自宅でできる仕事20コ 通勤から解放!自分のペースで仕事が可能!

また、月曜日が来てしまった。会社で5日間も働き続けるの、つらいなぁ・・・。

毎日怒られて、もうこりごり。自分のペースで仕事をしたいや・・・。

毎日の通勤ラッシュ、勘弁して欲しいよ。通勤から解放されたい・・・。

仕事と言えば、「外に働きに出るもの」というイメージが強いですが、必ずしも外に働くに出なくても、仕事は可能です。

会社の仕事が自宅でできるというケースや、自宅をちょっとした店舗に改装して自宅で営業するなど、自宅で仕事をすると一言で言っても種類はいろいろとあります。

自宅で仕事ができる20種類の仕事を集めてみました。自分のペースで自分らしく働いてみませんか。


自宅でデスクワーク

1. 在宅勤務制度を活用

自宅でできる仕事というと、独立開業したり副業でやるものと思うかもしれません。

逆に「会社員は会社に出勤して仕事をするもの」というイメージがありますが、現在では、「在宅勤務制度」を導入している会社があります。

一般的な在宅勤務制度の場合、自宅で仕事をするのは週に1回から2回程度。

毎日、在宅勤務が行えるわけではありませんが、週に1回から2回だけでも、メリットはあるのではないでしょうか。

自宅の落ち着いた環境で事務的な仕事をまとめて片付けることができるほか、通勤ラッシュからも解放されます。通勤時間がない分、家の用事を済ませる時間も増えますよね。

一人でリラックスして仕事できますから、精神的な面においてもメリットがあります。

在宅勤務を導入している企業を探して、制度を活用してみてはいかがでしょうか。

2. データ入力

在宅ワークの代表的なものの一つに、データをパソコンに入力していく「データ入力」があります。

会社に出勤して仕事する方法もありますが、いまはクラウドソーシングのサイトで仕事を探せば、自宅で仕事することも可能です。

データ入力は、パソコンでブラインドタッチができれば取り組める作業。

しかし、おなじような入力件数が数千件になることもあります。

そのため、黙々と作業をすることが苦にならない人に向いていると言えるでしょう。

データ入力ではスピードも大切ですが、それ以上に大切なのはタイピングの正確さ。

膨大な量の仕事を正確にこなさなければなりませんので、根気良く続けることが大切です。

データ入力の仕事について詳しくは、
在宅ワーク初心者はここからスタート!データ入力作業|お仕事のポイントと注意点

3. ウェブサイトの記事作成

ウェブサイトの記事作成も、クラウドソーシングのサイトで探すことができます。

文章を書くことが好きな人には、最適な仕事と言えるでしょう。

単発の仕事は単価が安い傾向にありますが、例えば「1か月に10本納品」というように、発注者と契約する形をとると、単発の仕事と比較すると単価が上がりますし、また、安定的に仕事を受注できます。

ウェブサイトの記事作成で気をつけたいのは、著作権の問題です。

コピペしての記事作成は論外。あくまでも自分の文章で作成し、オリジナルの記事作成に心がけましょう。また、納期は必ず守りましょう。

ウェブサイトの記事作成を継続するためには、発注者との信頼関係が大切です。

4. ウェブデザイナー

ウェブデザイナーの仕事は、ウェブサイトのデザインを行うことです。

具体的には、ウェブサイトの構成やレイアウトを考えること、また、画像データをHTMLやCSSなどのウェブ言語を利用しながらウェブサイトに反映させる「コーティング」などです。

そのため、ウェブに関する幅広い知識が求められます。

ウェブデザイナーとしての経験があれば、クラウドソーシングのサイトで仕事を受注して、自宅で仕事をすることができます。

専門的な知識を必要とする分、データ入力やライティングと比べると単価は高くなりますが、あくまでも、発注者が求めるデザインを行うことがポイントとなります。

コミュニケーションを綿密に行うことが、質の高い仕事を行うためのポイントと言えるでしょう。

5. システム開発

システム開発も、自宅で作業することが可能な仕事。

IT系のシステムエンジニアには、在宅勤務が可能なケースがあるほか、ゲーム開発や業務用のシステム開発といった幅広い仕事がクラウドソーシングのサイトに掲載されています。

さらに、システムに関する知識や経験が豊富であれば、自宅で独立することも可能でしょう。

なお、システムエンジニアは、ITに熟知しているだけではなく、プログラムメンバーとの仕事の調整や、顧客との打ち合わせなど、コミュニケーション能力も要求されます。

チャットワークやスカイプなどを利用したコミュニケーションが大切と言えるでしょう。

>>>Webスク~未経験者がプロのスキルを学べて、転職保証までついているプログラミングスクール

現在プログラマーとして仕事をしていてフリーランスになりたい人は、
ITフリーランスが仕事を安定的に受注するために効果的な6つの施策

6. 英語などの翻訳

外国語に翻訳する仕事も、クラウドソーシングのサイトで受注が可能です。

海外に在住していた経験があるなど、外国語が堪能な方であれば翻訳の仕事を行いやすいと言えるでしょう。

日本語を英語に、英語を日本語に、というように両方の翻訳できると良いでしょう。

また、英語以外の外国語、専門用語の翻訳作業は、さらに単価が上がる傾向にあります。

翻訳で大切なことは、外国の事情を理解しておくこと。

理解しないまま翻訳すると、それなりに翻訳できたとしても不自然な日本語となってしまうことがあります。

また、外国語の習得も大切ですが、日本語をいろいろな言い回しで表現できることも大切です。

日本語のボキャブラリーを増やしておくことで、より的確に翻訳することができます。

そのほか、自宅で仕事をする場合にはどのような仕事にも言えることですが、発注者とのコミュニケーションを密にしておきましょう。

スポンサードリンク

自営で稼ぐ【店舗型】

7. 理髪店・美容院

自宅で開業できる職業に、理髪店美容院があります。

理容師や美容師になるには、専門学校で学び、国家試験を受験して、理容師、または美容師の国家資格を得ます。

専門学校では2年間、通信教育の場合は3年間学びます。学費は、2年間で150万円から200万円程度、通信の場合は、3年間で70万円から80万円程度となります。

理髪店や美容院では、お客様の要望に合わせて髪型を整えるため、手先の器用さやセンスが問われる職業。

そのほか、お客様とのコミュニケーションをとるために会話力も必要となります。

理髪店、美容院を経営する上では、お客様に「また来店したい」と思われることが大切と言えるでしょう。

8. 治療院

自宅で治療院を開業することもできます。

マッサージルーム、はり灸治療院、整骨院など、治療院にもいろいろな種類があります。

国家資格としては、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師があります。これらの資格は専門学校で3年間学び、3年間の学費は合計で400万円~500万円程度となります。

民間のセミナーでカイロプラティックなどの整体術を学ぶのであれば最短2週間程度のコースからあるので、すぐに開業したい人はこちらの選択肢もあります。

自宅で営業すると、テナント料がかからないことがメリットです。

ただし、立地が良くない場合、治療院が目立ちにくくなるため、ネットを活用して宣伝する、折り込み広告を活用するなど、多くの人に認知してもらうよう工夫することも大切です。

9. カウンセリング・コーチング

カウンセリングを行う人を「カウンセラー」、コーチングを行う人を「コーチ」と呼んでいます。

カウンセラーとは、相手の話に耳を傾けることで相手を受け入れ、相手が抱えている悩みを改善の方向に向かわせる人のこと、コーチとは、相手が望んでいることを実現させるために支援する人のことです。

カウンセリングやコーチングの資格を取得する場合、期間や学費は専門学校の種類によって異なります。

期間は数ヶ月で取得できるものや臨床心理士のように6年以上かかるものまでさまざまです。

また、費用も数万円で済むものから、合計数百万円かかるものもあります。

治療院と同様、自宅での開業は経費が抑えられます。

集客のために、SNSを活用したり、ホームページを立ち上げたりして、専門性をアピールすることが大切です。

人の心を助ける仕事には、たくさんの種類があります。心の病気を治す精神科、心療内科の医師や臨床心理士、カウンセラーと呼ばれる有資格者の人から、悩んでいる人の話を聞く電話相談員、占い師といった仕事までさまざま。自分に合った仕事を見つけ、資格取得に向けて勉強していきましょう。

10. 教室を開く

自宅を活用して教室を開くことも一つの方法と言えるでしょう。

料理が得意なことを活かして料理教室を開く、コーヒーの淹れ方に特化したコーヒー教室を開く、または、ピアノ教室や塾の経営など、自宅で開くことができる教室はいろいろとあります。

教室を開くポイントは、「内容が特化していること」または、「雰囲気の良さ」です。

内容を充実させることももちろん大切なことですが、特に、大手の教室との差別化を図るには、少人数制でアットホームな雰囲気、分からないことは気軽に聞くことができる、ということも大切だと言えるでしょう。

また足を運びたい、また習いたい、と感じる教室をつくっていきましょう。

11. 飲食店、カフェ

自宅を改装して、飲食店やカフェの経営もできます。

自分の得意な料理を提供したい、居心地の良い空間を提供したい、多くの人たちが集まる場所にしたい、などいろいろな夢があることでしょう。

飲食店やカフェの経営は一見楽しそうに感じられますが、現実的にクリアしなければならない問題もあります。

例えば、自宅の改装費用がかかります。

資金は銀行などから融資を受ける人が多いですが、そのためには事業計画をきちんと作る必要もあります。

どのジャンルの飲食店を経営するのか、カフェ、それともパスタに特化するのかなど、考えなければならないことはいろいろあります。

飲食店経営は、小規模からスタートするのが無難と言えます。賃料や人件費など、経費を抑えることができるからです。

特に、初期の経営においては、経費を削減することで利益を生み出しやすくなります。

規模を拡大したいなら、自宅での店舗では手狭になったので、2店舗目のテナントを借りる、という方法が良いでしょう。

集客のためには、手配りチラシ、SNS活用、オリジナルメニュー開発など、あらゆる方法を検討しましょう。

来店されるお客様に「また来店したい!」と感じてもらうには、どのようなことをすれば良いか、ということを常に考えながら経営していきましょう。

12. 雑貨屋、アパレルなどのセレクトショップ

自宅を活用して、雑貨屋やアパレルなどセレクトショップを開業する方法もあります。

かわいい雑貨をたくさんの人に紹介したい、センスの良い洋服を販売してみたいなど、セレクトショップを開業したらやってみたいことはたくさんあるのではないでしょうか。

自宅を店舗にする場合には改装費用がかかります。

事前に貯金をしておくことも大切ですし、銀行からの融資を受けられそうであれば、それを活用する方法があります。

どのような商品に特化するのか、顧客のターゲットは女性なのか男性なのか、年齢層はどのぐらいなのかなど考えておきましょう。

また、商品はどこから仕入れ、いくらで販売するのか。どのぐらいの利益は上げることができるかしっかりと考えることが大切です。

開業後は販売をしなければなりませんから、商品に関する知識を学んでおく必要があります。

さらに、来店したお客様を明るく迎えること、店内の清掃、魅力的な商品の陳列などなど、多くの課題をクリアしていく必要があります。

良い商品をお客様に紹介したい」という気持ちと、居心地の良さを感じる店舗運営ができるとベストでしょう。

自営で稼ぐ【その他】

13. ハンドメイド

趣味でアクセサリーや小物などを作ることが得意な人は多いと思いますが、それを販売してみてはいかがでしょうか。

既製品は均一で整っていることが品質の条件ですが、ハンドメイドは、作り手の心がこもっていること、親しみを感じやすいことが大切です。

しかし、作ることにはすごく自信があっても、販売ルートがなかなか見つからないと、お困りではないでしょうか。

そのような場合は、ハンドメイドを販売するサイトやアプリがあるので、そちらを利用すると良いでしょう。

写真の撮り方やコメントの載せ方など売り方にはコツがあるようです。人気の作家さんのページを参考にしてみてもいいですね。

そのほか、近くで開催されているフリーマーケットで販売する、雑貨屋さんなどに頼んでおいてもらう、という方法もあります。

14. 伝統工芸家

陶磁器、織物、木工品など、伝統的な工芸品を作る人です。

伝統工芸品は、質の高さからその良さが見直される傾向にあり、日本人はもちろん、海外の人々からの人気が高まる傾向にあります。

弟子入りして学ぶ方法専門学校で学ぶ方法、また、最近では体験教室を通して伝統工芸の道に進むケースも見られます。

伝統工芸を学ぶ時のポイントは、見て覚える、聞いて覚える、体で覚えるなど、五感をフルに活かすことが大切です。

さらに「優れたものを作ることにこだわり続ける」ということです。

現在は安い大量生産の製品がたくさんあることから、伝統工芸品は価格の面では既製品に太刀打ちできませんが、「優れたものを作る」というこだわりで、付加価値を大きく高めることが大切なことと言えるでしょう。

15. 小説家・漫画家・イラストレーター

小説家や漫画家も自宅で作業することができる仕事です。

小説家は、基本的に一人で作業するため、自宅内での作業が可能です。

漫画家の場合、駆け出しの頃はアシスタントとして先生のところに通い、デビュー後は自宅での作業が可能になることが多かったのですが、現在ではWebで原稿をやりとりできるため、ネットで背景作画の指示を連絡しあいそのままネットで納品することも可能です。

小説家、漫画家やイラストレーターに向いている人は、書く(描く)ことが好きな人や、地道な作業をコツコツと続けていても苦に感じない人。

それ以上に大切なことは、普通の人が思いもよらないような、独創性、作家性を持つこと。

オリジナリティあふれる発想ができるからこそ、売れる作品が生み出せるようになると言えるではないでしょうか。


商売のセンスを活かしたネット副業

16. オークション

古いもの、価値あるものをオークションサイトで販売するネット副業も在宅でできます。

始める時は、自宅に残っていた雑貨や洋服、家電品などの販売から始めてみましょう。

販売になれてきたら、どのような商品が売れるかを考え、インターネット上で見つけた価値あるものを出品していくといいですね。

どのような商品がオークションで落札されているかは、「オークファン」のサイトが参考になります。
オークファン
 
http://aucfan.com/

また、オークションではすでに非売品となっているもの、骨董品、未開封品などが高く売れる傾向にあります。

「今は、どのような商品が売れているか」ということを常に考えながら出品することが大切です。

17. アフィリエイト

自分のサイトやブログに広告を掲載することで報酬が得られる仕組みを「アフィリエイト」と呼びます。

アフィリエイトには次の2種類があります。

成果報酬型アフィリエイト・・・サイトに商品やサービスの広告を掲載して、広告がクリックされ、広告内の商品に申し込みされた時点で報酬が得られる。

クリック報酬型アフィリエイト・・・サイト内に掲載した広告がクリックされるだけで報酬が得られる。

収益を高める基本は、アクセス数を増やすことと、成約率を高めることです。

アフィリエイトで稼いでいる人のサイトやブログを研究しながら、サイト作りを行うと良いでしょう。

アフィリエイトなどについて詳しくは、
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

18. ドロップシッピング

ドロップシッピングのサイトを利用してウェブ上に自分のネットショップを作成し、商品を販売することによって販売手数料が得られる仕組みのことです。

商品の在庫保有や発送は、運営会社が行うので、ドロップシッピングを行う側は、集客の作業がメインとなります。

アフィリエイトと似ているように感じられますが、ドロップシッピングで紹介するのは物品で、自分でオンラインショップを運営する、という感覚に近いと言えるでしょう。

ポイントは、いかに集客するかという点と、いかに売れる商品を販売するかということです。

集客では、検索の上位に表示される「リスティング広告」を使用する場合もあります。

商品の入れ替えをこまめに行い、今、売れている商品を扱うことも大切なことです。アフィリエイトよりも難易度は高いと言えますが、集客のノウハウと商品の目利きがあると、より成功しやすいと言えるでしょう。


投資で稼ぐ

19. 株式投資(中長期投資)

会社が発行している株を証券会社を通して株式を買い、株式を安く買って、高く売ることで利益を得ます。

株式投資を始めるには、証券会社を選び、証券口座を作るところから始まります。

ネット証券の会社は手数料が安いので、できるだけ手数料の安い会社を選びましょう。

株式投資は、安定的な経営を行っている、これから成長しそうな企業を選ぶことが基本です。

これを「ファンダメンタル」と呼びます。

しかし、安定的な企業とはいえ、株価は上下動しやすいものです。

それを補うため、株価のチャートを元に今後の株価の動きを予測する「テクニカル」で判断していきます。

初心者ほど、値上がった銘柄を買おうとしますが、値上がった後に買うと大抵はその後に値下がりします。

安く買うことが株式投資の基本となりますので、安くなったタイミングを見計らいながら買うことを心がけましょう。

株式の投資については、自己責任でお願いします。

20. デイトレード(FX・仮想通貨など)

FXとは、海外の通貨を売買し、その差額から利益を得る方法です。FXの正式な名称は「外国為替証拠金取引」。

外国為替は、海外の国の経済状況、政治的な要因などが重なり、日々変動しています。1ドル=110円から1ドル=105円に変動しても約5%ほどの違いでたいした差はないように思えるかもしれませんが、これが数倍から数百倍の違いになるのがレバレッジです。

FXは証拠金を預ければ、預けた資金の数倍から数百倍の取引が可能となるため、数百倍などレバレッジが大きい状態で取引すると、為替が1円変動するだけでも、損益額は大きくなります。

同様の形態の取り引きで、外国の通貨ではなく、仮想通貨(ビットコインなど)を対象にしたトレードも流行っています。

こちらは外国為替よりもさらに変動が大きく、大儲けする人と大損する人が極端に分かれています。

株式投資同様、FXや仮想通貨などの取引も自己責任でお願いします。

>>>初心者向けのFX会社! DMM FX

>>>世界最大級の仮想通貨取引所 QUOINEX

「自分の力で稼ぐ」という発想が大切

自宅で行う仕事には、会社の仕事を請け負うケースのように比較的収入が安定しているものもありますが、その月に商品またはサービスが売れなければ収入が得られないというケースが多く見られます。

会社に勤めていると、指示された仕事をひたすらこなすことで最低限の給料が保証されます。

しかし、自分で仕事を立ち上げるためには、「多くの人たちはどんなことで困っているだろうか?」と消費者、あるいはユーザーに求められていることを自分自身で考え、市場調査をし、アイディアを考えなければなりません。

自宅で仕事を行う場合は、「自力で稼ぎ出す」という発想が大切なのです。

脱サラできる仕事は、
脱サラ!独立できる仕事一覧。独立開業しやすい職種は?

女性のプチ起業は、
女性の【プチ起業】の種類は? 人気5ジャンルのメリット・デメリット

サラリーマンの皆さんにとって仕事は会社でするのが当たり前だと思われます。 しかし、世の中には自宅ですることが当然の仕事もあります。 100%自宅で完結しなくてもメインの作業は家で行う仕事も含めれば、世の中には家でできる仕事が以外と多くあります。 ここで自宅で作業をメインにできる仕事をご紹介します。

厳しい世界ではありますが、やりがいもひとしおであると言えるのではないでしょうか。