1. TOP
  2. 仕事辛い 死にたい…そんな時に心休まる11の教え

仕事辛い 死にたい…そんな時に心休まる11の教え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
しにたい 仕事

仕事があまりにも大変で「仕事を辞めたい」と思ったり、

「辛い」「嫌だ」「疲れた」、

ひょっとすると「消えたい」「死にたい」と感じていたりするかもしれません。

そんな気持ちになるほどですから、きっと仕事で大変な苦労をなされているのでしょう。

仕事が辛い、そして、死にたいほど辛い思いをしているあなたに、心が休まるものの見方、考え方をご紹介します。

スポンサードリンク

仕事辛い 死にたい…疲れた…消えたい…そんな時は…。

仕事が辛くて悩んでいる。

「会社辞めたい…」
「仕事が嫌」
「仕事ができない…」
「仕事辞めたいけど言えない…」
「相談できない」
「もう疲れた…」
「消えたい…」
「死にたい…」

そんな時は、別の見方、考え方について知ることがひとつの解決へのヒントになるかもしれません。

あなたが思っている状況は、必ずしもそう決まっているものではないかもしれません。

気づきのヒントをみていきましょう。

スポンサードリンク

実は、あなたは優れた人なんです

1.優しい心の持ち主なんです

仕事を辞めたくなり、しかも「死にたい」と考えてしまうあなたは、「優しい心の持ち主」であると言えるでしょう。

そして、「繊細な心の持ち主」であるとも言えるでしょう。

仕事って、積極的にガンガン働く人ほど、仕事ができるように感じてしまいます。

優しいあなたは、積極的に行動する人と比べると劣っている、と感じてしまうのではないでしょうか。

でも、「優しさ」は立派な個性の一つ。いろんな個性の人がいるからこそ、社会はうまく成り立っているのです。

優しい人は、まわりの人の気持ちを考えてあげることが上手なのです。そんなあなたの存在は、貴重であると言えるでしょう。

2.一生懸命頑張る人なんです

仕事をしていて「死にたい」と考えてしまう人は、自分の限界を超えるほど頑張っている、と言えるでしょう。

上司やお客様に叱られて、へこんでしまい、立ち直れない気持ちになってしまうこともあるでしょう。

それでも、あなたは、たとえ立ち直れないほど落ち込んだ気持ちであったとしても、頑張って仕事をこなしています。

健気に頑張る姿に、まわりの人たちは、感心していることでしょう。

仕事では、結果を出すことも大切ですが、頑張ること、努力することも大切です。

「死にたい」と感じることは、見方を変えれば「いま、まさに頑張っている真っ最中」と言えます。

そして、あなたはたくさん頑張る「努力家」なのです。

だからこそ、悩んでしまうのです。

頑張る自分をほめてあげてください。そして、時には、一息入れて休憩することも大切です。

3.責任感を持って仕事をする人なんです

仕事を行っていて「死にたい」と思い詰めてしまう人は、見方を変えれば「責任感が強い」と言えるでしょう。

あなたは、仕事をしていて「まわりの気持ちに応えたい」という気持ちがとても強いのかもしれません。

その気持ちは、とても素晴らしいことだと思います。

そして、まわりの気持ちに応えたい、と頑張ったからこそ、責任ある立場で仕事をしている人もいらっしゃると思います。

ですが、責任ある立場に立ったがゆえに、さらに上司からの叱責、部下からの批判を受け、精神的に参ってしまうケースもあるのです。

それは決して珍しいことではなく、誰にでも起こりうることなのです。

そして、言葉にはしないけれど、責任感あるあなたの行動を陰ながら応援してくれる人も、少なからずいらっしゃるのです。

 

BIZREACH

 

・・・次のページで、さらに楽になれるいろいろな考え方を紹介していきます。

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
最低でも年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす