1. TOP
  2. 介護の仕事を辞めたい…思ってたのと違った6つの辞める理由

介護の仕事を辞めたい…思ってたのと違った6つの辞める理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護の仕事を辞めたいと思ったら…

残念なことに、「介護の仕事を辞めたい」という人はとても多いです。

急速な高齢化が進む中、人材確保の必要性が叫ばれている介護職。

国の方針でも介護職を増やそうとしていますが、

  • 安定してそうな仕事
  • 自分にも出来そうな仕事
  • 人の役に立てる仕事
  • 今後も需要がある仕事
  • 社会的に意義のある仕事
  • 転職活動も他の職種に比べると職場に入りやすい

・・・といったイメージで介護業界に入ったものの、「実際の現場や仕事とのギャップで辞めたい」「仕事として続けられない」といった声が後を立ちません。

介護の仕事を続けられないという人には、どんな辞める理由があるのでしょうか?

安易なイメージだけで仕事選びを失敗しない為、また、現在、介護の仕事で働いている人が冷静の今後の人生を考えるためにも、データとともに解説して行きます。

スポンサードリンク

1.介護職の離職率は20%弱

介護労働安定センターの「平成25年度 介護労働実態調査」 によると施設系の介護職の離職率は20%弱、年間約2割近い人が退職しています。

これはほかの職種に比べるとかなり高い数字です。なぜ、介護の仕事をみんな辞めてしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

2.介護福祉士の退職理由

実際の介護の現場ではどんな問題や悩みが起こるのでしょうか?

(財) 社会福祉振興・試験センター「平成24年度社会福祉士・介護福祉士就労状況調査」によると退職理由で多い理由6つが以下です。

1)法人理念や事業所のあり方に不満がある

初めて介護職員になった方の声で多いのが、

「職員によって言っていることが違う」
「先輩の仕事ぶりを見て、アレが介護職員?と疑問を憶えた」

・・・というように、職員によって考えの違いや性格の違いはあるのはやむを得ないにしても、介護の仕方がまったくバラバラであることがあります。

もちろん利用者には「個別計画」というのがあり、利用者への介護の仕方はある程度は決まっているのですが、多くの部分が自己流であることが多いのです。

これは基をたどれば、事業所としての理念や考え方が定まっておらず民間の会社のようにマネジメントが行き届いていない為、個人の考え方や性格に委ねているという為に起きてしまう問題です。

またサービス残業や労務の問題もしっかり出来ないという状況もあります。

有給を全然使えずにいるという人もいます。

2)職場の人間関係に問題

現場では、長く勤めている職員が上に立つことも少なくありません。

人間関係は、長く勤めている方の人となりや、性格に多いに影響されることもあります。

マネジメントの知識や研修などを学ばずに独自の性格と考え方でマネジメントをしているということころも少なくありません。

また女性が多い職場ということもありからか、中には「単純に虫が好かないと毛嫌いする」「生理的にうけつけない」「派閥を作る」などの女性特有の気質が影響されることもあります。

3)収入が少ない

国税庁が出している2014年度「民間給与実態統計調査」によると全産業の平均が414万となっています。

厚生労働省の平成25年賃金構造基本統計調査の介護職員の常勤職員の平均月収が27万円×12ヶ月=324万で平均よりも100万ほど少ない計算になります。

高齢者の介護保険制度にしろ、障害者の障害者総合福祉法にしろ、税金や保険制度を使っている以上、1回あたりのサービスの事業所に入る「単価」はすでに決まっています。

ですからなかなか職場側としても収入が少なく、給料を上げられないというのが現状です。

男性でも「結婚を機に退職する」という方もいますし、女性からも「パートナーが介護職だと結婚するには不安」という声もあります。

もちろん結婚している介護職の方はたくさんいますが、共働きであったり、節制を余儀なくされることはまず間違いありません。

4)心身の不調が激しい

介護職は体を酷使する仕事であるともに、とても心も疲れる仕事です。

事故や急に体調を崩してしまう利用者(介護される側の人)もいます。

また認知症や障害を持つ利用者の対話は専門知識や高いコミュニケーション能力を必要とされます。

介護は「感情労働」と言う人がいるくらい、体だけでなく神経や心も使っています。

それゆえ、仕事で自分自身を酷使しすぎると、うつっぽくなったり、仕事に意欲が出せなかったり、胃腸を壊したりという人も多いです。

精神的にもとてもしんどい仕事でもあるのです。

5)労働時間・休日・勤務体勢が合わなかった

介護施設が人件費を出そうとしないことから、サービス残業している介護職の方も少なくありません。

老人ホームの施設であれば、月に4〜5回程度夜勤などもあります。

また特に問題なのが人手不足で、人が減らされ、勤務体勢もきついという職場もあります。

「少ない人数で利用者を見る必要がある」「早番から遅番まですべてやる必要がある」ということもあります。

辞めようと思いと上司に退職たい旨を伝えても、人手不足で辞められるのを引き止められたというケースは少なくありません。

また老人ホームなどは日曜日やお盆、正月休みなどもありません。

休みや正月に家族で旅行に行きたいとなっても、現場で人が確保出来ない限りは休むことは難しいです。

6)腰痛の問題

老人ホームなどで寝たきりの利用者をお風呂や車椅子のへの移動の際「移乗介助」ということを行います。

通常寝たきりの場合二人で行うのですが、夜勤で人手がないときや、時間がないときは、1人で移乗介助せざるを得ません。

また一日に何度も移乗介助というのがあります。

自分は力があるからといって力任せに行っていると、すぐに腰を壊してしまいます。

腰痛のケアと腰に負担のかからない動作や持ち方を憶える必要があります。

3.介護職のストレスと重大な悩み

直接辞める原因にはなっていなくとも、大きなストレスになっている介護職特有の悩みの種もあります。

1)利用者からの暴言や暴力

介護の醍醐味として利用者から直接感謝される仕事ということもありますが、逆も多々あります。暴言や暴力もたくさん受けます。

もちろん現場にもよりますが、暴言を吐かれた、たたかれた、ひっかかれた、というのは日常茶飯事になります。

2)生死に関わったり重大な事故に繋がるプレッシャー

老人ホームなどでは急に体調が崩すご利用者がいます。救急車に乗ったり、亡くなる瞬間に立ち会ったりすることもあります。

また、対応を謝れば重大な事故に繋がってしまいます。そのプレッシャーも大きいです。

3)家族からのクレーム

家族からのクレームを受けることもあります。

高齢の家族を思う気持ちがあるからこそ、「もっと◯◯してほしい。」と要望を受けますが、現場では多くの方を見ているため1人に関わることが出来ません。

4)将来のキャリアが不安

「単純作業の連続」「毎日同じことの繰り返し」「先輩や上司を見ていると、自分の未来が見えてしまい、同じことをしろというのは出来ない」など、特に男性などで若い人はこのままこの仕事を続けることに不安があります。

5)いざ転職となっても他に何をしてよいかわからない

介護の施設などは狭い範囲の仕事になりがちです。

そして、介護を辞めていざ他の職業に転職しよう!となってもどうして良いかわかりません。

介護職に付く前に営業を経験していた、一般事務などの仕事で就職をしてから介護に入ったという方は、また別の職種に転職することも比較的簡単ですが、ほぼ介護の仕事しか経験していないという人は、この仕事から抜け出すのが難しいこともあります。

スポンサードリンク

介護の仕事は本当に安定していて条件が良い?

国の方針でも介護職の方を増やそうとしています。そしてこれから需要のある仕事だから介護の仕事を選んだ、という方も少なくありません。

未経験でも入りやすく、実際、求人もたくさんあり、また、気に入らない職場であれば、さっさと抜け出して別の施設に移るといったことが簡単な仕事ではあります。

仕事の性質柄、利用者がいれば保険や税金から一定には入ってきますので売り上げの面では他の業種と違い安定している職業ではあります。

給料は売り上げや景気に左右されない分、毎月決まった学の給与が高くないですが安定的に出ます。

営業マンのように売り上げや数字を上げなくてはいけないというプレッシャーもないです。

しかしそれは介護の仕事を続けられるということが前提です。

体や心を壊して仕事を続けられなくなったら終わりです。

実際にはヘルニアになって辞めた、健康を崩して仕事を続けられないという方が後を立ちません。

また人間関係の問題などストレスが多く、続けられないという人もいます。

そしていざ介護職以外の仕事へ転職しようとしても、なかなか難しいのが現実です。

「安定していそう」「今後需要がある」という条件だけで選ぶと痛い目に合うこともあります。

介護の仕事を続けられる人とは?

介護の仕事というのは専門職です。当然その分野の専門性や性質が求められる仕事です。

保育士だったら子どもが好きという性質が必要とされますし、タクシーの運転手だったら運転が得意という性質が必要とされます。

では介護の仕事に求められる性質はなんでしょうか?

それは、「人が好き」「人に喜んでもらえることが好き」ということではないかと思います。

人間関係や会社のあり方給与など、介護職の実際は、割に合わない…と思う人も多いと思います。

しかし、それも理解した上で、「この仕事が好き」「人に喜ばれることが好き」という思いがある方なら、ぜひ介護職を選び、続けてみてはいかがでしょうか?

自分の取り組み方次第で、きっとあなたはもっと利用者やご家族、同僚職員に愛される介護士になれますよ。

介護職の求人情報は、

MedFitメドフィット 介護士求人

やっぱり介護の仕事を辞めよう…と思ったら、
転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT

介護の仕事を辞めて、どうするのかについは、
介護の仕事を辞めたい…6つの対処法と6つの転職先

自分の本当にやりたい仕事がわからない…という人は、
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

なかなか表には出てこない専門職や管理職、海外勤務で高待遇の求人情報…
エグゼクティブ
年収1000万円超えを目指す人のための転職サイト

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

・第二新卒 ・フリーター ・学校出たけど働いたことがない ・すぐ会社を辞めてしまった
…でも、ちゃんといい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす