転職したいけど、いま一歩を踏み出せず躊躇してしまうのをなんとかしたい… | はたらくす

転職したいけど、いま一歩を踏み出せず躊躇してしまうのをなんとかしたい…

転職したい

「転職を考えているけど、具体的な時期や業界は考えていない」

「転職活動を始める為に求人サイトに登録したけど、あまりピンとくる求人がない」

「はじめての転職活動をしようと考えているけど、どう進めていけばいいか分からない」

転職しようと決心したものの、いざ真剣に考えはじめると、思うように転職活動を進めていくことができないそんな経験はありませんか?

年収や仕事のやりがいに満足できず転職をしたいと考える事は、サラリーマンの方であれば一度は経験しているでしょう。

しかし、実際に行動に移すとなると、情報収集の為に時間を確保したり、自己PRや職務経歴書を書いたり、面接の為に会社を休まなければいけなかったりと、それなりの覚悟が必要となります。

転職サイトにいくつか登録したものの、現在の仕事は毎日朝早くから夜遅くまで。企業の説明会に行きたくても行けなかったり、気になる会社の求人が見つからなかったり、面接に進んだとしても日程の調整がつかなかったり、なんらかの理由で転職活動が休止状態になっているかもしれませんね。

そんなあなたがもう一度、転職活動をリスタートするためのポイントを見ていきましょう。


転職活動をうまく進める為のポイントは?

忙しい日々の業務の中でも、水面下でコツコツと転職活動を進めて、転職を成功させている人たちも多くいます。

そういった人たちは、何が違うのでしょうか?

転職活動をうまく進める為のポイントを紹介します。

(1)転職の目的が明確

明確な期日やゴールがない仕事がうまくいかないように、転職にも明確な目的がなければうまくいきません。

  • 転職して、年収を○○○万円に上げたい。
  • 憧れだった○○業界に転職して、○○の職種に就きたい。
  • 休日出勤がなく、土日にしっかりと休める会社・部門で働きたい。

というように、転職の目的が明確であればあるほど、膨大な求人案件の中から絞り込みをかける事ができ、より効率的に転職活動を行う事ができます。

現在の環境を変えたいという気持ちだけで、ただ漠然と転職サイトを見ているだけでは、行きたいと思える業界・企業はそう簡単には見つからないものです。

(2)自己分析ができている

転職は、新卒の時と違って、求められる経験やスキルがより明確です。また、そもそも現在の仕事を辞めて転職してくる訳ですから、採用する企業側は、またすぐに辞めてしまわないか等も考慮し、仕事に対する熱意や人間そのものを見極めようとします。

転職志望者は、ビジネスマンとしての自分の価値を客観的に分析し、その上でさらに仕事に対する熱意を伝える力も求められるのです。

(3)業界・企業研究ができている

過去の経験やスキルは、転職先で生かせるものでないと意味がありません。

特に異業種へ転職する場合は、なぜ自分の経験やスキルが、その業界・企業・職種で活かせるのかを論理的に説明できなければ、面接官に響く自己PRはできません。

スポンサードリンク

転職サイトの活用方法

転職サイトは数多く存在しますが、それぞれのサイトに特徴や強みがあります。

  • 膨大な量の求人数が掲載されている転職サイト
  • 特定の業界の求人情報に強い転職サイト
  • 非公開求人が数多く掲載されている転職サイト
  • マッチングサービスのある転職サイト
  • 転職に関するお役立ち情報が充実した転職サイト

転職サイトをうまく活用している方は、複数の転職サイトに登録をして、より多くの求人情報を仕入れています。

もちろん、登録すればするだけ手間や時間がかかりますし、こまめなチェックができなくなってしまいますので、転職の目的や志望先の業界等に照らし合わせ、登録するサイトを選ぶ必要があります。

また、はじめて転職活動をする方や、転職に慣れていない方は、転職活動そのものについての知識を得る必要があります。(そもそも、転職は何度もするものではありませんが。)

  • 現職の仕事と転職活動の両立
  • 履歴書や職務経歴書の書き方
  • 転職の面接を受ける際のマナー
  • 現職を辞める際のマナー

このような転職活動そのものについて必要な知識は、会社の上司や同僚には聞けないものです。

ですが、転職サイトを活用すれば、このような情報も得る事ができます。

内容が充実していて読みやすい情報コンテンツを提供しているサイトはたくさんありますので、ぜひこういった点にも着目して転職サイトを選びましょう。