中途採用の面接…採用担当者に気に入られる面接対策8

仕事が決まらない人の面接対策

中途採用の面接で落ちる人は、面接対策ができていないことが理由であることが多いです。

仕事の実績やスキル、本人のやる気には問題がないのに、なかなか採用内定までにいたらない。

そんな人のために、人材コンサルタントとして数多くの転職者にアドバイスを行ってきた経験を元に、転職・再就職を成功させる面接対策を紹介します。


中途採用の面接で落ちる…なぜ?

中途採用であれ新卒であれ、すぐに仕事が決まる人というのは、意識しているか否かに関わらず、企業側が求めていることを面接時に適切に訴求できている場合が多いです。

新入社員の就職活動においては、(インターンでの就業経験がある人を除くと)社会人経験がゼロであるという意味では同じ土俵に立っているはずなのですが、皆が満遍なく数社から内定をいただくというようなことはなく、極端に言うと、ある人はどこの会社を受けても内定をいただき、ある人はどこからも内定がもらえないという状況になります。

これは転職活動でも同じです。

いや、むしろ社会人としての経験やスキルが問われる中途採用(転職活動)こそ、すぐに仕事が決まる人と決まらない人の差が大きくなるのが現実です。

自分のいままでの経験やスキルはいまさら変わるわけではありませんが、面接でのアピールの仕方が上手ければ、採用内定にぐっと近づきます

ということは、企業の選考のポイントを理解し、面接対策をすることが重要。以下に具体的な方法を見ていきましょう。

スポンサードリンク

中途採用されるために、面接で大切なこと

面接官が面接をするにあたっては、必ず「着眼点」というものが存在します。

面接は人の好き嫌いで採否を決めるわけではありません。中にはそんな採用担当者のいる会社もあるかもしれませんが…、マトモな会社であれば、「何故その人を次の選考に進めるのか、あるいは採用にするのか」、「何故その人を次の選考に進めないのか、あるいは不採用とするのか」は、採用担当者の上司や社長にキチンと説明できなければならないからです。

1)事前準備~まずはホームページを確認した?

社会人にとっての「事前準備」は仕事への取り組み姿勢から始まります。

まずは企業のホームページの研究です。ホームページには企業概要・事業内容以外に、経営者のビジョンや、採用(社員)に対する考え方が載っています。

そのような情報が全く載っていない場合もありますが、いずれにしても、ホームページという「会社の顔」にどの程度注力しているのかは、その会社が、社員や取引先、その他ステイクホルダーに対してどのように接しているのかをうかがい知ることができます。

ホームページからその企業のカルチャーを感じ取り、良い印象を持ったときには、志望動機にさらっと加えると良いでしょう。

「事前準備がきちんとできる人は、与えられた役割を全うし、結果を残せる人材である可能性が高い」と考えられるでしょう。若手営業マンの営業活動でも、大企業の経営者の大事な商談でも、結果を残す人は充分すぎるほど準備を怠らないものです。

ただし、ホームページをしっかりと確認することは、最低限の礼儀(マナー)や転職スキルにしかすぎないとも言えます。ホームページをしっかり確認したことを面接でことさらに強調する必要はありません。

2)会社を理解して解釈力・質問力の準備をしよう

ホームページでは企業のカルチャーや経営者のビジョンを知ることが出来ました。

さらにホームページ以外でも必要な情報を調べることで、その企業が行っている事業の強み、経営者の魅力などについて、より深く理解することが出来ます。

調べ方としては、上場している企業であれば会社四季報、インターネット上で会社の評判を調べることもできるようになりました。

多面的に企業を知ることで、会社の一方的な広報であるホームページでは見えなかったものが見え、理解が深まります。

質の高い質問というのは、理解力が深くなければ出来ないものです。

企業や経営者に関する情報を集め、仮設を立てて、それを面接で確認するという行為は、自分自身がより深く理解できるのみならず、面接官に物事の理解力・解釈力の深さを示すことが可能となります。

3)会社が期待している役割を理解した?

面接官は面接者が当該ポジションに合致しているか否かを判断するわけですから、自分がその応募要領にふさわしい人材であることをアピールする必要があります。

ところが、それを考慮に入れず、自分中心に、自分の得意なことをひたすらアピールする人がいます。

重要なことは、相手が求めていることに合わせて、自分の職務経歴を語れるようになることです。

これはコミュニケーション能力の一種になります。したがって、企業ごとに多少なりとも内容を変える必要があるはずです。

企業側が提示した応募要領に合わせて志望動機などを話すと、「この方は相手が求めていることをきちんと理解できる方だな」と感じ取ることができます。

営業や秘書等のポジションでは非常に重要なスキルであることは容易に想像できるでしょう。もちろんそれ以外の職種、たとえば営業現場の声を吸い上げるエンジニアの方にも有用ですし、なんらかの組織で仕事をする以上、ぜひ持っていて欲しいと採用担当者が考えている能力です。

4)簡潔にわかりやすく回答できる練習をしよう!

面接においては、聞かれた質問には30秒から1分程度で話すことをまずは心掛けてみてください。興味があれば、相手はさらに質問してきますので、それに答えていくことで、面接としてのコミュニケーションが成立します。

相手の質問内容や口調で、もっと詳しく話してほしいというメッセージを感じ取ったら、少し丁寧に話をするようにしましょう。

また、この方法を続けることで、初めて自分の話を聞く人が、どこに関心を持つかを知ることが出来ます。そうすれば、自分の回答方法もブラッシュアップでき、より的確な回答が出来るようになるでしょう。

簡単にわかりやすく、「端的に回答する」という能力を示すことは、特に面接者が役員クラスなど上のポジションほど有効です。

面接も慣れと練習が必要!

次は実際に面接を受けてからの対策について記載します。

5)受けた面接について振り返ろう

よく言われていることですが、転職活動は「縁」です。どんなに素晴らしい人材でも、求めているポジション、そのポジションに対してお支払いできる報酬が合わないと判断されると、不採用になります。

それは残念ながらご縁がなかったということです。

転職活動を長く続けていると、採用されること自体が目的になってしまいがちですが、自分に見合わない会社で働くのは、本人にも、採用する企業にも不幸になります。

不採用になることは、必ずしも悪いことではありません。

不採用の理由が、ご縁がなかったということなのか、自分がきちんとアピールできなかったのか、原因を自分なりに分析することが重要です。

また同時に、2次面接など次のステップに進んだ場合には、その面接官が何に好感し、次のステップに進めるという判断を下してくれたのかという分析も非常に重要です。

まずはこれまでに受けた面接で、何を聞かれ、どう答えたのかを振り返ってみましょう。

6)「質問」内容に対する受け答えの練習をしよう!

先ほどの「端的に回答する」ということにも通じることですが、面接の現場でよく目にする悪い事例として、質問されて、長々と回答するのですが、結局質問に対する回答にはなっていない、というものです。

面接のみならず、日常生活においてもこのような特徴の話し方をする人はいます。人にやられると、ちょっとうんざりしますよね…。これは訓練によりある程度改善が可能です。

大切なのは「相手が何を知りたくてこの質問をしているのか」を常に意識することです。自分の課題をきちんと認識できたならば、家族や親しい友人に、訓練に付き合ってもらうのがよいかもしれません。

これは面接対策のみならず、社会人としてお客様や上司、同僚から信頼を得る上でも非常に重要です。


採用決定まで段階を踏んで面接対策もレベルアップ

7)面接の段階で、見られているポイントも違う

大企業への転職活動では2~3回の選考ステップがあります。多くの場合、まず一次面接の人事担当者は「人柄」を見ます。

人柄とは、企業のカルチャーにマッチするか否か、等です。

次に2次面接では現場で上司になる人、一緒に働くメンバーが面接官となり、期待された役割を遂行できるか否かを確認します。

権限委譲が進んでいる、或いは現場の判断を信用している場合には、二次面接の現場の方の判断が事実上の最終面接となっているケースもありますが、最後は経営者が、自分の会社に入る人材を確認する、というケースが多いです。

取り繕った面接者の「素性」を現場が見抜けておらず、カルチャーにマッチしない、或いは業務内容が合わず直ぐに辞めるだろう、と経営者が判断した場合に、最終面接で不採用となるケースは結構あるようです。

こういった最終段階までいってのミスマッチを防ぐためにも、最初の事前準備でホームページなどの下調べが大切になります。

8)志望動機よりも採用担当者が大事に思っていること

転職活動をしているときは色々な企業の面接を受けています。

志望動機なんて受ける全ての企業に対してあるわけではないのが正直なところだと思いますが、企業側とてそんなことは充分に承知しており、それを前提に、状況に合わせてスムーズなコミュニケーションが出来るのか、相手に好印象を残すことが出来るかを見ています。

また、どこの会社でもだいたい同じ質問をされまので、自分の回答がブラッシュアップしていくという意味でも、面接の場数を踏むことは重要です。

しかしながら、ただ単に数をこなすのでは意味がありません。一つ一つの面接の場を大切に、毎回全力で挑み、振り返りの時間をしっかりと確保すれば、結果として不採用になった場合にも、不採用の理由を理解でき、納得ができるものです。

大切なことは、自分に合った会社を選ぶことです。

そのためにも、焦らず時間をかけてでも自分に合った会社をじっくり選びましょう。

面接は企業が貴方を選考するだけではありません。あなたも企業を選考する、そのような対等な気持ちで挑むことで、自信をもって面接に挑めますし、自信のある人材は魅力に映るものです。


面接が苦手…という悩みを持っていたら…

以上、人材コンサルタントからのアドバイスでした。

少し難しいことも言ったかもしれませんが、面接は転職活動でもとても重要です。面接対策というのも一種のスキルであり、きちんと勉強・練習をすることで誰でもその能力は向上します

何度も落ちる、最終面接までいって落ちるといったことが続くと、心が折れそうになると思いますが、そこで踏ん張れた人がいい転職をはたします。

ぜひ挫けずにしっかりと取り組んでいただければと思います。

転職の面接で転職理由をうまく説明するには、
面接で言うべき転職理由の例2、言わない方がいい例3、事による例1

いま現在フリーターや、新卒での就職活動に失敗してしまったという20代の人は…
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が正社員に!

あなたが面接をうまく乗り切って、いい転職が早く決まりますように。