【就活】個人面接の必勝対策|質問パターンとうまい回答の仕方

2018.12.17
就活面接 質問パターン 回答の仕方

【就活】個人面接の必勝対策|質問パターンとうまい回答の仕方

個人面接の質問がどんな項目や傾向になるかは、前の記事で各ステップ毎に解説した通りです。

ここでは、さらに実際の「質問パターン」について紹介した上で、「答え方」はどうすればいいかを解説しましょう。

また、面接官によってはちょっと癖のある「問い方」をする人がいるので覚えておきましょう。


1. 「質問パターン」を掴んでおく

面接質問は、「自己PR」「志望動機」「将来の希望」など、いろいろ想定されます。
どんな質問であっても、尋ね方にはいくつかのパターンがあることを覚えておいて下さい。ここを取り間違うと、答えとしては正しくないとみなされることがあります。

就活 面接質問 複数のパターン

(1)ストレートな質問パターン

ストレートな質問パターンというのは、何のひねりもなく聞いてくるものです。

「自己PRをして下さい。」
「志望動機を述べて下さい。」
「就活の軸は何ですか?」

といった感じです。答える方からすれば、非常にシンプルでわかりやすい質問パターンです。

グループ面接の冒頭や、第一次面接の基本質問で紋切型に尋ねる質問パターンです。

準備したものを答えればいいのですが、中には覚えてきたことをだらだらと話す志望者もいます。そこで、「1分差し上げますので…」と前置きされて、時間制限がつく場合があります。

ここは大切なので聞き逃さないように注意します。

(2)「ポイントを絞って」・「簡潔に」のパターン

要約力を試す目的と、短い面接時間を効率よく回すために、主題の質問のあとにあえて、「ポイントを絞って答えて下さい。」「簡潔にお願いします。」と言い添えられるパターンがあります。

抽象的な言い方なので答え方に迷いそうですが、ここはしっかり受け止め、意を汲んで答えていることを強調します。具体的には、次のような答え方をすると好印象となります。

「ハイ!わかりました。自己PRで私が是非お聞きいただきたい一番のポイントは、負けず嫌いの性格です。具体的にこんなエピソードがあります…。」

「ハイ!かしこまりました。簡潔に申しますと、私の学生時代に最も力を入れたのは、ゼミ活動です。専門分野はエントリーシートに詳しく書かせていただきましたが、この研究がしたくて学校を決めたこともあり、自分なりに後悔しないよう頑張りました。たとえば…」

(3)「キーワード」を強調する質問パターン

基本質問は、就活生みんなが準備と予習をしっかりしてくるのであえてストレートに聞かず、できるだけ詳しい話が聞けるように突っ込む質問(深堀質問)のパターンがあります。

それはエントリーシートでの本人記述や、前の面接で答えたことからキーワードを引っ張ってくるものです。

たとえばエントリーシートの「自己PR」に関する記述で、「アルバイト経験で得た協調性」という1文があったとします。ストレートに「自己PRをして下さい。」と質問すると、エントリーシートに書かれたことを棒読みされるだけなので、回答内容を深めるために、

「エントリーシートの自己PR欄で、アルバイト経験で得た協調性をPRしていますが、具体的な『協調性』を示すエピソードと、なぜそれが自己PRになるのか説明して下さい。」

と質問されるとどうでしょう。回答の仕方は一気に難しくなります。

少なくとも、以下の2点について答えなければならなくなります。

  • 協調性を語るアルバイト時のエピソード
  • 協調性がなぜPRポイントなのか

すぐに回答を組み立てられる思考力を試す他、アルバイト自体が本当に貴重な経験だったかをここでチェックしています。

就活 面接 質問パターン

スポンサードリンク

2. 面接官が理解しやすい回答の仕方

質問パターンはさまざまですが、就活面接における答え方には鉄則があります。それは、「質問の的をはずさず、わかりやすく答えること」です。

当たり前のことですが、現実には回答自体が質問の主旨とは違う人、結論がわかりにくいという人が結構います。

(1)第一は「結論から述べる」鉄則

「的を外さない」ためには、「結論から述べる」に尽きます。

たとえば、「アルバイトは何をしていましたか?」に対する結論は、「コンビニの販売員をしていました。」が結論です。このような簡単な質問なら的を外さず、結論から述べられますが、前述のように質問がちょっとひねられると考えてしまいます。

「エントリーシートの自己PR欄で、「アルバイト経験で得た協調性』をPRされていますが、具体的なエピソードを紹介して下さい。」

もしこの質問に、どんなコンビニで働いていたのか、アルバイトが何人いて仕事内容はどういったものだったのかを物語のように最初から説明し出すと、面接官はもううんざりとなってきます。

「ハイ!具体的なエピソードとしては、昨年冬休み中のバイト同士のローテーションを考えた時のエピソードがあります。」

と結論から先に話すと、聞く方は一気に聞きやすくなります。

(2)第二は「つなぎ言葉」を使う

もちろん結論だけでは内容がわからないので、本論に繋げる「つなぎ言葉」が重要になります。このアルバイトの例だと、

「具体的にどんなエピソードかと申しますと…」
「是非聞いていただきたい、こんなエピソードがあります。それは…」
「具体的な事例を上げますと…」

といったつなぎ方です。

また、アルバイト経験に関連して「そのエピソードが、なぜ自己PRになるのか説明して下さい。」と質問されていたら、

「なぜかと申し上げますと…」
「それが自己PRと言える理由としては…」

という「つなぎ言葉」で本論をしっかり語っていくと説得性が高まります。

(3)日頃からストーリーを作る習慣

面接の質問はとっさなので、急にストーリーを作るのは難しいかもわかりませんが、日頃からこの思考法「結論―理由―本論―具体性」で話すようにしていると、自然と身に付いてきます。面接で質問を受けた時には、

    「ハイ!結論から申し上げますと…」
    「ハイ!ご質問にお答えすると…」

と冒頭の表現から気を付けると、自然と頭の切り替えが出来上がってきます。

その後は、

    「たとえば」
    「具体的には」
    「理由としては」

と繋いでいきます。

最後に、以下のようにまとめの言葉で締めくくると完璧です。

    「以上が、ご質問のエピソードです。」
    「以上が、自己PRとなる理由です。」

これを徹底すれば、よくある「あれ?私、今どこまで話していました?」というのが無くなります。

3. 「クセ」のある質問パターンに慣れる

面接官は、基本は志望者から良い点や隠れた能力を引き出すために質問をします。

その彼らが一番困るのは、丸暗記してきた内容を淀みなく話されることです。そこで、その場で考えてほしいために、ちょっとクセのある質問をすることがあるので紹介しましょう。

(1)「実は複数質問だった」パターン

面接の質問は、一回の質問で答えをひとつだけ求めているとは限りません。

質問の性質上、2つ、3つ尋ねたいという理由もありますが、志望者が質問の主旨や内容をよく聞き込んで、的を外さず回答するかを試す質問パターンです。

「志望理由についてお聞きします。まず当業界を志望した理由を述べて下さい。そして、その中でも他企業ではなく、当社を志望したのはなぜか、理由を述べて下さい。」

この質問では、大きくは2つ、正確には3つの回答を求めています。

    ①業界志望理由 
    ②当社志望理由 
    ③他企業ではない理由

「当社に入社したらどんな仕事をしたいですか?具体的な職種はありますか?また、どんな社員になりたいですか?」

欲張って尋ねていますが、3つ聞きたがっています。似ているようですが微妙に違います。

    ①どんな仕事(夢を実現する仕事?スキルを活かせる仕事?)
    ②職種(営業職?事務職?)
    ③どんな社員(企業に貢献できる社員?職場に活気をもたらす社員?)

質問パターンが真面目過ぎて、面接者にとっては答えにくい質問ですが、聞かれた以上はしっかり整理して答えなければなりません。

(2)「スローボール」を投げてくるパターン

質問の意味はよくわかるのですが、漠然としていて逆に答えにくいパターンの質問です。

野球で言えば、早い球が来ると予想しているのにスローボールを投げられた感じで、打ちやすいようだが思わず空振りしてしまいそうな「クセ玉」といったところです。

    ①「スポーツは好きですか?」(「スポーツの面白さについて述べて下さい。」)
    ②「ウチ(当社)のどこがいいの?」(「当社の志望理由を述べて下さい。」)
    ③「アルバイトはお金のためでしょ?」(「アルバイトを頑張った目的は何ですか?」)

最終面接で老練な役員がフワッと聞いてきそうな質問パターンです。二次面接などでも、あえてタイミングをはずして本音に迫ろうとする時にも使われます。答え方は、あくまで( )内が質問の本意なのでそれに応じて答えます。

(3)矛盾を突いて詰め寄るパターン

質問が「詰問」に近く、圧迫面接までいきませんが厳しい口調で尋ねられるパターンです。いくつかの質問に答えていくうちに、ちょっとした矛盾を見つけられ、そこを突いて詰め寄られることがあります。臨機応変な思考力を試されているといえます。答えるハードルが高くなる分、納得いく回答を返すと高評価に繋がる可能性があります。

「就活の軸は、『人的な関係作りができる仕事』なので、当社の接客業を希望したと言われています。でも、どんな企業活動もすべて人的な関係で成り立っているので、それは就活の軸にはならないのではないですか?」

「志望業界は、金融業界と旅行業界で共通項は「サービス」とのことですが、サービスの意味が全然違うと思いませんか?」

前者であれば、

「そうではありません。私が申し上げたかったのは、対顧客との直接性の点です。つまり…」

と言い返します。

また後者であれば、

「おっしゃる通りです。私が言いたかった『サービス』は、顧客への付加価値のことです。たとえば金融業界では…」

と論理的に返す必要があります。


面接での回答の基本は「結論から」

個人面接での質問は、ステップが高くなるほど質問パターンも変化してきます。言えることは、どんなパターンであっても、回答の基本である「結論から」の鉄則は押さえておかなければなりません。

一方、紹介したような変化形も十分考えられるので、質問の意図や趣旨を外さないようにすることが大切です。特に、クセのある質問パターンには気を付け、答え方を間違えないようにしましょう。

それらを乗り越えた時に、内定(内々定)を身近に引き寄せることができます。最後まで粘り強く頑張りましょう。

【就活】個人面接の必勝対策|苦手意識を克服し、緊張をゆるめる方法

2018/12/17

スポンサーリンク
☆自分の「強み」を知って自己PRすれば書類選考・面接が有利に!
転職成功
本格的な自己分析が無料!転職者の8割が利用する転職サービスとは?
この記事も一緒に読まれています