合同企業説明会に予約は必要?|途中入場・入退出は? | はたらくす

合同企業説明会に予約は必要?|途中入場・入退出は?

合同企業説明会 予約・準備 企業研究

ここから就活をスタートするという人も多い合同企業説明会ですが、参加するのに予約は必要なのでしょうか?

結論からいうと、基本的には、予約不要、そして途中入場や退出も自由です。


予約なしで中途入場、入退出が自由

合同企業説明会の特徴は「予約なし」で参加できるという気軽さがあります。

授業、クラブ活動、アルバイトの合間をぬって説明会に参加しようとすると、どうしても時間的な制約が先に立ちますが、合同企業説明会はそれがありません。

(1)日時確認だけで十分

日程さえ調整出来れば、参加時間は自由

開催の時間帯は、開場は早いところでは10時過ぎ、閉場は17時が一般的です。

説明会に必要な所要時間はどれくらいですかという疑問がありますが、自分の使える時間が5時間あれば5時間のスケジュール、1時間しか取れなければそれなりのスケジュールを組めば大丈夫です。

短時間であれば、1社を狙い撃ちして訪問すればいいし、時間があれば許す限り多くの企業を比較訪問すればいいでしょう。

企業の各ブースでは企業説明の段取りがあるので、スタート時間を一応区切っていますが途中からの着席も大丈夫です。

企業が合同企業説明会にブースを持つ目的は、できるだけ多くの学生の参加だからです。

(2)合同企業説明会の「ハシゴ」も大丈夫

合同企業説明会 はしご

合同企業説明会が開催される日は、学生が動きやすい土・日・祝日に集中しがちです。

もし参加したい説明会の日程が重なった場合は、午前中はA団体主催、午後はB社主催など上手にハシゴをする方法もあります。

これが予約不要の強みです。

これが単独の会社説明会となると予約を取られ、時間が縛られるためなかなか身動きができなくなります。

合同企業説明会は極端にいえば数をこなし、できるだけ視野を広げるのが目的なので自分の使える時間はフルに使うことをおススメします。

(3)授業やアルバイト終了後の参加でOK

ここまで述べたように合同企業説明会の企業側の目的はできるだけたくさんの学生の参加です。

いわばお客様扱いなので、学生本意でうまく参加するのが一番です。

朝から開催している合同企業説明会に、実際に参加できるのが夕方の閉場直前であっても、まったく気にする必要はありません。

授業やアルバイトが終わったので駆けつけましたと言えば十分です。

逆に、午後の遅い時間の方が空いていてじっくり説明を聞けるというメリットもあります。

ただし、遅くなって当たり前のような顔をしたり、入退場自由だからといって企業が説明している最中にエラそうな顔で訪問したりすることはもちろんNGです。

スポンサードリンク

合同企業説明会へは気軽に参加しよう

ここ数年、学生側の売り手市場と言われる中で、早い段階から内々定を出す企業もあるようです。

しかし、売り手の学生側からすれば早い段階で来春の就職先を最終決定するつもりもなく、内定が出てもさらに企業研究を続ける学生がほとんどです。

前年から企業のインターンシップに参加して企業研究に余念のない人も、直近の合同企業説明会からスタートしようとする人も、まだまだ就職活動は続きます。

ですので、合同企業説明会への参加は総じて気軽にとらえればいいでしょう。

しかし、参加する以上、最低限の準備と説明を聞く上で是非とも押さえておきたいポイントはありますので、それについては次の記事で紹介します。

最後に付け加えると、合同企業説明会から始める就活で大事なことは「スケジューリング」です。

合同企業説明会への参加自体は予約なしの入退出自由とはいうものの、一旦参加して以降は、毎日のスケジュールは一気にタイトになることを考えておきましょう。

いよいよ就活スタートです。しっかり準備をして臨みましょう。

 
次の記事
合同企業説明会に参加するときの準備。服装はスーツで筆記用具は必携!