高卒でも給料のいい仕事!稼ぎやすい24の職業は? | はたらくす

高卒でも給料のいい仕事!稼ぎやすい24の職業は?

高卒 稼ぎやすい仕事 高卒

一般的に高卒の人の給料は大卒の人より低くなることは、学歴別の年収や生涯賃金に関するさまざまな統計データをみても明らかです。

しかし、高卒者であれば安い給料に甘んじなければならないなんてことはありません。

高卒でも、高い給料をもらっている人は大勢います。

平社員から叩き上げて大企業の社長になった人もいます。

社長にまで出世しなくても、地道に勤めたことで、大卒者よりも稼ぐことができるようになる人は珍しくありません。

ここでは、高卒者が高い給料を稼ぎやすい23の仕事をご紹介します。


販売・店舗系

住宅販売

1. フルコミッション営業員

100%歩合給の営業職は、学歴に難のある人がもっとも就きやすい仕事です。

企業には人件費の固定化リスクがないため、極端に言えば誰でも雇います。

ただし、採用されても売上がゼロの場合は収入もありません。

2. 自動車ディーラー

自動車販売の世界は競争が激しく実績重視の傾向が強いため、学歴はあまり問題にされません。

高卒でものし上がるチャンスは大いにあります。

ただし、法人営業では学歴(人脈)で劣ることが影響する場合もあります。

3. 住宅販売員

戸建の住宅販売は、大企業だけでなく地域の中小企業も手掛けています。

このため、高卒の営業マンもたくさん働いています。

扱う商材の内容に大きな違いがないため、実績を上げてより待遇のいい会社へ転職していくことも考えられます。

4. 住宅設備販売員

給湯器、オール電化設備、浄水器などの住宅設備販売会社の中には、歩合給の割合を高くしている会社があります。

こうした会社の営業マンは入れ替わりが激しく、学歴はあまり重視されないため高卒者にもチャンスがあります。

5. 医療機器メーカー営業

病院や治療院などに医療機器を売る営業の仕事は大卒中心ですが、募集を学歴不問にしている会社もあります。

医療業界は、平均的に給与水準が高い業界です。

相手に合わせて平日夜や休日の出勤、専門知識の勉強などが必要になるため、そうした努力は必要になります。

医療機器メーカーの営業は未経験OK!【医療業界へ転職】のポイント

6. 宝飾品販売員

宝石や貴金属のアクセサリーなどをあつかうのが宝飾品販売業。訪問販売を手掛ける会社などでは、歩合給を厚くしています。

当然こうした会社も実力主義が徹底しており、学歴で差別されることはまずないでしょう。

7. スーパー・量販店社員

スーパーや量販店などの小売企業の給与は、相対的に低い水準にとどまっています。

そのため、給与体系のしっかりしている限られた企業を除き、大学生の就職先としても人気がありません。

こうした背景から、大企業でも高卒社員が大勢います。

人事評価の際は現場での実績が重視されるため、高卒の人が比較的出世しやすい業態と言えます。

8. 外食チェーン店社員

外食チェーンもスーパーや量販店と似た状況にあります。

給与水準が低く大卒者の人気がない中で実力主義の人事が徹底しているため、高卒の人にも出世するチャンスが大いにあります。

実際に吉野家など、創業者以外にも高卒の社長や役員を輩出している企業が少なくありません。

スポンサードリンク

技術系

技術系 とび職

9. とび職人

高所などで建築作業に従事するとび職人の大半は、中卒、高卒者で占められています。

強風、降雨、極寒、酷暑の中での高所作業など危険が伴う職人には、高い給料が支払われます。

10.重機オペレーター

従来は人手に頼っていた多くの土木・建築作業を近年では機械が行うようになっています。

しかし、それらの操作はワンタッチで簡単にできるものではなく、熟練した技術が求められます。

大型のクレーンやパワーショベルなど。

超高層ビルや橋梁などの巨大建造物の現場で、大型重機を意のままに操れる職人は簡単に手配できないため、高い給料を得られます。

11.旋盤工・精密工作機械オペレーター

旋盤などの加工プロセスも自動化が進んでいます。

しかし、コンピューターにより工程が完全に自動化された作業のほか、機械を扱う職人の腕が問われることもあります。

微細な作業の中にはコンピューターで管理しきれない(数値化できない)ものもあり、そうした作業を任せられる匠(たくみ)になれば高い給料に恵まれます。

12.鉄道会社員

鉄道会社には、多種多様な現場要員がいます。

  • 運転士
  • 車掌
  • 駅員
  • 保守作業員
  • 運行管理担当者

これらを担う社員の大半は、高卒者が占めています。

多くの鉄道会社は、大企業の中でも相対的に高い給料が保証されています。

こうした会社へ入れば、他業種の大卒社員より多くの給料を稼げる確率が高まります。

13.セールスドライバー

宅配便のなどのセールスドライバーには、歩合給が設定されています。

会社により異なりますが、赤帽など歩合比率の高い加盟業者があります。

大手の寡占化が進み、以前ほどセールス競争は熾烈ではありませんが、いまでも歩合給で大金を稼いでいる人はいます。

14.タクシードライバー

タクシードライバーも歩合給で働く代表的な仕事です。

乗車時間と単価が決められているため、極端に高い給料を稼ぐことはできませんが、東京であれば年収700~800万円程度は十分に狙えます。

学歴不問で年功序列型の人事とも無縁です。

社員寮のある会社も多いので、質素な生活を贈ればお金も貯まりやすいでしょう。

金融系

金融系 保険販売員

15.サラ金業者社員

日銀の異常な金融緩和政策が長期化する中、かつてほど独立系ノンバンク(サラ金業者)の勢いはありませんが今でも生き残っている業者はあります。

こうした会社は、学歴、職歴、年齢、さらには国籍不問の採用方針を掲げています。

実力主義が徹底されており、成果を上げれば高い給料を得られます。

16.保険販売員

保険販売員(生命保険募集人、損害保険代理店の職員)も学歴、職歴、年齢、国籍を問われません。

実績を上げれば収入も増えますが、そうでなければ居場所がなくなり退職を余儀なくされる世界です。

トップセールスマンは年収1億円を超えるので、高級を狙う高卒者にとっては無視できない仕事です。

17.証券外務員

株式、債券、投資信託などの売買を取り次ぐ証券外務員も取引金額の大きい優良顧客を何人も抱えていれば、多額の給料をもらえます。

ただし、最近は外務員の活躍余地が狭まっています。

今では株式取引の90%以上がネット注文に移行しているほか、独自に情報収集したり投資モデルを考えたりする人が増えているからです。


公務員系

公務員 警察官

18.国家公務員事務職員

国家公務員の採用では、幅広い国民を可能な限り平等に扱うよう配慮しています。

このため、高卒者の採用も想定した上で受験資格や職種が設定されています。

国家公務員の給料は有名大企業の社員よりは低いですが、地方では銀行員と並ぶ高級サラリーマンです。

しかも安定度ナンバーワンのため、無理に大学へ進学するよりも地方で公務員になる方がよいかもしれません。

19.地方公務員事務職員

地方公務員の採用事情も、国家公務員とおおむね同じです。

ただし地方自治体(とくに市町村)は採用人数も少ないため、自治体によっては大卒採用を前提としているかもしれません。

給与水準は、総務省の指導もあり国家公務員とほぼ同じです。

ただし、財政悪化が著しい自治体の中には、大幅な給与カットを断行しているところがあります。

公務員になろうと思ったら、
公務員に転職するには?何歳まで?試験は?自分は向いてる?

20.自衛官

肉体労働が多い上に厳格な指揮命令系統の維持を要する自衛隊は、常に体力があり順応性の高い多数の若手高卒者を必要としています。

給与水準は事務職給にわずかな危険手当が上乗せされる程度ですが、定年まで勤めて退職金・年金をもらうことも可能です。

また自衛隊は平均年齢の上昇を防ぐ必要があるため、再就職先のあっせんに熱心な点も魅力です。

21.警察官

都道府県警にも自衛隊と似たような要素があるため、毎年高卒者を大量に採用します。

給与水準は自衛官と似たり寄ったりですが、都道府県の財政事情による差があります。

出世第一主義で頑張って昇任試験をクリアーしていけば、高卒でも警視正(県警部長クラス)まで昇格できます。

22.消防官

消防本部などの消防組織はおおむね警察と同じ特徴を有しています。

ただし警察と比べ組織基盤が弱く、東京消防庁を除けば市ごとに消防局が設置されています。

さらに人口の少ない地方では、複数の自治体が共同で消防組合を設立しています。

また、各地には住民組織の消防団もあります。

このため警察と比べ採用人数は多くありませんが、地方公務員の一員であるため待遇は悪くありません。

現場で働く体力系公務員の仕事に就くには、
体力系公務員への転職・試験前に知っておきたい23のこと


その他

23.地上げ担当者

不動産業界の中でも地上げ屋はギャンブル的な要素が強く荒っぽい面もあるため、学歴、職歴不問の実力主義の会社が多くみられます。

高卒者が平社員から叩き上げて稼ぐのには、よい業界かもしれません。

24.風俗関連店従業員

学歴を一切問わない業界という意味では、風俗業界も高卒者に適していると言えます。

大手チェーンで出世すれば1千万円超の年収を得られます。

ただし店長や管理職になれば、法令違反で検挙されるリスクも大きくなるので注意しましょう。

仕事の能力は学歴では表すことができない

学歴が就職活動に大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

しかし、学歴が仕事の能力を直接示している訳ではないことも事実です。

日本の労働法令が正社員を簡単に解雇できない内容になっていることもあり、大卒者は高卒者より優秀だろうという推測を前提に採用する企業は多いです。

しかし、一旦組織の中に入れば学歴と無関係に実力や実績を適正に評価する会社もたくさんあります。

高卒者でもそうした実力を適切に評価してくれる会社に入ってがんばれば、大卒者を上回る給料を得られます。

高卒であることを悲観せず、高収入を得られる人物になることを目指しましょう。
 

高卒で入りやすい業界は、
高卒の人が転職しやすいオススメ業界ベスト10

高卒・資格なしでも正社員・高収入の仕事に転職するには、
「高卒 資格なし」で転職・就職するには?正社員で高収入の仕事に就く方法!

 
あなたが高収入の仕事で働けますように。