海外で働きたい理由|就活・転職「これじゃダメ?」憧れと問題点!

海外で働きたい理由 これじゃダメ? 海外で働く

就活転職の面接で、海外勤務を希望した。

すると当然のように、「あなたが海外で働きたい理由はなんですか?」という質問がきます。

外国に住んでみたい、自分の好きな国で生活してみたい、海外で働くってかっこよさそう、グローバルに活躍したい……。

漠然と「やってみたい」夢として、海外で働くことを挙げる人は多いですよね。でも、それをそのまま言っても面接官にあきれられるだけです。

海外求人の情報を調べるなら、
>>>海外の求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

就職・転職の面接にふさわしい「海外で働きたい理由」について、解説します。


なぜ海外で働きたいのか?

よくある海外で働きたい理由のパターンと、その問題点について見ていきましょう。

1. 漠然とした夢、希望、あこがれ

・外国に住んでみたい
・自分の好きな国で生活したい
・視野を広げたい
・多様な価値観や文化に触れたい
・語学力を高めたい
・外国人と仕事がしてみたい

……といった自分の叶えたい夢が理由になっている場合。

「外国に住んでみたい」

テレビや映画で外国の町並み、文化や歴史に興味を持った国など、いつかそこに住んでみたいなと思うことはよくあります。

もちろん、海外旅行で訪れることはできますが、旅行では名所や観光地など表面をなぞるだけ。その国の歴史や文化にじっくり触れる機会もなく、そこに住む人との交流もなく、ただ通り過ぎるだけとなってしまいがちです。

気に入った国にしばらく滞在して生活し、あるいは働いてみて、街の雰囲気やそこに住む人々の生の暮らしに接してみたいと思うのは自然なことでしょう。

ですが、それはあなたの都合であって、会社側からすれば、なんのメリットもありません。

「視野を広げたい」「多様な価値観や文化に触れたい」

海外に行っていろいろな経験をし、視野を広めたいというのは、理由としてはわからないではないですが、大切なのは視野が広がった結果、どう会社に貢献できるか?です。それを会社にプレゼンできなければ駄目です。

「語学力を高めたい」

これも自分の都合にしかなっていません。語学力を高めるのは会社がやってくれることではなく、自分で語学スクールに通うなどして入社前にやっておくべきことです。

「外国人と働きたい」

単に「外国人と働きたい」という希望だけのケースは、海外に行かなくても、夢は叶えられます。

外資系企業や英語学校など、日本国内でそうした環境の職場を探す方が早くて確実といえます。

2. 社会に貢献したいという前向きな理由

・日本のよさを海外に紹介したい
・新興国の発展に貢献したい

ボランティアで社会貢献した方がいいのでは?

新興国に貢献することが主な目的なら、海外青年協力隊などのボランティアに応募するのが近道です。あるいはNGOなどで働くことも考えられます。本気で新興国の問題に取り組むのであれば社会起業家になるという方法もあります。

一般企業は営利目的なので、あくまで貢献目的な人は、その道に進むのがいいでしょう。

2. グローバルに活躍したいという理由

・海外で自分の力を試したい
・これまでの経験を海外で活かしたい
・グローバルに活躍したい

広い世界で大きく活躍したいと思うことは大変よいことです。

それはいいのですが、海外で通用するのか自分の力を試してみたいと言われても、会社としては、一か八かで試されても困ります。

ここで重要なのは、「なぜあなたが海外で活躍できるのか?」という理由です。

日本でやっていたことが海外ならさらに活きる、現地の言葉が使えるのでスムーズに意思疎通ができるなど、会社があなたに海外での仕事を任せたいと思うような理由を考えてみましょう。

この実績があるから、この経験が海外で活かせるから、この能力があるなど、具体的に証明する自己PRが重要です。

3. 日本の社会や現状から逃れたいという後ろ向きな理由

・日本の企業文化や人間関係に疲れた
・日本で希望の職が見つからない
・日本の将来が不安

とにかく日本は嫌だ

日本企業の風土や人間関係にどうしてもなじめない、という人もいるでしょう。

日本では需要が飽和して人気がなく、募集の少ない仕事でも、海外であれば需要がたくさんあることもあります。

年齢、仕事の需要、企業風土、人間関係などのせいで、実力が十分に発揮できないのであれば、新天地を求めて海外に目を向けるのも悪くありません。

日本の家電や部品メーカーでリストラされた人や定年退職した人が、中国や韓国の企業にスカウトされるケースもあります。

とはいえ、海外赴任や海外企業への転職には、日本でそれなりの経験をしてスキルや専門知識を持っている必要があります。

実力がないのに、日本でダメだから海外でという甘い考えでは採用される可能性は低いということはいうまでもありません。

スポンサードリンク

海外で働く理由はなんだっていいが、面接で言うべき理由と言わない方がいい理由がある

漠然とした「行ってみたい」という希望、夢であっても、「日本に合わない」という逃避のような動機であっても、目標をはっきりさせて、それを実現するために行動できるならば、海外で働くということを現実のものにすることは可能です。

ただ、そのときに、海外で働く理由はなんだっていいのですが、面接の場では、言うべき理由と言わない方がいい理由があります。履歴書などに志望動機を書く場合でも同じです。

あくまで自分が会社へどう貢献できるのか?という視点で考えてみましょう。

そして、「海外で働く」という夢は入口に過ぎません。

就職先、働く国が決まり、引っ越してからは実際の生活、仕事が始まります。

必要な語学力、文化を理解するためのリサーチはもちろんのこと、海外で長く仕事を続けていくためには、さらにモチベーションを高めるための次なる目標設定が必要となります。

まずは行動力につなげるために、「なぜ海外に行きたいのか」という理由をはっきりさせることから第一歩目を始めましょう。
 

海外求人の情報を調べるなら、
>>>海外の求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

海外で働く高待遇求人の情報は、
>>>ハイクラス転職サイトBizReach【海外勤務求人特集

BIZREACH

海外で働こうと思ったら、転職エージェントに相談するのが最短ルートです。
>>>海外への転職はJAC Recruitment

海外で働く方法は実はいろいろあります。
海外で働く方法8つ。えっ?こんな手があるとは…最短で海外就労するルート!

 

あなたの海外で働きたいという夢が現実に近づいていきますように。