OB訪問の質問内容|自分を上手に売り込んで自己PRする方法

2018.12.17
OB訪問 質問内容 自己PR

OB訪問の質問内容|自分を上手に売り込んで自己PRする方法

スポンサードリンク

OB訪問は、本来学生側からお願いし会社案内や説明会では不十分な情報を、直接1対1で聞くために時間を取ってもらうのが目的です。
そのために何を質問するかは、しっかり準備をしておくことが大切なことは言うまでもありません。

一方で、OB訪問を受ける側は、企業や人事部から特命を受けて、「良い後輩を見つけてくるように!」という使命を持ったOBがいるのも現実です。

したがって、単に質問をして納得するだけでなく、タイミングよく自己PRすることが、OBに推薦をもらい早い内定につながるのも事実です。
そこで、OB訪問を通じて上手に自分を売り込む方法を解説しましょう。


スポンサーリンク

1. OBからの逆質問は面接と同じ

OB訪問は学生側からの質問が主とはいえ、採用に積極的なOBからは逆質問が必ずあります。これは、OBが採用面接をしていると言っても過言ではありません。
OBが何を質問してきて、どう答えればいいかを説明します。

OB訪問 質問内容 自己PR

(1)「どんな学生時代だったの? 」

同じ学校の出身であれば最初の話題はどうしても学校のこと、どんな学生生活をしてきたかに話が集中します。

OBが

OB
OB

「自分の学生時代はこうだったけど、君はどんな学生時代を過ごしてきたの?」

と聞いてくることがあります。もちろん雑談程度の時もありますが、特命を受けたOBの場合は人物評価をするための逆質問と考えて下さい。

これは、もちろんPRチャンスです。面接で聞かれたと思い、頑張った内容をしっかり答えるようにしましょう。
OBが「僕はほとんど勉強しなかったヨ。」と言ったとして、「私も授業をサボってバイトばかりやっていました。」ではPRになりません。OBの評価には、「バイトばかり」と記憶されます。

(2)「今の就活状況はどうなの? 」

OBの学生時代の就活状況を尋ねるとおおよその説明の後、

OB
OB

「ところで、君の現在の就活状況はどんな感じなの?」

と、逆質問されることがあります。

もちろん、答えを聞いて純粋にアドバイスをしてあげようという気持ちもあります。しかし質問の裏には、自社が第一志望かどうか、他社の志望状況はどうかと探っている可能性があります。

腹の探り合いと言うと嫌な言葉ですが、実際にはあり得る話です。

したがって、ここも迂かつに返事せずあくまで自己PRに徹します。訪問してきてくれた後輩を見て、人事部に推薦すべきかどうか迷いながら質問していると心得て下さい。自社は第二志望で、他社が受かった時点で辞退の可能性ありと判断されると何もなりません。

(3)「第一志望は決まっているの?」

この質問は、採用面接でもそうですが志望者に好印象を持っており、「他社へ行く可能性」を探る時に行う質問です。

OB面接でも同様で、OBなりに良い感触を持ったので、人事部に推薦報告をしようとしている証拠です。OBとしては、自社が第一志望と言ってもらいたいのです。

したがって、こう尋ねられたら迷わず

就活生
就活生

「ハイ、御社が第一志望です。」

と答えるようにします。これはOBの手前だからではなく、そう言わないと選考ステップに進まないからです。

続けて志望理由を具体的に述べます。

就活生
就活生

「今回〇〇先輩からも説明のあった事業内容に、一層魅力を感じました。」

と補足するなどするようにします。

スポンサードリンク

2. 「第一志望」の決心度を試すOBにPR

OB訪問をしてくる後輩の気持ちは、OB自身よく理解しています。学生はなんとかOBを頼って選考ステップを進めてもらおうと思っていると。しかし、いくらOBだからと言って頼ってくる後輩すべてを推薦することはありません。

後輩の人物評価もさることながら、当社を第一志望とする「意志の固さ」を試すため、「OBだから言うけど」と、前置きしながら意地悪な逆質問をすることがあるので注意が必要です。具体的な対応方法を紹介しましょう。

(1)「OBだから言うけど、ウチの仕事キツイよ!」

頼ってくる後輩の志望意志を試す質問の第一はこれです。実社会が決して生易しいものではないことはOB自身が一番よく知っています。真実味を出すため、あえて「OBだから言うけど」と前置きしながら強めの言葉を掛けられることがあります。

OB
OB

「会社案内には社会貢献とかリーディングカンパニーとか聞こえの良い言葉が並ぶけど、最前線の仕事は厳しいよ!」

就活生
就活生

『ハイ、御社の営業の仕事が厳しいのは他からも聞いております。
負けず嫌いが私の長所で、そんな中でこそ自分の可能性を試せると考え志望しております。』

「えっ!」とためらったり「本当ですか?」とひるんだりしないようにしましょう。法令違反やサービス残業など当たり前とか言われたら論外ですが、どこが厳しいのか、キツい内容をしっかり聞いて自己PRのチャンスをもらったと考えることです。

(2)「OBだから言うけど、この業界大変だヨ!」

この質問も、「それでも希望するの?」「他業界は考えないの?」と暗に言っています。こういった質問に対抗しようと思えば、業界研究をしっかりしておくことが必要です。そして、

就活生
就活生

『確かに先輩のおっしゃるように〇〇業界は外資参入もあり、ここ数年競争激化が激しく、まさに戦国時代と聞いております。
しかしこの時代、楽な業界があるわけでもなく、私にとっては好きな業界で働けるのが一番の希望です。』

と切り返し、自己PRに徹するようにします。

(3)「OBだから言うけど、業界1位の〇〇社は志望しないの?」

本番の面接でもよく聞かれる質問です。業界2位以下の企業を「第一志望」と言った場合に突っ込まれる質問がこれです。述べたように、OBの逆質問は面接と同じで、OBが模擬面接を実施してくれたと思い、むしろPRチャンスと考えるようにします。

業界2位であれ、それ以下であれ、同業であっても各企業には必ず事業内容に特徴があります。したがって、しっかり企業研究をしたうえでOB訪問をしておかないと、OBの思わぬ切り返しを受けます。

就活生
就活生

『私が御社を志望する一番の理由は、業界シェアの問題ではなく御社の伝統的な製品開発力です。
これが根本にあればいずれ上位の企業をキャッチアップできると考えます。もちろん、ゆくゆくは業界トップのA社を射程距離におさめ、見返したいという気持ちを強く持っています。』

3. 推薦してくれるOBへの自己PR

前段のように厳しく問い詰めて、なおかつ志望意志を示せる人材かどうかを見極めようとするOBもいれば、気に入った後輩を引き上げようとしてくれるOBもいます。

特に後者であることを感じたら、選考に役立つ情報を積極的に引き出し、内定がもらえるようしっかり自己PRします。

(1)模擬面接のリクエスト

OBとしばらく面談した後、OBが自分のことを気に入ってくれると、その場で面接練習をしてくれることもあります。

接してきた後輩の就活生を「なんとかグループ面接まで推し上げたい」という使命感のあるOBなどは、面接対策まで立ててくれます。遠慮せず、面接練習をリクエストしてみてはどうでしょう。

いわゆる模擬面接ですが、OBが実際に受けた面接経験や面接官情報も含めてアドバイスをくれます。
中でも面接官情報は貴重で、面接官の人数・グループ面接のやり方・質問の順番などを含めてシミュレーションをしてくれることがあります。

グループ面接は、自己紹介・自己PR・ガクチカの3点がポイントで、実際の面接時に通用するかどうかチェックしてもらうといいでしょう。

(2)選考ステップの情報

グループ面接も企業によってクセがありますが、大事なのは個人面接です。

自分の経験や社内情報から担当する面接官、質問者のクセ、質問の特徴など、質問傾向の情報があるとすごく安心です。あの面接官はニュースネタが好きだとか、必ずスポーツ経験を尋ねるとか、いろいろ傾向を教えてもらえればラッキーです。

また、筆記試験の情報も大切です。もちろん、問題を教えてくれることは絶対にありませんが、傾向を把握するための情報を教えてくれることもあります。

たとえば、「筆記の一般常識は記述式である」「時事問題が多い」といった傾向がわかるだけでも朗報です。タイミングを見て聞き出すのも方法です。

(3)今後の後輩のために裏切らないこと

OBといい関係ができれば、あとはOBのアドバイスに従い実行あるのみです。特にリクルーター的なOBは推薦した学生が内定までこぎつけられるように、一生懸命だということを覚えておいて下さい。

実際の面接本番では、面接官の手元にはどのOBが推薦した学生かその推薦理由は何かが資料となって置かれることが多いです。

面接官から「さすが〇〇の推薦だ!」と言われるのか、「〇〇の推薦なので期待したがガッカリだ!」となるか、OB自身も責任を負っています。

したがって、手取り足取りお世話になった時は、決して裏切らないようにすることが大切です。内定をもらったのに辞退すると、今後の後輩紹介にも影響すると肝に命じて下さい。

OB訪問 先輩を裏切らない


質問項目を整理し自己PRを盛り込む

OB訪問はこちらかOBにお願いし時間を取ってもらうため、しっかり質問項目を整理して準備しておくのが基本ですが、質問をするだけで終わってはいけません。タイミングよくしっかり自己PRをしようというのが今回のテーマでした。

OBの側に立つと、自分を頼って訪問してきた後輩をなんとかしてあげたいと思う気持ちがあるものの、誰彼となく推薦するというわけにはいきません。

そこでOBは逆質問という形で志望意欲や人物を見定めていくわけです。
学生にとっては、この逆質問への対応が自己PRのチャンスとなるのです。ただ、推薦するからにはしっかりとした意志確認をするためにOBからは厳しい言葉が出てくるのも覚えておいて下さい。

いずれにしろ、OBと良い関係になり早く内定を引き寄せるためにもOBの置かれた立場をよく理解し、推してくれるOBは裏切らないように共に一生懸命頑張るようにしましょう。

OB訪問の礼儀・マナー|好感度を上げる基本ポイント9

OB訪問で先輩からの好感度を上げられますように。

2018/12/17

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています