1. TOP
  2. 業務中・出勤途中の交通事故!会社・勤務先へ報告どうする?

業務中・出勤途中の交通事故!会社・勤務先へ報告どうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事中・通勤中の交通事故

通勤や仕事中に自動車を運転していて、自分の運転ミスで事故を起こしてしまった!

中には会社にバレたくない……と考える人もいるかもしれません。

こんな時どうしたらいいか!?……焦る気持ちのはわかりますが、まず落ち着いて緊急性の高いものから対処していきましょう。

ひとまずの事故の処理をしたら、勤務先への報告、保険、労災などの補償なども気になります。

業務中の社用車、あるいは通勤途中のマイカーでの交通事故の対応について紹介します。


通勤中・仕事中に交通事故!現場では何をしたらいいの?

大きな事故でも、小さな事故でも、流れは同じです。落ち着いて行動しましょう。

1)怪我人の救護をする

まずは、相手や同乗者に怪我人がいないか確認しましょう。怪我人がいる場合は、警察よりも、まずは救急車です。119番へ連絡しましょう。

相手にそこまでの怪我がなさそうな場合でも、身体の気遣いをしてあげましょう。

救急車

「救急車呼びましょうか?」と勧めてあげたりするだけで、相手からの印象もよいでしょう。

周りの人に協力してもらえる場合は、救急車を呼んでもらったり、救護の手伝いをしてもらったり、積極的に助けを求めましょう。

2)車を安全な所に移動させる

車の通りが多い現場では、2次的な事故が発生する可能性もありますので、それを防ぐ必要があります。

特に夜は、ハザードをたかないと道路上に停まっている事故車の存在に気付かれないこともあるので注意が必要です。

場合によっては、レッカーを呼ぶ必要もありますので、すぐに加入している任意保険の会社に連絡しましょう。

ちなみに、レッカーは「自賠責保険」では対応ができません。自賠責保険は、あくまで相手の怪我について補償する強制保険です。

レッカーの対応は、「任意保険会社」や「JAF」での対応するのが一般的です。事故の当人同士が救急搬送されてしまうケースなどは、警察がレッカーを手配することもあります。

3)警察を呼ぶ

今後のトラブルを避ける為にも、警察を呼び、現場検証をしてもらいましょう。

警察は、事故状況などを確認して双方の言い分など聞き、事故証明書を発行する手続きなどをしてくれます。

但し、警察は、事故の責任割合を決める訳ではありません。自動車事故の責任割合は、民事上の話の為、警察は干渉できないのです。

責任割合、つまり、どちらがどれだけ悪いかは、過去の判例等に基づき、保険会社同士もしくは、保険会社と個人のやりとりでの交渉が進みます。

4)相手と連絡先を交換しましょう

相手と連絡先を交換します。

その際、相手とは、「あれします、これします」と具体的な約束をしないようにしましょう。

相手によっては、「全額賠償します」という言葉を、紙に一筆書くように促してくる人もいますので、決して応じる事のないようにしましょう。

また、代車を手配しろ、レッカーを手配しろなど、色々と要求を言ってくる場合もありますが、やりますとは言わず「保険会社と相談します」と伝えるようにしましょう。

5)勤務先と保険会社に連絡。

任意保険の会社に連絡をして、事故の報告をします。

その際、相手からの要請を伝え、対応してもらうようにます。

その後の対応は、保険会社に任せ、一通り落ち着いたら現場を離れて大丈夫です。

ちなみに、自賠責保険の会社は、「示談交渉サービス」がついていませんので、相手との窓口にはなってくれません。

必ず、任意保険の会社がどの会社なのか、連絡先は何番か、スムーズに連絡ができるように備えておきましょう。そして、勤務先の上司や総務にもすみやかに報告しましょう。

スポンサードリンク

「相手に謝っちゃいけない」はウソ

事故が起きた際、相手に謝ってはいけないという事はありません

謝ったからといって、事故の責任割合が変わることはありません。

危険なのは、謝ってしまうと、相手が勘違いをして、「お前が悪いんだから、全部弁償しろ!」と要求をしてくることです。

そこで当事者同士で約束さえしなければよいので、謝ること自体は決していけない事ではありません。

「現場で一切謝らなかった」という不満をきっかけに、保険会社の対応や交渉ががうまく進まなくなるケースもあります。

仮に自分の不注意だったとしても、道路形態によって相手に責任が発生するケースも多くあるので、「全額賠償する」「代車でも新車買替でも何でも対応します」という安易な約束だけは避けましょう。(ちなみに、保険会社は新車の買替には応じられません)

ポイントは、事故直後は相手の身体をしっかりと気遣い、不注意があったのであれば、それをお詫びしてもよいでしょう。

そして、「今後については保険会社と相談してしっかりと対応していく」という事を伝えましょう。

病院受診について

仕事中の事故であれば、自賠責保険と健康保険を使用せず、労災となる可能性もあります。

但し、その判断は、会社として行うものなので、事故直後にすぐ判断できるものではありません。

会社が労災扱いにする場合、通勤中以外は、会社が組合に払う保険料が上がりますし、公的機関の指導が入る場合もあり、会社が嫌がるというケースもあるので、一従業員の判断で決められるものではありません。

交通事故の場合、病院によっては、数日間は支払をしなくてよいように手配をとってくれたり、まずは全額立替を依頼されたりと、それぞれの病院により対応は様々です。

事故直後の受診の場合、まずは、病院や保険会社の指示に従うのがよいでしょう。その後、労災扱いにするのか、会社の担当者、保険会社と相談しましょう。


事故により、泣く泣く商談がキャンセルに!損害賠償は?

例えば、事故によって、その後入っていた商談がキャンセルになったとします。

その場合、相手に、その分の慰謝料や賠償金などを求める事ができるでしょうか?

もしくは、逆に、相手側からそういった要求があった場合、応じる義務はあるのでしょうか?

答えは、「ノー」です。

仮に1億円の商談が入っていて白紙になったとしても、被害者は1億円の損害が出たという事を、裁判で争えるだけの証拠を立証しなければならないのですが、ほぼ無理と言っていいでしょう。

事故をしていい事は何もありません。また、事故の被害に遭い得をする事もありません。

万が一の際、気が動転するかと思いますが、少しでも落ち着いて、すみやかな解決を目指していきましょう。


交通事故を会社に秘密にしておきたい!

会社の企業名やロゴが入っている社用車で事故をした場合には、相手にも周りの目撃者にも警察にも見られているので、逃げようがありません。

しかし、会社名が入っていない社用車の場合、その事故の当事者が、どの企業で何の仕事をしているか、というのは誰にも分りません。

会社に報告すると、大きな処分を受けたりする可能性もあるので、たいしたことないちょっとした事故であれば、黙っておきたいのが本音でしょう。

交通事故

では、その場合、会社にばれないようにする方法はあるのでしょうか?

1)社用車で事故を起こしたら

結論から言うと、会社の車で事故を起こした場合、会社にバレないというのは難しいでしょう。

例えば、相手がいる事故で、少しでもこちら側に責任があれば、相手保険会社から賠償請求がきます。

自車側の保険会社も相手側の保険会社の窓口も自分にして、書類のやりとりも個人にしたとしても、法人で契約している以上、ある程度の時間をおいてから、保険を使用して対応したという履歴の通知書が会社の保険担当に届きます。次の契約更新時には会社が払っている保険料が増えてしまうので、ここでも会社の担当者は気がつくでしょう。

また、事故が起きて保険会社に連絡をした時点で、保険を加入した代理店には、事故があったという通知が行く場合もありますし、企業の担当者が保険会社に問い合わせをすれば、情報を開示せざるを得ません。

また、最終的に、任意保険を使用しなかったとしても、相手に怪我がある場合は、相手が直接的に、法人の契約している自賠責保険会社に被害者請求を行う事ができます。

自賠責保険の被害者請求は、相手の保険会社とナンバープレートの番号さえ分かれば、自車側の窓口となる人がいなくても請求できます。

自賠責保険への請求があれば、契約している法人にも通知が行きますので、その車で事故があったという事は分かってしまいます。

後々の会社とのトラブルを避ける為に、事故が起きた時点で、会社に報告をするようにしましょう。

2)マイカーやレンタカーの場合は?

仕事中の事故が、会社の車ではなく、マイカーやレンタカーでの事故の場合は、基本的にご自身のご勤務先に連絡が行くことはありません。

しかし、メディアに取り上げられるような大きな事故であれば、自分の名前が出てしまう事もありますし、事故現場で相手に名刺を渡していたりすれば、相手側から勤務先に問い合わせがある可能性もあります。

また、自分に怪我があれば、その治療費について、業務中の事故という事で、相手保険会社が労災への切り替えを提案してくる可能性もあります。

その時は、会社に相談せざるを得ませんので、やはり、会社には事前に知らせておく必要があるでしょう。

契約している保険会社はどこか把握しておこう

事故の発生している現場では、冷静な判断力を失ってしまっているので、基本的な動作もできなくなってしまうものです。

そんな中で、119や110、保険会社やレッカー業者への連絡を行わなければいけません。

事故の相手によっては、すごく怒っていて、様々な要求をしてくるケースもあるので、慌てて「イエス」と言ってしまい、後々大きなトラブルに発展するケースもあります。

自動車保険

慌てずに対応をしていくポイントは、事故が起きてしまった際は、まず相手の身体の事を第一に考え、その後は、すみやかに救急車、警察、保険会社に連絡をしていく事です。

出勤時や帰宅時は、オフィスには誰もいないという事もあり得るかもしれません。相手に怪我があって救急搬送されて、でも、自分は次の打ち合わせの予定が入っているという事もあるかもしれません。

相手が怒って、現場で早急な対応を求められているけど、会社の人と連絡がとれない、どこに電話をかければいいか分からない、何もできない…という状況は避けたいところ。

相手の賠償の対応等は、自分でやるよりも、保険会社に任せる方が、相手側にとっても安心感を与えるようです。

その為には、自分の会社の車がどこの任意保険会社に加入しているか、休日や夜はどの連絡先に電話をすれば対応してもらえるのか事前に把握しておくことです。

実際、夜や休日、自分の加入している保険会社の担当と連絡が繋がらず、相手から一方的にどんどん対応を求めらるケースというのは、決して少なくありません。

現在では、任意保険会社であれば24時間365日のサービスを提供している保険会社がほとんどですので、その電話番号を把握しておくとよいでしょう。


事故を起こしてもまずは落ち着いて!

業務中に車を運転して大きな事故を起こしてしまった場合、企業の信用にも関わりますので、場合によっては処分に至るケースもあります。

事故を起こしてしまったり、事故の被害にあった時に、社会人として、その会社の看板を背負う組織人として、しかるべき対応ができるようにしたいものです。

あなたに最適な転職活動の進め方は?
転職診断
★自分の「個性」や「強み」がわかれば自己PRがもっと簡単に!

リクナビNEXTグッドポイント診断でわかる自分の5つの『強み』で転職を有利に進める


フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす