英語が話せないけど海外で働くには?どんな仕事・職種ならOK? | はたらくす

英語が話せないけど海外で働くには?どんな仕事・職種ならOK?

海外で働く!求人の多い職種は? 海外で働く

海外で働きたい!…でも英語は話せない、もちろんそれ以外の外国語も全然しゃべれない……。

海外で働くには「英語ができなければ無理」とか語学ができないと…と思っているかもしれませんが、あきらめないでください。

海外赴任は語学力だけで決まる訳ではありません。また、海外で働くために、“語学力なし”“未経験”でも多少の準備をすれば応募可能な海外就職の求人もあります。

海外求人の情報を調べるなら、
>>>海外の求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

英語が話せないけど海外求人へ応募して転職・海外就職したい人のために、狙い目の職種・業種を紹介します。


英語が話せなくても海外で働ける人の条件

なにも英語だけがすべてではありません。また、なにか特別な仕事の経験がなければ海外で働けないわけでもありません。

それ以外の分野で勝負すればいいのです。では、なにでアピールするか? あなたに合ったセールスポイントを見つけましょう。

1.ビジネススキル(専門性)

海外に限った話ではありませんが、転職するためにはなんらかの”ウリ”が必要です。

大企業相手の法人営業、飲食業の店舗運営、機械メーカーの原価計算、業務管理システムの開発など、なんでもいいのですがまずは一つ専門的な知識・経験が求められます。

自分の能力に対するニーズがたまたま海外であれば、赴任して海外勤務か可能です。

2.体力

現場での肉体労働に従事しなくても、海外では日本よりも体力の消耗が激しいことは容易に想像できると思います。

日本は“世界でもっとも快適に過ごせる国”のひとつです。暑さ寒さがあるとはいえ、海外と比べれば猛暑、極寒というほど厳しい天候というわけではありません。

冷房設備や衛生管理も行き届いています。先進国でも確実に日本より厳しい環境で生活することになりますので、体力も重要な要素です。

3.異文化適応力

気候だけでなく社会環境面でも“日本は世界で一番快適に過ごせる国”です。

欧州では、日曜日も営業する商店・飲食店は少数派です。ましてや24時間営業の店舗はほとんどありません。電車やバスなどの公共交通機関がダイヤ通りに動くことが当然となっている国も日本ぐらいです。

語学で苦労する上に生活習慣や労働観の違いからストレスを感じることも少なくないはずです。そうした状況に適応できる資質、バイタリティーも重要です。

4.語学力

海外で仕事をする以上、その国で使われる言語がどれだけ使えるかも重要です。英語ができれば大丈夫というわけにいかない国もあります。ただし、国際公務員や通訳・翻訳業など高度な語学力を前提とされている仕事を除けば、必ずしも重要な要素にはなりません。

一番求められることは仕事の能力です。仕事をする上で必要最低限の語学力があれば何とかなります。日常会話力は現地で生活すれば徐々に高まります。

スポンサードリンク

英語が出来なくても海外で働ける仕事・職種は?

1. 日本のオリジナリティが求められる仕事

まずはほとんど未経験でもなんとかなる仕事です。

① 日本語教師

当たり前ですが日本語を教える上で一番重視されることは日本語の能力です。

つまり日本語教師は日本人に最も適した仕事といえます。日本に日本語をほとんど話せない英米人の英語教師が大勢いることと同じです。

② 寿司職人

海外で最も人気のある日本食は寿司ですが、まともな寿司を提供する店はほとんど日本人の経営です。

外国人が経営する鮨屋はかなり奇抜なメニューだったり、ネタや酢飯が日本の鮨とは異なるものだったりします。本場の鮨をきちんと握れる鮨職人は料理人の中でも需要が高いといえます。

3ヶ月ほど寿司学校に通っただけでもミシュランをの星を獲得した人もいますので、少しの修行で海外へ行くことは十分に可能です。

③ ラーメン職人

最近ラーメンは海外で急速に人気が高まっています。中華料理の麺類とは似て非なるものという理解が広まっています。

味千ラーメン、一風堂など海外展開に力を入れているラーメン・チェーンも増えています。米国、欧州、東アジア、東南アジアなどでラーメン職人に対する需要が増しています。

④ 蕎麦・うどん職人

ラーメンほどではありませんが、日本の伝統的な麺料理である蕎麦・うどん店も海外で増えています。

大手うどんチェーンの丸亀製麺は海外進出に積極的です。外国人で蕎麦・うどんを打てる人はほとんどいないため、この分野も大いにチャンスがあります。

⑤ 造園・植木職人

市場規模は大きくありませんが、欧州を中心に日本庭園や植木に対する人気が高まっていることから庭師の需要はあります。

日本のハイシーズンである秋から冬にかけて庭木の剪定のバイトで植木屋にもぐりこみ、修行をして海外へ行く手があります。

2. 日本の先進性を活かせる仕事

こちらはそれなりの技術・経験が必要な仕事です。

① 農家・酪農家

日本は地域ごとに多種多様な農作物を収穫できる上、全国に農業試験場があり、さまざまな品種改良が進められています。このため日本の農業技術に対する世界的な評価は高く、技術支援に対する多くのニーズがあります。

② 漁師(養殖業者)

漁業、とくに養殖の技術も日本は優れています。農業同様、全国に漁業試験場があり品種改良に取り組んでいます。こうした技術に対する評価も高いですが、農業と比べれば全世界的な需要は弱いようです。

③ 機械・電気技術者

先進国ではトップレベルの企業・研究所以外にエンジニアの需要はほとんどありませんが、発展途上国では町工場の技術やアイディアが重宝されます。

エネルギーや工作機械が十分に確保できない国・地域では、伝統的な職人技がハイテクよりも求められる場合が少なくありません。

④ 土木・建築技術者

やはり先進国での需要は限られますが、発展途上国では開発案件が多く日本の技術者の活躍余地は大きいとみられます。

構造計算や三角測量の基本的な技術を普及させるだけでも大きな価値があります。

⑤ 観光事業者

すでに多くの業者が世界各国に進出していますが、観光事業従事者として海外で働くチャンスは十分にあります。

ただし語学が苦手な人はそれを上回る専門能力が求められます。例えば一流のダイバーで日本からの観光客を安全に楽しませる力量があるといったことが要件になります。

⑥ 医師・看護師など医療従事者

先進国では研究者・研修者以外であれば働く余地はほとんどありませんが、発展点途上国における医療従事者のニーズは極めて大きいといえます。ただし応募ルートが公的機関や大手NGOを窓口とするものにほぼ限られます。

⑦ 教師

日本人の識字率はほぼ100%で簡単な四則演算ができない人もほとんどいません。しかし発展途上国では日本の小学生レベルの教育を十分に受けていない(受けられない)人が大勢います。このため基礎教育を行う教師に対する需要は根強くあります。

⑧ その他

発展途上国を対象とした場合、ほとんどの分野で支援余地があると考えられます。

例えば法律や会計などの制度も十分に整備されていないため、外国人の手助けが求められています。明治維新の際にあらゆる分野の“お雇い外国人”が来日したことと同じです。

海外求人情報の探し方

1. 社内公募

一番手軽なのは海外勤務の社内公募へ応じることです。

会社により条件は異なりますがメーカー、飲食業、小売業などでは“語学力より仕事力”という傾向が強いようです。どうしても海外で働きたければ、公募していなくても自分から売り込みに行く手もあります。

2. 取引先による募集

大規模プロジェクトの場合、元請のゼネコンが現地へ派遣する人材を幅広く募集します。通常、こうした募集は下請企業や関連業者を通じ行われますが、元請企業が公募するケースもあります。

3. 現地企業の直接募集

現地の飲食店やプロジェクト事務所を探し直接問い合わせることも考えられます。大規模プロジェクトでは現地事務所も一定の予算枠を確保していますので、特殊技術や語学力をアピールできれば現地採用の可能性もあります。

4.人材紹介会社の活用

「海外求人」、「海外で働く職種」、「海外求人 未経験」、「海外 飲食求人」などのキーワードでネット検索するとさまざまな人材紹介会社がヒットします。

「海外求人 語学力不問」でも多くのサイトが出てきます。「海外求人」に飲食業、語学力不問など自分が望む条件を加え検索すると良いでしょう。

海外で働く高待遇求人の情報は、
>>>ハイクラス転職サイトBizReach【海外勤務求人特集

海外で働こうと思ったら、転職エージェントに相談するのが最短ルートです。
>>>海外への転職はJAC Recruitment

5.青年海外協力隊

国際協力事業団(JICA)の公募に応募する方法です。

JICAでは多様な職種の人材を募集しており、その中で一番ハードルが低いのは青年海外協力隊などのボランティアです。意外なことに採用時の語学力はほとんどなくても大丈夫です(英検3級かTOEICスコア330点)。

JICAの規程にもとづき往復旅費、現地生活費、住居費、国内手当等を支給されますので、ボランティアといっても赤字になる心配はほとんどないでしょう。


海外で働くことをまずは優先させてみる!

国・地域、職種、待遇などに対する強いこだわりがなければ、海外で働くチャンスはたくさんあります。要は海外で働く求人をどれだけ本気で探して飛び込んでみるかどうかです。

語学が苦手でも海外に出てしまえばなんとかなる(なんとかするしかない)と、ともかくまず日本を脱出してしまう勢いのある人が結局は成功することが多いです。

英語のTOEICの点数が何点以上必要かということよりも、自分にできること、得意なことを整理して積極的にチャレンジしてみましょう。

 
英語ができないけれど、海外で仕事をしたい!という人は、
英語できない人が、海外で英語を学びながら仕事探し~海外就職する8ステップ

海外で働こうと思ったら、転職エージェントに相談するのが最短ルートです。
>>>海外への転職はJAC Recruitment

自分で海外求人の情報を調べるなら、
>>>海外の求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

海外で働く高待遇求人の情報は、
>>>ハイクラス転職サイトBizReach【海外勤務求人特集

BIZREACH

 
あなたが海外で楽しく働けますように!