合同企業説明会は企業研究の場|何社ブースを回って何をメモする? | はたらくす

合同企業説明会は企業研究の場|何社ブースを回って何をメモする?

合同企業説明会 行動の仕方1 企業研究

合同企業説明会の会場内では、なにをすればいいのでしょうか?

結論的に言えば、自分の予定に合わせて会場内を自由に行動して下さいということなのですが、行動の一番の目的は企業研究です。

たくさんある企業の中から自分に合った企業ブースを回る順番や、各企業ブースでの振る舞い方などを具体的に見ていきましょう。


1. 企業ブースを回る順番は興味本位でOK

合同企業説明会の会場に到着すると簡単な受付があります。

一般的には、「参加証」のようなシートに学校名・名前・連絡先など簡単なプロフィールを書き、後はまったくのフリーとなり自由に会場巡回をします。

各企業の回り方、振る舞い方といってもあまり堅苦しく考えることはありません。あくまで「自由な就活」と気軽に考え、最初は自分の「興味本位」から入りましょう。

合同企業説明会 ブースを回る順番

(1)人気企業ブースだからと先入観を持たずに訪問

会場に入るとまず最初に出くわすのが、人だかりの多いブースと少ないブースなどバラツキがある状態です。

有名企業はどうしても人が集中します。また、あらかじめ参加予定の企業を調べた人が、特定の企業に集中する結果かもわかりません。

しかし、いずれにしろ気にすることはありません。せっかく多くの企業が参加する合同企業説明会では、周囲を気にせず自分自身の「興味本位」で企業ブースを選ぶことをおススメします。

本来、会社規模、業種などまったく先入観なく企業ブースを選べば、どのブースにも万遍なく人が集まるはずです。しかし、バラツキができるのは、きっと企業名をテレビCMで聞いたことがあるとか、馴染みのある商品を扱っているといった単純な理由がほとんどと思われます。

(2)「興味本位」の後に続くものが大事

興味本位で入った企業ブース、最初は全然問題はありません。企業説明を思う存分、納得いくまで聞きましょう。馴染み商品の開発秘話に納得するのもいいし、初めて聞く新規事業の内容に驚くのもいいでしょう。

しかし、問題はこれからです。「働く場所としての会社」としてはどうなのだろう、「やりたい仕事が見つかる」のだろうかという種類の興味です。ここから、本当の企業研究が始まるとっても過言ではありません。

実はこの「興味本位」や「知ってる企業」の次に来る事柄が、「志望動機」と言われるもので、エントリーシートはじめ面接などで必ず聞かれます。内定につながるかどうかの分かれ道はここにあると言える大事な部分です。

「なんだか、働きやすそうな企業だな」「やりたい仕事があるかもしれない」と思えるかどうかを念頭において企業ブースを回るといいでしょう。

(3)興味のある業界から絞り込んで行く方法

「興味本位」で特定の企業に決めず、興味ある業界・業種から企業ブースを回る方法もあります。

業界とは、金融業界、流通業界、製造業界、IT業界などの種類のことです。
業種とは、業界をさらに分類して、金融業界なら銀行業、損害保険業、証券業。流通業界なら、小売業、商社、物流業といった具合です。

合同企業説明会では、学生が多方面に興味を持ち比較選択できるようにさまざまな業界・業種の企業を集めていますが、会場ではわかりやすくそれらを各ゾーンで括っていることが多いです。

業界研究を念頭に各企業を回ると、「なぜ当業界を志望しましたか?」という面接質問に対応できるので是非おススメしたい巡回方法です。

スポンサードリンク

2. 企業ブースで何をすればいいのか

就活はある意味では山登りと一緒で、頂上の唯一1社に辿り着くまでに、いろいろな登頂ルートがあります。

志望企業数社の決め打ち、業界からの絞り込み、やりたい仕事優先などいろいろな登頂ルートの選択にヒントを与えてくれるのが合同企業説明会と考えればいいでしょう。そのために、企業ブースで取るべき行動を解説しましょう。

(1)メモを取る習慣

合同企業説明会 メモを取る習慣

なんらかの興味を持って座った企業ブース、まずやるべきことは説明担当者の話をしっかりメモを取ります。

企業が配布する会社案内や資料もありますが、特に説明の中で企業が一番のセールスポイントとするところは何か、これがメモのポイントです。事業の発展性、業界での優位性、他社にない福利厚生、社内風土、いろいろ説明があったことを自分なりに順位をつけてメモをしていきます。

説明会に参加しても、まったく縁がつながらない企業もありますが、接点ができて面接や試験のステップに上がっていったとき、この時のメモは必ず重要になります。

たとえば面接で志望動機を聞かれた時、「〇月〇日の合同企業説明会で、ご担当の〇〇様の説明で御社の一番の強みが事業の成長性という最初のインパクトです。」と明確に答えれば最高です。

(2)メモから「会社の見方」を整理する

前段のように合同企業説明会でのメモが一気に志望動機の使える例もあれば、メモを取りながら「会社の見方」や「会社に求めるもの」を自分の中でだんだん固めるようにしていきます。これは合同企業説明会ならではできることで、説明を受ける企業の数が増えれば増えるほど比較選択がしやすくなります。

「会社の見方」とは、事業の発展性わかったが社員としての働きやすさはどうなのだろう?社内風土はよさそうだが会社規模に問題はないのだろうか?などそれぞれの企業の特徴を整理していきます。

当初の興味が「知名度」「テレビCM」だったが、会社の見方にはそれ以外に様々な見方があることにだんだん気付く、これが合同企業説明会の大きな成果です。

(3)説明者はじめ企業ブース内をしっかり観察

合同企業説明会での企業ブースの開設は、経費面では実は大きな投資なのです。また、当日の資料等の準備には多大な労力をかけ、企業説明をする人材も自社のPRをしっかりできる人事・採用担当者や先輩社員など、優秀な人材を配置して臨みます。当然、合同企業説明会では比較することができます。

いわば、企業ブースの出来映え、情報量、そして説明者の人柄・説明の仕方などがそこに現れるので、これを観察しない手はありません。しっかり比較観察して、企業の採用意欲を見極めるようにします。

淡々と話すだけで熱意が感じられなかったり、資料も適当に並べた程度の企業は推して知るべしです。

3. 何社ぐらいを目標にすればよいのか

よくある疑問で、一回の合同企業説明会で何社ぐらい回ればいいでしょうかということをよく聞きます。もちろん正解はありませんが、「就活は一生に一回」ということを念頭におけば自分なりの答えが出てくるでしょう。

(1)使える時間と体力と相談

結論的に言えば、使える時間と体力の勝負です。つまり、時間の許す限り、また健康を害さない程度にできるだけたくさんの企業を回るようにしましょう。

山の登り方の例でいえば、いくつものルートを持てるようにします。また、穴の掘り方の例でよく言われる、深く掘り下げようとすればするほど、できるだけ周囲を広げて掘り下げよということと同じことで、数をこなすことが大事です。

ちなみに体力の方ですが、合同企業説明会で朝から夕方まで数時間各企業ブースをそれなりの緊張感でもって巡回すると、間違いなくヘトヘトになります。

通常の学生生活をこなしながら、今後も延々と続く就活は体力との勝負です。しっかり体調の管理、セルフコントロールをして活動するようにしましょう。

合同企業説明会 複数企業回る

(2)先入観を持たずに何事も貪欲に研究

合同企業説明会ではできるだけたくさん回る方が良いというのが正解ですが、中には、それを邪魔する考えもあります。

たとえば、「この企業はさっきと同じ業界なのでよく似たものだろう」とか、「〇〇業界って、いま厳しそうだからやめておこう」といった浅い知識での先入観です。

企業は生き物と言われ、いわば人間と同じなのですべて個性を持っています。たまたま扱い品目は同じでも、商売のやり方、ビジネスモデルが全く違うことがあります。

また、企業活動は単純ではありません。見えないところで新規事業や新製品開発に必死なので、まずは聞いてみようの精神で企業ブースを訪問するのが鉄則です。

(3)興味のない業種をあえて訪問

冒頭の「興味本位」とあえて反対のことを言いますが、興味のない業界、業種、企業ブースの訪問も、あとあと必ず役に立つので、時間の許す限り訪問することをおススメします。

理由は新しい企業発見につながる可能性があるということ。そして、そもそも学生時代に興味を示し、知っている企業はほとんど、消費者に近いB-C企業です。

いわゆる産業基盤に携わるB-B企業が何をしているかなど興味がなくて当然です。

たとえば普段の生活でも目に触れる電気製品や生活用品を作っている企業は何の会社かわかりますが、機械を作る機械を作っている会社は知る由もありません。また、洋服となれば興味が湧きますが、服地原料となる繊維の製造会社にはなかなか興味が湧きません。「一体それは何の会社?」という会社ほど訪問してみてはいかがでしょうか?


合同企業説明会で企業と業界のイメージをつかんでいく

就活で志望企業をひとつに決め、なおかつ志望企業から内定をもらうまでには本当に長い期間を要します。

しかも、対象となる企業の数は気の遠くなるほど多く存在します。その中から、唯一の1社を決めるわけなので努力はもちろん大切ですが、どこかで偶然や縁という存在を否定することはできません。

だからといって偶然や縁がある日突然、舞い込んでくるわけでもありません。その意味では、合同企業説明会への参加は、1社1社訪問する時間や手間を考えると、縁のある企業との偶然の出会いを引き寄せる絶好の機会とも言えます。

絶好の機会をさらに効果的に活用するには、じっと待ち構えるのではなく積極的に行動することで偶然が必然に変わっていくと考えてはいかがでしょうか。

次の記事ではさらに積極的な企業との接点づくり、言い換えれば「縁つなぎ」の方法を解説しましょう。

合同企業説明会での企業への質問と感想アンケート