【就活】グループ面接を勝ち抜く|ランダムな質問であわてないために

2018.12.17
就活 グループ面接 ランダムな質問の回答

【就活】グループ面接を勝ち抜く|ランダムな質問であわてないために

スポンサードリンク

前の記事では、グループ面接の基本情報を中心に解説しましたが、ここでは質問の変化形がいろいろあるということを説明しましょう。

たとえば、突然質問順が変わったり発言者指名があったり、また自由発言のチャンスもあります。事前に予備知識として準備をしておくと、あわてずに行動でき、他者より一歩先に踏み出せます。


スポンサーリンク

1. 質問「順」の変化形に素早く反応

質問の順番は、最初の「自己紹介」はメンバー確認の目的もあり、面接室に入室した順に行われるのが普通です。

しかし、以降の質問も同じ順番に行われるかと言うと、まったくそうではありません。ちょっと意地悪をするかのように、急に変更になることがあり注意が必要です。

(1)「逆回り」に驚かないこと

ひとつ目の質問が、先頭のAさんから始まりEさんで終わって、Eさんがホッとしていると、

「では、次の質問ですが、自己PRをして下さい。今度は、反対にEさんから逆回りでお願いします。」

と言われたら、一番驚くのはEさんだし、次に話す予定をしていた先頭のAさんも驚きます。意地悪と言うより、質問する方からすれば順番を逆にすることで、先に述べた人の発言を参考にできないようにし、公平性を保つという目的もあります。

当然ですが、いつどんな質問がふいに飛んできても、常に自分が先に答えるつもりをしておくことです。グループ面接ではそんな臨機応変さも試されています。

(2)順不同に発言者の指名も

また、たとえば5人並んでいるからといって、並んでいる順になるとも限りません。

「次の質問に移ります。志望動機を教えて下さい。では、Aさん、どうぞ」

と言った後、

「では次は、Dさん、お願いします。」

「次は、Bさんお願いします。同じ質問です。」

このように、並んでいる順番とは関係なく、順不同に発言者を指名されることもあります。しかも、発言を求める時に「同じ質問です。」と言われることがあるので注意しなければなりません。

短い質問なら覚えていますが、ちょっとひねった質問になるとうっかり忘れてしまいかねません。

「次の質問は、学生時代に取り組んだことで最も力を入れたこと、また、やり残したことでこれから取り組みたいと思っていること、それぞれ1つずつ、具体的に述べて下さい。」

という質問で、5番目の人に「同じ質問です。」と言われればどうでしょう?

(3)突然の指名で違う質問もあり

「では、Bさんにお聞きします。〇〇について『知っていること』をお答えください。」

「では、次はDさんです。△△について『どのような考え』をお持ちですか?」

仮に、時事ニュースや経済関連で知識や考えを尋ねる時、答える人の指名も、質問自体も違って尋ねることがあります。特に時事ニュースや経済知識は、後から発言する人は答えを知ってしまうので、あえて相手ごとに質問を変える方法です。

いずれにせよ、グループ面接の質問順や質問方法は単純ではないということを覚えておいて下さい。要は、いつどんなタイミングで質問をされても答えられるよう、質問を聞き逃さすしっかり聞いて答えることがいかに大切かと言うことです。入室順に、有利も不利もないということがここでもわかると思います。

スポンサードリンク

2. 他者の発言にもしっかり注目

発言者の順番以外にも、グループ面接ならではの仕掛けが他にもあります。それは、質問は共通ですが、他者の発言者の発言内容を引っ張って来て、質問自体をちょっとひねったり被せたりするやり方です。

グループ面接 他者の回答

(1)前者発言に被せる質問とは

たとえば、「自己PRしたい点」を尋ねていて、Aさんが「スポーツクラブに所属し頑張った」と述べたとします。Bさんにも、同じく「自己PR」を求めた後、

「Aさんからスポーツの話が出ましたが、Bさんもスポーツが好きなんですね?スポーツのどういった点が好きですか?」

と、前者の発言に被せて尋ねるものです。

Bさんにしてみれば、Aさんの発言内容をしっかり聞いていないと答えられません。このように、グループ面接では、他者の話をしっかり聞いているかどうかを確認するために被せたり、「前者の方の発言に関連しますが…」といいながら少し違った質問をされたりすることがあるので注意しましょう。

(2)前者の発言と異なる答えを要求

前者の発言をよく聞いておくという意味以上に、さらに求められる質問で「前の人が述べた以外で、何かありますか?」と質問を受けることがあります。

たとえば、志望動機の質問があり、Bさんが「事業内容への興味」と答えたとします。次のCさんに同じく志望動機を尋ねる時、

「当社の事業内容以外で、当社を志望される理由は何かお持ちですか?」

と聞かれることがあります。

Cさんにすれば、Bさんの話は聞いていたが、同じ志望動機だったとしたら答えられなくなるという、厳しい質問となります。Cさんにとってはハンディキャップを負ったようですが、全然気にする必要はありません。むしろ、Bさんのような発言は聞き飽きていて、期待値を込めてCさんに尋ねた可能性もあります。

(3)先に言われても動じない

Cさんの場合もある意味では試されているので、期待以上の答えが言えれば抜け出たことになります。仮に同じ志望動機を考えていたのであれば、自分なりのオリジナリティで自信を持って発言すれば全然問題ありません。

「ハイ、私の志望動機もBさんと同じです。やはり、昨今の御社の〇〇事業の成長性は素晴らしいものがあります。私が調べた中では、成長性は年率〇%以上で、ライバルのX社の〇%をはるかに凌ぐものです。そんな御社に是非入社し頑張りたいと考え希望しました。」

3. 「自由発言」を求められる場合

グループ面接ならではの質問の最後は、「自由発言」です。個人面接では絶対あり得ません。メンバーの中の誰でもいいので答えて下さいという問い方です。3パターン紹介しましょう。

(1)「どなたから発言してもらってもかまいません。」

この場合、質問自体はすでに紹介した基本質問や時事関連などですが、順番指名でもなければアトランダムでもありません。

「自己PRをして下さい。どなたからでもかまいません。」

と誰でも答えられる質問を出して、あえて指名しないやり方です。当然みんな用意してきているので、あとは積極性を見るだけです。

あまり身を乗り出して、「我先に!」という姿はよくないですが、ためらわずに「ハイ!」と言って手を差し出すといいでしょう。

誰かが終わり次第、「次の方は?」と再び質問されるので、同じように手を差し出します。指名されなくてガッカリし、今度こそと頑張る「素の姿」を見ようとしていますので、前向きな姿勢は引き続き見せましょう。

(2)「意見のある人はどうぞ挙手してお答えください。」

就活 グループ面接 挙手制

これは、「自己PR」のように誰でも答えを持っている質問ではなく、「今朝のニュースの貿易戦争で、意見のある方はいますか?」と、すぐには手が上がらない質問が出さることがあります。まったく知らなければ仕方ありませんが、少しでも意見があれば早いうちに手を上げるようにします。

後になるほど、前に述べた人の情報を知るので有利になるような気がしますが、まったく同じことを言っているのと、多少なりとも自分なりの意見を加えたのでは印象が異なります。これも試されているわけですが、一番いけないのは手をあげるべきかどうか、もぞもぞとしている状態です。

最後まで手を上げられなければ「勉強不足で申し訳ございません。」と素直にギブアップします。ここで変な言い訳をしないことが大切です。

(3)「最後にみなさんから何か質問は?」

面接が終わりに近づくと、全員に対して、

「以上で面接を終了しますが、最後に何か質問のある方はおられますか?」

といういわゆる逆質問が投げられることがあります。これも積極性と自社への関心の強さを見たいという意図があります。

個人面接の逆質問も一緒ですが、事前に尋ねたいことを準備しておき、聞かれたと同時に手を差し出して質問します。

面接の全体時間の制限もあり、全員に聞けないので「お一人だけお聞きします。」といった限定が付く場合もあります。

仮に挙手して指名してもらえなかったとしても、残念がる必要はありません。何事にも積極的に動いているという姿勢を見せるだけでもポイントを上げることにはなります。


グループ面接ならではの質問に対応できるようにしておこう

グループ面接は個人面接と違い、面接者数が多い分、面接官の注目が薄まり多少は緊張も和らぐかなという期待があるかもわかりません。しかし、グループ面接ならではの質問があり、戸惑うことがあるのも事実です。

事前にそのパターンやクセを少しでも覚えておくと、気持ちや返答の準備も違ったものになるので、是非、熟読しておいて下さい。

いずれにしろ、他者と比較されるのがグループ面接の特徴です。

次の記事では、さらに抜け出る方法を解説していきます。
就活】グループ面接を勝ち抜く|ライバルにどう接するかで差をつける!

通過率が40~50%とされる中で、なんとか勝ち抜いていくために是非、グループ面接のクセを見抜き個人面接へステップを進めましょう。

2018/12/17

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています