1. TOP
  2. 仕事が嫌になったら…辞めたい時に考えるお金を稼ぐ7つの手段

仕事が嫌になったら…辞めたい時に考えるお金を稼ぐ7つの手段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事が嫌になったら

仕事が嫌になったら…、仕事を辞めたいのであればすぐにでもそうしたいところですが、でも世の中の多くの人が辞められないままでいます。

会社なり仕事を辞めて、どうやってお金を稼いで生活していくのか? 生活費を稼ぎ収入を得るメドがつかない限り仕事が嫌でも辞められません。

ということは、どうやっていまの仕事以外の手段で稼ぐか?ということがわかれば、本格的に辞めるか辞めないべきかを検討できます。仕事を辞めてどうやって稼ぐのか?その方法と考え方を紹介します。

スポンサードリンク

仕事が嫌になったら…
辞めたくなったとしてもお金が…。ではどうやって稼ぐ?

人が生きていくためには、おカネが必要です。贅沢できなくても、つつましく平穏な日々を過ごせれば満足と考えている人でも、それなりのお金は必要です。人が生まれてから死ぬまでの間、毎月10万円使うとしても、1人1億円程度のお金は必要でしょう。

(96百万円=10万円×12か月×80年)

子供時代のお金は親が出してくれますが、自分が親になれば子の教育費を負担しますので、概ね一生に費やすお金と稼ぐ必要のあるお金は同額となります。

もちろん、人生観や生活環境により必要なお金の額は異なります。田舎で自給自足に近い生活ができれば、あまり現金を必要としないでしょうが、都会で暮らしていれば様々なモノやサービスにお金を使います。

何れにせよ、1億円程度の纏まったお金を無理なく上手に捻出するためには、収入を得るための長期的かつ総合的な戦略を考えることが重要です。そのための手段として考えられることは限られています。以下に見ていきましょう。

スポンサードリンク

1.ずっとサラリーマンとして生きる

サラリーマンを続けようとする場合、「あらゆる勤め人に共通する普遍的な要素」についてあらためて考えてみましょう。つまり、どこかに勤める限り、受け入れなければいけない条件のこと。ほぼ全ての会社や役所に当てはまることです。

就業規則、36協定(時間外勤務に関する協定)等により、給与を始めとする労働者としての基本的な権利が保障される一方で、原則として毎日定時に出勤しなければならない。

上司・部下の関係により業務上の指揮・命令系統が構築されている、オフタイムでも上下関係に気を配らなければならない、といった公式・非公式のサラリーマンの常識に縛られます。

収入の安定性は確保されるものの、行動に対する制約が大きくなります。

より自由な就業を重視する人はサラリーマンに向いているとは言い難いので、独立して仕事を行う道を模索する方が良いかもしれません。

2.いまの業界・業種で生きる、または変える

どこかの業界内で稼いで生きていく場合、その業界の常識にあなたの働き方も左右されます。

給与面について言えば、外資系金融機関は数千万円の年俸を狙える一方で解雇リスクも大きい。小売業や飲食業は労働集約型で競合が激しいため人件費の抑制が重要な経営課題となる(低賃金化しやすい)、といった業界固有の特徴があります。

また大規模業界には、必ず多階層からなる元請・下請構造が存在します。そうした関係の中では、一般的に元請から1次下請、2次下請、3次下請と下位の階層に移るほど、会社の売上・社員の給与水準が下がります。

労働環境面でも、住宅販売会社の定休日は水曜日になる、飲食チェーン業界はシフト勤務が多い上に拘束時間が長い、保険会社は数年単位で転勤させられることが多い、警察・消防署員は緊急出動に備え公舎(独身寮、家族寮)暮らしを求められることが多い、といった特徴があります。

休日、勤務時間、転勤等は調べれば直ぐに分かりますので、どうしても嫌な条件がある場合は、その業界を就職・転職候補先から外しましょう。

事業運営の前提となる構造変化も業界に共通する事情として挙げられます。例えば機械メーカーの多くは生産拠点の海外シフトを進めているため、グローバルな転勤を望まない人には、あまり適していないかもしれません。

スポンサードリンク

3. 会社を変える(転職する)

あなたがいま勤めている会社・組織はどんなルールで動いていますか?会社といってもいろんな会社があり、そこでしか通用しない独自要素も様々なものがあります。給与・賞与等の制度として明確なことに加え、社風に表れることもあります。

社風を調べる上で一番良い方法は、その会社に勤める多くの人にヒアリングすることですが、実際には難しいでしょう。そうした中で、誰でも確実に実施できることはウェブサイトのチェックです。

簡単に言えば、会社がアピールしたいこと(売上増、イメージアップに繋がること)だけでなく、消費者、取引先、株主などが知りたいこと(製品事故情報、クレーム窓口、財務情報など)も丁寧に分かりやすく掲載している会社は、概ねバランスの取れた安定的な経営が行われていて、社員を使い捨てにするような社風ではない可能性が高いと思われます。

4.やっぱりいまの会社で働くのなら、特に成長が必要

残念ながら、よりよい職場を確保するために一生懸命考え、行動しても失敗することは多々あります。しかし、その職場を選べば二度と転職できない、給与以外に得るものが全くないといった絶望的な状況に置かれている訳ではありません。不満は不満として溜込まないようにした上で、前向きに取組めることを考えましょう。

どのような職場にいても、必ずやり遂げるべきことがあります。それは、「成長する」ということです。転職の際に、ブラック企業と呼ばれる会社で5年間勤務しました、といっても何のアピールにもなりません。ただ、その5年間に身に着けた具体的な能力を示せれば、より恵まれた待遇の会社に転職しやすくなるでしょう。また、小売業、飲食業であれば、店舗運営のノウハウを獲得し独立することも展望できるかもしれません。

低賃金のブラック企業で10年間働き続けたけれど、お金も貯まらず他社でアピールできる能力も身に着かなかった、という最悪の事態を避けるためには、能力アップに関する目標を立て着実に実行するしかありません。

スポンサードリンク

5.起業または専門職への道

労働報酬は、金銭報酬と精神報酬の合計値です。どちらかを重視すれば、もう一方はある程度諦めることが一般的です。楽しく働いて巨万の富を築く、これは稀有なことです。両者をバランスよく伸ばすことは困難と考えられます。

それを実現できる人は、オーナー社長で成功している人や、特殊な専門職で大活躍する人くらいです。

いますでに何かの専門的な業務に就いているのであれば、それを突き詰めプロフェッショナルとしての道を目指すことは十分可能です。会社の中で地位を確立することも出来ますし、独立して専門家として生きる方法もあります。

もちろんそれは簡単なことではありません。いまの仕事が嫌であれば、なにか別の業務や仕事のやり方を変えて専門的な知識と技能を身につける努力を始めましょう。

また起業もひとつの方法です。起業というと、ビジネスアイデアを実現するためにリスクをとって行うものといったイメージが先行していますが、リスクを低く、身近な”商売(あきない)”として始めることをまずは考えてみましょう。

6.副業は長く稼ぎ続けることが大切

副業は、本来、失敗が許されるものです。投資額が少なく、売上はゼロでも日常生活の維持に支障がないため、運よく儲かれば家計の足しになるというビジネスです。会社で言えば、新規事業開発のようなものです。

このため、「儲かること」ではなく「やりたいこと」に取組むことをお勧めします。多くの人が儲かるチャンスを認識していれば競争も激しく、失敗する可能性は高くなります。そのビジネスが好きで失敗したのであれば納得しやすいでしょうが、儲けだけを考えて参入した場合は大きく後悔することになると思われます。

逆に多くの人が儲かると認識していない自分の趣味的なビジネスを行えば、少なくとも精神的な苦痛は感じないはずです。そうした事業が運よくヒットすれば儲けものという姿勢で長く続けることも良いのではないでしょうか。

10年単位でみれば、世の中も大きく変わっています。今、見向きもされないことでも継続していれば、10年後、20年後に花開くかもしれません。そうした夢を見つつ、仮に失敗のまま終わったとしても生活基盤を悪化させない範囲で副業を楽しむこともひとつの生き方です。

副業の最大の意義は、無理のない範囲で新たな収益源の芽を育てるリスクヘッジだと達観することをお勧めします。「当たれば大きい」ことを低コストで安定的に継続する戦略です。

7.ライフ・ステージに応じた資産運用をする

人生80年、90年を展望した上で資産運用戦略を考える場合、その目的や手段をライフ・ステージ応じ変えていくことが重要です。

1)まず貯蓄

20代の若者の場合、まず100万円の貯蓄を目指しましょう。

毎月の給料で生活をやりくり、ボーナスを貯めていくのが着実です。

2)株式投資

100万円貯まったら、例えばそのうちの30%を株式投資に充てます。東証マザーズ上場株式の場合、大多数は投資単位(単元株)100株の銘柄です(取引の最小単位が100株ということ)。

手元資金が30万円もあれば、複数の銘柄で運用できます。その後は給与からの補給や売買益の積上げにより、投資金額を着実に増やしていきます。

2)外貨預金

30代に入り金融資産が500万円以上になった人には、外貨預金がお勧めです。これはFX(外為証拠金取引)ではなく、あくまで円を外貨に換えて普通に預金するということです。

米ドルやユーロ相場は、長期的なトレンドで大きく動きます。円ドル・レートは、大まかにみて、1ドル105円(2005年)→120円(2007年)→80円(2012年)→105円(2015年)→120円(2015年)と推移しています。

米ドルやユーロのこうした長期トレンドを把握することは比較的容易です。一方で日々の50銭、1円の変動を予測し追いかけることは、かなり大変です。つまり、FXでデイトレードを行うよりも、外貨預金で年単位の取引を考える方が簡単で利益を上げ易いということです。

また、世界全体の経済に目を向けている人にとっては常識ですが、リーマンショック以降に円の価値は約半分になりました。日本のお金をずっと持っていても、海外旅行に行った時の購買力は、半分にまで落ちたということです。

海外へ出掛けて行って安くブランド品を買うなどということは昔の話になりました。いまは日本に海外から外国人観光客が来て爆買いされています。外国のお金の方が値打ちが上がったのです。ある程度のお金が貯まったら、外貨を持つことは資産を防衛する意味でも大切です。

3)不動産投資

40代以降になり、世帯金融資産が1億円近くに達した人には、不動産投資をお勧めします。ただし、これは純然たる資産運用ではなく、自宅を投資対象と捉えマンションを購入し、適宜、住替えて(買替えて)いくということです。

不動産については、「誰もが資産価値を維持できると思う高額物件を現金で買う」ことが最も安全で確実に利益を挙げられる戦術だと思われます。

郊外の戸建、マンションを購入すれば、ほぼ確実(かつ大幅)に値下がりします。一方、都心の高級マンションの場合、日々の管理や修繕が行届いているため、相場高騰時に高値掴みしない限り、大幅な値下がりは回避できます。築40年超の霞が関ビル、京王プラザホテル等の高層ビルが今もブランド価値を維持していることと同じです。

1億円の分譲マンションの月額維持費は税金も含め概ね10万円以下ですが、同等の物件を借りれば40万円前後の賃料を支払う必要があります。

大雑把に言えば、市場価格が3年間で1,000万円下落してもローンを組んでいなければ分譲物件に住む方が得になります。通常こうした大幅下落に見舞われることはありませんので、自己資金で高額マンションを購入する戦略は、かなりの利益(コスト削減効果)を生むと考えられます。

仕事が嫌でも、お金は稼がないといけないので…

金銭的な報酬よりも精神報酬を重視するタイプの人は、会社勤めでは往々にして多額の金銭報酬を得るチャンスを見逃すことが多くなります。

逆説的ですが、そういった人はより副業や資産運用に真剣に取組むことも場合によっては必要です。

しかし、資産運用の手段として、FX、商品先物などの証拠金取引やオプションなどのデリバティブ取引に手を染めることは、絶対にお勧めできません。これらはリスクが大きい上、それを的確に管理するためには相当な労力を要するからです。

本業、副業、運用のバランスを保ちながら総合的な資産形成戦略を考えることが多くの人にとって、最も望ましいことではないでしょうか。まず本業ありきということを踏まえると、資産運用は現物(円預金、外貨預金、日本株、不動産)に限定することが妥当です。

仕事が嫌で、さっさと辞めたい…気持ちはわかりますが、これからどうやって稼ぐのか、退職願を出すのははしっかり考えてからにしましょう。

サラリーマンを辞めたいと思ったら、
「サラリーマンを辞めたい」と思ったら、独立・転職前に読む話

まずは副業をしようと思ったら、
サラリーマンが副業禁止のリスクを冒すメリットはあるの?

脱サラして独立開業したり、フリーランスになろうかなという人は、
脱サラ!独立できる仕事一覧。独立開業しやすい職種は?

あなたがバランスよく働いて、もっと稼ぐことができますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<女性に人気6つ>好きなことを仕事に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす