OB訪問の質問内容|就活に役立つ情報を聞き出す上手な接し方

2018.12.20
OB訪問の質問内容

OB訪問の質問内容|就活に役立つ情報を聞き出す上手な接し方

スポンサードリンク

いろいろなルートを辿りやっと実現できたOB訪問です。その目的を整理すると、

  • 多数参加の説明会では聞けない生の情報を、身近な先輩OBから聞きたい。
  • 最前線で働くOBの話を聞き、是非選考ステップに乗せてもらえるようにしてほしい。
  • 憧れの志望企業なので、できれば人事部への推薦も期待したい。

などが考えられます。
いずれにしろ、まずはOBに気に入ってもらい「可愛い後輩」のためにいろいろな情報提供をしてもらいたいものです。

OBとの上手な接し方と、肝心の何を尋ねればいいかと質問内容について解説します。


スポンサーリンク

1. 気に入ってもらうための接し方

OB訪問で「気に入ってもらう」という意味は、媚びを売るという意味ではありません。

OB訪問を受ける先輩社員は、多くの場合、学生と年齢の近い若手社員が担当します。彼らの気に入ってもらうとは、ひと言でいえば、「一緒に働きたい後輩」と思ってもらうことです。具体的には、それはどんな人を指すのでしょうか。

(1)反応が良い後輩になる

OB訪問 反応の良い後輩

人事部や採用担当、あるいは幹部クラスが自社社員として採用を決断する時は将来性や人間性、見識度などトータルで判断しますが、年齢の近いOBが気に入るかどうか、「一緒に働きたいかどうか」にかかっています。

仮に2~3年下の後輩を指導したり一緒に営業廻りをしたりしたとして、教えることに素早く反応して動いてくれることです。

具体的には一度指示したことにはすぐさま反応し、もちろん理解できないことについては「もう一度お願いします!」といったように、テキパキと反応し行動できることです。
訪問時に人見知りして、初対面のためもぞもぞしたり、何をすれば良いのかなど戸惑っている状態は反応の悪さを示すもので評価はよくありません。

(2)好奇心が旺盛な後輩になる

OBからすれば、自社を志望してくれているはずなので、自社に関して興味や好奇心でいっぱいの後輩であってほしいというのが正直なところです。それを「企業説明会」慣れしていているのか、OBの方から何かについて説明や解説を待っているという雰囲気のある後輩は失格です。

仮に、この企業は第二志望企業群とか、スベリ止めとかいった気持ちがあって臨むとすぐさま見破られてしまいます。好奇心の少なさは目の輝きや、質問時の勢いに現れるからです。

入社しても、好奇心がいっぱいで貪欲に業務知識を吸収しようという後輩こそ、一緒に働きたいと思う後輩です。

(3)礼儀・マナーを心得ている

気に入ってもらえる接し方の最後のポイントは、当然、礼儀やマナーを心得ている後輩です。

OBは入社して数年間、しっかりビジネスの世界で礼儀やマナーを習得しており、その基準で後輩を見ます。訪問してきた後輩は、今はまだ学生だからと多少割り引いてもらえると思ったら間違いです。

礼儀・マナーの具体的なポイントは別記事で解説しますが、当面の第一印象である最初の挨拶は必須です。
また面談が終了した後のお礼の言葉も大切です。入社後に顧客と対面した時のイメージ、また上司や職場の先輩と接する時のイメージに合わせて、自社に向いているかどうかを見極められています。

スポンサードリンク

2. 質問項目はしっかり整理して準備

さて、最初の印象部分ももちろん大切ですが、肝心なのはやはりOBに何を尋ね、どんな会話をするかという中身です。言えることは、質問項目は必ずあらかじめ準備をしておくということです。

(1)「OBだからこそ聞きたい」質問と目的

質問項目のポイントは、「先輩OBだからこそ聞きたい」ことです。会社案内やホームページに掲載されていることではありません。

OB質問は、大きく分類して次の4つです。いずれもOB自身の就活経験と会社生活からのアドバイスを求めるもので、しっかり整理をした上で質問するようにしましょう。

尚、OBへの質問の前段階で、今回面談機会を設けてもらったことへのお礼に加えて、

就活生
就活生

「御社への入社を強く志望しております。」

と切り出します。
以下に、具体的な質問例と目的を紹介しましょう。

 

①就活の中で最終的に自社に決めた経緯

就活生
就活生

「先輩が、就活で〇〇社を選ばれた経緯を教えていただけますでしょうか?」

就活生
就活生

「先輩が、最終〇〇社に決められた理由を教えていただけますでしょうか?」

これらの質問は、就活真っただ中の自分とOBを置き換え、最終〇〇社に決める決断の参考にしたり、実際に面接で「志望動機」を聞かれた時の回答にも使えます。業界の絞り方、〇〇社のどこが決定理由だったのかなどしっかり聞き出しましょう。

②実際に働いてみて感じた自社の雰囲気や風土

就活生
就活生

「〇〇社に入社され、実際に働かれて雰囲気や風土はいかがでしたでしょうか?」

就活生
就活生

「実際に入社され、なにか気付かれた点があれば教えていただけますでしょうか?」

入社前に情報や知識として知っていた雰囲気と風土は、入社してどうだったのかというのは大切なポイントです。就活時の予備知識通りだったのか、あるいは想像以上に良かったのか。場合によっては、素晴らしかった点と残念だった点の両方かもわかりません。

思わず出る本音を聞き洩らさず、後者のような残念だった点については納得できるようにさらに質問をするようにしましょう。

③現在担当されている仕事と将来の希望

就活生
就活生

「現在ご担当されているお仕事の内容について教えていただけますでしょうか?」

就活生
就活生

「それはご希望されたお仕事なのでしょうか?」

就活生
就活生

「将来、こんな仕事をしてみたいと思われているお仕事はあるでしょうか?」

入社すると実際にはどんな仕事があるのか、会社案内ではわからない点が多くあり、それをOBの担当業務から直接聞くことでリアル感が把握できます。

同時に、OBが生き生きとそれに取り組んでおられるかどうかも、話をする口調から感じ取るといいでしょう。

また、希望した仕事かどうか、将来の希望業務などを尋ねることで、会社内の人事配置やジョブローテーションの仕組みを知るとともに、OB自身のヤリガイ感や会社内での夢も感じ取ることができます。

④御社を志望しているがどのようにすればよいか

就活生
就活生

「現在、私は御社を志望しております。今後どのようにしていけば良いかアドバイスをいただけますでしょうか?」

①~③の質問は、調査やインタビューに来たわけではなく、いわば自分の志望意志を固める目的でもあったわけです。いろいろ尋ねた後に投げるこの質問は、OBに今後もお世話になりたいという気持ちを暗に示しています。

OB訪問をした後の、企業あるいはOBの対応はさまざまです。OB自身自分が体験したように「会社からの連絡を待って下さい。」なのか、「私から連絡をします。」なのかをしっかり聞き取るようにします。

3. 「とっておき情報」の収集

OB自身の就活中と入社後、そして将来のことに関する質問は以上ですが、ここでは面接などの選考時に役立つ「とっておき情報」を教えてもらうための質問を紹介しましょう。

(1)選考ステップでどんな点が重視されるか?

就活生
就活生

「先輩が面接などの選考で経験された、何か印象的なことはありますか?」

就活生
就活生

「御社の選考で、先輩の記憶に印象に強く残っていることは何かありますか?」

これは、選考ステップ、つまり面接や筆記試験、グループ討議などの各選考で印象に残っていることを尋ねています。

たとえば、

OB
OB

「面接では、スポーツ経験にこだわっていたよ。社風かなぁ。」

OB
OB

「グループ討議は時間厳守が徹底していた。時間に厳しい会社のせいかも。」

OB
OB

「あとでわかったけど、筆記試験はあまり気にしてないヨ。」

といった、「とっておき情報」は後々助かる情報です。

普通の説明会や全体質問ではなかなかしにくい質問であるのと、先輩だからこそこっそり教えてくれる話もあるので是非、尋ねるといいでしょう。

(2)評価のポイントはどこに置かれるのか?

就活生
就活生

「御社の選考は人物本位とお聞きしていますが、ご経験からどういった点でしょうか?」

就活生
就活生

「社風などから求める人材像は、どういったイメージでしょうか。また、実際どのような方が評価されるのでしょうか?」

面接などで必ず聞かれる長所や強みに対して、ある程度シフトができるようにしておく意味でこういった質問でOBから教えてもらうといいでしょう。

OB
OB

「ウチは営業主体の会社だから、絶対積極性だね。」

OB
OB

「社員教育では『冷静な頭と熱い心を持て。』なんてよく言われるよ。」

などという話が聞ければ大変役立ちます。

(3)社内で話題の最新情報は何かありますか?

就活生
就活生

「最近の〇〇業界の話題や、御社の喫緊の目標について教えていただけますでしょうか?」

就活生
就活生

「御社のニュースはいつも新聞でチェックしているのですが、社内の話題はやはり組織改革でしょうか?」

最近の事業内容の進展やトピックスの実感は、実際に働いている人でないとわかりません。

OB
OB

「〇〇業界もこれからは海外進出だね。」

OB
OB

「とにかく今は、ライバルのA社を負かすことがウチの社長の命題だよ。」

OB
OB

「それに合わせてかなり大胆な営業所再編が行われたよ。」

などと聞けば、面接質問で「〇〇業界について何か意見をお持ちですか?」と言われても、即、反応して的確な答えをすることができます。


OB訪問は感謝とお礼から

OB訪問は、OBのせっかくの勤務時間を割いてもらって会っているので、十分な感謝とお礼からスタートしましょう。そして、限られた時間を有効に使うためには行き当たりばったりの質問ではなく、尋ねたいことをしっかり整理してまとめておくことが大事です。

また、どんな質問にも快く答えてもらうためには最初の印象が大事です。礼儀・マナーはもちろんのこと、聞きたいことはもぞもぞせず積極的に聞く姿勢が好感につながります。

質問項目は「OBだからこそ」がポイントです。入社志望の気持ちが強いことを示しつつ、テキパキと質問すれば効果的なOB訪問になるでしょう。

次の記事では、OBから逆質問を受けた場合を想定し、上手に自己PRする方法を解説します。

OB訪問の質問内容|自分を上手に売り込んで自己PRする方法

OB訪問を上手に利用できますように。

2018/12/19 2018/12/20

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています