30代女性の転職|正社員への転職を成功させる秘訣

30代女性 正社員への転職

30代女性の転職|正社員への転職を成功させる秘訣

スポンサードリンク

30歳転職限界説。そのような言葉を聞いたことがありませんか?。

30歳を超えて以降、特に女性は男性以上に転職が難しくなるという話を聞いたことがあるかもしれません。。

しかし、いまの時代、人生で数回転職をすることが当たり前の世の中になっており、女性も長く働き続けることができるようになってきています。

ただ、「正社員」となると、企業側の採用基準も厳しくなります。

30代となってから、改めて正社員として働ける場所を探していきたい女性へ、正社員転職の秘訣についてお伝えしていきます。


スポンサーリンク

1. 30代女性の正社員転職の成功は、現職の雇用形態が左右する!?

正社員から正社員への転職

現職が正社員で、次も正社員に転職をしようとする場合、一番転職の成功率が高いと言えます。

特に30代の場合、ある程度のキャリアを積んでいる時期です。

正社員だと何かしらか責任ある業務やポジションを任された経験があるため、企業側はその経歴に興味を示すことが多いのです。

但し、長く働く前提で、雇用期間の定めがないのが正社員です。

そのような雇用形態にも関わらず、「何故、転職をしようと思ったのか?自社では長く勤めてくれるのか?」という点を、企業側はかなり心配するでしょう。

企業側の不安を払拭するように、面接対策はしっかりしておきたいものですね。
就職Shop

契約社員から正社員への転職

前職が正社員以外の場合、企業側が採用に慎重になります。

現職が契約社員でも、正社員の勤務経験がある場合とない場合では、正社員の勤務経験がある人のほうが、企業側の印象が良いです。

そのため、過去に正社員での勤務経験があり現職が契約社員という方は、志望動機と合わせて、何故現職で契約社員を選んだのかをしっかり説明できるようにしておきましょう。

また、過去に一度も正社員での勤務経験がない場合、30代から初めて正社員採用を目指すのは、ハードルが高いといえるでしょう。

職種や業種、会社規模など、正社員という雇用形態以外に妥協できるところは妥協し、転職活動をしていくことが懸命と言えます。

派遣社員から正社員への転職

契約社員の場合と同様に、前職が派遣社員の場合も企業側は採用に慎重になります。

派遣社員で特に企業側が危惧するのが、「すぐに辞めてしまわないか?」ということです。

正社員は、雇用期間の定めがない雇用形態ですので、派遣社員から正社員への転職を目指す場合は、下記2点を明確に伝えるようにしましょう。

    • 「長期で勤める意向があること」

 

    「派遣での働き方を選んできた理由」

派遣社員の場合は、即戦力として複数の企業に勤務した経験を持っている場合が多くあります。

業界や会社が変われば仕事のルールは変わりますので、数多くの企業を経験してきた実績は、派遣社員にしかない強みです。

即戦力として働いてきた実績をしっかり自己PRしていきましょう。

パート・アルバイトから正社員への転職

現職がパート・アルバイトで、いまから正社員として転職をしようとした場合が、一番ハードルが高いと言えます。

特に30代でパート・アルバイトしか勤務経験がない場合は一番厳しいでしょう。

もちろん可能性がないわけではありませんが、一番正社員への道が広がるのは、飲食店のアルバイトからそのまま正社員登用を目指す方法ではないでしょうか。

また、結婚・出産によって一時的にパート・アルバイトとして働いていた女性が、正社員での復帰を目指すパターンもありますね。

この場合、結婚前に正社員として働いていた実績があれば、チャンスは更に広がるでしょう。

正社員復帰の求人を多数扱っている転職サイトやエージェントもありますので、上手に活用していきましょう。
リクルートエージェント

スポンサードリンク

2. 30代女性が正社員転職を実現するために活用したいツール

転職エージェント

いまや定番とも言える正社員転職の必須ツールが、転職エージェントです。

転職希望者は、登録からエージェントの転職サポートまで全て無料です。

履歴書・職務経歴書を持参し、転職エージェントの事務所に行く必要性はありますが、転職が決まるまで手厚くサポートをしてくれます。

通常、転職エージェントを利用する企業は、採用者が決まると初年度年収の平均30%ほどを転職エージェントに支払います。

初年度年収が500万円だとすると、150万円の支払いが発生します。

それだけの財務的な体力がある企業の利用が多いのが、転職エージェントですので、大手企業や財務的に安定している企業への転職を希望したい場合は、特にオススメの方法です。
BIZREACH

転職サイト

転職サイトは転職エージェントとは違い、サイトに求人を掲載している企業に自ら直接エントリーをしていく方法です。

転職エージェントのように専任のアドバイザーは付きませんが、こちらも無料で利用ができ、より気軽に出来る転職サポートツールです。

企業側は求人の掲載料を転職サイト側に支払いをしていますので、掲載期間が終了してしまったら、もうその求人に出会えないかもしれません。

そのためタイミングによっては、求人へのエントリー数が少なく、自分の経験値が少なくても運良く正社員採用される可能性があります。

全て自分で転職活動を進めていく分、手間はあるかもしれませんが、活用している企業も多いですので、積極的に活用してみましょう。

ハローワーク

ハローワークは求職者も求人を出す企業も無料で活用できる転職ツールです。

各自治体にある公共職業安定所で、募集が出ている求人を閲覧し、エントリーが出来る仕組みになっています。

近隣にある企業の求人がメインになりますので、自宅近くで仕事を探したい人にオススメです。

また、企業側も無料で利用ができるため、転職者を探すことにそこまで予算をかけられない中小企業の求人が多く掲載されています。

大手企業になればなるほど、求人の競争倍率が激しくなりますが、中小企業となると逆に企業側が人材確保に苦戦をしていることも多いです。

そのため、正社員経験がないなど、正社員への転職ハードルが高い背景のある方は特にハローワークを活用してみてはいかがでしょうか。
パソナキャリア

3. 30代女性だからこそ企業が気にする採用ポイント

未既婚

結婚をしているのか、していないのか。

結婚をしていない場合、近々結婚の予定はあるのか、ないのか。

企業側から聞きにくい質問ではありますが、採用時にどうしても聞いておきたい項目でもあります。

ですので、正直に自分から答えるようにしましょう。

子供の有無

子供の有無についても、採用時に企業側はとても気にしています。

子供がいない場合は、出産予定があるのか。

長期で勤めて欲しいからこそ、聞いてはいけない質問とわかっていながらも知っておきたいのです。

子供がいる場合は、子供の学校行事や熱を出した時などのサポート体制が家族の間でどうなっているのか、残業がどこまで可能なのかということを気にしています。

子供がいないから有利云々ということではなく、組織内の人材配置上、把握しておきたい情報なので、この点についても自ら答えておいたほうが良いでしょう。

今後のキャリアについての考え 入社後、どのように会社に貢献をしていきたいのか、どのようなチャレンジをしていきたいのかという意欲を企業は見ています。

何となく仕事をして上昇志向がない社員より、上昇志向のある意欲が高い社員を企業は好みます。

面接は、自分の経験・経歴に踏まえ、意欲をPRする場です。入社後、どうキャリアを積んでいきたいのかを、しっかり伝えられるように準備しておきましょう。

経験と専門性

30代の転職は、実績・経験が求められます。

そのため、いままでの仕事の中で培ってきた経験と専門性をわかりやすく企業側に伝えましょう。

未経験のポテンシャル採用が期待できるのは20代までです。

管理職・マネジメントに興味の有無

30代以降、会社の中では責任あるポジションを期待されるのが常です。

いつまでも役職のない仕事をしたいと願っても、組織を円滑に回していくには、ある程度の年齢になったら、然るべきポジションに就いていくことを期待されます。

会社側も女性管理職を増やしたいと思っているので、管理職・マネジメントに興味がある女性のほうが、転職に有利です。

この点は特段、経験が求められているわけではありませんので、「経験はありませんが、任された折にはチャレンジしてみたいと思います」と前向きに考えているという意思を、面接の際に伝えていきましょう。


4. 正社員での転職が難航した時にどうする!?オススメの選択肢

他の転職エージェント・転職サイトにも登録をしてみる

世の中には数多くの転職エージェント・転職サイトがあります。

同じ求人を複数の会社が同時並行で募集していることもありますが、登録するエージェント・サイトが増えれば、目にする求人数が増えることは明らかです。

登録しているところだけだと思うような求人が見つからない場合があります。そのような場合は、思い切って別のエージェントやサイトにも登録をしてみましょう。

そこにしかない求人も多く存在していますので、出会いたい正社員求人に出会える可能性が高まります。
未経験の転職ナビ

改めて希望条件を考え直す

転職活動が上手く進まない場合、それは自分の希望条件と企業側の条件にミスマッチが起きているか、希望求人にエントリーする人が多く、競合が厳しくなっていることが考えられます。

その場合、一度自分の希望条件を改めて考え直してみましょう。

他の職種にもエントリーをしてみる、少し希望年収を下げて探している、ペーパードライバーだけど運転できるようになると決めて免許必須の求人にエントリーをしてみるなど。

間口を広げれば、求人数は増えます。条件に拘りすぎていないか見直してみましょう。

再度、面接対策を行ってみる

転職活動における最初の入り口は書類選考です。

書類選考に通らなければ、面接に辿り着くことも内定を獲得することもできません。

自己PRができる職務経歴書・面接になっているかどうかを再度見直してみましょう。

転職エージェントを利用しているのであれば、エージェントの専任アドバイザーへ、ハローワークを利用しているのであればハローワークの相談員の方に客観的アドバイスをもらうのがオススメです。

紹介予定派遣を狙う

派遣会社には「紹介予定派遣」という制度があります。

一定期間、お見合いのような形で派遣社員として就業し、求職者と企業側の意思確認ができれば直接雇用に登用をするという制度です。

求人数はそこまで多くありませんが、紹介予定派遣の制度は派遣会社にしかない制度ですので、間口を広げるために派遣会社に登録をしてみてはいかがでしょうか。

ただし、紹介予定派遣はあくまでも直接雇用に切り替えることを前提とした制度ですので、直接雇用の形が正社員ではなく、契約社員の場合もあります。

また、合意が得られない場合、派遣契約自体が終了して再度転職活動をしなければならないリスクがありますので、十分にリスクを理解した上で活用しましょう。

転職活動の長期戦を覚悟する

すぐに転職先が決まらなくても焦らないということです。

転職活動をはじめて1ヶ月ほどの短期間で転職先を決める人もいますが、正社員での採用を目指す場合、3ヶ月〜半年ほどかけて活動を行う人もいます。

焦りは禁物です。いまの仕事を辞めることはせず、仕事を続けながら長期戦で転職活動をしていきましょう。


実績や経験を見直して転職を成功させよう

いまの時代、30代になってからでも正社員で転職をすることは可能です。

但し、年齢はより若いほうが良く、30代の中でも30代前半のほうが転職しやすいことは確かです。

30代後半になると、前半の年齢上に実績や経験が求められますので、転職を考えているのであれば1日でも早く転職活動をはじめられることをオススメします。

30代女性で結婚を考えているなら、キャリアについて考えてみましょう。
30歳独身女性の転職は35歳までのキャリアと結婚を考えて決める!

20代のうちに転職を考えているなら、
20代女性が転職を考える時、気をつけておきたい7つのこと

正社員への転職が成功しますように。

2019/07/18

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています