お金儲けの秘訣10|この時代でなにが金儲けに繋がるのか?

外国の通貨 会社以外の稼ぎ方

あなたの身近なお金儲けして成功した人に、「どうやって儲けたのか?」と質問したことがあるかもしれません。

でも、なかなか本当のことを言ってくれませんよね。

なにか特別な秘密があるような気がするのですが……。

はたして、お金儲けにはなにか特別な秘訣はあるのでしょうか?


1.お金儲けの秘訣(基礎的心構え)

金儲けには、古来から言われている秘訣が存在します。

その中でも現在の社会情勢にそったものを紹介します。

1.猛烈に努力する

まず、人の何倍もの努力をすることが金儲けのための重要な秘訣です。

大企業での出世、相場での大儲け、発明による大金獲得などを狙うのであれば、それ相応の努力が必要です。

逆にいえば自分の努力を努力とも思わない、努力が苦にならない金儲けの方法を探すことが大切です。

2.新しいものに興味を持つ

金儲けには「先見の明」が欠かせません。インターネットで成功している起業家の中には20年以上前から目をつけていた人が少なくありません。

仮想通貨で儲けた人も、いち早く情報を手にしていました。

3.世の中の変化に目を配る

日本ではこれからさらに少子高齢化と人口減少が確実におこります。こうした変化を踏まえてどんな金儲けの方法があるかを考えることが大切です。

また、新しいことだけでなく懐古主義的な動きも含め世の中の変化に目を向けることも必要です。

政治的には景気が悪化すると保守主義や過激思想が台頭する傾向がみられます。こうした変化を敏感にカギとることも金儲けには欠かせません。

4.情報収集・分析の視点を定める

世の中には多くの情報があふれています。それを収集・分析するための独自のモノサシを持つことが重要です。

他人が気づいていない(かつよく当たる)モノサシがあれば鬼に金棒です。

また、大儲けできるというふれこみの秘匿的な情報も、実は詐欺の可能性があります。

それがホンモノか、分析することも欠かせません。

5.年収が高い王道の職業を目指す

医師、弁護士、経営コンサルタントなど高収入を狙える職業を目指し地道に勉強する手もあります。30代前半くらいまでであれば転身も十分見込めます。

6.他人を使いこなす

人の上に立つ能力、多くの人や仕組みを束ねる力も金儲けには大切です。

例えばミシュランの三ツ星レストランのオーナーシェフになっても小銭は稼げますが大儲けはできません。

金儲けに徹するためには多くの人を使いこなす外食フランチャイジーのオーナーになる必要があります。

7.有力者にかわいがられる

各界の有力者にかわいがられれば金儲けにつながる情報を得やすくなります。良い人脈を広げる能力や努力も金儲けには必要です。

8.チャレンジ精神を持ち続ける

成功している起業家の多くは数多くの失敗も経験しています。

成功するまであきらめなかったから金儲けができたともいえます。死ぬまであきらめないチャレンジ精神が大切です。

9.楽天的であること

成功しないかもしれないという不安があればチャレンジし続けられません。

合理的な根拠がなくても楽天的な気持ちでいられることも重要です。

10.慎重さを失わないこと

勝負所で詰めが甘い人は金儲けのチャンスを逃します。

最後の最後まで徹底的に検討して、押さえるところを押さえることが大切です。

スポンサーリンク

2.お金儲けの具体的な手段

基本的な心構えができたところで、次は実際にどんな方法で稼ぐのかの手段が必要です。

大きく2つの方向性、それぞれの具体的な方法を紹介します。

1.他人との競争に勝ち抜く

まずは大勢のライバル・競争相手のいる中での戦いです。

1)大企業で出世する

多くの人にとってチャンスがあり分かりやすい金儲けの手段は大企業で出世することです。外務員や工員から叩き上げる戦略があれば学歴や年齢もあまり関係ありません。発明や発見と違い必ず成功者(役員)がいるため、戦略を練って努力すれば成功する確率が高まります。

2)高収入職業に就く

がんばって勉強して医師や弁護士になれば億単位の収入を狙えます。とくに医師は自ら病院経営に乗り出して病床数を拡大すれば相当な収入を得られます。一代で大病院グループを築いた人も少なくありません。

3)相場でもうける

株式、FX、先物・デリバティブ、公営ギャンブルなどの相場取引も徹底的に研究すれば、かなりの確率で儲けられます。ビッグデータを自分で分析する能力があれば有力な金儲けの手段となります。
古典的な勘に頼る相場の張り方では損をする確率の方が高いため、そうした手法を採る人は宝くじを買うようなつもりで投資する方が無難です。

4)不動産投資でもうける

アパート、マンション、オフィスビル、リゾート施設などの不動産投資は市場を徹底的に分析すれば、株式などの投機よりも高確率で儲けられます。ある程度まとまったお金があれば最も確実な金儲けの方法ではないでしょうか。
原発事故や火山の大噴火などで長期間にわたり人が活動できなくなった地域に集中的投資していない限り、市場分析をしっかりやれば大損する可能性はかなり低いと考えられます。

2.他人が気づかない、できないことをする

大企業で出世するとか株で儲けるといった誰もが思いつくことで成功するためには、相当な努力を要します。

一方で人が気づいていないことをすれば、あまり苦労せずに金儲けできる可能性があります。

1)発明する

IT、バイオ・医療・製薬、環境・エネルギーなど市場規模が大きい分野で発明すれば大儲けできます。青色発光ダイオードなどノーベル賞対象になる発明をして数十億円、数百億円儲けた人も少なくありません。

2)ビジネスモデルを考える

既存事業を基に新たなビジネスモデルを構築して金儲けに成功した人もいます。例えば宅配便や引越センターはトラック運送業に工夫を凝らして発展したものです。外食チェーンも同じです。個人経営の店舗からセントラルキッチンの採用、メニューやサービスの標準化などの工夫により多店舗化したものです。Eコマースもリアルの店舗をネットに乗せるアイディアであり小売業であること自体に変わりはありません。

3)成熟産業で抜け出す

貸金業、飲食業、風俗業(パチンコ、麻雀、バー、クラブなど)は新規参入が容易で競争は激しいですが、一ひねりして何らかの付加価値を生み出したり泥臭く地道な営業やコスト削減を続けたりすれば勝ち抜くことができる可能性があります。

一般的なビジネスでも、成熟産業と呼ばれる業界で他業界の仕組みを取り入れるなどすれば一人勝ちすることもありえます。市場規模が大きい産業であれば大きく稼ぐことができます。

4)クリエイティブなことをする

小説、マンガ、音楽、美術、映像、ウェブデザインなど何らかのクリエイティブな作品を発表して金儲けにつなげる手もあります。幸いなことにIT社会の現代はクリエイティブの領域が広がっています。「キャラ弁」を作ってネットにアップしたり整理整頓術を披露したりしただけで数百万円、数千万円単位のお金を手にできる時代です。

3.金儲けの達人の金言に学ぶ!

実際に大きなお金を稼いだ人は、「お金儲け」についてどのように考えていたのでしょうか。

著名人の語録から拾ってみました。

1.邱永漢氏

「賢者は中金持ちを目指す」
「株の儲けはガマン料」
「お客に選ばれるよりお客を選べ」
「必要は発明の母、偶然は成功の父」
「貯蓄拾両 儲け百両 見切り千両 無慾萬両」

台湾生まれで戦中に東京帝国大学を卒業後、貿易業で財をなし直木賞作家にもなった邱永漢氏は「金儲けの神様」と呼ばれ、経営や財テクに関する多くの著作を残しています。
邱はなど物事の本質をシンプルに表した多くの言葉を残し2012年に死去しました。

2.堀江貴文氏

「人間が考えたことは実現すると言われますが、口に出さなければ実現しません。だから僕は、まず口にする」
「たとえ2次情報をもとにしていても、見方を変えることでおもしろくなるんです。」
「目の前のビジネスをきちんと成立させる。それがサステイナブルに夢を追う秘訣」

IT企業ライブドアの元社長で証券取引法違反の罪で収監された経験を持つ堀江貴文氏(ホリエモン)は、宇宙開発事業を手掛けるなど旺盛な事業欲の持ち主です。
炎上ビジネス的な発言も目立ちますが、など真面目な語録も残しています。

3.前澤友作氏

「『仕事を嫌々するのは願い下げ』という気持ちは高校生の時から変わっていません。だから、社員に課すノルマや目標は一切ありません。好きなこと、生きがいを感じることに取り組んでもらいたいと思っています。」

「みんなが『これが好きだから働く』という思いを共有していれば、スピードだ効率だと社員の尻を叩かなくても、自然と仕事は速くなります。」

アパレルショップサイトZOZOTOWNの運営企業スタートトゥデイ社長の前澤友作氏は、好きな道に突き進むことが成功の秘訣という趣旨のことを述べています。
といったことを発言しています。

4.ウオーレン・バフェット氏

「買うのは企業、株ではない。」
「喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない。」
「大事なのは、自分が好きなことを飛びきり上手にやること。お金は副産物にすぎない。」

ウオーレン・バフェット氏は、世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの筆頭株主兼CEOです。投資の世界では最も有名な人物の一人です。
など投資の神髄をシンプルに表した発言が目を引きます。

5.ジム・ロジャース氏

「自分で調べた会社の株を買いなさい。さもなければ、家で映画を見ているほうがいい。」、
「幸運は、常に努力を怠らない人のもとへ訪れる。」
「ロシア政府や、世界銀行から発表された情報を信じるなんて、正気か?」

ジム・ロジャース氏はバフェット氏と並ぶ有名投資家で現在はRogers Holdingsの会長を務めています。
といった他人を頼らず自ら汗をかくことの重要性を説く言葉が目立ちます。


金儲けの秘訣とはつまり……

お金儲けに秘訣があったとして、それを多くの人が知ってしまったら「秘訣」としての価値がなくなるはずです。

金儲けの秘訣とは、勤勉、努力、忍耐、誠実、知恵など多くの人が認める普遍的な価値にあります。

まじめに努力し続ける中で独自の工夫を施した戦略や戦術に長けた人が金儲けに成功するのです。

多くの人は金儲けの戦略や戦術を秘訣と勘違いしていますが、それらを知っても努力、忍耐力、知恵などが欠けていれば使いこなすことはできないでしょう。

結局、金儲けを成し遂げるためには自分で道を切り拓くしかないのです。

楽して儲ける秘訣はないという当たり前の結論になりましたが、逆にいえば、人のやらない努力をしたりリスクをとったりすることでお金持ちに近づくことができます。

まずはサラリーマンとして年収1000万円を突破するには、
年収1000万円サラリーマン。業種別の到達しやすさと生存競争

さまざまなお金持ちの職業は、
お金持ちの職業で働くには?|収入ランキングから考えるお金持ち職業に就く方法!

権利収入が得られる仕事20|あこがれの不労所得への道!
誰でも知ってる権利収入には 特許 著作権 不動産賃料 などがあります。 これらの権利を持っていれば、悠々自適で暮らせそうなイメージがありますよね。   ところで、人が得られる収入は労働収入と権利収入に大別

あなたが金儲けの秘訣を身に着けて、大きく稼ぐことができますように。