30代子持ち女性の転職事情|ワーキングマザーの転職成功の秘訣

30代子持ち女性 転職

30代子持ち女性の転職事情|ワーキングマザーの転職成功の秘訣

スポンサードリンク

20代の時より、30代になってからの転職事情は厳しいといわれています。

30代で子供がいるワーキングマザーとなると、更に採用に難色を示す企業は多いのが現状です。

では、30代のワーキングマザーは転職せずにいまの会社に居続けたほうが良いのか?というと、そんなこともありません。

門戸を開いている企業も実際に出てきているからです。

今回は、ワーキングマザーが30代からの転職を成功させるための秘訣をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

30代の子持ち女性が転職活動をする上で理解しておきたいこと

1. ワーキングマザーは転職を成功させにくい

未婚女性、既婚で子供がいない女性と比較すると、子育て中の女性の転職活動は楽ではありません。

その理由は、子育てのために突発的な休みや子供の学校行事などで休暇を取る可能性が高いこと、そして、残業に柔軟に対応できないと企業側が思ってしまうためです。

そのため、いくら子育てを旦那さんや両親のサポートが受けられるなどの環境があったとしても、書類選考の時点で弾かれてしまうことも少なくありません。

まずは、その現状を理解しておくことが大切です。

転職活動で企業側から断られる可能性があるという考えを持っておくことで、無用に落ち込むことなく、転職活動に取り組むことができるでしょう。

2. ワーキングマザーの転職成功の秘訣

子持ちの女性を企業が採用しにくい理由は、3つです。

  • 突発的な休みが多く、業務に支障が出るのではないか?
  • 業務過多の時期に残業に柔軟に対応できないのではないか?
  • 長く勤められるのかどうか?

この企業側が持っている懸念事項を出来る限り払拭できるように、事前に回答を考えておきましょう。

例えば、突発的な休みの場合であれば以下のような回答が良いでしょう。

あなた
あなた

「夫も子供の送り迎えをしているので、万が一の時には、夫婦で分担しながら対応したいと思います」

あなた
あなた

「近くに母が住んでおりますので、何かあった時には母のサポートも受けられる環境です。」

もちろん無理にできないことを出来ると言う必要はありません。

しかし会社が心配している点に、「私は整えられる環境があります」と言えるところは、自己PRとして活用をしていきましょう。

企業側も聞きにくい質問なので、自ら伝えていく姿勢を持つことが転職成功の鍵となるでしょう。

3. ワーキングマザーを受け入れやすい企業を探そう

子持ちの女性は転職活動を成功させにくいとお伝えしましたが、門戸は少しずつ広がっています。

しかし、採用する企業によって採用方針にばらつきがあることは事実です。

そのため、子持ち女性が転職活動を成功させるためには、ワーキングマザーが既に多く働いている企業を中心に転職活動をしていくと良いでしょう。

いま、ワーキングマザーを積極的に採用していると採用時に謳っている企業もあります。

もし謳っていなかったとしても、受け入れられやすい企業を探すポイントとして、この3つの項目をチェックしてみると良いでしょう。

  1. 従業員の女性比率が高い
  2. 男性も育児休暇を取得している実績がある
  3. リモートワークを導入している

元々女性比率が高い企業は、子持ちの女性も活躍する体制を作らなければ人手不足に陥ります。

そのため、子持ち女性が転職で受け入れられやすい環境にあるでしょう。

また、男性が育児休暇を取得する会社も増えてきています。

子育てサポート企業として、厚生労働省が認定した会社かどうかがわかる「くるみん」マークを取得しているかどうかを、選択肢の基準として考えてみるものオススメです。

合わせて、職場に毎日出社をせず、自宅や自宅近くのカフェなどで業務をすることを認めている企業も増えてきました。

自宅で仕事ができると、子供に何かあった時にも仕事と子育ての両立がしやすいですよね。

そのため、リモートワークを導入している会社を探すというのも、良い選択肢になるはずです。

https://ad.presco.asia/cl/?b_id=vIkq7dhi&t_id=1

4. 人手不足と言われるいまこそ転職のチャンス

いまの日本は人材不足です。

企業の求人数よりも応募をする人のほうが少なく、応募者が企業を選ぶ状態になっています。

そのため、ワーキングマザーも転職がしやすい環境と言えます。

特に、現在も子育てをしながら現役で働いている女性は、業務経験の実績があります。

いままで勤務経験のある業界、いままで従事した経験のある職種であれば、即戦力として活躍ができますので、重宝されるでしょう。

人手不足のいまこそ、より自分の条件に合う企業を探すチャンスです。

5. 30代は1日でも早く転職活動を始めるべき

子持ち女性の転職活動は厳しい。

そう思ってしまうとなかなか一歩踏み出せず、現状の会社に所属したまま1日1日が過ぎていってしまう。

そのような経験はないでしょうか?

既に30代に突入をしているのであれば、1日でも早く転職活動を始めましょう。

1才、歳を重ねるごとの年齢のハードルも転職活動の際に高くなっていきます。

迷っているのであれば、まずは転職活動を始めてみて、良い会社があれば転職を、条件に合う会社がなければいまの会社に残る気持ちで、まずはご自身の市場価値を確認される一歩を踏み出してみましょう。

スポンサードリンク

条件別|30代子持ち女性の転職成功のポイント

1. 年収をあげたい

転職時の第一希望が「年収を上げること」の場合、現職と同一業界、もしくは同一職種の転職先に絞って活動をすることが、転職成功の秘訣です。

企業が中途採用者に求めるものは「即戦力」であることです。

既に業界や職種の事情を理解しており、阿吽の呼吸で仕事が進められる人というのはとても貴重な存在です。

また、場合によっては現職の役職よりも、上の役職を目指して転職活動をしてみるというのも、年収アップに繋がるきっかけになるでしょう。

業務経験と実績があれば、子持ちの女性でも管理職に登用しようとする企業は、少なくありません。

最初から役職者の枠での採用でなくとも、入社後は管理職も目指しているとアピールをしてみましょう。

管理職登用のモチベーションがある女性を企業は求めていますので、上手に自己PRに活用していきましょう。

 

2. 子育てがしやすい会社に転職したい

子育てがしやすい環境を整えることが、転職活動の一番のポイントという方の場合、子育てサポートに重きを置いている企業に絞って転職活動をすると良いでしょう。

子育てサポートを重視しているかどうかの一つの基準が「くるみん」という厚生労働省が与えているマークを取得しているかどうかです。

「くるみん」を取得している場合、企業のホームページに必ず掲載されていますので、事前にチェックしてみると良いですね。

あとは、ご自身にとっても子育てしやすい環境というのが、どういう環境なのかを明確にして、その環境が整っている会社なのかどうかを面接時にしっかりと確認しましょう。

事前に確認せず、入社後に「こんなはずじゃなかった!」となると、元も子もありませんので、自分の条件に合う会社かどうかを面接でしっかり判断したいものですね。

3. 自宅から近い会社に転職したい

子育て中は通勤時間が長いことが、思った以上にストレスになることも多いでしょう。

自宅から近い会社に転職したいという希望がある場合、その希望範囲内にある会社の数や求人数は限られてきます。

エリアを限定して探すポイントは、これまでの人脈です。

転職エージェント、ハローワーク、知人・友人の紹介、居住地のエリアに出店している派遣会社に登録をし、そこで求人を見つけてもらうというのも良い方法です。

この場合、雇用形態を「正社員」と絞ってしまうと、求人の数が限られてしまいますので、雇用形態に大きく拘りがないようであれば、契約社員・派遣社員・パート・アルバイトと、雇用形態の幅を広げて探すことが、希望のエリアでの仕事を見つける近道となります。

どうしても「正社員」に拘って転職活動をしたい場合は、長期戦になることを覚悟し、すぐに退職願いを出さないように注意しておきましょう。

4. 体力的に楽な仕事に変えたい

立ち仕事や外回りの仕事に就いている場合、子育てにプラスして勤務中にも体力を消耗し、かなり疲れている人も多いはずです。

転職のきっかけが、体力的に楽な仕事に就きたいということもあるでしょう。

体力的に楽な仕事となると、デスクワークを中心とした事務職を狙うのがオススメです。

しかし、事務職はいまでも女性に人気の職種で、年齢が上がるにつれて事務職に就くのは厳しくなるというのが現状です。

転職を成功させる秘訣としては、事務職の求人が多い派遣登録をして、派遣社員で働くことを選択肢に入れることが一つです。

もう一つは、コールセンターで働くという選択肢です。

コールセンターはかなり求人数も多いため、年齢や子供の有無がネックになるというのが、他の職種と比べると少ないです。

シフト制で勤務時間も決まっているため、子育てとの両立もしやすいといわれています。

https://ad.presco.asia/cl/?b_id=i4TQwblL&t_id=1

5. 良い条件があれば転職を考えたい

いまの会社が嫌なわけではないけれど、もっと希望の条件に合う会社があれば転職をしたい。

そのような希望を持っているワーキングマザーも多いでしょう。

転職というのは水物で、タイミングが違えば、願ってもない条件の会社と出会えることもありますし、逆のケースも然りです。

「良い会社があれば」という気持ちの場合は、まずは転職エージェントに登録をしておきましょう。

登録をしなくても求人を見ることはできますが、転職エージェントの多くは非公開求人を多数持っています。

そのため、登録を済ませておくことで、非公開求人を見ることができるようになりますし、希望条件に合う企業があるかどうかを検索して探すこともできます。

企業の採用情報がタイムリーに入っている環境を整えておけば、タイミングによってはより良い条件の求人に出会えるかもしれません。

現在は子持ち女性も働きやすい時代

一般的には難しいと言われている子持ち女性の転職も、自分の心構えと選ぶ企業次第で、ちゃんと自分の望む条件の会社に転職をすることができます。

いままでの実務経験と実績を持って、子持ち女性の受け入れ体制・実績がある企業を探すのが、一番の近道と言えるでしょう。

女性が働きやすい会社を見つけるチェック項目は、
「女性が働きやすい会社」へ転職する!出産・キャリア制度でチェックすべき項目は?

高収入を目指し当ているならこちらもご覧ください。
女性が高収入を得られる職業18

子育てを頑張るあなたが、働きやすい仕事に転職できますように。

2019/08/27 2019/08/28

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています