1. TOP
  2. 転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職診断

あなたは自分の転職力がどのくらいあるのかわかりますか?

いま勤めている会社の外に出たら自分の値打ちがどの程度なのか

求人市場での相場感、自分のビジネス力、すなわち、転職力】が、

ドラゴンボールのスカウターや、
ゲームでの攻撃力や生命力を表すHPのように、はっきり数値でわかるとしたら・・・

ムダな戦いを避けることが出来るのはもちろん、自分を安く売ってしまうような間違いを避けることができますよね。

・やらされてる仕事が自分に合ってない…。

・いまの会社から、さっさと逃げ出したい

・もっと給料が高くて楽しい会社で働きたい!

・自分の能力なら年収はもっと高い筈?

・・・そんなあなたが25歳~35歳までなら、年収査定診断のついた転職力診断テストを受けてみましょう。

>>無料!転職力診断テスト@type

 

転職しようと思ったら、まず「転職力診断テスト」

自分の転職力を知ることは、特に次のように人に役立ちます。

・これから転職活動を本格的に始めようと思っている

・何から転職活動を始めていいか分からない…

・自己分析に自信がない……

・まずは自分自身の市場価値が、どれくらいあるのか知りたい

・いまの給料・年収が適性かどうか知りたい

 
・・・など、すぐに転職、仕事を探している人だけでなく、多くのビジネスマンが抱えている悩みの解決を助けるツールとしても使えます。

このテストでは、転職成功に必要なスキルを診断し、現在の「転職力」を知る事ができます。

具体的には、「転職力の総合点数」「予想内定獲得数」「予想年収」を判定する事ができます。

テストは、約50問ほどの簡単な質問に回答していくだけ。

選択式の問題なので、約5~10分ほどですぐに診断結果がでます。

転職サイトに登録する際にありがちな、職歴や転職理由や自己PRを最初に入力するという煩わしさもないので、気楽にゲーム感覚で行う事ができます。

ゲーム感覚といってもテスト内容は本格的。これまで@typeに登録した約13万人分の過去データから分析したデータをもとにした、キャリアアドバイザー監修による診断テストです。

特に25~35歳前後で自分のキャリアを見直したいという人にはオススメしたい内容になっています。

しかもこの転職力診断テストは、無料で受ける事ができます!

 

こういったテストは、有料で提供されるケースもありますので、これを使わない手はありません。

「転職力診断テスト」を受ける5つのメリット

転職力診断テスト 2

1)自己分析として活用できる

テストの評価項目は、

●自己分析力
●将来ビジョン策定能力
●タイミング把握能力
●企業分析力
●交渉・説得力
●ビジネス基礎能力

…の6つ。

それぞれの項目に対して、自分の特徴や傾向を把握する事ができるので、自己分析に役立てる事ができます。

2)転職活動における課題が見える

テストでは、「転職力」の総合順位や「予想内定数」「予想年収」が診断されます。

さらに、自分の強みや弱点も把握する事ができます。

転職活動をするにあたって、克服すべき課題も自然と見えてきますので、転職活動がスムーズに進められる可能性も高まります。

「転職活動をしているけど、思うように進まない」と悩んでいる方は、転職する上で何が足りないのかを把握する事で問題が解決するかもしれません。

3)自己PRに活用できる

正しい自己分析ができれば、自己PRも自ずとよいものができるものです。

志望する会社ごとに、少しずつ自己PRする内容やエピソードは変わってくるかもしれませんが、

正しい自己分析がしっかりとできて自分の強みを把握していれば、企業ごとに自己PRを考えて悩んだりする事もありません。

自分の適正な報酬がわかっていればモチベーションも維持でき、転職活動も自信を持って行えますよ。

4)テスト結果に応じて、自分に合った求人も紹介してくれる

診断テストが終わると、その結果に応じたオススメの求人がたくさん表示されます。

細かい職歴や自己PRは後から自分のタイミングで入力すればよいので、ストレスなくサイトを活用できるのです。

自分で探していては、巡り合わなかったような優良企業やいい求人を見つけて、そのまますぐに転職活動が進んでいく可能性もあります。

5)25~35歳までの人にチューニング

よく「35歳を過ぎると転職は難しくなる」と言われます。

その年齢を過ぎると、専門性が高いか、マネジャーとして実績のある人材でなければ、転職はなかなか厳しいものがあり、求人数もガクっと減ってしまいます。

転職者、求人数ともにボリュームの多い、25~35歳であれば、しっかりとした診断が行えますが、その年齢以上以下の層では転職希望者、求人募集のデータがともに少なく、転職力診断テストが正確に行えないのがこの診断テストの残念なところです…。

しかし、あなたが転職適齢期である25~35歳までであれば大丈夫。ぜひ、転職力診断テストを受けてみましょう。

診断はこちらから、きちんと正確に入力を!
>>その場ですぐわかる転職力診断 @type

 

もし、自分の適正や市場価値がわかったら…

転職成功!

自分の仕事の適正や転職市場での価値がわかったら……

いまのもやもやした気分から抜けだして、
こんなあなたになれるかもしれません。

・マンネリ化してきた仕事を辞めることができる

・新しい職場で刺激的な仕事に取り組める

・ブラック企業での仕事をずっと続けなくてすむ

・職場の嫌な人間関係をリセットできる

・自分がもっといい会社に転職できるか、転職に向いているかがわかる

・転職したら年収が上がりそうか下がりそうかを知ることができる

・自分の値打ちがわかることで、求人条件をのむかどうかの判断基準ができる

 

あなたの転職力が、はっきり数値でわかったら、自分の実力に見合った転職先が見つかり失敗しない希望にそった転職が成功する可能性はぐっと高まります

なお、当然ですが、年齢、名前など、正しく登録フォームに入力しないと、正確な診断ができません

きちんと登録し、正しい診断であなたの転職力を把握しましょう

転職力診断テストはこちらから>>キャリア転職サイト@type

 

あなたの転職活動が成功しますように!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法


★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

★転職をちょっとでも考えたなら、最初にするべきことは…
転職サービスでもNo.1。リクルートの転職サイトにまず登録すべき理由

このままじゃ将来がヤバイ
・フリーター、・学校出たけど働いたことがない、・すぐ会社を辞めてしまった、
  …でも、正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす