女性の転職|20代は微妙な年齢の差で転職状況が異なる!

女性の転職 20代の転職状況

女性の転職|20代は微妙な年齢の差で転職状況が異なる!

スポンサードリンク

誰もが社会人になって数年が経つと、仕事についての不満や悩みを持つようになります。

給与、待遇面、人間関係、将来の結婚や出産などの理由から、転職を考えることもあるかもしれません。

20代で考え始めることが多い転職ですが、実は「第二新卒」「20代半ば」「20代後半」では転職状況が異なります。

まずは同じ20代でも女性の転職状況がどう変わっていくのか見ていきましょう。


スポンサーリンク

20代の転職状況

第二新卒の転職

第二新卒の場合、企業からすると「また早く辞めてしまうのではないか」という点がネックとなり、選考が厳しくなりやすい傾向にあります。

そのため十分に業界や企業研究を行い、真剣な気持ちと熱意、長期で働きたい旨をアピールすることが大切です。

一方で年齢や経験値はほぼ新卒と同じ扱いになるため、初めての業界、職種でも転職しやすいとも言われています。

ご自身の気持ちを素直に伝えることが自己PRに繋がるでしょう。

20代半ばの転職

新卒から勤めて3年程度が経つ20代半ばは、転職しやすい年代です。

ある程度前職の業界や会社での経験を積んだことで、転職でも有利に働きます。

未経験で初めての業界、職種にチャレンジすることも、経験者として同業界、同職種に行くことも可能な年齢と言えるでしょう。

しかしながら、誤った転職をしやすいのもこの年代です。

残業が多い、収入を増やしたいなどの転職動機も大切ですが、将来キャリアアップがしたいのか、落ち着いて働きたいのかなど、希望する会社が叶えたいライフスタイルに合っているかどうか考えて転職活動をしましょう。

20代後半の転職

20代後半の転職は、同業界や同職種への転職であればキャリアアップやステージアップ、未経験の業界、職種へのチャレンジは最後の挑戦になってきます。

30代の転職では、経験を活かしたキャリアアップ、ステージアップがメインとなりますので、初めての業界、職種へ転職したい方は、しっかり業界、職種、企業の研究をして面接に臨みましょう。

同業界、同職種への転職は、昇格、収入アップのチャンスですので、希望のポジションや収入をもらえるまで粘り強く交渉をする必要があります。

スポンサードリンク

20代の転職|アピールポイント

第二新卒のアピールポイントは、熱意

第二新卒の場合は経験が浅いため、企業はポテンシャルがあるかどうかで判断します。

まずは企業が求める人材を求人サイトやHPでしっかりリサーチしておき、これからどんなことにチャレンジしたいのか、思いっきり熱意を伝えましょう。

その際に、なぜ1社目が早期退職になったのかを企業に説明し、ご自身の短所や至らなかった点に対しても反省していることを伝えると、より好印象でしょう。

20代半ばのアピールポイントは、ポジティブさ

企業に3年程度働いた経験のある20代半ばの方は、いまの会社でできる仕事の限界を感じることがあるはずです。

そこでいまの職種では叶えられないけれど、この職種なら叶えられることを前向きに伝えることが大切です。

前職ではここが不満で嫌だった、というようなネガティブな発言は要注意です。

企業に良い印象を持ってもらえるように、ポジティブに話しましょう。

20代後半のアピールポイントは、応用力

20代後半の転職は、社会人として6、7年程度働いた経験があるため、企業はそれなりの経験や知識、リーダーシップ、コミュニケーション力を求めてきます。

経験のある職種への転職であれば、自分がいままで築いてきた経験をエピソードや具体的な数字などを盛り込んで話をします。

未経験の職種への転職でも、次の職種に活かせる経験を伝え自己PRしましょう。

企業に対して自分がどんなメリット、利益を与えることができるかを伝えると、現場の責任者だけでなく代表や役員にも響く自己PRになります。

20代女性が有利になるおすすめ資格

転職したい!と思っても、実際の転職を考えると採用してもらえる会社があるのか不安なものです。

そこで取得しやすく、持っていたらどの業界、職種でも自己アピールになり、業務後も活かされるおすすめの資格を紹介します。

取りやすくて実践に活かせる!マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

今の時代、どこの企業でも持っていて損がないのがパソコンのスキルです。

マイクロソフトオフィススペシャリストは、WordやExcel、パワーポイントなどの技術を証明する資格で、パソコン入力ができれば数か月の独学、通信講座などで取得することができます。

取得していればアピールになるだけでなく、資料をまとめる際やプレゼンのときにすぐに活かせるでしょう。

社会人としての基礎的なスキルになりますので、第二新卒の方はぜひ取得して欲しい資格です。

また、20代半ばまでに取得しておくと、より転職や仕事に役立つでしょう。

会社の数字に詳しくなる!日商簿記3級

会社の決算や収支など、どの会社に入社しても必ず目にする数字があります。

そこで役に立つのが、日商簿記3級です。

日商簿記3級を取得していると、会社の営業利益やキャッシュフロー、PL、損益分岐点などが理解できるだけでなく、営業でも有利な取引先の見積書が読めるようになります。

一通りの会社の数字に強くなりたいのであれば、日商簿記3級を取得しておくと業務に活用できます。

20代半ばになると次の転職先でも、会社を担う次世代として育てられる傾向にありますので、取得しておけば会社の数字に関して困ることは少なくなるでしょう。

経営全般からセキュリティまで学べる!ITパスポート

ITパスポートとは、パソコンの基礎スキルだけでなく、ITはもちろん経営全般やセキュリティに関する知識がバランスよく取得できる資格です。

表計算などのスキルを学べるだけでなく、より踏み込んだ経営戦略、財務、経理、法務に関する基礎知識が身に付くのが特徴です。

さらに使う側のITモラル、セキュリティの重要性なども学ぶことができます。

SNSなどの普及により、どの企業も情報のセキュリティについて敏感になっており、知識を持った方を必要としていますので、社会人であれば持っておきたい資格の1つでしょう。

会社に関わる知識が幅広く学べるため、転職先のリーダーとして任される20代後半までに取得しておくと、より活かせるでしょう。


焦らず準備して良い転職を

20代女性を3つの年代に分けて転職状況、アピールポイント、おすすめの資格をお伝えしてきました。

転職で一番大切なのは、どんな働き方ができたら自分はもっと幸せになれるのか、ということです。

焦って転職をしてしまうと、大切なことを見落としてしまったり、思わぬ不満に繋がったりしやすくなります。

まずは時間を掛けてご自身の希望の働き方を明確にし、業界研究や企業研究をしてみましょう。

20代後半の転職をポジティブにする方法は、
20代後半 院卒の就職・転職計画 ネガティブ要素をポジティブに変える方法!

第二新卒の転職成功のポイントについては、
【第二新卒】転職成功のポイント|成功と失敗との分かれ目とは

20代の転職状況を理解して、より良いタイミングで転職できますように。

2019/09/10

スポンサーリンク
20代で☆フリーター働いたことがない入社すぐ会社を辞めた…という人は、
正社員で就職!
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!
この記事も一緒に読まれています