているなら、
転職したいけど、いま一歩を踏み出せず躊躇してしまうのをなんとかしたい…

転職で新しい人生を切り開けますように。

2019/08/15

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています