1. TOP
  2. 社会人の時間の作り方19選。忙しい人が自分の時間を確保する方法

社会人の時間の作り方19選。忙しい人が自分の時間を確保する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
忙しい社会人のための時間の作り方

日々の仕事に追われて好きなことや趣味の時間が取れない。

スキルアップのため勉強に時間を割きたいけれど忙しくてできない。

時間さえ作れたら、もっと充実した人生を送れるのに。

……ここではそんな悩みを抱えたあなたに、忙しい社会人のための時間の作り方をお伝えします。


忙しい社会人でも時間は作れる!

時間は工夫次第で作ることができます。

逆にいえば、作ろうとしなければ作れないものです。

多忙を極めているであろう大企業の経営者やアメリカの大統領ほど、アクティブにスポーツや趣味を楽しんでいたりしますよね。

忙しくても毎日を楽しんでいる社会人は得てしてさまざまな工夫をして自分の時間を作り出しているものです。

そして自分の時間を増やすことは将来のキャリアアップや充実した人生につながっていきます。

では、どのようにして時間を作ればよいのでしょうか。

ここからは時間を作る19の方法を、5つのジャンルに分けてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

1.無駄なことをやめて時間を作る

あなたの時間が足りないのは、有意義でないことに時間を割いているからといえます。

「仕方なく」「つい」「流されて」好きでもないことをしていませんか?

将来の理想像やビジョンから逆算して必要でないと感じることを思いきってやめてみると、新しい世界が広がるかもしれません。

1) 飲み会を断る

職場の人間関係は古今東西の労働者の悩みです。

飲み会

職場の飲み会に出席することで仕事も円滑に進めるという考えもあるでしょう。

しかしあなたの自由な時間と天秤にかけてどちらが大切でしょうか。

全ての誘いに応じないのは極端としても、3回に1回は断るなど、職場の人間関係を悪化させない程度に付き合いを減らせば自分の時間を確保できます。

2) 二次会に行かない

2つ目も飲みニケーションの工夫です。

飲み会に出席すると、酔って上機嫌になっていることもあってつい二次会、三次会へと流れ着いてしまいます。

付き合いが悪いと思われようとも、一次会できっぱりと断る勇気があなたに自由な時間をもたらします。

もちろんお金も節約できますね。

 

3) ランチは一人で食べて昼休みを活用

お昼時間を活用するのも時間を確保する手段になるでしょう。

内勤、外勤にかかわらず、お昼ご飯を同僚や得意先の方といっしょに食べている場合、気を使って会話を盛り上げなければならず、とても自分の時間を作ることはできません。

せっかくの僅かな休憩時間ですから、読みたい本を読んだり、楽しい計画を立てたりに使ってみてはいかがでしょうか。

1時間の休憩とはいえ、ちりも積もれば膨大な時間になりますよ。

2.作業を効率化する

日々のタスクを効率化することでも時間は生まれるものです。

家事から仕事の準備、各種支払いや手続きなど、スピード化して改善できるものはないか常にアンテナを張っておくと、時間は少しずつ作れるようになるはずです。

4) 優先順位をつける

忙しい社会人は日々何かに追われています。

仕事だけでなく家事や雑務、付き合いなどさまざまな「やるべきこと」に忙殺されていることでしょう。

人間の脳は本来マルチタスクにはあまり向いていませんので、やるべきことが増えすぎると「何からやってよいか分からない」状態に陥りがちです。

混乱して行う作業は生産も落ちて時間も普段以上に掛かってしまいますよね。

そこで取り組むべき作業には優先順位をつけましょう。

一つ一つ片付けていくことで効率的な時間配分が身につきます。

自ずと時間も生まれるでしょう。

5) To Doリストを作る

上記4番にも関連しますが、頭の中で優先順位をつけられない場合はTo Doリストを作ってみると解決することもあります。

チェック

紙や付箋に書き込んでもよいですし、便利なスマホアプリやツールもたくさんあるので活用するのもひとつです。

例えば世界的なメモアプリのEvernoteにはTo Doリストを作る機能があります。すべきことを可視化して一つずつ消していく爽快感を味わうと病みつきになるかもしれません。

6) 週間スケジュールを作る

やるべきことの優先順位が決まったら、あとは「いつまでに」行うのかを可視化するとタスク管理は捗ります。

スマホにはカレンダー機能がついているのでアプリ上で管理するだけでも改善されるでしょう。

無料アプリtimetreeはとても見やすくユーザビリティもよいのでスケジュール管理におすすめです。


3.働き方をかえて時間を作る

時間がないのは仕事に追われているから!確かにもっともな理由ですよね。

ということは、働き方を見直すことで生まれる時間もあるということです。

時間を生み出すような働き方ができているか、振り返ってみて改善できることがあればどんどん取り入れましょう。

7) 残業を減らす

たびたび社会問題としてメディアに取り上げられる残業。

日本では当たり前の風潮として未だに蔓延っています。

もし残業せずに帰れたなら、どんなに素晴らしいことでしょうか。

残業から逃げる

あなたの職場に「残業は当たり前」というムードが根強くあるようなら、週に1度「個人的なノー残業デー」を設けてはいかがでしょう。

残業をしない勇気を持ち、残業をしないための仕事の進め方を模索すれば自由な時間は増えていきます。

8) 副業を始める

逆説的ですが、こうも言えます。

そもそもあなたを仕事に縛り付けているのは「働かなくては暮らしていけない」という根本的なテーマです。

副収入を得ることで気持ちに余裕を作り、強迫的に働き詰めの生活から解放されたら、会社に時間を捧げる働き方からも脱却できるはずです。

幸い、私たちは新しい働き方が溢れる時代に生きています。副業の種類もたくさんあるのできっとあなたに適したものが見つかるはずです。

ただし、副業禁止など社内規則はよく確認してから行動に移しましょう。

 

まずその副業をするための時間をどうやって確保するのか?ということについては他の項目を参考にして、わずかでもなんとか頑張って捻出してください。ここだけは踏ん張りどころです。

9) 投資を始める

副業と同じ理由から、投資を始めるのも戦略的な手段です。

お金を運用することは資産形成におけるメリットだけでなく、多角的な経済感覚を身につけることにもつながります。

また、副業と違って規約で禁止されることもありません。

10) 80対20の法則を意識する

80対20の法則とは

パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。
出典:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

経営学や経済学でたびたび使われるこちらの法則には次のような一文も含まれます。

「仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。」

つまり、成果を8割でいいことにすれば、時間は8割が空くということになります。

これを自由に使うか、あるいはその8割の時間で、副業なり投資なりをして成果を出せば、全体としてより大きなプラスになるということです。


4.生活習慣を見直して時間を作る

生活習慣もまた、時間泥棒の犯人である場合が多くあります。

時間を増やせるポイントはないか、習慣を見直してみましょう。

11) 体を動かす・筋トレをする

運動をすると気持ちにゆとりが生まれ、シンプルシンキングができますよね。

筋トレ

また、筋トレは体が鍛えられるだけでなく基礎体温・基礎代謝が上がることで精神的にも効果があるともいわれます。

リフレッシュして活動的になることで作業がはかどり、時間にも余裕が生まれるかもしれません。

12) 早起きする

これまで挙げた方法のなかでも、特にポピュラーで誰にでも実践できるのが早起きです。

早く起きれば起きただけ時間が生まれます。しかも、朝一番という一日でもっとも頭がクリアな時間帯に好きなことができるのです。

 

13) お酒を控える

晩酌を楽しめるのは大人の特権ですが、貴重な夜のひとときを酩酊して過ごすのはもったいないという見方もできます。

その時間こそ、喉から手が出るほど欲しかった自由時間なのですから。

お酒を控えることは前述した早起きにも繋がりますし、健康面にもよい影響をもたらしてくれます。一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなって、あなたにゆとりを作るでしょう。

14) 瞑想する

近年生活に瞑想を取り入れる人が増えています。

瞑想

あのスティーブ・ジョブスも行っていたという習慣は、精神に安らぎをもたらします。

安らぎは余裕を、余裕は時間を作るのです。

5.無理やり時間を捻出する

どうしても時間を確保できない。ならばあらかじめ無理矢理にでも捻出してしまう作戦はどうでしょうか。

15) 有給を使う

有給を使えば一日時間が確保できます。来週でも来月でも、どこか狙いをつけて有給を申請してみては。

土日や祝日につなげれば連休のできあがりですよ。

16) 通勤時間を活用

あなたが電車やバスなど交通機関を利用して通勤しているのなら、その時間を活用しない手はありません。

読みたい本、勉強したいこと。移動時間が有意義な時間に早変わりです。

 

17) 家事代行を利用する

家事に時間を取られるのがストレスになっている場合、家事代行サービスを利用すれば時間が作れます。

タスカジなどのマッチングアプリの登場で家事を外注することも身近になりつつあるので、空いた時間にやりたいことができるでしょう。

18) 強制的に自由時間を確保する

「日曜日の午後は何も予定を入れない」「来週水曜日の21:00から、観たかった映画を観る」

前もってやりたいことをする日時を決めてしまえば、あとは実行するのみです。

時には強引に自由時間を確保してみましょう。

19) 転職する

上記を全て試しても時間が作れない場合は理想の働き方ができない会社に所属しているといえるかもしれません。

転職や独立など、別の道を検討し計画に移すべきなのかもしれません。

時間を作ることのできる職種や働き方を選ぶと、人生はより豊かに彩られていくはずです。


社会人ならではの時間の作り方を実践しよう!

学生時代とは異なり、社会人になると長い通常の勤務時間だけでなく、残業や同僚・上司との飲み会、接待や付き合いのゴルフなどさまざまなことがあなたの大切な時間を奪っていきます。

また、一人暮らしをしていれば料理に洗濯、掃除など家事も一人でこなさなくてはならず、休日であっても好きなことだけをするわけにいきません。

このまま仕事だけをして生きていかなければならないのだろうかと、漠然とした不安に襲われることもあるかもしれません。

しかし、ここまで見てきたように、工夫次第で時間は作ることができます。

・無駄なことをやめると時間が作れる

・作業を効率化すると時間が作れる

・働き方を変えると時間が作れる

・生活習慣を見直すと時間が作れる

・無理矢理にでも捻出すると時間が作れる

どんなに忙しくても時間を作る方法はあるのです。

自分の時間を作ることは充実した人生への近道。

時間に追われる生活から、時間を作り出す生活へ変わるきっかけにして頂けたら幸いです。

 

あなたが自分の時間をたくさん作り出せますように。

あなたに最適な転職活動の進め方は?
転職診断
★自分の「個性」や「強み」がわかれば自己PRがもっと簡単に!

リクナビNEXTグッドポイント診断でわかる自分の5つの『強み』で転職を有利に進める


フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす