高卒・中卒でも稼げる職業ベスト10|実力主義・成果主義の職種と業界まとめ | はたらくす

高卒・中卒でも稼げる職業ベスト10|実力主義・成果主義の職種と業界まとめ

高卒 稼げる職業 実力主義 高卒

「なんであんな仕事ができないヤツが自分より上なんだ!
やっぱり学歴で決まるのか…」

……と、あきらめなくても大丈夫。

もっと自分を評価してくれる会社に転職し、中卒や高卒でも実力と成果次第で稼げる実力主義の仕事や業界にいけば、学歴や資格は関係ありません。

中卒や高卒でも実力主義の会社へ転職しやすい職種や業界を紹介します。


1. 実力主義とはどういうこと?

バブル崩壊後に一部の大企業などで導入された実力主義は、年功序列で給与を決めていた給与体系に代わり、会社への貢献度に応じた対価を払うことが人件費削減につながるという目的がありました。

実力主義の会社は優秀な人であれば年齢や性別に関係なく高給をもらえ、責任のある仕事を任されることからモチベーションアップにつながる人もいれば、目標達成ができず給与は不安定で年下の上司に気をつかって仕事をするのが辛くなる人もいる競争の世界です。

このような給与体系のため向いている人は同年代の人よりも稼げますが、向いていない人は低賃金すれすれしか稼げない人もいるので、向き不向きがハッキリ分かれます。

また、外資系企業では以前から年齢や勤続年数ではなく、実力によって給与を決めるということが行われてきました。

これ以外に、もともとの給与体系が成果(売上)に基づいて支払われる形態のものがあります。

ここでは主にこの成果・出来高によって給与が決まるタイプの実力主義・成果主義の仕事について解説します。

スポンサードリンク

2. 実力主義の給与体系

高卒 実力主義 給与体系

実力主義の給与体系は3通りあります。

(1)固定給制

実力主義で毎月一定の給与が支払われる固定給の場合、その多くは年俸制を導入しています。

年俸制というとプロ野球やJリーガーのようなプロスポーツ選手を思い浮かべますが、彼らは今シーズンの成績に基づいて、次年度の年俸を毎年見直しています。

同じように、会社員でも年俸制の時は年に1度見直しをします。

なお、年の途中で大きな実績を上げた時は特別ボーナスを支給するか、年俸そのものを見直すことがあります。

(2)固定給+出来高払い

ベースは固定しておき、毎月の成果に応じて給与が決まる仕組みです。

    【例】
    固定給:130,000円/月
    出来高:契約1件につき10,000円
    今月の成果:10件
    支給額:230,000円(計算式:130,000+10,000×10=230,000)

(3)フルコミッション(完全出来高払い)

自分の成果に応じて給与が支払われます。

正社員でフルコミッションを取り入れることは労働基準法により難しいため、雇用体系は正社員ではなく「業務委託」になります。

タクシードライバー、保険代理店やITフリーランスの人達は給与体系です。

固定給+出来高制の例と同じ条件で考えると230,000円稼ぐには23件の契約を取らなければいけないので、営業職の場合はかなり実力がなければ人並み以上の年収を稼ぐのが難しい給与体系でしょう。

3. 実力主義の職種ベスト10

それでは実力主義で働ける職種を紹介します。

興味の持てる仕事があるかチェックしてみましょう。

1)タクシー/ハイヤー/配送のドライバー

高卒 実力主義 タクシードライバー

タクシー/ハイヤーは昔から出来高制が多く、稼げる人は個人で独立して営業している人もいる業界です。

高齢化や国際化の流れに合わせて運転免許の他に介護系の資格や英語や中国語をマスターしてお客様の獲得を図っている人も多くいます。

また、配送ドライバーには宅配便、生協の配達、自動販売機の商品補充など、さまざまな種類の配送があります。

配送した荷物の件数や配達先の顧客数、自動販売機の売り上げにより出来高が変わってきます。

2)販売(車/アパレル/携帯など)

販売職はまさしく自分が販売した金額がそのまま自分の成績になります。

自動車なら新車・中古・カスタム車、アパレルなら洋服、靴、帽子、バック、美容部員なら化粧品の売り上げ、携帯ショップはスマホやガラケー・携帯アクセサリ・電力などのサービスと販売する物こそ違えども、成績の判断は「どれだけ売ったか」につきます。

3)不動産営業

不動産業界は出来高制が多い業界です。

不動産営業と一口で言っても多岐にわたります。

  • 住宅展示場での反響営業(新築戸建て)
  • モデルルームの反響営業(分譲マンション)
  • 賃貸仲介営業(個人・法人)
  • 投資不動産の電話営業
  • リフォーム営業
  • 不動産売買仲介営業

など

このように、さまざまな不動産営業があります。

住宅はなかなか売れるものではありませんが、だからといって何ヶ月も契約が取れなければ居場所がなくなり退職せざるを得ない状況になるでしょう。

反響営業や電話営業が多いので飛び込み営業は少ないですが、どうすれば展示場やモデルルームへ足を運んでもらえるか、電話でどのように口説けば興味を持ってもらえるのかアイデアを考えるのが得意な人に向いているでしょう。

4)営業(不動産業界以外の新規開拓)

高卒 実力主義 営業職

営業と言うと、昔から出来高制が多いのが生保・損保の保険業です。

近年ではCATV、ウォーターサーバー、ソーラーパネルなどで出来高制を取り入れています。

出来高制の営業は個人を相手にした商品が多い傾向にあります。

ガツガツ売る姿勢とお客様と会話が楽しめる姿勢のバランス感覚が必要になります。

5)飲食店(店長候補/エリアマネージャー/FC管理候補)も含む

飲食店の出来高は個人の成績ではなく店の売り上げになります。

そのため、アルバイトやパートの人と一緒になってチームワークで勝負するのがキーポイントになります。

「個人で勝負するよりも一致団結するのが好き」な人は飲食店が向いているかも知れません。

6)IT系(SE/WEBプログラマー/WEBデザイン/WEBコンサルタント/ヘルプデスク)

IT系は資格や知識が必要だと思っている人が多いと思いますが、現在は未経験から教育してくれる企業が増えています。

コツコツPCに向かって仕事をしても苦にならない人(SE/プログラマー/WEBデザイン)や課題解決が好きな人(WEBコンサルタント)、自分の知識で人の役に立つのが好きな人(ヘルプデスク)でPCやWEBに興味があり、自分から学ぶ姿勢のある人であれば応募可能な企業が増えています。

また、転職エージェントで無料の研修を行なっている企業もあるので転職時に利用してみるのも良いでしょう。

参考:株式会社ワークポート みんスク(https://www.workport.co.jp/engineer_school/)

7)エステティシャン 8)美容師 9)ウエディングプランナー

高卒 実力主義 美容師

エステティシャン、美容師、ウエディングプランナーは同じような給与報酬の仕組みなのでまとめて紹介します。

これらの仕事では担当した顧客数×単価に応じて営業成績が決まります。

お客様受けが良いうえに技術力や提案力がないと指名が入らないため、担当顧客数が伸びないこともあるでしょう。

ただし、ウエディングプランナーは、担当した新郎新婦が満足する式を成功させれば、友人や親戚、知人を紹介してもらえることから1組1組の対応が次の顧客獲得につながるような仕組みになります。

未経験から入れますが入社後は技術力や提案力、最新のトレンドチェックを日々行なっていかないと、他の人や他社にお客様を取られてしまいます。

10)ネイリスト

趣味で始めたネイルにハマってスクールで技術を身につけたのを機会に、ネイリストに転職を考えている人もいるでしょう。

現在、ネイリストは都心部では検定による昇給制に切り替わりつつあります。

しかし、地方はまだ出来高制が多い傾向にあります。応募する前に求人内容を確認しましょう。


4. 実力主義の会社に入るには?

1)実力主義と成果主義

実力主義の類語には、成果主義という言葉があります。

ですから、求人情報では企業によって「実力主義」または「成果主義」を使っています。

求人サイトで検索をする時には「実力主義」と「成果主義」の両方で探してみましょう。

2) 入社時に資格がなくてもOK?

  • タクシー/ハイヤー/配送のドライバー(普通第二種免許、中型一種免許など)
  • 生保/損保営業(生命保険募集人資格、損害保険募集人資格など)
  • 美容師(美容師免許)
  • 不動産営業(宅地建物取引士、不動産鑑定士、賃貸不動産経営管理士など)
  • ウエディングプランナー(ブライダルコンサルタント・ブライダルプランナー検定など)
  • IT系(ITパスポート・基本情報技術者試験など)
  • 飲食店(食品衛生責任者、防火管理者など)

入社時に必要な資格を持っていなくても、企業側で資格取得の援助をしてくれる制度を用意している企業が増えています。

あとは、本人のやる気次第です。
「1発合格します」くらいの意気込みでないと、資格を取ったものの稼ぎが少ないという状況に追い込まれる事態になりかねません。

「稼ぎたいから実力主義の仕事に就いた」という気持ちを忘れないように心がけましょう。

3) 未経験OKが多い

今回取り上げた職種はすべて未経験OKの求人が出る可能性があるものです。

実力主義の企業は業界・職種未経験歓迎の企業が多いのが特徴です。

業務に必要な資格は働きながら勉強して取得することになります。

そして、未経験歓迎の企業は「基本的なことは教えるので、あとは自分で努力してください」と実力主義であるとともに放任主義でもあります。

もちろん、困った時はフォローしてくれますが、新人時代までの話です。

1から頑張りたい人にはオススメの仕事、特に人に指示されるのが嫌い、自己完結型で仕事を進めたい人、目標があると突き進んで行ける人に向いているのではないでしょうか。


5. 実力主義の仕事に飛び込んでも失敗しないためには?

実力主義の仕事は就職しても思ったように稼げずに退職していく人が多い仕事です。

では、失敗しないためにはどうすればいいのか?
成功する人とはどんな人なのか?

この2点についてご紹介します。

1)失敗しないためのコツ

求人票のモデル給与は成功した一部の人

求人サイトや求人票に掲載されている年収例は成功している一部の人です。

「入社すれば誰でもこんなに稼げるんだ」と飛びついてしまいそうになりますが、本当にその年収を手にしているのは一部の人だけということを踏まえて応募をするか検討しましょう。

入るのは簡単、成果をあげるのは難しい

実力主義の中途採用試験は「落ちる人の方が少ない」というほど「面接で元気いっぱい答えられれば合格」という企業が多い傾向にあります。

なお、面接時に面接担当者が簡単に成果を上げられるような話をする企業があります。

しかし、実際にはそんな簡単に成果を上げられないことを頭に入れておきましょう。

得意分野や強みを生かせる仕事に選ぶ

成果を上げたいのなら得意分野や自分の強みを生かせる仕事を選びましょう。

基本的なことは教えてもらえますが、成果を上げる方法まで教えてはもらえません。

成果を上げたいのであれば、興味のある業界の得意分野や自分の強みを生かせる仕事を選ぶと、成果を上げやすくなるので長く仕事を続けられるようになるでしょう。

稼ぎたい目標金額を設定する

入社すると売り上げ目標を提示されますが、それとは別に稼ぎたい目標金額を設定しましょう。

給与の仕組みを理解すれば1ヶ月にどれだけ頑張れば良いのかわかります。

月中に苦しくなっても「あと何件頑張れば、給与がいくらになる」ともう一踏ん張りできるでしょう。

頑張った分が給与になって自分にかえってくるのが実力主義の良いところです。

5年後10年後の自分の姿をイメージしておく

年収目標だけではなく、5年後10年後のイメージをしておきましょう。

ライフステージとキャリアプランの両方合わせた自分の姿を「今年頑張って、来年結婚できるようになる」「5年後には同期を全員抜かしてマネージャーになる」というようにイメージしておくと、自分が何のために仕事をしているのかが明確になり、前向きに仕事に取り組むことができます。

2)成功する人の特徴

高卒 実力主義 成功する人の特徴

ハングリー精神が旺盛

逆境ほど燃える人や一発逆転を狙うような人でないと成功できないのが実力主義の世界です。

同期や先輩をライバルに設定して「あいつには絶対負けない!!」と張り合うことをパワーに変えている人や、負けず嫌いな性格を活かして「1位にならなければ意味がない」と自分を追い込むことでパワーを発揮している人が成果を上げています。

リーダーシップを取るのが得意

飲食店や販売系では個人の売り上げよりも店舗自体の売り上げ目標を設定されます。

実力主義の世界では昇進スピードが早いため、頑張り次第では2年目にはリーダーシップを発揮しないといけない立場になることが予想されます。

リーダーシップを取るのが苦手だと、昇進した途端に成果をあげられなくなる可能性があるので、自分がリーダーシップを取るのが得意なのか、よく考えて仕事を選びましょう。

自分で考えて動ける(数字を達成するための方法を考えるのが好き)

基本的に能動的な人が成功しやすいのが実力主義です。

自分から率先して仕事をするのが得意で、目標を達成するためにはどうすれば良いのかを考えて動けないと実力主義では成功できません。

さらに、効率的に仕事ができて目標を達成できないと社畜化してしまいます。

実力主義で成功する人は残業せずに目標を達成して仕事を片付ける人ばかりです。

1人で行動するのが好き

実力主義で成功する人は一匹狼タイプの人が多いです。

飲食店や販売系は店舗ごとで達成しますが、社員は1店舗に1人~2人しかおらず他はアルバイト・パート、派遣社員ということが多いため、意外と孤独です。

「相談相手がいなくてさみしい」という人には向いていないかも知れませんが、1人の方が自分で方針を決められるから楽という人は、のびのび仕事をしています。

ハングリー精神がないと厳しい

力頑張っているのになかなか評価されない。

頑張っているのに給与が上がらずモチベーションが維持できない。

…という不満は解消されますが、とにかく貪欲に成果をあげていかなければ生活費さえままならない状況に陥ってしまうリスクがあるのが実力主義です。

「学歴によるハンデが気に入らない」と、実力主義に逃げ込むのは危険です。

「自分は絶対に成功できる」という自信と確信を持って飛び込むことをオススメします。
 
高卒でも就職しやすい職業は、
高卒で転職・就職しやすいオススメ業界ベスト10

 
あなたが学歴にとらわれず、やりがいのある仕事につけますように。