1. TOP
  2. 懲戒解雇の種類で再就職のしやすさが違う!あなたの場合は?

懲戒解雇の種類で再就職のしやすさが違う!あなたの場合は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
懲戒解雇されたら、再就職は?

懲戒解雇されたことを隠して再就職するべきかどうか?

なかなか難しい問題ですが、問題を起こしてクビになった過去を秘密にして転職するより、懲戒解雇者というレッテルを張られてでも正直に再就職活動を頑張る方が、精神衛生にも良いかもしれません。というのも後で隠蔽がバレるとさらに複雑な問題が発生する可能性があるからです。

懲戒解雇の種類によっては、再就職であまり問題にならない場合もあります。

懲戒解雇処分を受けた人が、再就職するために注意しておきたいことをお伝えします。

スポンサードリンク

懲戒解雇を隠して再就職すれば、それを理由に再び懲戒解雇になる可能性が…

厚生労働省モデル就業規則第61条第2項第1号では、懲戒解雇の理由として、「重要な経歴を詐称して雇用されたとき」を掲げています。

懲戒解雇された経歴を隠していれば、この条文を適用されても文句を言えません。また、就業規則に同様の条文がなかったり、就業規則そのものを作成していなかったりする会社でも、このモデル就業規則等をもって、懲戒解雇を行う合理性は十分にあると判断される可能性が高いと思われます。

さらに懲戒解雇の事実を隠して再就職した後に会社に損害を与えることとなれば、保証人となった親兄弟や親族等に損害賠償請求が及ぶ恐れもあります。

ある人材ビジネス会社では、執行猶予中の人を採用しましたが、その人が再犯で逮捕・収監され業務継続に重大な支障が生じました。会社側は、犯罪の事実と前職の退職理由(恐らく懲戒解雇)を把握していませんでした。このため、保証人である父親への損害賠償請求を検討していました。最終的に本件は訴訟に至りませんでしたが、過去の重大な不始末を隠して再就職すれば、周囲の人にも迷惑をかける可能性があることも自覚しなければなりません。

スポンサードリンク

懲戒免職と懲戒解雇

懲戒解雇と懲戒免職。どちらもよく聞きますが、公務員か会社員かの用語の違いです。

【懲戒免職】

公務員が、違法行為などをして職をやめさせられること。

【懲戒解雇】

労働者(会社員)が職場の秩序違反に対して行われる解雇。退職金なども支給されない。

懲戒解雇でも懲戒免職でもほぼ同じことになりますので、この記事では懲戒解雇で統一します。

この他に、会社によっては諭旨退職という処分もあります。

懲戒処分の種類については、
懲戒処分の種類は? 懲戒解雇…減給…譴責の違いと対処法

懲戒解雇には3種類ある

懲戒解雇は3種類に大別されます。

1つ目は、文字通り懲戒に値する不始末を犯したケースです。

2つ目は、会社の横暴で不当に処分される事例です。

3つめは、懲戒処分の代わりに形式上は自主退職を促す場合です。

自分はどれに当りますか?それによっては再就職の際の対応も変わってきます。

あなたのケースはどれに該当するか、以下に見ていきましょう。

スポンサードリンク

1:不始末による懲戒解雇

自ら不始末を犯した結果、懲戒解雇される場合は、甘んじて受け入れるしかありません。

ただ、そうなる前に「何をすれば懲戒解雇に当たるのか」ということを日頃から認識しておくことが大切です。

懲戒解雇の具体的な適用基準は、社会環境に応じ変化します。例えば、無謀な自動車運転への社会的な批判が高まり刑事罰も強化されている情勢を踏まえ、酒気帯運転や免許停止中の運転が1度でも発覚すれば懲戒解雇に処する企業が増えています。

セクハラ・パワハラ、経費精算時の水増し請求、機密・個人情報漏えい等に対する見方も年々厳しくなっています。

厚生労働省労働基準局監督課が公表しているモデル就業規則第61条第2項では、懲戒解雇の理由として、「素行不良で著しく社内の秩序又は風紀を乱したとき」、「職責を利用して交際を強要し、又は性的な関係を強要したとき」などが掲げられています。

これらの具体的な判断基準に対する認識が甘いと思わぬ理由で懲戒解雇になりかねませんので、注意しましょう。

2:会社の横暴による懲戒解雇

本来懲戒処分に値しない(解雇に相当する重大な落ち度はない)にも拘らず、様々な難癖をつけて、懲戒処分を下すケースも少なからず見受けられます。

大企業の場合は、あからさまに不当な懲戒解雇を行うことは考え難いですが、中小企業では社長などが暴走することも珍しくありません。

労働基準法では、常時10名以上の労働者を雇用する事業場において、労働者の過半数を代表する者の意見を付した就業規則を制定し、労働基準監督署へ提出するとともに事業場で周知することを求めています。

裏を返せば、社員が10名未満の零細企業では就業規則を定めていなくても、法律違反には当たらないことになります。また表彰・制裁関係は法令で定める就業規則の絶対的記載事項ではないため、敢えて規定しない可能性もあります。

こうした会社で不当に懲戒解雇された場合は、労働基準法、民法等の法律や過去の判例を頼りに自らの正当性を主張することになりますが、就業規則がなければ解釈の幅が広がりやすいため、より困難な争いになることが予想されます。

懲戒解雇が不当であることを訴え続け、地位回復等を図ることは容易ではありません。それなりの手間と費用がかかります。あくまで自らの正当性を主張するか、運が悪かったと泣き寝入りするか早めに判断することが重要です。

スポンサードリンク

3:自主退職に偽装した懲戒解雇

実質的な懲戒解雇を、形式上は自主退職として行うケースもあります。

あくまで自主退職なので規定通りに退職金が支給されるほか、再就職の際に過去の懲罰として申告する必要もないため、会社の温情として自主退職を促すということです。

注意すべきは、本人の不始末を理由とする場合と、会社の横暴で退職に追い込む場合の両方があることです。自分はどちらに該当しますか?

3-1.実際に自分の不始末が理由の場合

自分が不始末を犯して本来ならばそれを理由に会社をクビになるところ(懲戒解雇)を、温情として自主退職(いわゆる一身上の都合により退職)にしてくれるというのならば有り難いかもしれません。

失業保険の給付まで日数がかかるという点で、嬉しくないと考える人もいるかもですが、再就職のしやすさでいうと、自主退職の方が圧倒的に良いです。

3-2.不当解雇を会社が偽装する場合

しかし、本当に温情で自主退職を勧めるケースは多くありません。

懲戒解雇に値する人物を適正に処分しなければ、会社側の責任を問われる恐れがあります。「本来なら懲戒解雇だが自主退職を認める」と言われた場合は、「本来なら解雇できないので自主退職させたい」と読み替えるべきです。

ある某大手地域金融機関に勤めていた人が、内規違反の責任を問われ自主退職しました。その規則はトップの肝いりで制定したものでしたが、その違反でけん責(始末書の提出とそれに基づく訓告・戒告)を上回る処分を下せば、職権の濫用に当たると思われる些細なことです。

独善的な経営者や上司は、懲戒解雇に値しない人に対し、屁理屈をこねて(かつ高圧的に)自主退職を迫る可能性があります。その時に「温情」という言葉が出れば疑ってかかりましょう。

もっとも、ここで戦って会社に残ろうとするのも厳しい道ではあります。よく考えて対応を決めましょう。

懲戒解雇されたことを秘密にしておけるか?

再就職先に懲戒解雇されたことが自動的に通知される仕組みはありません。退職時に会社から受け取る雇用保険被保険者離職証明書(離職票)に記入される離職理由が「重責解雇(労働者の責めに帰すべき重大な理由による解雇)」となりますが、これは労働基準監督署に提出する書面であり、再就職先が入手することはありません。

また、仮に再就職先が元の職場に退職理由を尋ねたとしても、通常はこうした機微に触れる個人情報を漏らすことはありません。再就職先が前職の会社から労働基準法第22条で規定する退職証明書を入手するよう本人へ指示することもありますが、その場合、前職の会社は本人が請求しない事項を記入できません。

もっとも、懲戒解雇の事実を知る全ての人の情報管理意識が高いとは限らないため、インターネットで情報が流布したり、飲み会の席でネタにされたりして、再就職先の人が知ることになる可能性があります。

そうした噂が再就職先の会社へ本人の申告前に伝われば、再び懲戒解雇となる恐れが十分にあります。

懲戒解雇の種類別、再就職活動の対処法

懲戒解雇になった人の再就職は、本当に大変で一筋縄ではいきません。

とくに大企業の場合は体面を気にしますので、重大な落ち度がなかったり、仕事のパフォーマンスが高かったりする人でも、採用を躊躇うケースが多いのが実際のところです。

懲戒解雇が障害となって再就職活動が上手く進まないと精神的にも滅入るでしょうが、ここが踏ん張り時と思って頑張りましょう。世の中には、様々な失敗や挫折を経験し立ち直った人が大勢います。そうした人たちは懲戒解雇になったことを真摯に反省し、誠実に再起を目指している人を必ず応援してくれます。捨てる神あれば拾う神ありです。

1.自分に落ち度がない場合(上記2または3-2のケース)

懲戒解雇を正直に申告すれば、再就職できないと言う人が多いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

上記のように、そもそも自分に落ち度がなく会社をクビになるケースも多々あります。その場合は、きちんと理由を説明することで、面接官にもいい印象を与えることも可能です。

また、履歴書や職務経歴書を見たり面接をしたりすれば、前の会社の退職理由が前向きか後ろ向きか程度のことは、概ね判断がつきます。後ろ向きの理由で退職したと想定される人の前の会社がリストラ、人員整理を行っているのでなければ、本人の仕事の能力か人間性に問題がある可能性が高いと判断されて、結局は採用されません。

そうであれば、始めから懲戒解雇の事実を正直に打ち明け、再就職活動に取り組んでいることを説明する方が良いと思われます。比較的、再就職しやすいケースといえます。

2.自分の不始末の場合(上記1、3-1のケース)

ここは秘密にしておきたいと考える人が多いでしょう。

しかし、ほとんどの人がそう考え、懲戒解雇の事実を隠さずに再就職活動を行う人は少ないでしょうから、正直に話せば採用担当者が確実に強い印象を覚えます。その会社が失敗や挫折を乗り越え再起を図ろうとする人を支援する方針を掲げていれば、「拾う神」になってくれる可能性が大いにあります。

世の中には、懲戒解雇で会社を去る人が少なからずいます。従業員数が1,000人を超える企業では、毎年1名くらいの割合でいるかもしれません。

どのような理由であれ、懲戒解雇された人の再就職は、かなり厳しくなります。ただし、誠実な気持ちで物事に取り組めば、必ず道が開けるはずです。また、そう信じて頑張ることが、懲戒解雇された人に求められることではないでしょうか。

それでも秘密にしておいた方がいいと思ったら、それでチャレンジするのも一つの方法です。正直になんでも言うだけが大人ではありません。

懲戒解雇された人の再就職は「誠実」が命

しかし、不当に重い処分で解雇された、会社の横暴でクビになったと思っている人も、そうした事態を招いた責任の一端は自分にあると考え、謙虚な心を持つことが重要です。

自らの主張に正当性があると自信を持って言える場合でも、再就職活動の際に懲戒解雇の不当性を声高に訴えるべきではありません。不当解雇の怨念の塊のような人を採用したい会社があるかどうか、冷静になって考えましょう。

懲戒解雇になった原因を明確に認識し、自らの考え方や行動をどのように改善したかということを説明し、新たなサラリーマン生活をゼロから開始したいという真摯な姿勢を理解してもらえれば、これまでのキャリアやスキル・ノウハウなどを評価してもらえる段階に進むことができます。

如何なる理由であれ、懲戒解雇された人が再就職する場合は、自らの行為を反省し誠実に対応することが最も重要です。大変な道ではありますが、自分を見失わず、いずれ拾う神が現れることを信じて、再就職活動にいどんでください。

自分は懲戒解雇にあたるのか? 懲戒処分の種類については、
懲戒処分の種類は? 懲戒解雇…減給…譴責の違いと対処法

再就職までの間の無職期間について面接でたずねられたら…
転職でブランク・無職期間をうまく言い訳するポイント9

再就職先を探す前に、こんな方法もあります。
失業保険+職業訓練!お金を貰いながら技能を身につけ再就職する方法

なかなか再就職先が決まらない、採用されない…という人は、
仕事が決まらない原因は?再就職・転職で不採用がつづく人の面接対策

この際、サラリーマンをやめたらどうか?と思ったら、
サラリーマンを辞めたい」と思ったら、独立・転職前に読む話

もしあなたがまだ20代で、一から就職をやり直したいと思ったら、
フリーターから正社員で就職!既卒が就活をやり直しするには?

あなたが早く新しい会社で再スタートをきることができますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<女性に人気6つ>好きなことを仕事に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす