海外で働く職業20 日本人が海外就職しやすい職種は?

海外で働く職業 海外で働く

日本人は英語ができる人が少ないから海外では働くのは難しい……?

いえいえ、そんなことなことはありません。

通訳、日本語教師、和食料理人など日本人であることを活かした仕事

エンジニア、ファンドマネージャー、弁護士など専門能力に基づく職種。

教育事業、文化支援事業など興味や熱意を頼りに切り拓く事業など。

海外求人の情報を調べるなら、
>>>海外の求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

さまざまな職業で多くの日本人が海外で働いています。海外で働くことに興味がある人は、幅広い視点から自分ができる仕事を探すとよいでしょう。

海外で働ける仕事を20の職種に分けて紹介します。


1.日本語を活かした仕事

まずはちょっと意外に思う人がいるかもしれませんが、あなたの「日本語能力」を活かした仕事です。

(1)通訳・翻訳

日本人の能力を活かした仕事として真っ先に挙がるのは通訳・翻訳です。

とくにインフラ工事、技術支援、資源開発などで現地を訪れる日本人が多い新興国・非英語圏の国では、仕事を見つけやすいと考えられます。

(2)日本語教師

日本語教師も通訳・翻訳と同様に日本人の能力を活かした典型的な仕事です。

資格を取得したり教育スキルを身に着けたりする必要はありますが、通訳・翻訳と違い高度な外国語力を必要としないため、それほど参入障壁は高くありません。

(3)日本人学校教師

小中学校の教員免許があれば、海外の日本人学校の教師として働くことも考えられます。

日本人居住者の多い大都市であれば、日本の学校の受験指導を行う塾の講師になる道もあります。

(4)観光ガイド

観光ガイドを仕事にする人も多くみられます。

留学・遊学中の若者がアルバイトでガイドを務めるケースもありますが、現地の政府公認ガイドの資格を取得し腰を据えて仕事をしている人もいます。

スポンサードリンク

2.日本との取引を行う仕事

海外で現地の人向けに貿易や旅行などの仕事もあります。

(1)旅行代理店(現地居住者を日本へ送り出す)

海外で現地居住者に日本への旅行をあっせんする代理店業を営んだり、現地の旅行代理店の日本担当者として就職したりすることも考えられます。

東アジアや東南アジアを中心に日本への旅行客が激増しているため、仕事を得られるチャンスは十分あります。

(2)輸入商社(日本から輸入)

発展途上国では日本からモノを仕入れる輸入業を営む手もあります。

自動車、家電製品、衣料などのリサイクル品の輸入は大手商社が手掛けないため、個人で参入するチャンスがあります。また、すでに進出している企業の現地採用を目指すことも考えられます。

とくにバイタリティがあり物おじしない性格の人にはチャンスがあります(語学力は二の次です)。

3.日本人であることを活かした仕事

日本人ならではの能力、国籍を活かして仕事を見つけることも可能です。

(1)日本食料理人

寿司、懐石料理、天ぷらを始めとする伝統的な和食に加え、最近ではラーメンなど多様なジャンルの日本食が世界各地で人気を集めています。

先進国の一流店の料理人には日本で修業して実績を積んだ人でなければ採用されないでしょうが、カジュアルな店や発展途上国ではほとんど調理経験のない人でも働くチャンスがあります。

(2)伝統美術・工芸品等の制作・販売

日本の伝統文化に関するモノやサービスの中には、盆栽、錦鯉、日本庭園など、日本国内よりも海外の需要が伸びているケースがあります。

現地で職人として働くほか、日本画、磁器、竹細工、木彫、ガラス細工、刀剣などの伝統美術・工芸分野の制作・販売あるいは輸入を手掛ければ、一定の顧客がつく可能性もあります。

(3)国際公務員

国際連合(UN)やその下部機関に当たる国際連合児童基金(UNICEF)、世界保健機関(WHO)、国際通貨基金(IMF)などの国際機関は世界各国の人を採用します。

日本は国連への拠出金が米国に次いで多いため、日本人は採用されやすいといえます。ただし高度な英語力と高学歴(博士号、修士号)が必須要件となる職場が少なくありません。

(4)在外公館職員

在外公館でも日本人職員を採用することがあります。基幹職員はすべて日本で採用・派遣するため、現地採用は警備・清掃などの現場作業員が中心となります。

ただし外務省内でも専門職員が限られるマイナー言語を専門とする人の場合は、通訳・翻訳の仕事が見つかることもあります。


4.専門能力を活かした仕事

日本にいる間につちかった専門的な技術やスキルを活かして働くのは、もっとも堅実です。

(1)ITエンジニア

ITエンジニアの場合、日本語や英語などでのコミュニケーション力よりもプログラミング言語の理解力(システム開発力)が重視されます。

エンジニアとしての能力が高ければ、シリコンバレーのような先端開発拠点でも、生活費のぐっと安いインドやベトナムのようなオフショアサイト(アウトソース拠点)でも働き口はあります。

(2)電気・機械・化学系エンジニア

トップレベルの人材であれば、先進国で最先端の技術を学べる一流企業や研究機関で勤務するチャンスがあります。

一般的なサラリーマンでも、現地工場の役職員やクライアントへ納入した製品の運用・メンテナンス担当者として海外へ派遣されることもあります。

また、発展途上国の支援スタッフとしてのニーズもあります。その場合、高度な技術力よりも現地の材料や人材を活かしたローテク支援力が求められます。

(3)建築・土木エンジニア

トップレベルの人材には、先進国で最先端の技術を学べる一流企業や研究機関で勤務するチャンスがあります。

一般的なサラリーマンでも政府開発援助(ODA)関係などの大型プロジェクトの担当者として、さまざまな国へ派遣される可能性があります。

最近では日本の建設会社もスーパーゼネコンを中心に海外案件の受注に力を入れているため、国際的な仕事が増えています。

(4)1次産業

発展途上国では植林、緑化事業、稲作、野菜栽培、酪農、沿岸漁業、養殖など幅広い事業の支援ニーズがあります。JICA、国際NGOなどでは、さまざまな専門分野の支援スタッフを募集しています。

なお、先進国では日本よりも進んだ技術が普及している国もあり、研修を受ける気持ちで働き口を探す方法が考えられます。規制の関係もあり先進国で日本人が1次産業を始めるのは大変です。

(5)金融業界

ディーリング、資産運用、投資銀行業務などの分野では、腕がよければ海外で働くチャンスが十分にあります。

その場合、ニューヨーク、ロンドン、チューリヒ、フランクフルト、シンガポール、香港などが主な勤務地となります。

またバックオフィス・決済業務系の人も含め、発展途上国の公的金融機関のアドバイザーとして活躍できる仕事もあります。

(6)士業・資格業

弁護士、会計士、税理士、医師、看護師などの資格業務に携わる人の場合、欧米先進国でトップレベルの仕事に就くほか、国際協力機構(JICA)、国際NGOなどの支援スタッフとして発展途上国で働く道もあります。

発展途上国では先進国と比べ法律、会計、税務などの社会制度の整備も遅れているため、事務系資格者に対する支援ニーズもあります。

(7)音楽・芸術関係

音楽や芸術に国境はありません。どこの国でも演奏会や展示会を開くチャンスはあります。

確実に食っていける仕事として海外で音楽・芸術活動を行うためには国内で実績を残して海外の業界関係者から招かることが重要になります。しかし、裸一貫で飛び込み路上パフォーマンスから叩き上げることも不可能ではありません。


5.興味・熱意で行う仕事

主に国際交流・貢献分野の仕事です。

(1)教育事業

先進国では日本人による教育事業ニーズはトップレベルの学者による高等教育機関での研究・教育や日本語教育を除きほとんどありません。

一方、発展途上国では四則演算やアルファベットから教える初等教育サービスを始め多くの需要があります。ただし、こうした国々で教育を収益事業として行うことは困難なためスポンサー募集から始める必要はあります。収入の目途が立てばいろいろな場所で事業を行うチャンスがあります。

(2)文化支援事業

日本の文化を海外へ伝えたり海外の文化を日本へ紹介したりする事業も利益確保が困難なためスポンサー探しをしなければなりません。

伝統的な文化だけでなくクールジャパンで取り上げられるような漫画・アニメなどのカルチャーなど、潜在的にはさまざまなニーズがあると考えられます。フェアトレードで発展途上国の商品を日本で販売するような道もあります。

(3)慈善活動

主に発展途上国での医療・福祉関係の慈善活動も潜在的なニーズの大きい事業です。こちらもスポンサー集めに苦労するでしょうが、何らかのかたちで事業を展開できれば現地の人たちの生活に大いに役立つでしょう。

海外での仕事は自分の制限を外せばいくらでもある

いまの仕事を発展させるために海外へ出向くだけでなく、新たな仕事を始める・就職ために海外というフィールドを選ぶ手もあります。

考えてみれば、日本国内に普通に存在する仕事は、外国にも存在します。仕事によっては、日本国内よりも海外の方が多くのチャンスに巡り合えるかもしれません。

海外で仕事をする上で一番大切なことは意欲や情熱を持ち続けることです。「海外でこの仕事をしたい!」という強い思いがあれば必ず道は拓けます。
 
未経験でも働ける海外求人については、
海外で働く仕事!未経験・語学が苦手でもOKな海外求人は?

海外で働こうと思ったら、転職エージェントに相談するのが最短ルートです。
>>>海外への転職はJAC Recruitment

自分で海外求人の情報を調べるなら、
>>>海外の求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

海外で働く高待遇求人の情報は、
>>>ハイクラス転職サイトBizReach【海外勤務求人特集

BIZREACH

 
あなたが早く海外で働くことができますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外で働く
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
よく読まれている関連記事&広告

はたらくす