就活の「服装・身だしなみ」は清潔感と着こなしが最も重要なマナー

2018.12.17
就活 服装と身だしなみ

就活の「服装・身だしなみ」は清潔感と着こなしが最も重要なマナー

就活マナーですぐ思いつくのが、「服装・身だしなみ」です。

服装は、文字通り就活をする学生にふさわしい服および雑貨・小物など持ち物全体を指します。また、身だしなみは、ただ単に服装や雑貨を揃えればいいということではなく、「着こなし」はじめ、それにふさわしい身づくろいを含みます。

企業が求める「服装・身だしなみ」の原点は、「清潔感」と「学生らしさ」です。では、具体的にはどのように整えるのがマナーなのでしょうか。
一方、個性との兼ね合いをどうするのかという問題が残ります。

ここでは、基本の服装と身だしなみの両面から解説していきます。
また、「服装は自由」と言われた場合の対策としては、次の記事で説明します。


1. 清潔感と学生らしさ

企業が求める就活生への「服装・身だしなみ」で、「清潔感」が大事だという意味を説明しましょう。

一方、「学生らしさ」については、ピンと来ない人もいるかもしれませんが、ひと言でいえば、学生の立場や身分をわきまえた等身大の服装・身だしなみのことを言います。以下に、具体的に解説しましょう。

(1)清潔感の意味

就活においてマナーを考える時の基本は、「見られている」というのは何度も述べてきました。服装・身だしなみにおいても、まったく同様です。

では、人事担当者は何を見ているのでしょうか?

それはひと言でいえば「清潔感」です。逆に言えば、学生のリクルートスーツやバッグのブランドや値段には、一部メーカーや小売店でない限り、ほとんど興味がありません。

「清潔感」とは、たとえば着ているスーツのシワやシャツ・ブラウスの襟元、靴の手入れなどを指し、ちゃんと気を遣い手入れをしているなと感じさせるものです。

これらは、面接で対面した時、少なくとも20~30分間目の前にいるわけなので、清潔感がないとすぐに目についてしまいます。

(2)清潔感から日常生活を伺う

これらに注意が向くのは、単に学生のオシャレ感覚を見ているのではありません。採用担当者が関連付けているのは日常生活の清潔感や接する人たちへの細やかな気遣いです。

たとえば靴の汚れを気にせずに会社訪問をする人の日常性は、多分、部屋の中の清掃や日々の服装にも無関心なのだろうと推測してしまいます。

清潔感をチェックするということは、きれい好きな人を採用しようという意図ではまったくありません。周囲の人たちに不快感を与えてはいけないというマナーを理解し、気配りのできる人であるかを察する意味があります。
さらには、TPO(時・場所・状況)を察する感受性を持って行動できる人を望んでいるからです。

(3)「学生らしさ」と言われても?

服装・身だしなみに関して、企業は学生にまったく高望みをしていません。学生の価値観やキャンパスでの過ごし方、また金銭的な背景にさまざまな形があったとしても、少なくとも勉強を主とし収入のないはずの学生に過大なものは一切求めません。等身大とはそういう意味です。

したがって、たとえば面接だからと言って、できるだけ良く見せようとして華美な服装をしたり、必要以上に装飾モノをつけたり化粧することをまったく期待していません。むしろ、違和感を覚えTPOに配慮できない感受性のなさを見せるだけです。逆に質素だが、よく見れば細部への気遣いを感じさせる服装や身だしなみがもっとも評価されます。

就活 清潔感

スポンサードリンク

2. 服装や雑貨の選び方を紹介

前段述べた企業の期待値を念頭において、実際に服装および雑貨・小物の選び方を紹介します。

(1)清潔感とフォーマル感で「リクルートスーツ」

清潔感とフォーマル感で、私服限定の指示がない限り、男女ともリクルートスーツを選びます。

色は、男子は黒、濃紺、濃いグレーが基本です。同じ色でも濃淡があるのと、多少ストライプの入っているものなどさまざまですが、白シャツとネクタイを組み合わせて、お店では「顔うつりが良くて、清潔感のあるもの」とリクエストするといいでしょう。

女子は、黒を選びます。フォーマル感とビジネス仕様として、決めつけても全然問題ありません。むしろ、自分の体にあったスタイルとフィット感でスーツを選び、白シャツの襟の形で若干の変化をつけるといいでしょう。男子同様、「清潔感」を優先します。

男女ともフィット感は大切で、本人が感じる着心地の良さは、見ている相手に与える印象も大変良くなります。

(2)雑貨のポイントは「靴」と「バッグ」

雑貨の中でのポイントは、靴とバッグです。基本はスーツとのコーディネイトなので、男女とも黒がベストです。形状も装飾のないシンプルなものを選びます。

足元は、歩いている時はさほど注目されませんが、最も目につき長く見られるのが面接の時です。人物を見ない時の面接官の視線は、足元に落ちてきます。

男子

女子

バッグもシンプルな形の黒を選びます。就活に限れば多くの書類や筆記具を入れて持ち歩くわけでもないので薄手のものを選んでおきます。

男子

女子

a4 軽量レディースビジネスバッグ 黒 F A

a4 軽量レディースビジネスバッグ 黒 F A

1,698円(05/25 20:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

会社訪問でバッグから書類を取り出す時、ゴソゴソ探していると意外と観察されてしまうのがバッグです。仕切りやファスナーの多い多機能バッグは、就活とは別の目的があるようで、背伸びした感じをさせるので避けた方がいいでしょう。

(3)見られてガッカリされない小物選び

就活スタイルと言えども、おシャレをしたい人は「これぐらいは好きなモノ、普段から使っているモノを持っていたい」と思いがちです。ところが思わぬところから、会社の人や採用担当者に見られガッカリされることがあるので注意しましょう。

  • 袖口からチラッと見えた時計が高級ブランドモノだった。
  • 汗を拭く時に取り出したハンカチが子供じみた柄だった。
  • 携帯電話、メモ帳とボールペンにキャラクターもののアクセサリーがぶら下がっていた。

スーツ、靴、バッグといったリクルートスタイルの基本アイテムが控えめな色や形でまとめているので、ここに上げたような小物アイテムには十分注意しましょう。あと、ベルト、靴下(ストッキング)、財布、名刺入れなどもう一度振り返りましょう。

3. 「身だしなみ」を整えるポイント

服装がいくらキレイにまとまっていても、たとえば着こなしがまずかったり、清潔感がなくなっていると身だしなみとしては失格です。気を付けなければならないポイントを紹介しましょう。

(1)就活を意識した「着こなし」のポイント

  • スーツの前ボタンは必ず留めること。
  • ネクタイのゆるみとシャツの襟の乱れに注意。
  • スーツの背中や、腕の部分のシワはクタビレ感が出る。
  • スーツとベルトのミスマッチに注意。
  • ズボンやパンツの折り目は必須。定期的にクリーニングを。
  • 靴の手入れ不足や汚れには注意。
  • 黒い靴に白や明るい色の靴下はミスマッチ。
  • 靴ひものほどけに注意。
  • バッグのファスナーの締め忘れがないように。
  • 派手な化粧、ヘアアクセサリー、マニキュアは不向き。

(2)清潔感をチェックするポイント

  • 頭髪のブラッシング不足、寝ぐせは禁物。
  • シャツやブラウスの袖口・襟元の汚れに注意。
  • 足元の靴からはみ出した靴下がほつれはがっかり。
  • 髭の剃り残し、鼻毛も近距離で発見される可能性あり。
  • 暑い夏の面接は化粧の崩れに注意。
  • 意外と忘れてしまうメガネ、レンズの汚れ。
  • 取り出したハンカチがしわしわだった。
  • 伸びた爪や歯の汚れもげんなり。

ほとんどの面接場面で、上記のような身だしなみをチェックされます。面接は質問と応答のやりとりが中心ですが、仮に面接官が2人いれば、質問をしていない面接官は観察する余裕がたっぷりあります。ちょっと神経質になりそうですが、事前に確認さえしておけばすぐ改善できることばかりです。

(3)季節に応じた服装と身だしなみに注意

就活用として用意したリクルートスーツやシャツ類は、ほとんどの人が事前に用意したものです。

例えば、3年生の終わり頃の秋冬に用意したものであれば、翌年の内定懇談会ごろまでだと約1年間使うことになります。
しかし、一年中同じスーツというわけにはいきません。必ず、夏物・冬物と切り替える時期を通過するわけです。

経費的に大変ではありますが、かといって冬物を真夏に着るわけにはいきません。したがって、やはり2シーズン分は用意しておかく必要があります。また、着替えのシャツ類を用意したりタイミングよくクリーニングをしたりしないと、長期戦の就活では、服装のクタビレ感は必ず出てきて、マイナス印象となるので注意しましょう。

就活 Yシャツ


身だしなみは、企業人として求められるマナーの常識

いかがでしたでしょうか?
企業の求める人物像に合わさざるを得ないため、学生時代の自由な生活と服装からすれば、窮屈さを感じるかもしれません。
しかし、就活するにあたって服装や身だしなみは重要です。

企業は一律に統一された服装や身だしなみで縛ろうと考えているわけではありません。
少なくとも就職すれば社会人、企業人として求められるマナーの常識を企業は持っており、最低限のマナーを持った人物をもとめています。
清潔感はじめ、マナーとして求めるポイントは細かい部分が多いのですが、新卒として就職を目指す以上は出来なければならない必須項目と考えて下さい。

一方で、最近はリクルートスーツのような画一的な服装を嫌い、面接時の服装について「服装は自由」とか「リクルートスーツ以外でも可」といったコメントをつける企業も増えてきました。

これについてはどう対応していけばいいのか、次の記事で紹介しましょう。
就活の「服装・身だしなみ」。服装は自由と言われた場合は?

社会人の基礎となる服装のマナーが身につき、就活が成功しますように。

2018/12/17

スポンサーリンク
☆自分の「強み」を知って自己PRすれば書類選考・面接が有利に!
転職成功
本格的な自己分析が無料!転職者の8割が利用する転職サービスとは?
この記事も一緒に読まれています