【就活】内々定|内々定から正式内定へ。内定辞退の企業への伝え方とタイミング

2018.12.19
内定辞退 伝え方 タイミング

【就活】内々定|内々定から正式内定へ。内定辞退の企業への伝え方とタイミング

スポンサードリンク

せっかくもらった内々定ですが、他企業の志望順位の関係で後々辞退しなければならないことは就活の中ではよくあります。

その際、多くの志望者の中から自分を選んでくれた企業に対して、申し訳ない気持ちが起こるのも当然です。

お互いに選び、選ばれという就活の中では割り切って対応しなければならないとはいうものの、実際には企業にどのように説明すればいいのでしょうか。
また、タイミングとしては、どの時点で伝えればいいのか悩ましいところです。

ここでは、内定辞退に関連したよくある悩みについて解説します。


スポンサーリンク

1. 内定辞退をどのように伝えるか?

「内々定」の時も「正式内定」をもらって以降も含めて「内定辞退」という表現をします。

複数の内々定あるいは内定をもらっていても、決める企業は1社しかないので、それ以外の企業にはすべて内定辞退を申し出なければなりません。

(1)マナーをわきまえ丁重に辞退

内定辞退は、複数の企業から内定をもらった以上は避けて通れないぜいたくな悩みです。

しかし、企業に連絡せずに選考日程をキャンセルしたり、マナーをおろそかにして辞退したりすることは社会人が近い就活生としては避けたいものです。
企業側の立場に立てば、来春の新入社員を1人確保しホッとした直後に連絡される内定辞退は、採用活動のやり直しを意味します。

さらに、10月1日以降の就職戦線がすでに終わってから申し出られた内定辞退は、新たに採用活動してもほとんど応募がなく、採用人数不足にならざるを得ません。

企業も多少の辞退対策として心づもりがあるといっても、おそらく「第一志望です」と言いながら応募してきた以上、学生も誠意を持って申し出なければなりません。

(2)具体的な辞退の連絡方法

では、内定辞退の連絡方法としてはどんな方法がいいのでしょうか。
おすすめしたいのは電話による連絡です。たとえば次のように話します。

「○○様でしょうか。○○大学の○○と申します。先日ご連絡いただいた内定のことでお電話を差し上げました。
私にとっては身に余る光栄なことだったのですが、実は他社からも内定をいただき、悩んだ末の結果、他社に行くことに決めました。
つきましては、御社からいただいた内定は辞退とさせていただきたく、電話をいたしました。本当に申し訳ありません。」

……これによって、企業がどういう反応をするかはまちまちです。

辞退理由を聞かれたり、他社のこともいろいろ尋ねられたりするかもしれません。しかし、言えることはこれしかないと決心し、礼儀は最大限踏まえつつ、中途半端な言い方をせずに用件を伝えるのが内定辞退の伝え方です。

(3)直接会って詳細説明は不要

丁重にお詫びしながら内定辞退を伝えるという意味では、直接会って話をするべきという意見もありますが、就活の内定辞退はできれば会わずに伝える方がいいでしょう。

確かに「お詫び」の要素はありますが、就活では起こっても致し方のないことであるのと、内定辞退に納得の行く理由などないからです。

もし、自分の中で迷いが少しあって、特にお世話になった採用担当者にいろいろ相談したいという気持ちがあれば別です。

しかし、辞退意志を固めた以上、辞退理由や経緯をあれこれ話し合っても意味がありません。電話で明確に内定辞退を伝え、「ありがとうございました!」とお別れするのが一番です。

内定辞退 謝罪 お礼

スポンサードリンク

2. 内定辞退を企業に伝えるタイミング

内定辞退は、せっかく1社からもらった内定を辞退するので、別の1社の内定が絶対確実であることを確認した上で行われなければなりません。

辞退のタイミングには十分注意する必要があるという例を紹介しましょう。

    現在、A社の内々定を持っている学生が、第一志望のB社の2次面接も通過し、あとは役員面接を残すだけとなりました。先輩OBの予想も、役員面接は顔見せ程度でほぼ内々定は間違いないとのことでした。

    そんな中、B社の役員面接の前日にA社から電話があり、話をしたいので明日来れないか、とのこと。明日は予定があり無理だと言ったが、怪しいと感じたA社の担当者が突っ込んだ結果、B社の役員面接を白状してしまいます。そして、B社に行けると思っていた学生は成り行きでA社を内定辞退したいと先に言ってしまいました。

    翌日、B社の面接で動揺した学生は不合格となってしまいました。

(1)必ずもう1社の内定を確認

企業が内定(内々定)を出すのは、「多分」ではなく「企業の約束事」なので必ず改まって伝えます。

逆に言えば、念を推して確認するぐらいでないと失敗します。まして、結果次第で別企業の内定辞退を考えている場合は用心します。

内定辞退 第一志望の内定を確認

(2)「A社の内定を辞退いたします!」とB社に宣言

一旦内定を出した学生に対しては、企業の採用担当者は辞退を申し出られないように常に本人に連絡を取り、近況を尋ねたりします。

また、この事例では、A社の担当者はライバルB社の最終面接の実施日を情報として知っており、あえて前日に電話をしたという背景もあります。この学生は突っ込まれて言わなくてもいいことを言ってしまったようです。

内定辞退をする鉄則は、この例で言うとB社から最終面接後に内定をしっかり聞き取ること。そして、もらった時に、

「ハイ!内定ありがとうございます。
御社が第一志望なので、先に内定をもらっているA社は内定を辞退いたします!」

としっかり宣言すればお互い、勘違いすることは絶対ありません。

(3)できるだけ早い時期に辞退宣言

内定は、就活の勲章でもなんでもありません。得意気に自分が今もらっている内定の数を友達に言いふらし、さも悩んでいるように話すのは、感心できません。

タイミングとしては、1社もらったら先にもらっている1社はすぐに辞退連絡をするのがマナーです。

内定式や内定者懇談会を無断欠席することで、結果的に内定を辞退したというやり方は完全なマナー違反です。

その企業で名前が取り沙汰されることはありませんが、学校名は必ず記憶されます。

面接官
面接官

「〇〇大学の〇〇が連絡なしに辞退した。あの学校の学生は…」

という記憶です。

とことん企業選択に悩む場合は、客観的にアドバイスをくれるキャリアセンターに相談しましょう。

3. 内定辞退の「引き留め工作」について

電話でしっかり内定辞退を伝えても、一旦了解の返事をもらった後に

面接官
面接官

「直接会って話をしませんか?」

と誘われることがあります。

これは、理由をもっと知りたいというより、「引き留め工作」です。どんな風に引き止めされるのか、そして対応について解説しましょう。

(1)直接会うのは極力断る

通常、一旦内定を出した学生から内定辞退の連絡を受けた企業は、できれば直接会って辞退を撤回させたいと思うのが普通です。

内定辞退の連絡に電話連絡を薦めるのは、それが理由でもありますが、会って話すと気持ちが揺らぐのは否定できません。電話口で

面接官
面接官

「電話ではよく伝わらないから直接会おうよ!」

と言われたらまずは断った方がいいでしょう。

窓口の採用担当者とは、企業説明会以来、半年近く連絡を取り合いどこかに信頼関係が生まれていたとしたら、内定辞退はその人を裏切るようで正直辛いものがあります。

直接会って顔を見ながら、「私と一緒に頑張ろうよ!」と切々と言われたら、つい「これだけ私のことを考えていてくれるんだ!」と心が動いても仕方ありません。

内定辞退 引き止め 断る

(2)会う場所にも要注意

これまでお世話になった採用担当者だから、会うだけ会ってしっかりお断りをしようと思っても、会う場所によっては時間が長くなり説得される可能性は一層高くなります。

また、説得されない自信があっても、内定辞退を伝えるだけのことで長時間会うのは辛いものです。
会う場所が会社内の応接ならビジネスライクに済ませそうですが、カフェ、レストランとなってくるとついつい1時間近くかかるかもわかりません。

面接官
面接官

「お昼食べてないから一緒にどう?」

面接官
面接官

「仕事終わってから時間が取れるので夕方はいいかな?」

特に、企業担当者が引き留めを目的に会おうという場合は、ゆっくり時間をかけて説得しようとするので要注意です。

(3)引き留め工作に応じたら次の悩み

夕方からレストランで食事をしお酒も入ると、「ご馳走になった」という結果だけが残り、内定辞退の目的を忘れてしまいます。

採用担当者はその道のプロです。本気になって引き止められると、知らず知らずのうちに説得され内定辞退を撤回してしまうことになるかもわかりません。

しかし、ここで間違ってはならないのがA社の内定辞退の撤回は、B社への内定辞退が新たに発生することを意味します。

B社に今度どのように説明すればいいのか、新たな悩みが起こることを考えておかなければなりません。言えることは、どの企業も必死なので、一見優しい採用担当者も強い決心で引き留めに来るということです。


内定辞退は、悪いことではない

内定辞退は、悪いことでもなんでもありません。
しかし、マナーをわきまえて、できるだけ早い時点でお断りをすることが大切です。

さらに、他社の内定が確実に得られた上で慎重にしなければ、せっかくの内定も失くしてしまうことになりかねないということ。この2点をしっかり頭に入れておきましょう。

一方、スムーズに内定辞退が受け入れられるとは限りません。

脅すような特殊な企業はキャリアセンターや公的機関に相談すればいいのですが、安易な気持ちで会ったばっかりに内定辞退を覆されることもあるので注意しましょう。

いずれにせよ、就活の最後の仕上げ段階なので慎重かつ、明確な意志を持っての対応が望まれます。

2018/12/19

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています