【就活】グループ面接を勝ち抜く|ライバルにどう接するかで差をつける!

2018.12.17
就活 グループ面接 ライバルへの接し方

【就活】グループ面接を勝ち抜く|ライバルにどう接するかで差をつける!

個人面接にはないグループ面接の特徴として「他者との比較」があります。

この比較を通じて選ばれた人が次の個人面接に進むのですが、さらに他者より抜け出る方法を解説しましょう。

みんな準備怠りなくグループ面接に臨む中で、実力が拮抗してくると最後は何気ないふるまいや心構えが影響します。他の人とはちょっと違うなと感じさせる言動にはどんなものがあるのでしょうか。


1. 他者への気配り

グループ面接は「グループ」と言いながら、結局、発言内容は自身の問題ですが、実は他者への気配りについて意外とチェックされている部分があります。微差とは言いながら、最後の決定打になることがあります。

(1)時々目配せあとは真っすぐ

グループ面接では、他者が発言している時は関連質問もあるので、よく聞いておくべきと言うのは述べた通りです。

しかし、ただ耳を凝らしてじっと聞いているだけでなく、たとえば隣で発言する人に時折視線をやり、多少うなずいたりする様子は前の面接官からは非常に好感を持ってみられます。

余裕の面、心配りの面などから、ちゃんと他者に対して配慮のできる人なんだという印象を持ってもらえるからです。チラチラと周囲に目をやり過ぎるのはよくありませんが、良い話だなと思う時は素直にうなずき、それ以外の時はまっすぐ面接官の方に視線を向けるようにするとメリハリが効いて好印象になります。

(2)逆質問や自由発言の時

何か質問は?とか、指名せずフリーで発言を求められた時、挙手が他者とバッティングすることがあります。面接官からは、自分に発言するように指示され一旦は、良かった!と思うのですが、この時挙手が同時だった人にちょっとした配慮を示すことをおススメします。

バッティングした人に視線を送り、軽く

「すみません。」

「お先に申し訳ありません。」

などと、ひと言伝える姿は、前の面接官からは非常に好感良く映る光景です。
また、これが逆の立場でこんな言葉を掛けられたら

「大丈夫です。」

と、そっと手を差し出して、「どうぞ先に」という気持ちを伝える仕草をするのが効果的です。

 

(3)退出時

面接が終わると、一斉に席を立ち出入り口の方へみんなが向かいます。

「みなさん、順番にご退出下さい。」と声がかかるので塊になることはないはずですが、慣れないメンバーばかりなので、時折体がぶつかりそうになることもあります。こんな時も、面接官はみんなの動きをしっかり見ています。

順序は別にして、サッと道を譲る人、ドアの前でお辞儀をする人に道をあける人もいるでしょう。緊張かどうかは別にして、他者への配慮がなく自分だけ堂々としている人など様々です。

これも、グループ面接ならではの他者への配慮や気配りが見られる場面です。ライバルとはいえ、他者を立てる場面がいくつもあるので注意しましょう。

就活 グループ面接 マナー

スポンサードリンク

2. 他者を無視する時

一方、前述の場面以外で、他者に配慮するあまり全体として卑屈になったり、常に遠慮がちになったりする必要はまったくありません。面接質問に答える内容こそ、評価の大部分です。ここでは、「他者を無視」する場面を紹介しましょう。

(1)答え方の伝染

同じ質問を5人なら5人に投げると、最初に答える人以外は結果的に前の人の応答を耳にすることになります。そこはライバル同士とはいえ、「あ、上手に言うなぁ」と感心することもあります。

たとえば自己PR場面で、うまく項目を整理して話し出したとします。

「自己PRポイントは3つあります。ひとつは…」

これに感心し、引きずられて

「私の3つのポイントは…」

と、伝染病にかかってしまうことがあります。「他者を無視」のひとつはこの場面です。

聞いてしまったので耳には残りますが、あくまで自分が用意してきたストーリーで話すことを最優先します。仮に途中で組み立て直しをすると、きっと脈絡のない話になる恐れがあります。

(2)同意見

前に話し出した人の内容と、自分が用意した意見や考えがまったく同じになることは十分考えられます。また、実際に困ったという声もよくあります。

ここでも、大原則は「他者を無視」し、あくまで自分が準備し考えていることをそのまま話します。そもそも全部マネをしようと思っても絶対無理なので、自信を持ちましょう。

一歩譲って余裕がある時は、同意見であることを認めた上で自分の意見や考えを述べると気が楽になります。

「私も同意見です。」

正解がひとつしかない、時事など知識を尋ねるものは仕方ありませんが、グループ面接の質問の大半は自身に関することなので、同意見になるはずがないと確信して話すようにします。

 

(3)大きな声長い話

一番嫌なのが、メンバーの中にテンションが高すぎて異様に大きな声や、力を入れ過ぎて話の長い人です。

声の大きい人に対して、面接官は「元気だなぁ!」と言う人がたまにいますが、高評価でもなんでもありません。「うるさいなぁ!」を差し障りなくいっただけのことと思って間違いありません。

声の高低や早い遅いは、どうしてもつられやすい部分です。ここも「他者を無視」に徹します。面接官の心の声と同様に、「うるさいなぁ!」と雑音レベルに思っておきます。

また、話の長い人については、一緒に並んでいる自分が評価しなくても、面接官が「話が長い!」とメモしているはずなので無視しておきます。

3. 有終の美を飾る退室マナー

グループ面接 退出マナー

グループ面接の終了は、質問が5~6回、時間にして30分程度が目安です。最後に、有終の美を飾る退室マナーについて解説しておきましょう。

面接が満足だったか、うまく言えずに不満だったかは面接官が判断することと割り切り、退出は笑顔で清々しく退室します。

(1)退室時の注意

面接が終了したという合図は、面接官の「(以上で面接を終わります。)ご退出下さい。」です。座ったまま、軽く会釈し次のように行動します。

    ①起立します。他者に少し目をやります。
    ②掛け声はかかりませんが、「ありがとうございました。」と敬礼(角度30度以下同様)した後、入口に近い人から順に退出します。
    ③先頭の人が動かない場合は、自分がどの位置にいても入口に一番近い人を促します。これも他者への配慮のひとつです。

(2)ポジション毎の流れとマナー

<先頭>

    ①部屋の構造にもよりますが、最後に入った人が出入り口に一番近いはずです。サッと動いてドアの方に進み、ドアの前で一旦立ち止まり敬礼をします。
    ②ドアを開け、体をドアの外に出しながら、ドアノブを後続の人に譲ります。(後続が続いて退出してくるので、邪魔にならない時は「失礼します。」と再度会釈をします。)

<2番目以降>

    ①先頭に続き、ドア方向に向かいます。
    ②前の人からドアノブを受け取ります。
    (以下先頭の②と同様)

<最後尾>

    ①最後、ドアノブを引き(押し)、「失礼します。」と会釈をしながらドアを閉め切ります。

(2)退出後の控え室マナー

就活 グループ面接 控え室マナー

全員面接室から退出し、控え室に戻ります。ホッと一息の瞬間です。一気に緊張がほぐれきっと、みんな口々に話し出す可能性があります。

メンバーたちは、面接前は初対面同士ですが、面接室では一緒に面接を受けたよしみで、中には打ち解ける人も出てきます。

「いや~、緊張しましたね!」

「結構、時間長かったですね?」

「すみません、私がしゃべり過ぎたかもしれないですね。」

など、つい感想を言ってしまいます。さてこの時、差しさわりのない会話とはいえ、控え室を受け持つ係員の人には筒抜けとなります。たとえば、「あの部屋すごく暑かったですね!」といった言葉が不満に聞こえることだってあるということです。

自分から声をかけるのは避け、また、他の人から話しかけられたとしても応じないというのがマナーであり、結局は自分のためです。つまらない発言が、「微差」に影響するのが控え室での言動です。

<控え室マナーのまとめ>

    ①無駄口をたたかない。
    ②感想をもらさない。話しかけられても応じない。
    ③控え室の係の人から「お疲れ様です。」と声を掛けられたら、笑顔で「ありがとうございました!」と「お世話になりました!」と明るく返す。
    ④控え室から退出する時も、「失礼します。」と会釈をして退出する。
    ⑤今後の予定や連絡事項があればしっかりメモを取る。

グループ面接のマナーは最後まで気を抜かない

シリーズでグループ面接の基礎知識から、予選突破のコツや気を付けたい点を解説してきましたがいかがでしたでしょうか。特に、この記事ではちょっとした気遣いやマナーの重要性について例を挙げて紹介しました。

面接控え室を出た後は、受付を経由して帰路につくことが多いです。受付への挨拶も忘れないようにしましょう。会社訪問時は、どちらかといえば見学のイメージがありますが、今回は「選考」を受けてきたわけなので、今まで以上にしっかり挨拶をします。

会社を出て、近所のカフェでネクタイを緩めてリラックスというのも本当は気を付けたい部分です。

2018/12/17

スポンサーリンク
☆自分の「強み」を知って自己PRすれば書類選考・面接が有利に!
転職成功
本格的な自己分析が無料!転職者の8割が利用する転職サービスとは?
この記事も一緒に読まれています