【第二新卒】就活はいつから始める?採用時期に合わせたタイミングとは

2019.01.22
第二新卒 就活を始めるタイミング

【第二新卒】就活はいつから始める?採用時期に合わせたタイミングとは

第二新卒は新卒時に就活経験があるため、就活の仕方や知識はある程度持っているはずです。

しかし、この過去の就活の記憶だけに頼りすぎると失敗します。

第二新卒の転職就活は、新卒とは様々な点で異なります。

基本は一からの出直しと考えましょう。

まずは、第二新卒ならではの採用時期に合わせたスケジュール管理が必要となります。

ここでは具体的なスケジュール管理のコツを紹介しながら、就活を始めるタイミングを解説します。


1. 第二新卒の就活ならではの特徴

新卒時の就活は、期間が半年以上に渡っているという特徴があります。

選べる企業の数が転職とは比べ物にならないほどたくさんあり、就活スケジュールや進め方に多少の融通性が効いていました。

しかし転職の場合は選ぶ企業の選択肢が少ない分、短期集中となり転職活動できる時間的余裕がありません。

また、企業が第二新卒の募集をかけるタイミングが、新卒に比べ把握しにくいという点も特徴的です。

スポンサードリンク

2. 在職しながら就活のタイミングを

基本的に在職しながら転職活動をすることも、時間的余裕がない理由の一つです。

この場合、一旦退職して就活した方が動きやすいのでは?と思う人がいるかもしれません。

しかし、長期化した場合の生活費の問題や募集状況を見てしばらく中断することもあり、戻る場所のないリスクは避けたいものです。

在職しながらの就活で一番難しいのは、現在の仕事スケジュールと企業の採用スケジュール調整です。

転職活動中は、在職している会社の仕事スケジュールにはできるだけ余裕を作っておき、採用時期や選考情報に合わせてすぐに行動が取れるようにしましょう。

基本は、いまの会社には退職意志を伏せておくのがベターなので、多少仕事に対する手抜きを疑われても仕方ないという割り切りが必要です。

3. 具体的なスケジュール管理のコツ

現職のスケジュールと志望先の選考日程がバッティングした時には、選考日程を優先させる勇気を持ってください。

もちろん志望先には現職に在職中であることを正直に述べておくことで、多少の融通を効かせてくれることもあります。

しかし休日が同じ曜日の場合に、わざわざ面接のために出社までしてくれるわけではありません。

そのため、早く帰れる日に選考日程を調整してもらうなどの工夫が必要です。

もっとも良い進め方は、有給休暇を転職用にストックしておくことです。

「いつから始めるのがベスト?」という発想ではなく、「いつでも始められる」ように長い視点で計画しておくことが大切です。

営業などで外出した時に面接を受けることは、間違ってもやってはいけません。

就業規則違反で罰則が科せられる危険があります。


4. 採用時期にアンテナを張る

転職活動で余裕をなくさないためには、志望企業のこまめな採用時期の把握が大切です。

たまたま見つけた募集に飛びつくのではなく、こまめに募集中の企業情報を就職サイトなどでチェックします。

現時点で明確な転職意志を持っていなくても、とりあえず転職サイトに登録し情報が適時取れるようにしておくことをおススメします。

もし、現時点で意中の企業があるなら、企業のホームページに入り「採用情報」を見ると募集の開始から終了の時期がわかります。

ホームページを見てもよくわからない時は、企業の「採用」の問い合わせ先に遠慮なく電話しましょう。

「第二新卒ですが、応募したいので採用時期を教えてほしい。」と伝えるのが一番手っ取り早い方法です。


5. 企業の第二新卒の採用時期

転職市場は、いまとても盛り上がっていると言われる中で、転職サイトには転職関連のさまざまな情報が集まります。

その背景には企業の採用情報と、一旦就職した後の第二新卒の動きがあります。

これが集計され、全体の「中途採用求人数」「転職求人倍率」として新聞などで公表されています。

以下は、日本経済新聞が月々発信しているニュースのサンプルです。

前年の採用時期の情報を見ながら本年の動きを予測する参考になります。

この記事では、ひとつは新卒採用の内定式を終えた後の10月(募集と採用活動はその1~2か月前にスタート)がヤマ場であることを伝えています。

参考:日経新聞「10月の中途採用求人数 過去最高を更新」
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23411170T11C17A1QM8000/?n_cid=SPTMG002)

もうひとつの採用時期は、年明けの正月休暇が終わって一段落する2月(募集・選考は1月から)の記事です。新しくスタートする年度初めの4月に、第二新卒の入社のタイミングを合わせようとしています。
参考:日経新聞「転職求人倍率 1月2.35倍」
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23411170T11C17A1QM8000/?n_cid=SPTMG002)

6. 第二新卒はいつから動けばいいか

第二新卒の就活は、いつから動き出せばいいのでしょうか。

日経新聞の記事には、新卒の入社直後の4月の有効求人倍率が2倍以上となり、新社会人の就職サイトへの登録が倍増したと言っています。

参考:日経新聞「4月の中途求人倍率2.36倍 新社会人の登録者が倍増」
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23411170T11C17A1QM8000/?n_cid=SPTMG002)

入社直後に感じた職場の雰囲気や入社研修でひとつの見切りを付け、転職サイトへの「登録」を行っている結果です。

本格的な転職活動をいつから始めるかは別にして、とりあえず転職サイトへの登録をした上でタイミングを見ているというのが伺えます。

最後に、この記事の出どころは「全国求人情報協会」です。

求人情報会社が作っている公益法人で、会員会社の全国の求人情報を集計して月々発表しています。

求人広告が増えるのは、9~10月、1~2月というデータがあります。(数値は、アルバイト含む)また、求人広告の中でも、「有料求人情報誌」より、圧倒的に「転職求人サイト」の求人数が高くなっています。
参考:日経新聞「8月の求人広告件数、前月比1%増」
(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23411170T11C17A1QM8000/?n_cid=SPTMG002)

上記の記事から求人が増える時期から、俗にいう春採用・秋採用が多い結果が出ています。

求人が多い時期に就活をするに越したことはありません。

常にアンテナを張り、求人が多い時期に動き出せるよう準備を進めましょう。


第二新卒の就活はいつでも始められるようにしておく

昨今の第二新卒採用のおおまかな採用時期について紹介しました。

しかし、これらはあくまで産業全体の傾向です。

ひとつひとつの企業となると千差万別と言わざるを得ません。

したがって、「いつでも始められる」という状況を作っておいた上で、採用情報にこまめにアンテナを張ることが重要となります。

是非、転職就活ならではの情報ネットワークを頼りながら、タイミングとスケジュールを積み上げていき、転職への一歩を踏み出して下さい。

次の記事では第二新卒の就活での服装について解説します。

【第二新卒】久しぶりの就活|気を付けたい「服装」について

 
転職のことはよくわからないので相談してみたいという人は、
>>>第二新卒・20代専門の転職なら マイナビジョブ20’s

 
さらに、第二新卒、既卒などの若者の正社員就職支援に特化した
DYM就職(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)」
リクルート運営の【就職Shop】(東京、横浜、千葉、埼玉、大阪、神戸、京都)」、
ジェイック(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、宮城、福岡など)」、
第二新卒AGENTneo(首都圏、京阪神)」、
ハタラクティブ(東京、神奈川、埼玉、千葉)」
といった就職・転職サービスを利用するのもひとつの方法です。
 

理想の企業に転職できますように。

2019/01/22

スポンサーリンク
20代で☆フリーター働いたことがない入社すぐ会社を辞めた…という人は、
正社員で就職!
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!
☆自分の「強み」を知って自己PRすれば書類選考・面接が有利に!
転職成功
本格的な自己分析が無料!転職者の8割が利用する転職サービスとは?
この記事も一緒に読まれています