50代男性の転職を成功させる秘訣

50代男性 転職成功の秘訣

50代男性の転職を成功させる秘訣

スポンサードリンク

世の中は人手不足が深刻と言われています。

特に経験豊富な40代の専門家が不足しています。

これは就職氷河期の影響であり、特に起業間もない会社では採用に苦労しています。

とはいえ、すべての年代が人手不足であるわけではありません。

50代のサラリーマンの取り巻く環境は、いままでと変わらず厳しいと言われています。

中高年を対象にしたリストラを行う企業はまだまだあり、いつ自分がリストラ対象になるかわかりません。

おとなしくリストラを待つくらいなら、自分の経験や可能性を存分に生かせる職場を探すのもひとつの方法です。

ここでは、まだまだ家族のために働かなければならない50代の男性が転職に踏み出せるよう、自分の可能性の見つけ方について紹介します。


スポンサーリンク

1. 50歳を取り巻く状況

50代男性の転職は厳しい?

いまの50代男性といえば、定年はまだまだ先のことで家族のためにも働かなければならないものの、最前線で働いていた頃のようなバイタリティーは少なくなっているかもしれません。

会社の新しい仕組みについていけないお荷物扱いの50代男性は、いつリストラの対象にされるかわかりません。

しかも自分の得意分野と信じていたやりかたは時代遅れになっており、いまの会社でしか評価されない経歴でしかありません。

50代男性がそのような状態で転職先を探し、履歴書を送っても、年齢を理由に書類選考で落とされてしまいます。

特別なスキルを持っていない限り、基本的には50代男性の転職は厳しいといえます。

50代男性でも転職は可能

50代男性の転職は厳しいと言われていますが、転職の環境は年々変化しています。

数年前は、ハローワークで大勢の人が仕事を探していましたが、最近は多くの企業が新規採用に苦労している状況です。

そしていまは、サラリーマンの50才男性にとっても転職のチャンスです。

上の世代にあたる団塊の世代が定年退職で会社を辞めて、たくさんいた経験者が会社から一斉にいなくなりました。

また、それを埋めるはずの働き盛りに当たる40代男性のサラリーマンは、就職氷河期の影響で経験者不足が問題になっています。

そのため、多くの企業が経験豊富な人材を求めています。

例えば、AIを活用したIT活用がトレンドですが、業務に精通した専門家が推進役にいないと実際の仕事では使いこなせません。

しかし、経験者は定年で辞めてしまい、ITに詳しい若い社員は業務そのものの理解が不足しています。

そのため、うまく使いこなせない企業がたくさんあります。

これからは人生100年の時代と言われており、50才といっても人生はまだまだ続きます。

これまでの経験や知識を活かせば、たとえ50代といえども転職は可能です。

スポンサードリンク

2. 50才のアピールポイント

50代の男性が企業の募集要項を見て応募しても、同じ募集要項を見て若い人が応募していれば、その人と比較され大抵は書類選考で落とされてしまいます。

多くの企業が、長く働いてくれる伸び盛りの若い人を探しているからです。

では、どうすればいいでしょうか。

企業に勤めている50才台の男性は、会社員として多くの経験を積んでいます。

最新のトレンドの情報では若い人にかなわないかもしれません。

しかし、人と円満な交渉できるヒューマンスキルやクレームに対する対応など、若い人が苦手とすることを経験しているはずです。

その経験やこれまでの長い会社員生活で築いてきた人脈を、転職に活かしましょう。

50才台で転職する際、縁故に頼ったケースがかなりの割合になります。

さらに、新しい職場でもそれまでの人脈があなたを助けてくれます。

自分のアピール点の見つけ方

長年勤めたとはいえ、自分にはこれといった経歴が無いと感じているかもしれません。

しかし、社会人経験豊富な人はそのようなことはありません。

たくさんの貴重な経験や知識があるはずですが、自分一人ではなかなか気が付きません。

そんな時はぜひ、転職サービス会社のカウンセリングを利用してみてください。

経験豊富なカウンセラーが、あなたが気付いていない経歴を引き出してくれるでしょう。

人柄がいちばんのアピールポイント

そして、最後の決め手はなんといっても人柄です。

転職する場合、世代ごとにアピールすべきポイントが変わります。

20代なら可能性、30代40代では専門性が重視されますが、50代で重視されるのは人柄です。

そのため50代男性の転職は、「この人とならいっしょに働いてもいい」と思わせられるかが決めてです。

起業間もない会社では、経験があり若い人ともいっしょにやれて、社外の人とも交渉できる40代、50代の方を求めています。

自分では気が付かない経験や人柄が、それにマッチングするかもしれません。

ぜひ、転職サービス会社のカウンセリングで本当の自分を見出してください。

面接での売り込み方

書類選考で落とされることの多い50代男性の就活で面接まで行ければ、その企業はあなたに関心を持っています。

期待を裏切らない面接を心がけましょう。

採用面接は一度きりの真剣勝負ですので、十分に準備して面接に臨んでください。

採用を考えてくれる会社は、あなたが転職することでどのようなメリットがあるかを知りたいと思っています。

応募した会社で自分に何ができるかについて、複数の答えを考えて臨んでください。

また、経験を積んだ社会人らしい自己PRを期待しています。

転職先の会社が募集している職種をよく調べて、自分の経験がその募集している人材に合っていることをアピールしてください。

自分の長い会社員としての経験の中から、その職種に近い経験を語ればいいのです。

50代で転職。面接で避けたい表現

もし、50代まで1つの会社で過ごしていたとしたら、履歴書の書き方や就職面接の心得など、転職に最低限必要なことを知らないで過ごしています。

この状態では、転職に失敗するのは当然です。

採用担当者の目に止まりやすい履歴書の書き方や、この人といっしょに仕事したいと思わせる面接での受け答えなどを、事前に調べてください。

特に50代男性が転職する際に避けたい表現といえば、いまと同じ仕事をやりたい、といったことです。

転職していまと同じ仕事ができることは、絶対にありません。

逆に、「採用してくれたら何でもやります」という態度もよくありません。

20代前半の若い方なら、その熱意で採用されることもあるでしょうが、50代男性では役に立たない人と見られてしまいます。

若い人に比べれば、物覚えも悪く、体力も無くなっています。

若い人が書くような表現は、履歴書でも面接でも絶対に避けてください。

過去の経験を活かせる仕事に応募する

多くの企業では、有能な即戦力になる方を求めています。

50代になってもビジネスの第一線で活躍されている方は大勢います。

とはいえ、50代の男性が転職を考えている場合、自分が即戦力であることをアピールするは控えた方はいいでしょう。

しかし、転職で即戦力となる人の求人に応募すると30代、40代の人と競合するのが普通です。

50代男性でしかもブランクがある場合は、即戦力とは見てもらえません。

例えば自分は得意だと思っていても客観的に評価されると、考慮されないこともあります。

そのため、自分の実力を客観的に見て判断しなければなりません。

50代の男性ともなれば、人をまとめてきた経験や苦労してプロジェクトを完遂させた経験があるのではないでしょうか。

メジャーな仕事は若い人に任せて、ニッチながら50代男性にしかできない仕事があります。

ぜひ、そういったどの職場でも有効なニッチな仕事のスキルに目を向けて転職先を探してください。

50代男性の転職は経験の把握が成功のカギ

50代男性の転職は、人手不足の状況の現代でも簡単ではありません。

とはいえ、転職を考えているくらいの会社にしがみついていても、状況は悪くなるばかりです。

自分の可能性を探して、よりよい環境へ転職を検討してみてはいかがでしょうか。

そのためには、自分にできることや、どんな経験をやったかを冷静に振り返ってみなければなりません。

現職ではできて当然と思っていたスキルが、他の会社ではできる人がいない貴重なスキルだったりします。

自分ではスキルが見つからないと悩んでいるのであれば、ぜひ転職サービス会社を利用してみましょう。

転職サービス会社は、50代や40代の経験者の求人案件も持っています。

そういった求人を紹介してもらえば、以外に短期間に転職できるケースもあります。

50代男性の転職は利用できるものは何でも利用する、という気持ちで臨むことが大切です。

いまの会社を続けるか悩んでいるなら、
50歳を過ぎても会社に必要とされる人10の特徴

在職、転職の他にも、早期退職という方法もあります。
50歳で早期退職したらどうなる? 生活破綻しないための確認事項!

あなたがよりよい環境で仕事に励めますように。

2019/09/05

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています