『紹介予定派遣』とは?本当に正社員になれるの?

派遣会社が提供しているサービスのひとつに、派遣先に派遣期間終了後、直接雇用契約をしてもらえる可能性がある紹介予定派遣』といったものがあります。

派遣法改正のいわゆる3年ルール、5年ルールにより、業種によっては派遣社員として同一の場所あるいは同一の派遣会社で働き続けることができなくなりました。

安定を求める求職者や派遣社員にとって、正社員になれるチャンスがある紹介予定派遣は魅力的なシステムです。

そもそも紹介予定派遣とはどのような流れで運営されているのか、本当に紹介予定派遣で安定した仕事に就くことができるのか、メリットデメリットの双方向から紹介します。


紹介予定派遣にはこんな特徴がある

1. 人材紹介と派遣を組み合わせたもの

紹介予定派遣は、人材派遣人材紹介を組み合わせたものです。

一定期間派遣社員として働いた後、労働者と派遣先の双方が直接雇用契約を結びたいという意思を示した時、労働者の雇用主が派遣元から派遣先に移行するといったシステムになっています。

つまり、『派遣社員』という立場から脱却し、直接雇用の社員などになるチャンスをもらえるといったシステムなのです。

2. 面接、履歴書提出などの選考がある

紹介予定派遣では、派遣先の会社担当者が直接求職者を履歴書や面接などで選考をすることが認められています。

一般的に会社へ直接応募する場合は通常通りの流れなのですが、派遣先が労働者個人を特定するような選考が認められていない派遣社員とはこの点が大きな違いとなってきます。

3. 最初は派遣社員として勤務

紹介予定派遣では、最初は派遣社員としての勤務からスタートします。

法律では最長6カ月。実状は3~6カ月という期間を設ける会社が多いようです。

派遣社員として働く期間は、勤務先は入社予定の会社であっても雇用主は派遣元の会社(派遣会社)となります。

派遣社員と同様、雇用契約やお給与の支払いなどは派遣元の会社から行われる形になるのです。

4. その後に社員として働けるかどうかは実力次第

そして、紹介予定派遣では、必ず社員登用してもらえるというわけではありません。

派遣期間が終了した後に派遣会社の担当者から会社と労働者の双方に、入社を希望するかどうかの意思確認が行われます。

この時に双方が入社を希望した場合、雇用主が派遣元の会社から派遣先への会社と移行し『直接雇用』として働けるようになるのです。

勘違いしてはいけないのが、直接雇用されるのは『双方が希望した場合のみである』ということです。

労働者がどんなに派遣社員として派遣先に貢献したとしても、会社が拒否すればそこで紹介予定派遣としての勤務が終了になります。

その時にトラブルを避けるためにも、派遣先が紹介予定派遣終了後に入社を拒否する場合は「直接雇用をしない理由の明示」が義務付けられています。

スポンサードリンク

紹介予定派遣のメリット

1. 雇用条件を明示してもらえる

紹介予定派遣では、社員登用後の雇用条件を明示してもらうことが可能です。

無事に派遣期間が終わり直接雇用をしてもらった後の労働者の給与、福利厚生、勤務時間、休憩時間などの詳細を、紹介派遣に先立って提示してもらった上で紹介予定派遣を利用するかどうか判断ができます。

2. 求職者も会社側も実際の勤務状況で判断できる

紹介予定派遣での最大のメリットは、求人会社と求職者のミスマッチを防ぐことができるということ。

会社側としては、労働者のスキルや勤務態度を実際に確認することができますし、労働者側も職場の人間関係や会社の風土、業務内容を確認することができます。

『ブラック企業』とも言われる労働基準法などを無視した会社が日本にはまだまだ現存しているのが実状です。

派遣社員として希望の会社で実際に働きながら自分の目で確認するだけでなく、実際に希望の会社で働いている人に生の声を聞けることはとても魅力的でしょう。

3. 人材派遣会社からフォローをしてもらえる

紹介予定派遣の場合も、人材派遣と同様で派遣会社からのサポートを受けることが可能です。

紹介予定派遣を利用する会社を選ぶ際の相談や、派遣期間中の悩み相談まで不安なことや困ったことは遠慮せずに営業担当者へ相談していきましょう。

派遣会社は、紹介予定派遣というシステムで派遣先から『派遣期間中の派遣料』だけでなく、労働者の直接雇用が決まった場合『移籍料、紹介料』というものを受け取ることができるのです。

派遣会社にとって労働者は大事なクライアントでもあるのです。

もし派遣期間に満足いくフォローやサポートを受けられない場合は、『人材派遣就業条件明示書』に記載されている派遣元苦情処理責任者、派遣元責任者へ連絡してみましょう。

4. 面接、履歴書の指導をしてもらえる

紹介予定派遣では、面接や履歴書について人材派遣会社の担当者からアドバイスをもらうことができます。

求職者や履歴書を何百、何千と見てきた人材派遣会社の人たちは労働者にとって強い味方とも言えるしょう。

しかし、実は人材派遣業界は離職率が高い業界としても有名。中には全く経験のない新人営業やコーディネーターが紛れ込んでいる可能性もあります。

可能であれば事前に希望の担当者を指名し、人材派遣会社や人事での勤務経験が長いベテランスタッフにアドバイスをもらうことをお勧めします。

紹介予定派遣のデメリット

1. 面接・履歴書対策が必要

紹介予定派遣というシステムを活用するための第一関門が、履歴書や面接での選考となるため、面接や履歴書を書くのが面倒だ、苦手だといった人には向いていないでしょう。

人材派遣のように面接や履歴書がなく仕事のスキル、派遣会社の面談だけで働けるといったことがないので、ある程度の面接対策が必要となってきます。

ただし、紹介予定派遣の場合は『選考が法律的に認められている』というだけなので、面接や書類選考はあるのか、選考方法がどのようなものになるかは事前に派遣会社に確認しましょう。

2. 契約社員に移行する可能性もある

紹介予定派遣は、派遣終了後の待遇として必ず正社員になれる制度というわけではありません。

一言で『社員』と言っても、契約期間のある契約社員、時給制の準社員など形態は様々であり、実際は紹介予定派遣の直接雇用後の形態の約6割〜7割程度が『契約社員』だと言われています

派遣会社の営業担当者は、売り上げを獲得するべく「社員になれる制度です」と説明したり、求人情報に「社員登用あり」と言った曖昧な表現を使用することも多いのです。

また、正社員や契約社員といっても高めに設定されている派遣社員の時給よりも月収が下がるということも十分に考えられます。

不安定な派遣社員期間を乗り越えても、これらのことが原因で直接雇用に切り替わる際にトラブルになることも少なくないのが紹介予定派遣の実態です。

後々後悔しない為にも紹介予定派遣として働く前に、社員区分や待遇をくまなく担当者に確認したり、就業条件明示書の確認を行いましょう。

3. 必ずしも社員登用されるわけではない

紹介予定派遣は、時間をかけて間違いない会社選びを行いたいという人には向いてますが、すぐにでも安定した働き方や収入を得たいという人には不向きだと考えられます。

紹介予定派遣前に、通常の転職活動などと同じく履歴書を書き面接をするという時間と労力を注いでも、最終的な結果がわかるまでには最長6カ月かかります。

そしてその期間は、派遣社員としていわば試用期間

無事に社員になれれば問題ないのですが、6カ月間身を粉にして働いたとしてもまた就職活動が振り出しに戻るという可能性も十分にあるのです。

4. 社員登用を辞退しにくくなる

紹介予定派遣では、実際に現場で働いてからの入社の意思確認となります。

そのため、意思確認の際に社員登用を辞退しようと考えていても、会社から採用の意思表示があった場合は、短期間であっても共に働いてきた人たちから期待の眼差しで見られます。

辞退を申し出にくくなってしまう場合もあるのです。

意思が決まっていない派遣期間中は、辞退の可能性も考慮し、距離をとりながら業務に専念できるのがベスト。

しかし、組織の中で共に働く人達とのコミュニケーション能力も会社側は見ているのが難しいところなのです。

5. 途中の契約打ち切り(退職)は難しい

紹介予定派遣に限らず、派遣社員や契約社員など有期雇用(期間の定めがある雇用)の場合は、『やむをえない理由』がない限りは、契約期間を満了せずに簡単に退職することができない旨が民法でも定められています。

やむをえない理由とは、派遣会社も派遣先も契約の解除に納得せざるをえない理由ということです。

単に、紹介予定派遣で勤務中の会社での仕事がきついから、派遣終了後に派遣先で直接雇用になる意志が喪失したからという理由では一度行った契約を破棄することはできません

一度紹介予定派遣の契約を結んでしまうと契約期間中は、派遣先での仕事がどんなに退屈であっても、どんなに他の会社に入社をしたくても、身動きが取れなくなってしまうことは就職活動中にとっては致命的とも言えるでしょう。

退職する場合は、2週間前に会社に申告すればいいという、労働基準法が適用する正社員と同様の考えを持っている人は要注意です。


紹介予定派遣が向いている人

1. 仕事ぶりには自信がある人

いつも最終面接で不採用となってしまうような最後の一押しが苦手な人にとって、最長6カ月間自分をアピールする時間を設けられることは、またとないチャンスでしょう。

そもそもなぜ一次面接は通っても、二次面接や最終面接など選考途中で不採用となってしまうのでしょうか。

会社側からすれば選考時に『不安要素』が発生しているからです。

面接では短い制限時間の中で、自分の魅力をできるだけ多く伝えなければいけません。

しかし紹介予定派遣では、最長6カ月自分をアピールできる時間を設けられるのです。

2. 転職したい業界での未経験者

紹介予定派遣は、転職を希望している業界での経験がない人にとって実際に業界事情を身を持って知ることができたり、派遣として経歴を作ることができます。

実際に面接を受けたり働いてみて、自分を活かせる会社なのか、自分に適正があると派遣先では評価してくれるのかなどを確認してみたい人にはおすすめです。

3. いま派遣社員として働いている人

今は派遣社員として働いているが、将来的には正社員になった方が良いかもしれないと現状に不安を覚えている人にとっては、紹介予定派遣はおすすめの制度です。

有期雇用としてのマナーや、派遣先や派遣会社とのコミュニケーション能力も身についている人であれば、面接対策さえ行い、紹介予定派遣として働くことができれば就労開始後も苦労することが少ないでしょう。

ただ単に派遣を利用するのではなく、派遣として働きながら同時に正社員になれるためのチャンスを掴むこともできるのです。


紹介予定派遣が向いていない人

1. プレッシャーに弱い人

紹介予定派遣では、派遣期間中常に『この人は自社に必要か、不必要か』という目で派遣先から見られているような感覚に陥る人が多いです。

『面接だけ頑張れば晴れて入社』という通常の転職活動よりも選考期間が長いため、その分最長6カ月間「採用してもらえるかどうか」というプレッシャーに耐え抜かなければいけないのです。

2. コミュニケーションが苦手な人

紹介予定派遣での派遣期間中は、一般の人材派遣のように短期間で仕事の成果を出すことだけではなく、派遣先に直接雇用されても同僚や上司と上手くやっていけるかなどのコミュニケーション能力も選考内に入っています。

それだけでなく、周りの人とのコミュニケーションが上手くいかず人間関係に悩んでも契約期間は満了しないと辞められないのが紹介予定派遣なのです。

3. 自分自身を守れない人

紹介予定派遣の面接まではどんなに親切にフォローしてくれたとしても、派遣会社の担当者にもできることは限られています。

労働者が派遣先が辛いから辞めたいと言えば、派遣先からの責められるのは派遣会社の担当者です。

紹介予定派遣で正社員登用の話が出てくれば、労働者が辞退したくても、派遣会社の担当者は売り上げのために説得しようとするでしょう。

派遣会社の担当者を信頼することは、紹介予定派遣や人材派遣で働く上ではとても大切。

しかし、派遣会社にとっては派遣先の会社は労働者と同等、もしくはそれ以上のクライアントです。

派遣期間中、派遣先ばかりに担当者がペコペコ頭を下げ、労働者が満足いくフォローをしてもらえない可能性もあるのです。

派遣期間は何かあったら自分の身は自分で守るということができない人は、紹介予定派遣には向いていないでしょう。

4. 狭き門だということを理解していない人

紹介予定派遣では、最長6カ月間派遣社員として派遣会社から給与が支給されます。

派遣先の会社は労働者の給与だけでなく、派遣会社への様々な手数料も+αで支払っています。

さらに直接雇用にする際は、数十万円を派遣会社に支払わなければなりません。

つまり派遣先の会社は、通常の直接雇用での採用や人材派遣でかかるコストの総額を大きく超えた額を投資して、紹介予定派遣を利用しているのです。

投資した分、もしくはそれ以上に会社に貢献してくれる人材を求めているのが紹介予定派遣の裏側です。

5. 厳しい状況に耐えられない人


紹介予定派遣では、時間をかけて慎重に社員になる会社を選べるというメリットの反面、派遣先がいわゆるブラック企業であっても最長6カ月は働かなければいけないというデメリットもあります。

たとえ最長6カ月の監獄生活のような厳しい場所であっても身を置けるという覚悟や自信がない人は、紹介予定派遣を利用することは辞めた方がいいでしょう。

派遣先にとっても派遣会社にとっても理由など関係なく『仕事が続かない可能性がある人』というのは最も採用を拒否したい人材でもあるのです。

紹介予定派遣は、働き方を選べるシステム

紹介予定派遣は派遣先企業だけではなく求職者にとっても、活用の仕方次第ではとても役立つシステムだと考えられます。

正社員になるために利用するというよりは、より自分にあった働き方の選択ができる手段として利用することの方が向いているのかもしれません。

会社が労働者を選ぶ時代は終わりつつあり、今は労働者が会社や働き方を選べる時代となりました。

『ブラック企業』とも言われる厳しい労働環境で自ら命を絶ってしまう人も多い現代にとって、紹介予定派遣は、より自分の働きやすい会社や環境を選択するできる制度と言っても過言ではないでしょう。

しかし、素晴らしいシステムを活かしきれる人はほんの一握りで、紹介予定派遣で正社員雇用されるには通常の正社員採用よりも、面接で通過することや派遣期間を乗り切ることに苦労する人が多いのが現状です。

制度を利用するかよく考えて決断しましょう。

 
いま働いている派遣の仕事を辞めたい!と思ったら、 

派遣の仕事を辞めたい!契約途中でも辞めたい10の理由

派遣社員として派遣先で仕事をし始めて、福利厚生や雇用の制度などの違いに気づくということはよくあります。同じ仕事をしているなら、ボーナスも昇級もあって、安定した立場の正社員になりたいと思う人も少なくないでしょう。 元派遣会社営業担当者が雇用制度の違い、正社員になるための準備や方法を伝授します。売り手市場である現在は、転職しやすい時期。是非一度、正社員への転職を考えてみましょう。