アラフォー女性の転職|独身、DINKS、子育て中、専業主婦|キャリアの違いは? | はたらくす

アラフォー女性の転職|独身、DINKS、子育て中、専業主婦|キャリアの違いは?

アラフォー女性の転職 女性の転職

アラフォー女性のライフスタイルやキャリアは男性以上に多様化しています。

転職についても自らの人生観やこれまでのキャリアを振り返った上で、最適な計画を練ることが大切です。

男性の場合は独身か既婚かで働き方が変わることはほとんどありませんが、女性のキャリアには結婚や出産が大きく影響します。

また、大半の男性正社員が総合職として働くのに対し、女性は専門職一般事務職に就く人が少なくありません。

こうした女性の生き方や働き方の多様性を踏まえ、自らに適したキャリアプランを考えることが重要です。

あなたの現在の状況に合わせた転職プランを考えていきます。


1. 独身アラフォー女性の転職

独身女性の転職

<ライフスタイルの検討>

(1)結婚・出産

独身アラフォー女性がプライベートに関し、もっとも真剣に検討すべきことは結婚・出産です。

アラフォー世代は肉体的、社会的にみて出産リミットに差しかかっています。

結婚はともかくとして、出産する決意を固めている人は、しばらく転職を見送る方が無難です。

(2)親・親族との同居

親・親族との同居は一緒に住む家族が元気で経済的支援も不要であれば転職活動へプラスに作用しますが、要介護者や扶養者と同居していれば転職は難しくなります。

とくに正社員で介護を続けている人は、無理に職場環境を変えない方がよいでしょう。

(3)自宅の購入

自宅を購入すれば通勤圏が限定されます。

幅広い転職を視野に入れている人は、賃貸物件に住み続けるべきです。

<キャリアプランの検討>

(1)総合職の場合

結婚や出産に伴う退職を想定していないのであれば、基本的に男性と同じ視点で転職を考えればよいでしょう。

逆に出産を意識している人は、どのタイミングで(どの会社で)出産することがベーターか検討することが欠かせません。

(2)専門職の場合

専門職の場合、その仕事の寿命(社会全体の需要動向)を見極めることが大切です。

今は需要のある語学やウェブ系の専門職も10年スパンでみれば、機械(ソフトウェア)に代替されている可能性があります。

自らの専門性に対する価値が低下してもクビにならない会社を選ぶという視点も重要です。

(3)一般事務職の場合

今後も一般事務職は企業の中で必要とされるでしょうが、その需要(必要な人数)は大幅に減る可能性が高いでしょう。

長く生き残れる人材は「かゆい所に手が届く」と言われる仕事ができる人です。

そうした仕事をするためには信頼関係が重要になるため、頻繁な転職はマイナス材料になります。

(4)工場作業員の場合

工場作業員もIT化、FA化の進展により必要な人員数は減っていきます。

今後は管理的な仕事をする人機械化が困難な分野で職人技を発揮する人以外は、生き残れなくなるかもしれません。

転職先としては、IT化、FA化が困難な工場を探すとよいでしょう。

(5)非正規雇用(派遣社員など)の場合

非正規雇用の場合は、できる限り早く正社員になることを目指しましょう。

結婚して十分な収入のある夫の扶養家族になれればよいかもしれませんが、独身のまま年を重ねる可能性を考慮して行動することが重要です。

スポンサードリンク

2. DINKSアラフォー女性の転職

DINKSアラフォー女性 転職

<ライフスタイルの検討>

(1)出産

DINKSの場合、出産に対する考え方が働き方にもっとも大きな影響を及ぼします。

子供を持つか否か出産のタイミングをいつにするかの判断が転職活動にも重要な影響を及ぼします。

(2)親・親族との同居

親・親族との同居は短期的には経済的な余裕をもたらしプラスに働くかもしれませんが、長期的にみると扶養や介護負担の増加により働き方の制約条件になる可能性があります。

同居家族のために費やすお金と時間が増えることを前提として、転職の適否やタイミングを考えることが大切です。

(3)自宅の購入

住宅ローンを組んで自宅を購入する場合は、自らの収入がローン返済計画や日常生活に及ぼす影響を考慮することが重要です。

夫の収入で無理なくローン返済原資と日常の生活費を賄うことができれば、チャレンジングな転職を目指してもよいでしょう。

<キャリアプランの検討>

(1)総合職の場合

出産に伴う退職を考えないのであれば、基本的に男性と同じ視点で転職を検討すればよいでしょう。

逆に出産を意識している人は、どこで(どの会社で)出産することがベーターかよく考えることが大切です。

(2)専門職の場合 

専門分野の寿命を見極めることが大切なことはいうまでもありませんが、DINKSの場合は「稼げるまで働けば十分」と割り切って目先の待遇だけをみて転職先を探す手もあります。

(3)一般事務職の場合

IT化の進展などにより一般事務職の需要は大幅に減る可能性が高いと考えられます.

しかし夫の収入で必要最低限の生活費を賄える人であれば、無理に生き残りや転職を模索せずリストラを受け入れたりパートに転じたりする戦略も考えられます。

(4)工場作業員の場合

工場作業員もIT化、FA化の進展により必要な人員数は減っていきます。

夫の収入で家計を維持できる人は、仕事をやめることも視野に入れつつ転職を検討することが大切です。

(5)非正規雇用(派遣社員など)の場合

非正規雇用で働く人は、夫の収入だけで生活可能であれば無理せず仕事を続けることを考えて転職を検討すればよいのではないでしょうか。

3. 子育て世代アラフォー女性の転職

子育て世代 アラフォー女性 転職

<ライフスタイルの検討>

(1)出産

子育て世代の人にとっては、第2子以降の子を産む意欲があるか否かが大きなポイントになります。

出産するのであれば当面転職を見送る方が無難です。

(2)親・親族との同居

3世代以上が同居する大家族の場合は大人も多く経済面だけでなく、家事や育児の役割分担や協力をしやすいメリットがあります。

このため転職により収入が減ったり仕事が忙しくなったりしても、家族に支えてもらうことを期待できます。

ただし要介護者がいる家庭では、転職が裏目に出る可能性も低くないので十分な検討が求められます。

(3)自宅の購入

住宅ローンを組んで自宅を購入する場合は、返済計画をよく検討することが大事です。

自分の収入もアテにされているのであれば、転職は慎重に考えるべきです。

(4)転勤の可否

小学生以下の子供を夫婦2人で育てる家庭であれば、一般的に転勤は困難ではないでしょうか。

転勤も辞さない覚悟で転職する場合、子供の年齢や子育て支援体制を十分に検討することが大切です。

<キャリアプランの検討>

(1)総合職の場合

出産に伴う退職を考えないのであれば、基本的に男性と同じ視点で転職を検討すればよいでしょう。

ただし出産・育児休業が出世に響く会社も多いので、その辺りの損得勘定を考えて転職適否やタイミングを考えることが大切です。

(2)専門職の場合

専門職の場合は、IT化の進展などにより仕事がなくなるリスクもあります。

子供が巣立つまで、定年までなど働く期間を定めた上で転職を含めキャリアプランを考えることが重要です。

(3)一般事務職の場合

一般事務職もIT化の進展などにより大幅に仕事が減るでしょう。

やはり仕事がなくなることを想定して働き続けたり転職を模索したりすることが重要です。

(4)工場作業員の場合

工場作業員もIT化、FA化の進展により必要な人員数は減っていきます。

どこの工場でも長く勤められない可能性があります。

働く期間を定めた上で転職適否を考えましょう。

(5)非正規雇用(派遣社員など)の場合

非正規雇用は子育てアラフォー世代の女性にとってはもっとも働きやすい雇用形態です。

リストラされるリスクは小さくありませんが、現状に大きな不満がなければあえて転職する必要はないと思われます。


4. 専業主婦アラフォー女性の転職(復職)

専業主婦の転職

<ライフスタイルの検討>

(1)出産

第2子以降の出産を予定していれば、復職はかなり先の話になります。

逆に子育てが一段落しているのであれば、希望条件を整理して計画的に転職準備を行いましょう。

(2)親・親族との同居

介護などにより親・親族との同居が大きな負担になっていなければ、復職に向けた環境が整っていると言えるのではないでしょうか。

(3)自宅の購入

自宅の購入を予定していれば住宅ローンの返済などで家計は多少苦しくなるため、早期の復職余地を検討することが大切です。

(4)勤務時間・場所の制約

子育てや家事をしながら復職することを考えた場合は勤務時間や場所が制約されるでしょうから、その点を整理することも重要です。

<キャリアプランの検討>

(1)前職復帰の場合

銀行店舗のパート職員などに多くみられるパターンです。

なじみのある仕事なので比較的復職のハードルは低いと言えます。

(2)他社転職の場合

職業人としてのブランクがある中で、全く経験のない仕事を始めるのは大変です。

パートやアルバイトは兎も角として、正社員で働くことは難しいと思われます。

(3)派遣社員(派遣社員など)の場合

一般事務職や工場労働者であれば比較的簡単に就職できますが、それでも若年者や経験者を優先される傾向があります。

(4)パート・アルバイトの場合

パート・アルバイトであれば求人が続いている限り、採用される可能性は高いでしょう。

1か月で数万円の収入で満足できるのであれば、これがベストかもしれません。

(5)個人事業主の場合

個人事業主はもっとも簡単に始められますが、稼げる保証はありません。

収入が少なくても構わないので兎に角働き始めたいということであれば、クラウドワークスやランサーズを活用してウェブライティングや清掃などを手掛けることが考えられます。


アラフォー女性の転職はライフバランスが重要

アラフォー女性 転職 ライフバランス

アラフォー女性のライフスタイルやキャリアは男性以上に多様化しているため、転職条件もマチマチです。

男性と異なり女性の場合は「働かない」ことが現実的な選択肢の1つとして存在するため、なおさら複雑になります。

一般論として語られるアラフォー女性の転職論に惑わされることなく、自らのライフスタイルやキャリア観を整理して冷静に転職活動に取り組むことが大切ではないでしょうか。

あなたが早く希望の転職をかなえられますように。