1. TOP
  2. 【ヘッドハンティング】優良企業にスカウトされる5つの方法

【ヘッドハンティング】優良企業にスカウトされる5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘッドハンティング される方法 5つの要素

ヘッドハンティングされることは難しくありません。

社長のポストは1つしかありませんが、ヘッドハンティングしてくれる会社は無数に存在します。

社内の出世競争で生き残ることと比べれば、ヘッドハンティングされることの方が簡単なのです。

とはいえ、サラリーマンの大多数はそのままだとヘッドハンティングされない人です。

しかし、大半の人はちょっとした工夫と努力によりヘッドハンティングされる人に変われます。

能力を磨くとともに、それを別の会社の仕事でも活かせる具体的なプランを考えてアピールできれば、ヘッドハンティングされる人になるはずです。

ヘッドハンティングされる方法を紹介します。


ヘッドハンティングされるために必要なこと

ヘッドハンティングされる人といえば、一昔前であれば40代半ばや50歳くらいの上級管理職や専門能力の高い人などのエグゼクティブ層に限られていました。

それが今ではヘッドハンターからスカウトされることをウリにした転職サービスの台頭もあり、20代後半くらいからヘッドハンティングによる転職も珍しくなくなっています。

しかし、そうしたサービスに登録しても、なかなか声がかからないという人がいるのも実際のところ。

ヘッドハンティングされるには、どうすればいいのか?

以下で見ていきましょう。

1.実績を上げる

(1)目標数値の向上

営業職であれば売上、粗利、新規開拓件数、解約率などのノルマを達成して増収増益を目指し、数字が目に見えるので外部からも人材としての価値がはっきりします。

しかし他の職種でも何らかの目標数値はあるはずです。

原材料廃棄率、製品事故率、事務ミス率、予算達成率など部署に応じ設定された目標を常にクリアーすれば少しずつ社内の評価は高まり、アピールするポイントが出来てきます。
ヘッドハンティング 実績を上げる

(2)仕組みの改善

仕事の進め方や業務運営の仕組みの改善に努めることも重要です。

製造、出荷、販売などの業務プロセスを見直して効率性の向上に貢献した人は、与えられた数値目標の達成に邁進する人よりも一段高度なタスクに取り組む能力がある人物として評価されます。

(3)ジョブサイズの拡大

特定業務の専門性を極める道もありますが、それで高い評価を得られる人はごく一部です。

大半の人は、担当者、中間管理職、部門長と出世の階段を上がりジョブサイズ(権限と責任)を拡大していくことでヘッドハンターからの評価も高めていきます。

2.職務能力を磨く

(1)知識の習得

業種、職種に応じた専門知識の習得は不可欠です。

特に必要な知識を適切なタイミングで入手し、自分なりの解釈を加えることのできるリテラシー(読解力)が重要です。

単に知識が多ければ優秀とみなされる訳ではありません。知識の量ではコンピューターにかないません。

(2)スキルの向上

仕事を遂行する上で必要なスキルを身に着けることも大切です。

ただし、高速タイピングのようなスキルは不要です(遅いより速い方がマシといった程度の評価しかされません)。

酒蔵の杜氏のように会社の命運を握るような高度なスキルの習得に励むことが大切です。

(3)企画力の向上

言われたことしかできない人はヘッドハンティングの対象にはなりません。

新たなビジネスのネタを創り出したり、既存業務の有効性・効率性を高める仕組みを導入したりする能力や経験のある人が高く評価されます。

(4)交渉力の向上

会社の中でポジションが上がれば、さまざまな場面で交渉することになります。

技術者や研究者でも予算や人材確保のための交渉力が弱ければ、良い研究や製品開発はできません。

交渉力があり、交渉によってチームとして成果を上げられる人は、分野に拘わらず高く評価されます。

3.良好な社内人脈を築く

ヘッドハンティング 社内人脈

(1)先輩・上司

まず一番身近なところで仕事をしている先輩・上司に能力や仕事ぶりを認めてもらい仲良くなることが重要です。

デキる後輩・部下と思われれば、先輩や上司が転職・起業したときにヘッドハンティングされる可能性が高まります。

(2)同期

同期に能力や仕事ぶりを認めてもらい仲良くなることも大切です。

アイツは信頼できるとか、アイツの企画力はすごいとか何らかのかたちで自分を認めてくれる仲間が増えれば、ヘッドハンティングにつながります。

とくに高い地位の求人であれば採用時に必ず人材紹介会社がレファレンス(周囲の人の評価)を取りますので、仲間の評判は重要です。

(3)後輩・部下

職場の人で一番厳しい評価を下すのは後輩や部下です。

立場が下の人は上の人に対し高い期待を抱いているため、必然的に厳しい目で見られます。

後輩・部下から信頼されていて憧れの存在と言われる人は、他社からも欲しい人材と評価されます。

(4)一般事務職

経費精算や電話番などさまざまな雑用や庶務的な仕事を任される一般事務職は、上級管理職から新人まで意外と幅広い社員と接しています。

こうした立場の人から能力、見識、人格を高く評価される関係を築くことも大切です。

4.有力な社外人脈を築く

(1)取引先

いまの職場で一生懸命に仕事をしていれば、必然的に取引先との人脈は質・量とも充実したものになるはずです。

そうなれば少なくとも取引先からは、ヘッドハンティングの候補者としてみられます。

また優秀な人の情報は取引先を介して同業者にも伝わるため、ライバル企業から引き抜かれる可能性も出てきます。

(2)学閥

東大合格者数のトップ10に入るような超一流の進学校や旧制ナンバースクールの流れをくむ公立高校は同窓会活動が活発です。慶応など同門意識の強い大学もあります。

また海外の大学・大学院の中には、戦略的に学閥を運用しているところもあります(とくに米国のビジネススクール)。

学閥に恵まれている人は同窓会名簿の価値を改めて見直しましょう。

ヘッドハンティング 名簿

(3)地縁

地方出身者の場合は地縁がヘッドハンティングのきっかけになることがあります。

その地方の名門高校を卒業していれば、学閥とあいまって有力なコネクションになる可能性があります。

(4)飲食店

飲食店の常連客としてのつながりがビジネスに結び付くこともあります。

とくに高級店の場合は、店主や従業員が客を厳しく値踏みしているため、そうした店の信頼を得られていればヘッドハンティングの契機になるかもしれません。

(5)趣味

マンガ「釣りバカ日誌」のように趣味が縁で自社の幹部や他社の経営陣の人脈が広がる可能性もあります。

あくまで趣味の付き合いのためビジネスの話を持ち出すと嫌がられることも多いですが、本当に親しくなれば先方から引き抜きを打診される可能性がります。

5.自己アピールをする

(1)人材紹介会社へ登録

転職を視野に入れているのであれば、まず人材紹介会社へ登録しましょう。

黙っていてもヘッドハンティングの声がかかる人は、ほんの一握りの超優秀な人材だけです。

人材紹介会社へ登録すれば、自分に対する客観的な評価も分かります。

いまヘッドハンティングされていない、転職が困難な理由を知らなければ、弱点の克服もできません。

(2)SNSの活用

SNSを使って自分の存在をアピールする手もあります。

ただし使い方を誤ると自意識過剰で独善的な人物とみられたり、誹謗・中傷のネタにされて悪い評判が広まったりする恐れがあります。

転職候補先の企業も必ずインターネットで自分の情報を収集していると認識すべきです。

ヘッドハンティング 自己アピール

(3)作品・成果物の発表

クリエイティブな仕事をしている人や調査・研究畑の人は、積極的に自分の作品や成果物を発表してアピールすることも考えられます。

人事、総務、法務、経理など内部管理系の人でも仕事のノウハウを紹介するブログを開設したりして情報発信を行う手があります。

(4)コンペ・公募への参加

作品や制作物の公開コンペが行われる分野の仕事をしている人であれば、そうした機会に応募して入選すれば大きなアピールになります。

例えばITエンジニアの場合、ハッカソンに参加して腕を認められれば転職候補先が広がります。

クリエイターも多くの公募の賞がありますので狙ってみるのもいい方法です。

スポンサードリンク

ヘッドハンティングされるには

世の中のサラリーマンの大多数はヘッドハンティングされない人です。

ほとんどの人はそのことに気づいています。

とくに公務員やマイナー業種の人、数値で実績を評価しにくい企画・管理畑の人は、自分のことを他社で通用しない人材だと思っているのではないでしょうか。

実際、黙っていてもヘッドハンティングされる人はほとんどいません。

しかし一方で、特定の組織・企業でしか通用しないという人というのもそう多くありません。

目の前の仕事に全力で取り組み着実に成果を上げるとともに、人脈作りを進め的確な自己アピールを行えば、多くの人がヘッドハンティングされる人材になるはずです。

 
そして、

ただ待ってるだけではなく、自分から積極的に売り込みにいってはどうでしょうか?

といっても、直接企業に電話して「求人はありませんか?」というようなことを聞いてまわるというようなものではありません。

それは、企業の採用担当者やヘッドハンターから高年収の求人のスカウトがくる転職サービスを利用するという方法です。
 
年収600万円以上の人たちに支持されている会員制の転職サービス
>>>選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

ここには年収1000万円の求人が5000件以上、+200万円の年収アップに成功した人などの事例も多数。

自分の経歴などのレジュメを入力すると、人材を探している企業の採用担当者や転職エージェントから、スカウトのメールが届くようになります。

ビズリーチのスカウト機能は、他の転職サービスのダイレクトメールとは異なり、企業の採用者やヘッドハンターから直接スカウトが来る機能です。

企業の採用者やヘッドハンターは「レジュメ」を見て、あなたをスカウトするかどうかを判断します。いい待遇のスカウトを多く受けるためには、「レジュメ」の内容を細かく充実させることが重要です。
 
ご自身のこれからのキャリアを真剣に考えている人は、まずはメールアドレスレジュメを登録するだけでOK。もちろん無料です。

ここで一手間かけることで、あなたの人生にあらたな道が開けるかもしれません。

BIZREACH

ビズリーチについて詳しくは、
年収1000万円超えの転職を目標にしている人のための転職サイト!

 

そして、すでにヘッドハンティングされたことがあるという人は、

 

あなたも早くヘッドハンターから声をかけられますように。

★自分の「個性」や「強み」がわかれば自己PRがもっと簡単に!

リクナビNEXTグッドポイント診断でわかる自分の5つの『強み』で転職を有利に進める

フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす