【第二新卒】自己PRの書き方と例文|事務・営業・エンジニア | はたらくす

【第二新卒】自己PRの書き方と例文|事務・営業・エンジニア

第二新卒 自己PR 例文 第二新卒

第二新卒として転職活動をする時、履歴書や面接の「自己PR」はどんなところに気を付ければいいのでしょうか?

自己PRの書き方は、新卒時代に書いたものと似たものだと思っていませんか?

新卒の場合は自己PRする内容は当然学生時代のみで、PRの流れがある程度決まっていました。

しかし、第二新卒では前職をやめた経緯や転職理由などが含まれるため、自己PRのポイントも異なってきます。

代表的な職種として、事務・営業・エンジニアの自己RPの例文とポイントを解説します。


1. 第二新卒の自己PRの書き方ポイント

新卒の就活では、自己PRといえば「学生時代のこと」である、勉強やクラブ活動、アルバイト、趣味や交流活動が中心でした。

しかし、第二新卒は一度就職をしているため、書くべきことは新卒時とは異なります。

⑴価値観や働く意識を自己PRで強調する

念頭に置かなければならないのは、第二新卒はすでに学校を卒業し企業に就職経験のある「社会人」であるということです。

企業に身を置いてた経験があるので、学生時代とは働く価値観や意識が違うというところを見せなければなりません。

たとえば、

    「何事にもくじけない強い意志が備わっている」
    「周囲との協調や連携の重要性を習得している」

などです。

これらは、学生時代の自己PRでもあったかもしれませんが、「社会人としての」という前提を付けることで、学生時代のPRとは重みが全く違ってきます。

⑵前職を辞めた理由を自己PRに変える

第二新卒ならではの自己PRポイントは、前職を辞めた理由に関することです。

これは学生時代の自己PRには絶対にない方法です。

自己PRに置き換える場合は、「前職時代に学んだことを活かすために転職を考えた」という言い方です。

前職を辞めた理由はさまざまですが、決して前職が失敗だったと言ってはいけません。

「働く目的や自身の夢を再認識した経験が自慢だ」「再チャレンジの精神が誰より強くて頑張れる」というように、うまく自己PRに変えることが大切です。

⑶学生時代を自己PRするポイント

前段の2点を書いた上で、「学生時代に一番頑張ったこと」で、自己PRを補強していくことは有効です。

第二新卒なのに、いきなり学生時代のことを書くと違和感があります。

しかし、社会人経験から得たものの上に学生時代の強みや性格的な特徴を書くことは、ここ数年間の人間的な成長を示す自己PRとして十分意味があります。

スポンサードリンク

2. 自己PRの書き方の例文

以上を踏まえた上で、代表的な職種に分けて具体的な自己PRの例文と、そのポイントを紹介しましょう。

⑴事務職を志望する人の自己PRと例文

第二新卒として事務職を志望する場合の自己PRは、社会人経験があるが故の「事務適性」があることが中心になります。

事務適性を具体的に書くと次のようになります。

    前職でも常にそうでしたが、私の仕事の特徴は、上司の方針や仕事の状況を知った上で指示通りの結果を出せることです。
    一旦まとめあげた仕事でも、報告する前にどこか細部に矛盾点がないかどうか、関連事項との関連で何か足らない部分はないかなど、常に再チェックをするというのが私の仕事の進め方です。

    また、仕事には、必ず報告の納期や提出方法、業務にあたっての予算など、制限項目がつきものです。私は、これらを常に念頭におき、また上司からいちいち細部に亘る指示を待つことなく仕事をしてきました。
    残念ですが、前職では、ただデータを打ち込めばいいというような人材しか求められていませんでした。私は事務を通じて、企業の業績や成果に貢献できることを目的に転職を決意しました。

    以下に、私の前職時代に担当した業務名、具体的に作成した報告書類を紹介します。また、パソコンの使用実績、使用レベル、使えるソフトは次の通りです。

書き方のポイント

事務職の基本は、誰かの指示のもとに確実に仕事をこなし底支えをすることです。

自己PRではこういった事務適性があることをまず書きます。

その上で、前職でこなしてきた書類や報告書、担当業務の詳細を列挙してPRするようにします。

最後に、「パソコンの操作レベル」「取得資格の紹介」で締めくくるようにします。

事務職の自己PRといえば、パソコンの操作レベルの記入だけで終わってしまいがちですが、これだと入力専門の作業職と同じです。

第二新卒では、冒頭の「事務適性」を自己PRしてはじめて正社員転職としてのPRとなります。

⑵営業職を志望する人の自己PRと例文

営業職の最大の特徴は、どんな営業であっても対顧客の仕事であることと、目標数字があるという2点です。

この2点が嫌だとか好きになれないと、そもそも営業には不向きとなります。

    私は、とにかく人への興味や好奇心が非常に旺盛です。向き合っている人がどんなニーズの持ち主なのか、どんなタイプの人なのかを会話の中から聞き出すのが好きです。

    話すより相手の気持ちを伺うことが先という考えです。顧客にひとつでもニーズのヒントを語ってもらえれば、セールスは自ずと後から付いてくると考えます。これは前職で学んだ営業の心得です。

    そして私は、ひと言でいえば負けず嫌いです。ライバル社には負けたくない、同期入社の同僚にも負けたくない、これが私の行動の基本です。この負けず嫌いな精神は大学時代の運動部で叩き込まれました。

    以下に、私の前職での営業職での実績を書きましたのでご覧ください。

書き方のポイント

このように、「営業職が好き」「顧客との対面が好き」をはっきりと書きます。

具体的には接客や顧客への興味が、自分にとってどのようなものであるかをしっかり書くようにします。

もう一点は、営業目標や数字目標への執着心です。

目標達成することに喜びを感じる性格であるとか、負けず嫌いな性格であることのPRです。

営業として与えられた目標の大きい小さいはありますが、目標として引き受けた以上は達成してこそ営業の仕事だとPRします。

⑶エンジニア職を志望する人の自己PRと例文

第二新卒でエンジニア職を志望する場合、志望者の経験の浅さは、企業は織り込み済と思って下さい。

その上で企業が求めるものは、どの業界の出身者で、どの程度業界や業務について知っているかです。

企業が採用にあたり見極めたいのは、エンジニアとして育成する時、前職の業界のことをある程度知っていて育成しがいがあるかどうかを見極めようとします。

    私が前職で勤務していた業界は、新卒時代に企業研究を徹底して行った業界です。職種は営業でしたが、営業から見た業界や業務の特徴はある程度精通しており、多岐にわたる貴社の取引先での中で、〇〇業界についてはいろいろと情報を持っています。
    特に私の営業時代の強みは、提案型の営業でした。エンジニアとしてのスキルはないに等しいですが、ご指導をいただく中で、先方ニーズを汲み取っての提案で貢献できるのではないかと考えます。

    ちなみに、学生時代は文系ですが、好きな学科として情報工学を専攻しておりました。他者から思考がシステマチックとよく言われます。また、プライベートでも趣味でwebデザインをするなど、パソコン操作は人並み以上のレベルと自負しております。

書き方のポイント

ほぼ未経験の場合は、未経験ながらエンジニアを志望する動機として、どこかに「好き」「向いている」という部分が必ずあるはずなので、その点を強調するようにします。

前職での経験が浅かったり、未経験だったりする場合は、以下のようなポイントを意識しましょう。

  • 前職経験で強みと思える業界・業務・職種からのPR
  • 自らの性格や思考方法のタイプからのPR
  • 他者からの向いているという評価のある点のPR
  • 趣味や特技からIT系の基礎知識があるというPR

もし、多少でもエンジニア職、あるいはIT関連職種の経験があれば、これらのポイントをさらに膨らませるようにします。

第二新卒の自己PRは重要事項

第二新卒の自己PRの具体的な書き方について、代表的な3つの職種に分けて解説をしました。

第二新卒の就活で自己PRを書く書類は、履歴書と職務経歴書です。

特に、職務経歴書では新たに自己PRを項目立てした上で、スペースをたっぷりと取って書きましょう。

第二新卒の転職では、自己PRは志望動機と並んで採否を左右する重要項目です。

そして、書類に書いたことがベースとなって面接では必ず深堀されます。

自己PRをまとめる際は、「それはなぜか?」「どうしてそう考えたのか?」など、自問自答しながら書いていくことをおススメします。

 
転職のことはよくわからないので相談してみたいという人は、
>>>第二新卒・20代専門の転職なら マイナビジョブ20’s

 
さらに、第二新卒、既卒などの若者の正社員就職支援に特化した
DYM就職(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)」
リクルート運営の【就職Shop】(東京、横浜、千葉、埼玉、大阪、神戸、京都)」、
ジェイック(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、宮城、福岡など)」、
第二新卒AGENTneo(首都圏、京阪神)」、
ハタラクティブ(東京、神奈川、埼玉、千葉)」
といった就職・転職サービスを利用するのもひとつの方法です。
 

あなたが上手に自分をアピールして、第二新卒採用されますように。