転職に有利な資格ランキング5 社会人がいまから勉強してとれる資格

資格で転職を有利に!

社会人がいまからとれる転職に有利な資格ってあるのでしょうか?

どうせ取得するなら、以下のような資格がいいですよね。

  • ちょっと勉強しただけで簡単にとれる
  • どんな会社に行くにしろ、評価が高い
  • 実務にも役立つ

転職では基本的にその人が築いてきた実績や経験、知識が評価基準になります。

でも、「こんな仕事をやりたいんだけど、実務経験がない」そんなケースは結構多いです。

職務経歴書に書くべき実績や経験、達成した数字や関わってきた職務がこれといって無い。

これではいまより良い条件での転職はちょっとキビシイです。

そこで! そんな時に役に立つのが、履歴書に書ける「資格」です。

転職に役立つ資格はいろいろありますが、今回はその中でも特に企業の評価が高く取得の難易度はそこそこの資格を5つ、当サイト編集部調べのランキング形式で紹介します。

資格という武器を持って、より良い会社への転職を目指しましょう。


転職に有利な資格とは?

資格を持っていれば転職に役立ちますが、だからといってやみくもに取るのも考えもの。

転職に役立てようと思うなら、まず志望先に合った資格を選ぶのが重要です。

資格の勉強

極端なことを言えば建設設計に転職しようとした時に、調理師免許の資格を持っていても、ほとんどアピールにはなりません。

それどころか、将来は会社をやめて独立するつもりなのではと、マイナスイメージを持たれてしまうこともあります。

例えば、不動産に関する知識を持っているとアピールしたいならば、宅建の資格を持っていると伝えるだけで、相手にしっかりと伝わります。

簡単にいえば、資格とはわかりやすい知識の証明書なのです。

自分がどういう仕事をしたいのか? 

これからどうキャリアアップを目指すのか?

そのためにはどんな資格が役立つのか?

行きたい業界がはっきりしないのであれば、汎用性の高い資格からチャレンジするのも手です。

じっくりと考えて適切な資格を選び、効率的に勉強して取得するようにしましょう。

スポンサードリンク

5位:知的財産管理技能検定

知的財産とは人間のアイデアやブランドなど、形がないけれど非常に価値があるものを指します。

例えばゲームソフトやブランドなどの商標、車のデザインなどです。

これら知的財産に関するトラブルは増えており、その知識を必要としている企業が増えています。

制作や研究部門、法務部などはもちろんのこと、商標やブランドになると会社全体が取り組む問題になるため、その他の部署でも必ず役立つ資格なのです。

またクールジャパンに代表されるように、日本のコンテンツ産業の海外展開も盛んになってきており、大企業のみならず中小企業でも知的財産の重要度は高くなっています。

この流れは今後も続くため、今のうちに取っておいて損はない資格といえるでしょう。

知的財産管理技能検定3級

問い合わせ=知的財産教育協会
難易度=★★☆☆☆(やや優しい)※2級以上は実務経験または3級の合格または学校での単位などが必要

4位:ビジネス実務法務検定

法律関係の資格というと弁護士や弁理士のような難関資格をイメージしますが、ビジネスマンがこれらを取得するのは指南の技。

会社をやめ、本腰を入れて勉強する必要があります。

しかし近年のビジネスシーンでは、著作権や個人情報保護など、法律知識がより重要視されるようになってきました。

そこでいわゆる専門資格とは異なる、実務的な法知識やコンプライアンス能力が身につく、ビジネス実務法務検定が人気となっています。

企業側もブラック企業が話題になったこともあり、コンプライアンスの問題に敏感になっています。

法務の知識は会社の法務部門に限らずいろいろな部署で、そして実務の現場で役立つため転職では高評価につながります。

また社内でのキャリアアップにも役立ちます。

この検定試験を社内資格化したり、人事異動の際の能力評価対象にする企業も増えています。

法律はあらゆる業種の区別なく適用されるものです。その点でも、この資格はオールマイティな資格といえるでしょう。

ビジネス実務法務検定2級

問い合わせ=日本商工会議所
難易度=★★☆☆☆(やや簡単)※級は2級の合格者のみ


3位:販売士

「販売士」とは、その名の通り物を売る人のための知識を扱う試験です。

物を売る際に必要な知識やビジネスマナー、つまりお客様に納得して物を買っていただくためのスキルが身につきます。

ちなみに試験は3級が7月上旬と2月中旬、2級が10月上旬にありますが、平日の水曜日に行われます。

これはかつてデパートが水曜日に休みだったため、社員が受けられるようにとの配慮から決められたのです。

小売業界以外の人には無縁の資格のように思えますが、実はその知識は幅広いジャンルで役に立ちます。

    3級:実際の販売現場に関する内容
    2級以上:マネジメント職としての知識やスキル、あるいはマーケティングなど、広く販売に関する内容

販売士といいながらも、管理職の人や営業マン、あるいは業種的にはサービス業や製造業などに役立つことが非常に多いのです。

これを取ったから独立してなにかができる、といったものではありませんが、社会人として役に立つことの多い資格なのです。

試験は簿記と同じく商工会議所の主催なので、全国の試験場で受けることができます。

合格率は3級で60%。学習時間も平均で3ヶ月と取り組みやすいので、まずは3級からトライすることをおすすめします。

販売士3級

問い合わせ=日本商工会議所
難易度=★☆☆☆☆(簡単)


2位:宅建士

「宅建」として有名ですが、正式な名称は「宅地建物取引主任者」。

平成26年から名称が「宅地建物取引士」に変わり、呼び方も「宅建士」に変わりました。

不動産取引の時の権利関係、物件の状態などの重要事項説明は、この宅建の資格を持っていなければできません。

そのため不動産関係の会社で働くなら必須

入社すれば必ず取らされることになります。

不動産関係だけでなく金融関係の仕事でも役に立つことが多く、キャリアアップにも役立つ他、転職でも有利になることが多い資格です。

その他、小売業でも新規店舗の開発など、宅建の知識が大いに役立ちます。

職能手当が付くことも多く、その点でも社会人におすすめの資格といえるでしょう。

また宅建士の資格は仕事だけでなくプライベートでも役に立つことが多くあります。

まずは自分で家を購入する時。

その家の建つ土地がどういう形質、構造なのかはぜひ調べたいところですが、宅建士の試験ではしっかり扱われています。

また不動産投資でマンションや土地を購入する際にも、宅建士の勉強で身につく権利や法制上の制限の知識が役に立ちます。

一般に宅建士はしっかり勉強すれば200時間、半年ぐらいの学習で取得ができるといわれています。

教材も数多く、スクールの講座もたくさん用意されているので、ぜひ挑戦してみてください。

宅地建物取引士

問い合わせ=一般財団法人 不動産適正取引推進機構
難易度=★★★☆☆(普通)

1位:簿記

転職 資格 簿記

どんな仕事をしていても、あって損がないのが経理の知識。

簿記の資格を取れば、経理=お金の出入りに関する知識が身につきます。

一般的に簿記検定と呼ばれているのが、日本商工会議所が主催している「日商簿記検定」です。

他にも全国経理協会が主催している「簿記能力検定」や全国商業高等学校が主催する「簿記実務検定」がありますが、ほとんどの人はこの日商簿記検定を受けています。

簿記を取る最大のメリットは、まずビジネスで大事なお金の出入りの仕組みが理解できるようになることです。

当然ですが経理職の人には、絶対に役に立ちます。

経理以外の職種の人でも、取引先の企業の財務状況を財務諸表を通じて読み取ることができるので、今後の取引をどうするか判断できるようになります。

その点ではどんな職種でも、どんな業界でもかならず役に立つ資格といえるでしょう。

また会社や部署によってはか月に3000円〜5000円の職能手当が付くこともあります。

試験は2月、6月、11月の年3回行われます(1級は2月試験はなし)。

合格率はその時により異なりますが、だいたい25%〜40%となっています。

    3級:比較的やさしく、3ヶ月ほどしっかり勉強すれば取れることが多いです。
       3級程度の知識は、経理の業務に直接関わらない一般の社員でも知っておきたいことばかり。
    2級:やや難しくなります。
       経理をやるなら2級を持っておきたいところ。

資格を取ろうと思ったら、まずは簿記からトライしてみましょう。

日商簿記検定2級

問い合わせ=日本商工会議所
難易度=★★★☆☆(やや難しい)


資格を武器に好条件での転職を目指そう

いろいろな職種で役立つ、汎用性の高い資格を紹介しました。

もちろんこれら以外にも転職の武器になる資格はたくさんあります。

また、転職をしなくても、いまの会社内での給料手当や昇進にも資格は役立ちます。
 

ここで紹介したよりももっと簡単にとれる事務系の資格は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

なかなか勉強のための時間がとれないという人は、
社会人が勉強に集中できる場所は?オススメ「家でやらない勉強法」

仕事をしながら資格を取るのはなかなか大変ですよね。 忙しい社会人であれば、資格試験の勉強も、無駄を省いて効率的に取り組みたいです。資格...

資格を取得してキャリアアップ。あなたの仕事がもっと楽しくなりますように。