退職金の相場、平均額は?自分の退職金カンタン計算方法

退職金の平均って?あなたが貰える金額は?

退職金の相場は、勤務年数や退職理由、企業規模によって変ります。

あなたが退職したら、退職金をいくらもらえるのか?

定年退職にしろ、転職のための退職にしろ、辞める日が近づいてきたら退職金のことが気になりますよね。

「そもそも、もらえるのか?」あるいは「どれだけの金額なのか?」と思いめぐらせるとキリがありません。

ここでは、あなたが勤めている会社の退職年金制度や退職金制度を調べる方法。

そして、民間企業と公務員の退職金の平均額、サラリーマンやOLの「いくら退職金を貰えるのかを、簡単に計算する方法を紹介します。


退職金って全員もらえるの?

退職金の支給は法律で定められているわけではありません。

会社に入ってしまえば必ず退職時に貰えるとは限らず、個々の会社の就業規則によります

仮に支給について明記されていないと退職金はありませんし、一方で明記されているのに支給されない場合は、申し立てを行うことで受け取ることはできるようです。

ちなみに、「平成25年就労条件双方調査結果の概況」によると、退職金給付制度がある企業は全体の75.5%。

つまり、4社に1社は退職金が制度として用意されていないということになります。

退職金制度のある会社の割合は平成5年(1993年)の92%をピークに低下の一途を辿っていて、平成年(2003年)には86.7%、平成20年(2008年)だと85.3%、そして、いまは8割をきっってしまったということです。

一方、企業規模別だと退職金制度を導入している割合は、次の通りになります。

・30~99人:72%

・100~299人:82.2%

・300人~999人:89.4%

・1000人以上:93.3%

数字を見てハッキリとわかったと思いますが、「大企業ほど退職金をもらえて、中小企業はもらえないケースが多い」ことを意味しています。

世間には30人以下の零細企業もごまんとありますから、実際は、退職金を貰えない・貰わなかった会社員はたくさんいると推測できます。

また、退職金をもらえるのは正社員だけ。派遣社員や契約社員、アルバイトだと普通はもらえません

スポンサードリンク

退職金のもらい方は2種類ある!

なお、退職金の給付方法には2種類あり、ひとつが、退職時に一括して一時金を支給する退職一時金制度」。

もうひとつは、労働者の退職後、一定期間または生涯にわたり一定の金額を年金として支給する退職年金制度」です。

企業によっては両者を併用したり、片方のみを実施するなどケースは異なります。

日本経団連による「2014年9月度退職金・年金に関する実態調査」によると、併用が66.3%と過半数以上を占め、退職一時金のみは12.9%、退職年金制度のみは15.7%という割合になっています。

自分の会社に退職金や退職年金制度があるかどうかを調べるには、「就業規則」をチェックしましょう。

よくわからないときは人事や総務に問合せることになります。定年退職間近の人は問題ありませんが、転職のために退職金について知りたい人は、「定年後のライフプランを考えたいので」とでもいうのがいいでしょう。

 

次のページで、退職金の計算式など、さらに詳しく紹介していきます。

 

退職してそれで引退という人はいいですが、ほとんどの人はまた働き口を探さなくてはいけません。

次の仕事では、どのくらいの収入が欲しいのか? それを考える前に、自分の予想年収を200万人の転職実績データの分析からズバリ教えてくれる無料のサービスを試してみましょう。スマホの操作に最適化されてるのでとても簡単です。

詳しくは、
「あなたに来て欲しい!」と【面接確約オファー】がスマホに届く!予想年収を把握して正しい転職判断をしよう!

もし、あなたがまだ25歳~35歳までだったら、自分の転職市場における順位やふさわしい年収レベルなどがわかる転職診断テストもあります。
転職診断テストで転職した方がいいかを診断!あなたの市場価値(予想年収)が判明!

次は絶対にもっといい会社や仕事に転職しようと思う人は、自分が人材としてどのくらいの値打ちがあるのかを客観的な情報をつかんでおくと、なにかと有利です。

合わせて受けると、より正確に自分に相応しい年収がいくらなのかがわかりますよ。