銀行員からの転職|なぜ転職するのかの理由と成功のポイント | はたらくす

銀行員からの転職|なぜ転職するのかの理由と成功のポイント

銀行員からの転職 転職したい

かつての銀行員は公務員並みの安定度で、トップクラスの給料をもらえる人気職業でした。

しかしバブル経済の崩壊を経て銀行員の給与水準は、大企業の平均レベルより少し高い程度にまで下がりました。

今でも人気の銀行員ですが、職場の閉塞感は強まり居心地の悪い組織になりつつあるようです。

このため「できることなら銀行を辞めたい」と考える人が多くなりました。

ここでは銀行を辞めたい理由を整理した上で、転職を成功させる(転職して後悔しない)ためのヒントをご紹介します。


銀行から転職したい理由

仕事を辞めたい、転職したいと考えはじめるのには、たくさんの理由があります。

銀行員が転職を考える理由は、どんなことがあるでしょうか。

1.企業風土になじめない

若手の場合はとくに、銀行の風土になじめないことが一番多い転職理由でしょう。

出る杭は打たれるという文化なので、チャレンジ精神旺盛な人にとっては窮屈な組織です。

銀行員は行内の競争が激しく、足の引っ張り合いは日常茶飯事です。

また命の次に大切なお金を扱う仕事なので、顧客折衝でも神経をすり減らします。

最近の銀行業界では残業時間を厳しく管理する傾向が強まっていますが、それでもメーカーと比べれば勤務時間が長いのも要因の一つと言えるでしょう。

とくに本部は忙しく、残業も多いはずです。

こうしたプレッシャーや勤務状況から解放されたいという人も大勢いします。

2.異動が多い

銀行は2、3年で異動する職場が多くあります。

順調に出世街道を進む中で異動する人はよいでしょうが、左遷人事の連続で地方を転々とする人もいます。

また最近は多少変わってきましたが、銀行が行員の意向をくんで人事異動を行うことはまずありません。

やりたい仕事があっても希望がかなう可能性が低いことも要因の一つです。

3.出世が見込めない

銀行人事の基本は、「敗者復活戦のない生き残り競争」です。

昇格が遅れたりエリート部署から外されたりした人は、行内では負け組です。

銀行業界はどちらかで言うと保守的で変化に乏しい世界です。

このため世の中の動きから取り残され、どうにもならなくなった段階で一気に大量リストラが行われるリスクがあります。

銀行員 転職したい理由

スポンサードリンク

銀行から転職して後悔する理由

一般的に銀行員は就職が決まったときは、成功者と言われます。

しかしそんな銀行員かあら転職をしたときに、他の企業とのギャップに転職したことを後悔するかもしれません。

転職してか後悔しないように、転職後のイメージをしてきましょう。

1.仕事についていけない

上意下達の銀行文化になじんだ人は競争が激しい保険、住宅、自動車等の営業・接客などのクリエイティブな能力が求められる仕事についていけない恐れがあります。

また、銀行と大きくカルチャーが異なる小売、外食、ITベンチャーなどのサービス業へ転職した人は、社風になじめないかもしれません。

2.収入が安定しない

硬直的な銀行組織から抜け出した人は、その代償として収入の不安定化を受け入れざるを得なくなることがあります。

結果として、それが大きなストレスになる人もいます。

とくに地方在住者は転職により給料が減る可能性が高く、それが当初の想定を超える負担になる可能性があります。

銀行員転職 後悔 収入

3.福利厚生が整っていない

銀行は一般企業と比べ社宅・独身寮、住宅ローン、保養所などの福利厚生が整っています。

これらを失い想定外の出費が重なり後悔することもあります。

4.周囲の目が変わった

銀行員はいまだにエリート扱いされることが少なくありません。

とくに地方では公務員と並ぶエリート職種なので、転職により周囲の目が変わったことに落胆する人もみられます。

銀行からの転職【成功ポイント】

1.能力を磨く

(1)金融知識

銀行マンであったからには、知っておくべき金融全般に関する基礎知識を身につけておきましょう。

転職先で「銀行員のくせに金融のことを知らない」と、言われないようにすることが大切です。

(2)財務会計

簿記と財務分析の基礎的なスキルや知識は、銀行員に当然備わっている能力とみられます。

(3)法律

会社法、民法、商法、労働基準法、独占禁止法、個人情報保護法などあらゆる企業に共通して適用される法律の勘所を押さえることも重要です。

(4)政治・経済

政治や経済の基本的な仕組みや足元の情勢に関する知識も不可欠です。

政権交代による経済政策の変更などを理解できなければ、「銀行で何を学んできたのか」と陰で言われかねません。

(5)IT

銀行員の大半はIT専門家ではありませんが、巨大で複雑なシステムを運営する組織の一員として一定水準のリテラシーは転職先でも求められます。

(6)語学

銀行の国際化は急速に進んでいます。

とくに大手銀行の本部組織や法人営業部門の経験が豊富な人は、ある程度の語学力を期待されます。


2.人脈を広げる

(1)取引先

銀行は不正の温床となる恐れがあるため、行員と取引先が親密になることを好みません。

しかし自分の市場価値を高めるためには、取引先と深くつきあい信頼をえることが欠かせません。

(2)同業他社

銀行員が他行へ転職するケースは稀ですが、他行からも一目置かれる存在になれば転職先によい情報が伝わる可能性はあります。

(3)行内

もっとも身近な社会人は職場の同僚です。行内で能力・人格を認められれば転職に有利に働くことは確実です。

銀行員 転職 成功ポイント

3.人間性をアピールする

(1)実直

銀行員の典型的な人物像は「誠実な人」です。

イメージ通りの実直な性格を評価してくれる転職先を選ぶことが重要です。

(2)勤勉

地道な作業を継続的に行う勤勉性も銀行員の美徳です。

新しいことにチャレンジすることを忘れないという姿勢は、どんな仕事でも評価されます。

(3)冷静

銀行員は総じて沈着冷静です。よくも悪くも感情をあらわにすることが少ない落ち着いたタイプの人が多いので、これもセールスポイントになります。

(4)安定

銀行員には、預金、為替、貸出などの事務を安定的に行うことが求められます。定時性、定型性を重視するような職場では、こうした銀行員の特性が高く評価されます。

4.銀行を辞めるタイミングを見定める

(1)入行1年目(25歳未満)

「銀行になじめない」と思った人には、すぐに辞めることも合理的な選択肢となり得ます。

銀行員は優秀とされるため、第二新卒者の中でもポテンシャルの高い人材とみられる可能性が高いからです。

(2)入行7年目(30歳未満)

28、29歳で3つ目の職場に異動して間もない人は銀行のことがある程度分かるポテンシャルの高い若手人材と判断される可能性があり、異業種転職のチャンスが十分にあります。

(3)入行15年目(40歳未満)

30代後半になれば、出世の見込み(最終的なポスト)がほぼ正確に見通せます。

銀行員としての明るい未来を展望できない人は、「脂の乗った中堅サラリーマン」とみてもらえるうちに転職する方がよいかもしれません。

(4)入行26年目(50歳未満)

50歳になれば役員候補者とその他行員が明確に区別されます。

後者は早く辞めてもらいたい人材として扱われます。

職場の居心地も徐々に悪くなるため、納得できる職場が見つかればすぐに転職すべきでしょう。

(5)入行32年目(55歳未満)

かつて銀行員の定年は55歳でした。

それを60歳へ延長する際に55歳以降は段階的に給与水準を引き下げる制度が導入されました。

今は再雇用で65歳まで勤めることも可能ですが、10年続けて給与が減る職場で働くのも気が滅入ります。

ここで見切りをつけなければ、銀行にしがみつく人生で終わってしまいます。


転職をするべきか見極める

銀行、電力会社、大手私鉄など経済社会の基盤を支える保守的な企業の社会的影響力が強く、そこで働く人が相対的に恵まれた待遇を得られる時代は終わりました。

高度成長期を経た先進国(成熟国)では、銀行員を含めた企業間の競争が激化し優勝劣敗が一段と鮮明になります。

こうした産業・社会構造の変化を認識した上で、自分の能力、指向、年齢、家族構成などを総合的に勘案して転職のメリットデメリットを冷静に判断することが大切です。

転職しようか悩んでいるなら参考になるビジネス書を読んでみましょう。
転職しようか迷っている時に読むビジネス書8冊

高収入な仕事につきたいなら、
高卒でも給料のいい仕事!稼ぎやすい24の職業は?

あなたが納得いく転職ができますように。