30代独身女性が転職を成功させる方法

30代独身女性 転職

30代独身女性が転職を成功させる方法

スポンサードリンク

学生時代の友人や同僚たちは結婚や出産をし、ライフスタイルが変化しているというのに、自分は20代の頃と何も変化していない。

そんな風に、いまの自分の境遇に悩んではいませんか?

このままじゃいけないと転職を決意しても、30代の独身女性は転職が難しいと言われることもあるでしょう。

実際、20代の時よりも30代の転職は実績が求められ、転職のハードルは高くなります。

    • 「転職したいけれど、全然転職先が決まらない。」

 

    「結婚したいけれど、素敵な結婚相手にも出会えていない。」

こんな風に、人生に行き詰まりを感じている時にどうしたら良いのか?を本記事ではお伝えしていきます。


スポンサーリンク

1. 30代独身女性の転職先が決まらない6つのパターン

未経験の業界・職種に転職をしようとしている

未経験の業界・職種で転職が成功しやすいのは20代までです。

企業側は、30代の採用ではすでにスキルを持っている人材を求めています。

そのため実績・経験がない業界・職種への転職は厳しくなります。

過去の自身の職歴・経歴・業務経験を整理して、経験を活かせる職種・業務内容にエントリーをしていくことが懸命です。

転職で叶えたい条件が明確になっていない

転職したい理由を纏えてありますか?

ただ、なんとなくという理由で転職しようとしていないでしょうか?

    • 「いまの会社が嫌だ」

 

    • 「いまの仕事が合っていない気がする」

 

    「職場の人間関係が嫌だ」

もちろんいまの職場に何かしら不満があるからこそ転職を考えるわけですが、不満の回避ばかりを考えた転職は上手くいきません。

何故なら、その不満は自分の心がけ次第で解決できるかもしれないからです。

抱えている不満は、本当にいまの職場で改善できないのか?を改めて考えてみましょう。

もしそれでも転職を決意するのであれば、転職で叶えたい条件を明確にし、優先順位をつけて活動するようにしましょう。

スキル・経験を持ち合わせていない

20代でもできるような仕事に30代の女性が転職しようとしても、正直厳しいでしょう。

何故なら同じ仕事内容をお願いするなら、企業は年齢が若いほうを選ぶからです。

特に30代の未婚女性の場合、結婚するのか?妊娠するのかなど、企業側も採用に慎重になります。

自分自身がいままでの勤務の中で培ってきた経験を洗い出してみたときに、企業にPRできるようなスキル・経験を持ち合わせていない場合は、転職を考えるのは時期尚早かもしれません。

スキル・経験がないのであれば、経験を作る努力をすることが必要です。

いまの会社で作るチャンスがあるかもしれませんし、外部に勉強に行くことでチャンスを作るかもしれません。

企業に欲しいと思われる人材となる努力をしていきましょう。

魅力的な職務経歴書が書けていない

職務経験を積んでいても、それを上手に転職先の企業に自己PRが出来ないと採用まで辿りつきません。

筆者は人材業界で営業をしていたときに、数多くの転職希望者の方の職務経歴書を見てきました。転職が上手くいく人は、企業がどんなスキル・経験がある人を欲しているのかをリサーチをし、職務経歴書の中に上手に自己PRとして盛り込んでいます。

書類選考が通らなければ、面接に行きつくことができませんので、選考が通る職務経歴書の書き方を覚えることは、転職成功の秘訣と言えます。

転職エージェントやハローワークの担当者の方に、選考が通りやすい職務経歴書の書き方の相談をし、対策を練るようにしましょう。

求人へのエントリー数が少ない

30代で転職を成功させるためには、ある程度のエントリー数が必要です。

もちろん需要が多い職種やスキル・経験が豊富な人であれば、そこまでエントリーしなくてもあっさり転職が決まる人も中にはいます。

しかし、希望者が多い職種や、主だったスキルや経験を持ち合わせていない人の場合、転職活動が難航するのはある意味、想定の範囲内です。

その現状を踏まえて、あれこれと選り好みをせずにエントリーする数を多くしましょう。

希望の職種でなかったとしても、入社してから異動希望が出せるかもしれませんし、希望の勤務地でなかったとしても、案外通ってみたら楽しい街かもしれません。

どうしても譲れない条件のみを優先し、あとの条件は譲歩して転職活動に挑みましょう。

採用されるための努力が乏しい

転職をするために、現在どのような努力をしていますか?

  • スキル・経験を積む努力
  • 面接で上手にコミュニケーションが図れるように面接対策
  • 外見に対する配慮はどうでしょうか。ビジネスマナー

自分のベストが本当にベストなのか、それは採用する企業が決めることです。

自分のやっていることでベストと思わず、転職を成功させている人たちが何をしているのかをリサーチし、自分自身の転職活動に活かしていきましょう。

スポンサードリンク

2. 30代独身女性が転職に成功するためにやっておきたいこと

経験がある業界・職種に絞って転職活動をする

30代の転職で未経験の業界・職種を選択することは、自ら転職のハードルを高くしていることと一緒です。

即戦力であることを企業にPRできるように、経験がある業界・職種の中で転職をするのが転職を成功させる近道です。

どうしても未経験の分野にいきたい場合は、転職活動が長期化すること、また年収が下がることも覚悟しておいたほうが懸命です。

経験とスキルを整理して自己PRをすること

自分がその企業にとって役に立つ人材なのかどうかをPRできるのは、他でもない自分だけです。

最初の入り口のところは、転職エージェントやハローワークの担当者がサポートしてくれるかもしれませんが、最終的には自分ひとりの力で内定を勝ち取るしかありません。

だからこそ、

「私はこの分野で結果を出せる人間です」

「私はこの業務でこれだけのパフォーマンスが出せます」

と自己PRが出来るように、過去の経験やスキルをしっかりと棚卸しをしましょう。

スキルアップの努力をする

これと言える経験・スキルがないという方は、まずはご自身の現状を把握しましょう。

このままだと転職を成功させるのは厳しく、仮に転職先が決まったとしても年収が低いか年収アップが見込めないなど、将来を見据えた際に不安が残る転職となってしまいます。

経験・スキルがないのであれば、身につけることが必須条件です。

既に離職されていて、一定の条件を満たす場合には、職業訓練の受講手当が支給されます。

いまのスキルのまま採用してくれるところを探すのではなく、スキルアップする努力をしましょう。

3. 30代独身女性にオススメのスキルアップ方法

資格取得を目指す

世の中には、資格がないと就けない仕事がたくさんあります。

特に30代の独身女性に人気の資格は、看護師資格と介護資格です。

医療や介護分野の求人数は増えています。

それに反して、職務希望者が足りていないので、どの施設も常に求人を出している状況です。

看護師資格は通学が必須で取得の難易度が高いですが、介護の場合では「介護職員初任者研修」などの資格は通信講座で取得が可能です。

通信講座は安いと5万円ほどで受講できるところもありますので、どのような資格があるのかを調べて、取得を目指してみてはどうでしょうか。

オフィス系の資格の場合、簿記検定や秘書検定、エクセル・ワード関連の検定などがありますが、30代の場合、経験がないと資格が有利に働かない場合もありますので、注意しましょう。

現職でリーダー役を担うなどの経験を積む

現在、仕事に就いている場合は、現職の環境を積極的に活用しましょう。

いまの会社、いまの職種でも会社に要望を出すことによって、新しい業務内容や役割を担当させてもらえることがあります。

むしろ、自ら新しい業務にチャレンジをしてみたい、責任ある役割にチャレンジをしてみたいと希望する社員のことを企業は重宝してくれるはずです。

女性の中には、家庭の都合などで責任ある仕事に就くのが難しい場合がありますが、申し出るだけでいまの職場環境が大きく変わる可能性があるでしょう。

次の転職が有利に進められるようにチャンスを自ら勝ち取りたいものですね。

ハローワークの職業訓練制度を有効活用する

既に離職をしている場合には、現職の職場で経験を積むことができませんので、ハローワークを有効活用しましょう。

都道府県によって用意しているコースに差はありますが、IT系のスキルが身につけられるコースや手に職をつけるような専門職種のスキル取得も可能です。

管轄のハローワークに出向き、どのような資格取得を目指せるのか?その資格があることで転職に有利なのかどうか?をヒアリングし、自らスキルアップに挑んでいきましょう。


4. 転職以外にもこんな選択肢もあるかも?30代独身女性の生き方

婚活を最優先事項として動いてみる

転職することだけが全てではありません。

30代で独身だからと言って、これから先ずっと独身と決まったわけでもありません。

自分の力で稼ぎ、自立をするという選択肢もありますが、結婚をしてパートナーを支えていくという選択肢もあります。

現在は共働きの世帯が増えていますが、家計を二人で担うことになれば、金銭的・精神的な負担も半分になります。

転職活動なのか?結婚に向けた活動なのか?

ご自身がどちらを最優先にして動きたいのかを考えてみるのも良い機会かもしれません。

シェアハウスに引っ越しをする

全国に増えているシェアハウス。

一人暮らしと比べて、家賃負担が少ないという経済的な魅力はもちろんですが、日常生活では出会えない人との出会いも魅力の一つです。

いままでとは違う住まいの環境を整えることで、気持ちの変化や新しい出会いが期待できるはずです。

家賃という固定費の負担が減ることで、転職に求める条件も変化するかもしれませんね。

地方移住をしてみる

地方移住はどの自治体も促進している施策です。

移住者には、家賃補助、引越し費用の補助、転入補助金の支給といった住居に関するサポートも充実しています。

また、仕事の面では、就労支援として、町おこし協力隊を自治体で募集、就職が決まった際にお祝い金が支給されるなど、かなり手厚いです。

地方に移住することで、いままでとは違う人間関係の中で生活をしていくことになります。

しかし、移住者がどんどん増えているエリアもありますので、移住を検討してみるもの良い選択肢の一つではないでしょうか。

海外移住をしてみる

国内ではなく、海外に移住をするという選択肢もあります。

特に東南アジアは、急速に経済成長をしており、日本人の移住者が増えています。

日本国内よりも物価が安い場所がほとんどですので、日本語が話せるということで就ける仕事も多数ありますので、海外移住も検討されてみてはいかがでしょうか。

副業を始めてみる

会社に勤めてお給料をいただくという方法以外に、自らの力でお金を稼ぐことをはじめる人たちも増えています。

フリマアプリで不用品を販売する、ココナラやストアカなどで自分の持っているスキルシェアをしてみるなど、いまの時代、副業がしやすいツールが整っているので始めやすいです。

会社員で始められる副業に関する本も多数出ていますので、情報収集をして自分のできることからチャレンジしてみてはどうでしょうか。

副業を通じて、自分の思わぬスキルを発見して、本業や本業の転職に活かせることがでてくるかもしれません。

仕事につながりそうな習い事を探す

いますぐの転職ではなく、将来仕事に出来るかもしれないスキルを磨くというのも良いでしょう。

料理教室に通って料理の腕を磨けば、料理教室のレッスンを任せてもらえるかもしれません。ヨガ教室に通って楽しさを見出せば、ヨガインストラクターに転向という選択肢が見えてくるかもしれません。

最初から転職ありきではなく、まずは習い事として色んなことにチャレンジをしてみるのは、将来の転職に役立つことも大いにあります。


30代独身女性の転職は自分を知ることが大切

30代からの転職は20代と比較をすると、実績・経験が求められるようになります。

そのため、実績・経験が乏しい人にとって転職活動の難易度はかなり高くなります。

しかし、独身・既婚による格差はほとんどないと思って良いでしょう。

まずは、自分の市場価値をしっかりと認識することが大切です。

その上で、本当に転職をしたいのであれば、スキルアップや職務経歴書の書き方・面接対策などをハローワークや転職エージェントの力を借りて、本気で実践していくことが大切です。

転職以外の選択肢を知り、取り入れてみるというのも良いかもしれませんね。

いまの場所だけが自分の居場所ではありません。

次の職場では定年まで働きたいと考えているなら、
女性が一生できる仕事30|出産・育児を乗り越え、高齢になっても働きやすい仕事

高収入の転職先を目指すなら、
30代で高収入を狙える28業種~転職して40歳でもらえる年収は?

あなたにとって最善の選択が出来ることを祈っています。

2019/07/15

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています