30代女性の転職|未経験職種に転職するには

30代女性 未経験職種への転職

30代女性の転職|未経験職種に転職するには

スポンサードリンク

30代になると、20代の時以上に転職のハードルが高くなるといわれており、それが未経験職種の場合、更に転職成功率は低くなるでしょう。

企業が、30代の転職者に求めるのは「即戦力」です。

経験していない職種で転職が出来る「ポテンシャル採用」は20代までと言っても過言ではありません。

それでも、どうしてもいまから目指したい仕事がある、チャレンジしてみたい職種がある場合にどうしたら良いでしょうか?

30代女性が、未経験職種に転職するためのヒントをお伝えしていきたいと思います。


スポンサーリンク

1. 30代女性が、未経験職種への転職を成功させる注意点

現職の勤務を続けながら転職活動をする

30代で未経験職種に転職をするというのは、簡単なことではありません。

長期戦を覚悟した上で、転職活動に挑むのが賢明でしょう。

3ヶ月〜半年は転職活動にかける覚悟を持っておくことをオススメします。

そのため、現職は辞めずに仕事を続けながら転職活動を行いましょう。

先に会社を辞めてしまい収入がない中での転職活動は、精神衛生上あまり良くありません。

未経験職種への転職ハードルが高い年齢だからこそ、気持ちが安定できる環境は整えておきたいものですね。

自分のスキルと経験、実績の棚卸しをしておくこと

未経験の職種で採用をされるために必要になのは、以下の3つです。

    • 「他職種で出してきた十分な実績」
    • 「応募職種と類似した経験や資格を持っているかどうか」
    「コミュニケーションスキル」

別の職種でも実績を出している人だということがわかれば、企業側の見る目が変わります。

また、募集職種の経験はなくても類似した業務経験や、知識をつけるための勉強をしていることは採用される可能性を高めてくれるでしょう。

コミュニケーションスキル、人柄の良さも採用担当者の心を動かすきっかけになります。

だからこそ、「この人なら未経験でも採用を検討してみよう」と企業側に思ってもらえるようにする必要があります。

そのためにはスキル・経験・実績の棚卸しをし、エントリー時の職務経歴書、面接の際に自己PRで語れるよう、わかりやすく纏めておきましょう。

複数の転職エージェントに登録をすること

未経験職種への転職は、転職方法を一つに絞らず、複数の選択肢を持つようにしましょう。

20代の未経験職種への転職であれば、転職エージェント1社でもそれなりの求人数がありますが、30代となるとそうはいきません。

エントリーできる数を増やすために、複数の転職エージェントに登録をすることが大切です。

扱っている求人が被っている可能性もありますが、そのエージェントでなければ扱っていない求人も多数存在します。

複数の転職エージェントに登録をすることで間口を広げておきましょう。

スポンサードリンク

2. 未経験職種への転職を成功させる秘訣

いままでの経験と類似した職種で転職活動をする

職種の経験がなかったとしても、似たような業務経験があれば、転職の可能性は高まります。

例えば、人材派遣会社の営業をしていた場合、経験のある職種は「営業」ですが、採用に携わっていた経験から「人事」の職種へはエントリーがしやすいです。

また、「経理」の職種経験がなかったとしても、事務の仕事の一部で経費処理の実務を経験し、更に簿記の資格も取得していれば、これもまた採用の可能性は高まります。

もちろん、簡単に内定がもらえるわけではありませんが、いままで類似した業務を一つも経験していない人の採用は企業側もリスクを感じるはずです。

少しでも転職の可能性を高めるために、いままでの実務経験と類似した業務経験での職種を前向きに検討してみましょう。

専門分野の勉強や資格取得をする

資格取得や専門知識を勉強した上で転職活動に挑むという姿勢も大切です。

これもまた、資格があるから内定が出るという単純な話しではありませんが、全く勉強もしていない、資格も有していない人より採用される可能性が高まることは事実です。

何より、本当にこの仕事に就きたいんだという意欲が企業側に伝わります。

就きたい職種に転職をするためには、どのような資格・どのような専門知識を持っていると歓迎されるのかをリサーチして、事前に知識を付けることも有効です。

たくさんの求人にエントリーしてみる

これは数で勝負するというパターンです。

企業の求人も、最初は活字でしか確認が出来ません。

そのため「実際に面接に行ってみたら思っていた雰囲気と違う」「思っていた業務内容と違う」ということも十分に有り得ます。

あまり活字の情報を鵜呑みにして求人の精査をせず、まずは多くの求人にエントリーしてみましょう。

実際、筆者も転職活動の際に、求人票に出ていた職種とは違う職種での採用を企業から打診をされ、より希望に近い仕事に就いた経験がありました。

企業と面接を通じて接点を作ることが出来れば、そこから思わぬ展開に話しが発展することもありますので、数で勝負してみるのもオススメです。

現職で希望職種に類似した業務が経験できないか掛け合ってみる

転職の前に、いまの職場で業務変更・職種変更ができないかを打診してみるというのも選択肢の一つです。

職種経験が全くないより、少しの期間でも職種経験があったほうが転職活動には有利です。

運良くいまの会社で異動できたのであれば、そのままその会社に勤務し続けるという方法もあります。

いまの職場という環境を活かして経験を積むことはできないか?方法を考えて動いてみましょう。

転職エージェントの担当者と仲良くなる

転職活動の際、転職エージェントの担当者とは仲良くなっておくようにしましょう。

転職エージェントの担当者も、結局は「人」です。

あなたの人柄や熱意が伝わることで、企業の採用担当者にあなたのことを推薦しやすくなりますし、採用担当者にあなたの採用をプッシュしてくれる最強の右腕となります。

エージェント担当者の一言によって、企業が誰を採用するかを決めることも十分にあります。

人材エージェントに居た筆者は実際に内情を見てきました。

味方に付けるかどうかで転職活動の結果を大きく左右しますので、良い信頼関係を築くように心がけましょう。

3. 30代女性が未経験でも転職が決まりやすい職種

営業職

営業職は男性が多いイメージがありますが、女性を採用したいと考える企業は多く、未経験で転職が決まりやすい職種です。

比較的給与水準も高い職種ですので、年収をあげたいと考えている人にはオススメの職種です。

販売職

販売職も求人数が多く、未経験の人でもチャレンジしやすい職種です。

だれしも日々の生活や仕事の中で人と接するということは経験しています。

そのため、誰しも実務経験があるといえる職種でしょう。

介護関連

高齢化社会に進む中で、介護を必要とする人口が増えています。

歳を重ねてから資格を取得して、介護職に従事する方たちも多数います.

常に人手不足の状況の職種のため、転職はしやすいと言えます。

保育関連

保育関連の求人も未経験者への間口が広いです。

但し、保育士になるには資格取得が必須となります。

資格取得というハードルは高いですが、需要がある分、未経験での転職活動は成功させやすいでしょう。

資格取得の時間や予算がないという場合には、最近需要が増えているベビーシッターも未経験でチャレンジしやすい職種です。

ITエンジニア

IT関連の需要はかなり高いため、未経験者への受け入れ体制は寛大と言えます。

しかし、専門分野の勉強を行っていないと転職は難しいでしょう。

進みたい職種に合わせて勉強ができる専門学校もありますので、上手に活用をしたいものですね。

飲食店関連

飲食関連の接客の仕事は、未経験でもかなりチャレンジがしやすいです。

特に接客業務だけではなく、店長業務、マネジメント業務を経験しやすいのも、この職種の特徴です。

マネジメントや従業員の育成に携わりたい人には特にオススメです。

コールセンター

コールセンターは年齢問わず、未経験の方への採用の間口が広いです。

顔の見えないお客様への電話対応・メール対応はコミュニケーションスキルを必要とする最たるものです。

女性スタッフが多い職種でもありますので、同性が多い職場で働きたい人にオススメです。

清掃員

清掃の仕事も、経験問わず採用されやすい職種の一つです。

比較的年齢が高い方が多く働いている姿を、日常生活の中で目にすることも多いのではないでしょうか。

体力は必要ですが、長く働ける職種でもありますね。

工場勤務

単純作業が多い工場での仕事も、未経験で転職しやすいと言えます。

シフト制になっているところが多く、あまり残業も発生しないため、自分の時間を確保したい方に特にオススメです。


4. 30代女性が未経験だと転職が決まりにくい職種

広報・PR

経験者であっても転職がしにくい職種が、広報・PRです。

というのも、広報・PRはヘッドハンティングや、社内の人事異動で配置されることが多く、元々求人数が多くありません。

女性の人気職種ということもあり、転職はかなり難易度が高い職種と言えるでしょう。

経理・財務

20代であれば、未経験・簿記の資格取得で転職できる可能性はありますが、30代になるとかなりハードルが高くなってくる職種です。

公認会計士や税理士の資格を持っていれば可能性は変わってきますが、簿記の資格だけでは未経験からの転職は難しいと考えたほうが良いでしょう。

人事

人事も人気職種のため、未経験からの転職は難しい職種の一つです。

特に採用業務は人気が高く、20代のうちに経験をしておかないと、業務に就くのは難しいです。

中小企業で、人事業務も含めた実務が出来る求人を、長い目で探していくのが転職のチャンスになるのではないでしょうか。

オフィスワーク(事務スタッフ)

内勤の事務スタッフは、未経験からの転職ハードルが低いように見えて、実は高い職種です。

何故なら、希望する女性が多く人気の職種だからです。

未経験で転職を希望する場合は、数多くの求人にエントリーすること、そして、エクセル・パワーポイントなどオフィス系のPCスキルを上げていくことが懸命です。


5. 30代女性が未経験職種の転職で面接を突破する秘訣

未経験の職種にチャレンジしたい理由を明確にしておく

未経験職種で採用をされるには、「熱意」と「やる気」を伝えるほかありません。

そのため、何故、その職種にチャレンジをしたいのかを明確に語れるようにしておきましょう。

ポイントは「収入」や「安定」ではなく、「その職種の魅力」や「その職種を通じてどうやって社会貢献をしていきたいか?」という視点です。

収入や安定は誰もが求めるものです。それを全面に出してしまうと、守りに入っている実績を出せない人と判断される可能性が高いので、止めておきましょう。

未経験職種にチャレンジするために努力していることを明確に伝える

その職種に就くために、自分がしてきた努力を伝えるようにしましょう。

  • 資格を取った
  • 専門知識を勉強してきた
  • 既にその職種に就いている知り合いに話しを聞いて業務イメージをつけてきた
  • 知り合いの会社でボランティアとして職種体験をさせてもらった

など、何でも構いません。

それが熱意として企業に伝わります。

いままでの経験で活かせることをプレゼンテーションする

職種としての実務経験はなくても、いままでの自身の経験の中で類似している経験があれば、明確に企業に伝えましょう。

職種とはあくまでも、ある一定の枠で決めた業務に過ぎません。過去の経験を棚卸しすれば、類似した経験は必ずしているはずです。

それをエントリー時、面接時にしっかりと自己PRできるかどうかが転職の成功を左右します。

入社後に貢献できることを明確に伝える

最後に、自分がどのように企業に貢献できるかを伝えましょう。

企業が欲しいのは自社の業績を上げてくれる社員です。

「私はこのように御社に貢献が出来るので、未経験でも採用をしてください。きっとお役に立ちます。」と胸を張って言えるように準備をしましょう。

30代で未経験職種への転職は長期戦になることを覚悟しておく

30代から未経験職種への転職は決して楽な道ではありません。

しかし、転職が必ず失敗に終わるというわけでもありません。

社会人としての実績がある30代にしかない安心感や信頼感を必要としている企業もあるでしょう。

何より大切なことは、熱意を持って諦めず長期戦で転職活動を行うことです。

女性が働きやすい会社については、
「女性が働きやすい会社」へ転職する!出産・キャリア制度でチェックすべき項目は?

高収入を目指すなら、
女性が高収入を得られる職業18

あなたが就きたいと願っていた職種で転職活動が成功することを祈っております。

2019/08/20

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています