【第二新卒】面接で見られる就活マナーと言葉遣いのポイント

2019.01.22
第二新卒 マナーと言葉づかいのポイント

【第二新卒】面接で見られる就活マナーと言葉遣いのポイント

第二新卒の面接のマナーや言葉遣いは、新卒時と同じで良いと思っていませんか?

新卒時は、はじめて経験するビジネスシーンなので挨拶を中心とするマナー面は、全体として「初々しさ」でカバーできた要素が大きいといえます。

企業の人事担当も多少のことであれば、「まだ慣れていないから仕方ないか。」と、大目に見てくれたかもしれません。

しかし、第二新卒の就活時は、この初々しさによって大目に見てもらえることは残念ながらありません。

会社訪問や面接で、多少なりともビジネス経験がある人だと思ってもらえるだけのマナーを身に付けておく必要があります。

第二新卒時の「マナー」「言葉遣い」のポイントを紹介します。


1. 第二新卒の転職マナーのポイント

転職マナーで、「さすが、新卒とは違うな」という印象を具体的に見せるポイントがあります。

それは、前職で営業経験のあるなしに関わらず、志望先の会社訪問や面接で接する人すべてを「顧客」や「クライアント」「要人」と思って接することです。

人事担当に「お客様への対応マナー」「お客様への言葉遣い」と同等の気配りを見せられるかかがポイントです。

前職が事務職であっても、会社に来られた「お客様」には、すかさず立って礼をしご挨拶の言葉をかけているはずです。

あのタイミングで行った「会釈」「礼」「敬礼」のマナーと、挨拶の言葉遣いをもう一度おさらいしておきましょう。

勤めていた会社は、あまりそんなことを気にしなかったなという人はなおさらです。

スポンサードリンク

2. 就活マナーのおさらいポイント

前職の入社直後の研修を振り返る

普通の会社は、入社直後に対顧客や社員間同士の最低限の挨拶やマナーについて、必ず研修を実施します。

当時のテキストがあればその時に学んだことを思い出し、しっかりおさらいをしておきます。

会社によっては、新人教育で学んだ通りのことを実際の現場ではあまり実行されない企業もあります。

しかし、それを当たり前と思って適当に面接などを受けると失敗します。

企業訪問や面接は一瞬なので、なおさらルール通りに行います。

「面接官=お客様」と心得る

前職で社会人経験が少しでもあれば、「お客様」に対する態度は心得ているはずです。

そこで、「面接官=お客様」と思い、「礼」(角度30度)「会釈」(15度)「敬礼」(45度)を手抜きせず、体をしっかり動かして下さい。

また、企業の担当者から「前の会社で基本を身に着ける教育をしっかり受けたんだな。」と思わせるのが目的です。

応募書類の記入や電話応対もチェックの対象

応募書類の文字が汚かったり、誤字が多かったりすると「学生じゃあるまいし」とマイナス評価になるので要注意です。

美しい文字が良いに越したことはありませんが、丁寧に手抜きせずに書くことが大切です。

また、人事との電話応対では、前職でのクセを出さないように気をつけましょう。

忙しい時など、相手が切らないうちにこちらから先に切ったり、敬語の使い方を間違ってたりしないか確認しましょう。

「顧客対応」の経験がない人は要注意

マナーは接客や職場の上下関係などの対人関係があって初めて遣うものです。

しかし、前職の勤務部署によっては、製造現場や研究所のように顧客対応がまったくなかった職場もあります。

ひとりで黙々と作業や仕事をしてきた人は、特にマナーに気を付けましょう。

3. 交わす「言葉遣い」はもっとも重要

言葉遣いも、第二新卒ともなれば新卒以上にチェックされます。

新卒時の面接では、紋切型で

「〇〇大学からまいりました〇〇と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」

でしたが、第二新卒の場合は、社会人経験者らしい工夫が必要です。

マナー同様、志望先の担当者に対しては「顧客」や「クライアント」を意識して、自分なりに最大級の言葉を考えておきます。

参考に、言葉遣いの一例をいくつか紹介しましょう。

なにかひとつプラスαの言葉遣いを加えるようにしましょう。

会社訪問や面接時の言葉遣い

 

「今日初めて御社を訪問させていただきましたが、会社周辺や玄関のキレイさにはびっくりしました。係の方が丁寧に清掃なさっておられるんでしょうね。」

「この度、御社を受けさせていただくことになりました〇〇と申します。本日は、大変お忙しい中、貴重なお時間を取っていただき本当にありがとうございます。」

「面接時間の設定では、現在の私の仕事柄なかなか時間が取れないにもかかわらず、私の都合に合わせて何度もご調整いただきました。本当に感謝しております。」

「先日のお電話では、実に丁寧に会社の所在地を〇〇様がご案内下さり、ありがとうございました。お蔭さまで、余裕をもって御社にお伺いすることができました。」

志望先の担当者との電話応対で

あなた
あなた

「〇〇工業様でいらっしゃいますでしょうか?私、この度御社の第二新卒採用でお世話になることになりました△△と申します。お忙しい中、大変恐縮ですが、採用ご担当の□□課長様はご在席でしょうか?」

あなた
あなた

「〇〇課長様でいらっしゃいますでしょうか?先日はお忙しい中お電話ありがとうございました。その節、ご提案いただいておりました面接日程の件で、本日お電話させていただきました。ご呈示の〇月〇日13時00分は、間違いなく調整ができましたので是非ともよろしくお願いいたします。」

いずれの言葉も、新卒就活で同様に使った人がいるでしょう。

当時はたどたどしく語っていても、学生なので大目に見て優しく聞いてもらえたと思います。

しかし、第二新卒では、むしろ社会人経験のあるところを少しでもアピールできるよう、淀みなく語れる練習をしておきましょう。


第二新卒はマナーが身についていることをアピールしよう

企業が「マナー」や「言葉遣い」を気にするのは、どんな企業にも顧客やクライアントがいるからです。

入社後は会社の看板で仕事をしてもらう以上、恥ずかしい振る舞いや言葉遣いをしてもらっては困るからです。

第二新卒も入社後に基礎教育を予定しているとはいうものの、マナーや言葉遣いの基礎がすでにできている人を採用した方が良いに決まっています。

次の記事では「第二新卒の就活は厳しい」と言われている理由と対策を紹介します。
【第二新卒】第二新卒の就活が厳しい理由と内定獲得できない原因

 
転職のことはよくわからないので相談してみたいという人は、
>>>第二新卒・20代専門の転職なら マイナビジョブ20’s

 
さらに、第二新卒、既卒などの若者の正社員就職支援に特化した
DYM就職(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)」
リクルート運営の【就職Shop】(東京、横浜、千葉、埼玉、大阪、神戸、京都)」、
ジェイック(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、宮城、福岡など)」、
第二新卒AGENTneo(首都圏、京阪神)」、
ハタラクティブ(東京、神奈川、埼玉、千葉)」
といった就職・転職サービスを利用するのもひとつの方法です。
 

前職で身に付けたマナーを自信もって積極的にPRして優位に立ちましょう。

2019/01/22

スポンサーリンク
20代で☆フリーター働いたことがない入社すぐ会社を辞めた…という人は、
正社員で就職!
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!
☆自分の「強み」を知って自己PRすれば書類選考・面接が有利に!
転職成功
本格的な自己分析が無料!転職者の8割が利用する転職サービスとは?
この記事も一緒に読まれています