30代女性で転職って厳しい?仕事選びにおける注意点3選

家にいながら稼ぐ方法 コールセンター

30代女性で転職って厳しい?仕事選びにおける注意点3選

スポンサードリンク

男女の雇用機会の差が問題視されており、女性の社会進出も徐々に増えてきました。

 

しかし、実際に働いている環境の中で不公平だと思えることが起きたり、転職がうまくいかなかったりすると、「やはりまだ男女間に差があるんじゃないか?」と感じることも多いのではないでしょうか。

 

特に「結婚や出産を控えているかもしれない年齢」の場合、転職者同様に、採用する企業としても「希望者がどんな働き方をしたいのか?」が重要なポイントになってくるので、その点をうまく伝える工夫をしながら転職活動するべきです。

 

また性別に関わらず、短期間で転職を繰り返してしまうことは残念ながら企業からのイメージはよくありませんので、しっかりと情報を収集しながら確実に進めていきましょう。

 

ここでは、30代女性が転職をする際にどんなところに気をつけておくべきなのか、代表的なものを3つまとめました。

 

こちらを参考にスムーズに転職して、希望通りの働き方を手に入れてくださいね。

 


スポンサーリンク

30代女性転職の注意点3選。仕事選びのコツとは?

 

「収入アップを目指す」そんな人は長く働けるかが判断基準

もしご自身に優れた能力があり、現在の職場で活躍できているのであれば同業他社で収入アップを目指すのも夢ではありません。

 

ただ、そこまで大きな活躍ができているなら、なかなか転職しようと思わないですし、もし転職するとしてもスムーズに話が決まるはずですよね。

 

収入アップを目指して転職活動を始める方は確かに多いです。そして、転職によって少しの収入の増加があるということは誰にでも起こり得ることだと思います。

しかし、よほどのブラック企業で働いているというケースを除き、残念ながら転職自体で収入が跳ね上がることは性別問わずほとんどのケースで起こりません。

 

特に女性においては、出産・育休のタイミングで多少の空白期間が出てしまう可能性が高い

と言えます。

一時的に給料が上がったとしても、サポート体制が整っていない会社であれば収入が途絶えてしまうことも考えられることです。

 

しかし給料は多少下がっても、結婚しながら、育児しながらでもできる仕事やサポート体制のある会社であれば、生涯賃金は大きく変わってきます。

 

結婚や出産を経ても仕事がしたいと考えるかどうかは人それぞれでしょうし、実際にそんなタイミングになってみないとどんな思いになるかわからないですよね。

 

ですので、「収入アップ=生涯賃金を上げる」という考えのもと、現在の希望に関わらず産休・育休制度が整っている企業を優先して検討するといいでしょう。

 

単に月収や年収の比較に留めるのではなく、女性だからこそ長期的なビジョンを持つことが重要です。

「人間関係が何より重要」そんな時は転職エージェントに頼る

2018年にエン・ジャパンが行った調査では、実に84%の人が職場の人間関係に難しさを感じているという結果が出ました。

 

転職の理由として、「今の会社の人間関係が良くないこと」がよく挙がるのも無理はないですよね。

 

転職をする上で採用担当者にじっくりと聞きたいところですが、個人ではなかなか聞き出しにくい話題ですし、本音も引き出せない可能性もあります。

そのため、人間関係を知るには主に社内見学か、無料で利用できる転職エージェントサービスを利用するか、の二択になります。

 

社内見学を受け付けているところがあれば積極的に応募するべきですが、対応している企業はそこまで多くないのが実情です。

よって、ほとんどの人にとっては気軽に転職サイトや転職エージェントを活用するのが社内の雰囲気を知るのに最も有効な方法になります。

そういったサービスの専属担当者は直接の採用担当者ではないので、下手に肩肘張らず程よくフランクに話して素の自分を見せるのが、社内の雰囲気とのミスマッチを減らすコツです。

 

もう一点注意すべきこととして、人間関係に悩む女性は疲れを感じるあまり、「次の職場は人間関係さえ良ければいい」となってしまいがちです。

 

しかしそのやり方で進めると実際に働いてみると、収入面や仕事の内容とのミスマッチで新たな不満が出てしまう可能性が高いです。

 

そのため、最低限の条件でいいので、年収は〇〇以上、仕事内容は□□系といった風にざっくりと絞っておくことも重要です。

https://ad.presco.asia/cl/?b_id=vIkq7dhi&t_id=1

「プライベートが大事!」そんな人は家の近くの求人を探すのもあり!


普段はしっかりと働きながらも、退社後の時間や休日・有給休暇を趣味にあてて充実した生活が送りたい方も多いはず。

 

そんな人が意外と見落としがちなのが、新聞の折り込みチラシや地元のフリーペーパーなどの採用情報です。

 

大手企業の採用情報はあまり多くないですが、今は人手不足で困っている会社が本当にたくさんあるので、正社員を募集しているところも多いです。30代であればその会社の中で最も若手の部類に入ることも珍しくありません。

 

通勤時間やノルマに追われるストレスを抑えながらも、自分のペースで働ける会社が見つかる可能性が捨てきれないので、もれなくチェックしましょう。

 

もちろん並行して大手の転職サイトに登録することも忘れずに。

 

またこの時も、専属の担当者がつくサービスを選び、「普段社員の方は何時に帰っているか?」「有給休暇取得率はどのくらいか」をしっかり確認しておいてください。

 

当然のことながら、面接で「残業したくない」「有給を取りたい」などの自分の希望ばかり伝えてしまうだけでは企業としてメリットが感じられないので、自分を採用することのメリットをアピールする準備をして臨みましょう。

 

結婚・出産を機に仕事をストップするなら派遣もあり?


現在バリバリ働いているけれど、結婚や出産を控えているのでちょっと仕事のペースを落として働きたいというケースであれば、一時的に派遣社員として働くのもありです。

 

一口に派遣社員といっても、最近では収入や福利厚生の条件がいい会社も多く、かなり多様な働き方があるため、エージェントサービスや専属の担当者がつく転職サイトなどに積極的に確認してみましょう。

 

「子供が小学校に入った段階で正社員として再度働きたい」といった具体的なビジョンがあれば、さらにスムーズに話が展開するはずです。

 

 

スポンサードリンク

失敗しないために。女性の転職に強いサービスを使う

 

少子化による人手不足の状態が続く業種も多いですが、性別問わず「転職活動は若い方が有利」という傾向は依然として見られます。

 

特に30代女性は年齢的に結婚や出産などが控えていることが多いため、慎重に進める必要があるといえるでしょう。強引に進めてしまうと企業とのミスマッチが発生し、後々お互いの関係性が悪くなってしまうことも珍しくありません。

 

採用されてからの働き方はもちろんのこと、しっかりと書類選考・面接の段階から「結婚に関してどういう考え・予定であるか」についての意見が伝えられるようにしておくべきでしょう。

 

ただしこういった内容に関する分野は、各種ハラスメントが大きな問題となっている昨今、企業側からは積極的に確認し辛いポイントでもあります。すでに活動をしているけれどなかなかうまく行っていない人は、採用活動の段階で企業が欲しがっているこの情報を伝えきれていないのかもしれません。

 

数ある転職サポートサービスの中でも、パソナキャリアはエージェントサービスやスカウトサービスに対応しています。さらに、豊富な女性の転職を支えた実績から面接・履歴書対策を実施しているので、30代女性ならではのアドバイスを受けやすい環境が整っています。

https://ad.presco.asia/cl/?b_id=i4TQwblL&t_id=1

 

2019/08/23 2019/08/28

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています