1. TOP
  2. 転職での自己分析のポイント。自分を知るための7つの質問

転職での自己分析のポイント。自分を知るための7つの質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職のための自己分析の方法

転職活動で一番最初に始めること、それは「自己分析」です。

やりたい仕事がわからない、やりたい仕事が見つからないという人は、自分にあった仕事はなにか? どんな会社を転職先として選べばいいのか? それを知るために自己を分析することからはじめてみましょう。

就活でいろんなセミナーなどに出て実践してきた人ならわかるかと思いますが、そうでなければ「自己分析って何?何だかハードル高そう・・・」と最初は思うかもしれません。しかし、自己分析は転職活動には無くてはならないものです。

一度社会に出て働いたあなたは、仕事でやってきたこと、自分のやりたいことがなんとなくは見えているはず。

何が得意で何が苦手かということもなんとなくつかめてきて、少なくとも学生のときよりは経験を積んでいます。

そんなあなたが、転職時における自己分析はどうすればいいのか、これからその方法をじっくりご説明します。

スポンサードリンク

転職のための自己分析7つの切り口

「これからのキャリアプランも考えると、いま転職すべきだ!・・・でも、職務経歴書や履歴書になんて書こう?面接で何を話したらいいんだ?」と戸惑う人も多いでしょう。

だからと言って「初めての転職なんだからこんなものだろう。最初は手探りで始めてみよう」と、そのままつき進んでもいい方向にいくことは稀です。

求人サイトを見たり履歴書を書く前にやっておくべき、もっと大事な事、それが自己分析です。

自己分析とは自分で自分を客観的に評価する事。良く評価し過ぎても、悪く評価し過ぎてもいけません。だからこそ、難しいのです。

でも、自己分析をやりやすくするための様々な切り口がありますので、安心してください。自己分析とは自分に対して様々な問いかけをしていくと、とてもやりやすくなります。以下にその問いと、自分を深掘りさせていく方法をご紹介します。

1.質問:「あなたの強みは何ですか?」

強みはアピールポイントに、弱みは今後の改善点につながっていきます。自己分析で全ての出発点になる、大事な問いです。

あなたの性格や仕事のやり方のような抽象的な事から、資格などの具体的な事まで何でもいいのでどんどんあげてみてください。

・・・・・・・。

どうでしょうか?

例えば、「顧客対応が得意」「正確さを求められる作業が得意」など、強みがたくさんあがりましたか?

そうしたら、次にそれらにまつわる具体的なエピソードを思い出してみましょう。

重大なクレームが顧客からあがったが、自分が対応した事で何とか怒りをおさめて頂き、大事な顧客を失う事を防いだ

自分が作った作業手順を全員に配布し、チームのミスが減った」などです。

具体的なエピソードをつけることで真実味が出て、面接官がイメージしやすいので、おすすめです。

2.質問:「あなたの弱みは何ですか?」

今度はあなたの弱みです。弱みというとマイナスに思ってしまいかもしれませんが、完璧な人間はいませんので必ず弱みはあるもの。

そこで、弱みは必ずその弱みを克服するために努力している事をセットで書きましょう。

「この分野の資格をまだ取得していない」…ならば、「現在勉強中で、いついつまでに取得予定」など、弱み克服までの目途もできればセットにしておくと良いでしょう。面接官に突っ込まれても、切り返す事ができます。

3.質問:「あなたは今までどんな仕事をしてきましたか?」

まずは、入社してから今までに経験した仕事を全て年表形式にあげていきましょう。過去の仕事は忘れてしまうものですが、年表形式にすることで、だんだん思いだしてくるはずです。

そして、その中に「実績をあげた仕事」「失敗した仕事」とそれらにまつわるエピソードを記入します。

苦労した点」や「工夫した事
その時経験したことが、今でも役に立っている仕事」「失敗から得た事」などを、細かく書いていきましょう。

4.質問:「具体的な数字で表わせますか?」

次に、これらの材料をアピールしやすい形にする方法について、お話します。

仕事の実績についてはできるだけ具体的に数字を使って表す事がポイントです。

○○万円の利益をあげた」「○社の新規顧客獲得」など、同業者が見ればその実績のすごさがわかるような形にしておけば、面接の時に強くアピールすることができます。

他にもプロジェクトの期間・人数・規模・売上、その時のあなたの立場など、仕事の実績を具体化する情報はいくらでもありますので、上手に使いましょう。

○人の新人教育を任された
グループリーダーとして○人のチームを率いて通常1年以上かかる仕事を○ヶ月で完成させた」など、
重要な立場についた仕事については具体的にしておきましょう。

特に、マネージャークラスの転職の場合、プロジェクトマネジメントの経験を強くアピールする必要があります。

5.質問:「転職希望先でのニーズにマッチする経験はなんですか?」

先ほど、いままでやってきたことを○年○月と順に記していきましたね。この仕事年表と、そこでの仕事の具体的な数字での成果も把握できました。この中から転職先のニーズに応じて、アピール材料を選べばよいのです。

「いままで一番仕事で苦労した事は何ですか?」などと面接で聞かれた時にも、ここでまとめておけばすぐに答える事ができます。

6:面接でもよく訊かれる重要な質問:「何故、転職したいのか?」

転職理由は必ず面接で聞かれる質問ですし、志望動機にもつながってきます。転職理由をはっきりさせておくことは、転職活動での自分の軸をはっきりさせておくことです。

そのためには「何故?」を最低3回は繰り返すと、真の転職理由をはっきりさせることができます。

例えば「今の仕事が嫌になった」が転職理由の場合、「それは何故?」と考えてみます。

○○の仕事の方が面白そうだから」→「何故その仕事が面白そう?」→「その仕事は接客がメインだから」→「何故接客が良い?」→「お客様が喜んでくれるとうれしかったから」と深掘りすることが出来ました。

はじめは今の仕事から逃げたいだけだと思っていたのが、実はもっとやりたい事があったということがわかったわけです。

このように、転職理由がマイナス要素を含む場合でも、深掘りしていけば何か別の理由が見つかるかもしれません。「何故?」を3回、簡単ですから是非やってみてください。

7:質問:「5年後、10年後はどうなっていたいですか?」

これは、あなたが今後どのような方向に進んでいきたいか?どの方向に成長して行きたいか?をはっきりさせるための問いです。

特に若いうちの転職の場合、今後の成長を見込んでの雇用を考えて募集を行っている企業もあります。しかしその場合、応募者がはっきりしたビジョンを持っていないと採用されるのは難しいでしょう。

営業のスペシャリストになりたい
社長賞を取りたい」など、目指すものは人それぞれです。

「社内に尊敬する先輩や上司がいる」という場合は、自分がなりたい将来の姿が具体的に目の前にあるということですから、わかりやすいですね。

目標とそこに至るまでにどのような努力をしているか?という事も、もちろん考えておきましょう。それがそのまま面接官へのアピールポイントになります。

スポンサードリンク

時には周りの人に意見を聞くことも必要

一通り自己分析はできたでしょうか?じっくり自分と向き合ってみると、色々な事がわかったと思います。

しかし、ここまでは自分一人で考えた事です。もしかしたら、独りよがりになっている部分もあるかもしれませんし、自分が見えていない点もまだまだあるかもしれません。一度、他の人の意見も聞いてみたいところです。

一番良いのは一緒に働いている同僚や上司に見せて意見を聞く事ですが、転職する事を言っていない場合もありますし、今の職場の人は転職にいい顔をしない事がほとんどですよね。家族や友人が冷静に自分の事を見てくれるなら、頼んでみてもいいかもしれません。

もし、意見を聞ける人が誰もいないのであれば、転職エージェントや転職コンサルタントに頼むというのも手です。

コンサルタントは初対面時にはあなたの事を全く知らないわけですが、数多くの転職希望者の相談に乗ってきた経験とデータそして、あなたの自己分析の結果を踏まえてさまざまなアドバイスをしてくれます。

「もっとここを掘り下げてはどうか?」「もっとわかりやすい実績の書き方をしては?」など、第三者に伝わりやすいかどうかという視点で添削してくれるでしょう。

転職エージェントについてはこちら、
転職サイトとエージェントはどう違うの?転職サービスはこう使え!

自己分析は何故必要?

もう一度おさらいを兼ねて、そもそも何故、自己分析が必要なのか?についてお話したいと思います。

何故自己分析が必要なのか?それは・・・

思っているほど、自分(私)は自分の価値を具体的にわかっていない
   ↓
自分の価値がわかっていなければ、それを他人に説明する事はできない
   ↓
自分の価値がわかっていなければ、自分が活躍できる場を探す事もできない

・・・だから、自己分析をして正しい自分自身の姿を理解する必要があるのです。

転職活動とは自分(私)の事を全く知らない赤の他人である面接官に対して、自分の良さをわかってもらった上で雇用を決めてもらうことです。

そのためには、まず自分が自分自身の良さをわかっていなければなりません。

「自己分析」というと「自己と向き合う」とか「自分の全てをさらけ出す」のような哲学的な何かを連想させますが、そんなに難しいものではりません。

面接でアピールするための材料出し」と思ってください。

「大丈夫、自分の良さは自分が一番良く分かっている」と言う人もいるかもしれません。でも、そのあなたが認識している「自分の良さ」は、他の人も認めているものなのでしょうか?

逆に「自分は今の仕事があまり向いていない・・・」とダメな方向に思っていたとしても、
先輩社員から言わせればそれはまだ経験スキルが足らないだけであって、この仕事には向いていると思われているかもしれません。このような事は、若ければ若いほどよくある事です。

「そう言われると、自信が無い・・・」という人は、一度じっくり自分と向き合って自己分析をしてみることをおすすめします。

スポンサードリンク

自分のPRポイントを見つけよう!

自己分析について一通り見てきましたが、自分自身の事をよく理解できそうでしょうか?

良い転職は良い自己分析から、です。自分のアピール方法をたくさん見つけることができると良いですね。

でも、そもそも自分が転職した方がいいのかどうか?気になる人は、
転職先の探し方。希望条件に合った求人を見つける方法9つ

第2新卒のうちに転職しようかなーと考えている人は、
知ってた?第二新卒の転職は大企業、希望の業界へ行ける大チャンス!

アラサー、30歳前後で転職しようと考えている人は、
30歳からの転職活動を成功させる確認事項と手順7つのステップ

しっかり自己分析して、転職活動をスタートしましょう!あなたがもっと楽しい仕事に就けますように。

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

なかなか表には出てこない専門職や管理職、海外勤務で高待遇の求人情報…
エグゼクティブ
年収1000万円超えを目指す人のための転職サイト

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

・第二新卒 ・フリーター ・学校出たけど働いたことがない ・すぐ会社を辞めてしまった
…でも、ちゃんといい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす