難しいと言われる中高年の転職|転職成功のコツ

中高年の転職 成功のコツ

難しいと言われる中高年の転職|転職成功のコツ

スポンサードリンク

こんな時代にもかかわらず、リストラなどで転職を迫られている中高年の方はたくさんいます。

中高年の転職は難しく、うまくいかずに多くの人が苦労していることでしょう。

これは、人手不足であるいまの時代でも変わりません。

人出不足の時代だけに、ハローワークや転職サイトなどには多くの求人が寄せられています。

しかし、中高年の方が申し込んでも、断られるケースがほとんどです。

これは、こういった求人の多くが若い人に向けた募集で、中高年には違う転職方法が求められます。

しかし、正しい中高年の転職方法を知っている人は、決して多くはありません。

そこで今回は、そのような中高年の方に転職を成功させるコツについてご紹介します。


スポンサーリンク

1. 中高年の転職の現実

ここ数年、バブル期を上回る人手不足が続いており、多くの企業で社員の採用に苦労しています。

特に、大学生を中心として新卒者の求人は、過去最高を記録するほど好調です。

しかし、その一方で、不採算事業を売却したり廃止したりするといったリストラが行われており、将来に不安を抱えている中高年が多いのが現実です。

いまは、このように人手不足とリストラが同居している奇妙な時代です。

とはいえ、多くの若い人が就職できる反面、リストラで中高年の多くが退職しています。

しかも、そうやって退職した方が、すぐに人手不足の業界に転職できるとは限りません。

中高年にとっての転職は、相変わらず厳しい状況です。

中高年の転職が厳しい理由

中高年の転職がうまくいかない理由は幾つかありますが、その一つが給料です。

新卒で就職後にずっと同じ会社に勤めていた男性なら、40才にもなると管理職を経験しており、年功序列によって給料もそれなりの額をもらっています。

そのため、いざ転職しようとすると、いまと同じ仕事で同じ額の給料がもらえる転職先はほとんどありません。

また、中高年になると新しい環境への適用が難しくなります。

さらに、上司が年下だったり、仕事のやり方がこれまでの会社と全く違ったりということも珍しくありません。

採用を考えている企業は、トラブルを避けるために中高年の採用を控えるのが一般的です。

若い人ならすぐに転職できるいまの時代でも、中高年の転職を取り巻く環境の厳しさは変わっていません。

もし、中高年のあなたが転職を考えているのなら、厳しいことを理解したうえで、転職に取り組んでいかなければなりません。

スポンサードリンク

2. 中高年でも未経験の仕事に転職可能

先ほども紹介したように、中高年の転職を取り巻く環境の厳しさは変わっていません。

とはいえ中高年の人でも、転職を成功させている人は多くいます。

では、どうすれば転職がうまくいくのでしょうか。

中高年が未経験の分野に転職する際の考え方についてお伝えします。

⑴男性中高年に向いた転職先とは

中高年の方が転職で正社員を目指す際に気をつけたいことは、若い人と応募が被る職種をできるだけ避けることです。

例えば、以前身に付けた技術に自信があるので専門職の求人に応募しようと考えているのなら、ぜひ考え直してください。

そういった求人には、最新の技術を身に付けた若い人も応募しています。

そして、そういった若い人と比較されると、中高年の方が採用されることはありません。

中高年の方が正社員を目指すなら、長年の会社員生活で身に付けたヒューマンスキルを活かせる仕事です。

なお、ヒューマンスキルとは、仕事に携わる人との関係を円滑にするスキルのことであり、どの会社でも活用できます。

そして、職場の雰囲気を改善し、生産性を向上できるマネージャーは、多くの企業に需要があります。

そのため、会社員としての経験を積んでいる中高年の方は、ぜひ、そういった企業の正社員を目指してください。

⑵女性中高年に向いた転職先とは

人手不足に悩む多くの企業が、子育ての終わった中高年の女性の採用を検討していることをご存知でしょうか。

以前は中高年の女性の仕事と言えば、パートやアルバイトが多かったのですが、いまでは中高年の女性をターゲットにした正社員の求人も増えています。

これは、中高年の女性は、人当たりがよく話題が多いことから営業職に向いています。

また、出産や子育てなど多くのライフイベントを経験されている中高年の女性は、保険や育児、医療など多くの分野で活躍できる点も見逃せません。

そして、消費者目線で仕事を改善できる点もメリットの1つで、転職した会社で店長を勤めている方も大勢します。

ぜひ、転職で新しい分野の仕事にチャレンジしてみてください。

⑶中高年の転職は資格で有利に

若い人の場合、資格はその人が持っているスキルを証明するものなので、採用を考えている企業にとっては大きな目安です。

転職を希望している業界に合った資格を持っていることは大きなメリットです。

なかには「資格を持っていないと仕事そのものができない」という仕事もたくさんあります。

例えば、運送業のドライバーに転職する場合は、大型トラックやフォークリフトの免許が必要です。

そういった仕事に転職する場合は、転職前に資格を取得している必要があります。

しかし、中高年の場合は、その資格が無いと就けない仕事以外では、持っている資格はそれほど考慮されません。

むしろ、経験やヒューマンスキル、そして人柄が重視されます。

そのため、転職先の会社の業界の資格を一つも持っていないとしても、特に問題ありません。

業界特有の知識や資格は、入社が決まってから勉強すれば良いだけです。

3. 中高年の転職の成功例

中高年の方が転職を決意したとしても、

面接官
面接官

「特別な資格もスキルも持っていない」

面接官
面接官

「最近は管理などの仕事ばかりでスキルが時代遅れになっている」

といった悩みを持っている方もいるでしょう。

筆者の知っている方も50歳の直前にリストラで転職することになり、この悩みに突き当たりました。

運よく面接させてもらっても、うまくいかなかったそうです。

ただし、うまくいかなった面接を振り返ってみると、面接した会社の課題に自分のスキルを合わせる工夫ができていなかったと感じたそうです。

そこで、前職で管理職をやっていたことから、管理職の募集に的を絞りました。

応募し面接に進んだら積極的にその会社の課題を引き出し、それを自分のスキルでどう解決できるかアピールすることを心がけたそうです。

そうやって、その方は転職を成功させました。

ただし、彼はこれを一人でやりとげた訳ではなく、転職コンサルタントなどに相談して転職先や自分のスキルのアピールの仕方などを工夫したそうです。

もちろん、誰もがこうすれば転職に成功する、といった方法はありません。

しかし、中高年の転職では、「自分が期待されているのは何か」に気が付けるかが重要です。

転職を考えている方は、ぜひ、考えてみてください。


4. 中高年に心がけてほしい転職面接のコツ

中高年の転職は、数社に履歴書を送ったくらいでは決まりません。

中には、100社近くの会社に履歴書を送ってやっと転職先が決まった方もいます。

もし、面接してもいい、と言ってくれる会社があれば、十分に準備して悔いの残らない面接を心がけてください。

そして、転職面接を成功させるにはコツがあるので、そのコツを実践するのがおすすめです。

⑴前向きの志望動機

中高年に限らず面接で失敗する人の特徴は、後ろ向きな理由で転職と向き合っている方です。

前の会社を辞めた理由がどうであれ、転職先の会社には前向きな志望動機で臨んでいることをアピールしてください。

なお、面接で前の会社を後ろ向きな理由で辞めたとしても、それを正直に言う必要はありません。

むしろ、採用したとしても同じ理由ですぐに辞めてしまうのでは、と思われてしまいます。

面接では、そういった話を避けるようにしましょう。

また、志望動機は自分の持っているスキルを、転職先の会社の業務にどのように役に立つかがポイントです。

そして、これが具体的であれば、より採用担当者の興味を引きます。

そのため、自分の持っているスキルを整理し、転職先の会社のことを詳しく知らければなりません。

特に中高年の方は、どのような会社でも役に立つヒューマンスキルを身に付けているのではないでしょうか。

そのような自分の持つヒューマンスキルを、転職先の会社を選んだ志望動機に結び付けてアピールすることが、面接を成功に導くコツです。

⑵自己PRを忘れずに

面接は、転職先の採用担当者に直接自分を売り込む最大のチャンスです。

もちろん、履歴書や職務経歴書に自分の経歴や特技などを書いて提出していますが、中高年のメリットである人柄や個性は伝わりません。

転職面接で直接会うことで、伝わることがたくさんあります。

面接中に特に気を配ってほしいことが、自己PRです。

印象に残る自己PRとは、採用担当者にとっても解り易い、具体的な事例を使ったアピールです。

そして、抽象的なことを幾つも並べるよりも、どのような会社でもあることを、苦労して達成したり改善した経験を自己PRに盛り込んだりすることがコツです。

とはいえ、緊張する面接の本番で慣れない自己PRを行うのは、誰にとっても大変なことです。

そのため、事前に自己PR文を作成し、それを覚えておき話をすることをおすすめします。

自分の良い点を考えることで、転職に前向きに取り組める効果もあるので、ぜひ自己PR文を作成してください。


6. 中高年におすすめの転職サイトのランキング

転職先を探す場合、多くの求人情報が集まっている、インターネットの転職サイトを利用することが一般的です。

しかし、転職サイトに掲示されている求人の多くは、若い人をターゲットにしています。

このため、中高年の方が職業や条件だけを見て応募しても、同じように応募した若い人と比べられてしまい、書類検査で落とされるのが一般的です。

また、キャリアや経験を積んだ中高年の方が、若い人向けの求人に応募すると、給料や待遇が大幅にダウンしてしまいます。

もちろん、大手の転職サイトには中高年向けの求人もあるので、そういったサイトをこまめに探すことを諦めてはいけません。

しかし、中高年向きの転職サイトがあるので、こういったサイトを積極的に活用することをおすすめします。

そこで、次からは、中高年におすすめの転職サイトを紹介します。

第3位:ビズリーチ

ビズリーチは、公式サイトで「年収600万円以上の方に支持されるサービス」と謳っているように、高年収の求人案件で有名な転職サイトです。

また、ビズリーチの特徴は、提携しているヘッドハンターからオファーがもらえる点で、ヘッドハンターが評価する経歴を持っている中高年の方なら、よりチャンスが広がります。

このように、管理職を経験している中高年の方が、前職の待遇を落とさずに転職したいなら、ぜひ利用してほしい転職サイトです。

第2位:キャリアカーバー

キャリアカーバーは、転職サイトの最大手であるリクナビNEXTを運営会社リクルートキャリアが手掛けている、ハイキャリアクラス向けの転職サイトです。

リクナビNEXTのような一般向けの転職サイトでは非公開の求人案件が見つかる反面、前職の年収が600万円以上など、求人に見合う経歴が求められます。

そして、ビズリーチと同じくヘッドハンターからオファーがもらえる点が特徴で、好待遇の求人を探している中高年の方におすすめの転職サイトです。

第1位:日経キャリアNET

日経キャリアNETは、日本経済新聞に掲載される求人広告と連動し、質の高い求人情報を提供している転職サイトです。

他の大手の転職サイトと違い、日本経済新聞のブランドがあるので、掲載される企業はいずれもしっかりしたところが多いのが特徴です。

また、未経験者の募集は少なく、経験者の求人が多い傾向があります。そのため、経験豊かな中高年が転職先を探すのにおすすめの転職サイトです。

中高年の転職で充実した生活を

これまで紹介したように、中高年の転職は難しいものの、新しい働き甲斐のある職場に転職することは可能です。

そして、転職に成功して充実した生活を送っている方がたくさんおられます。

もし迷っているのでしたら、ぜひ、転職コンサルタントに相談されることをおすすめします。中高年でも転職して新しい幸せを掴みましょう。

50代で転職を余儀なくされたら…、
50歳からの転職を成功させる秘訣!もし50代で転職を余儀なくされたら…

中高年で初めての転職活動は、
40代~50代で初めて転職する人向け転職活動の注意事項!

難しいと言われる転職を乗り越えて、充実した仕事につけますように。

2019/09/05

スポンサーリンク
★スキルと経験を活かしてより高い報酬とやりがいのある仕事に就きたい専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…
エグゼクティブ
年収1000万円を目指す人のための転職サービス
この記事も一緒に読まれています