1. TOP
  2. 人事考課表 自己評価コメントの例文・文例・記入例!

人事考課表 自己評価コメントの例文・文例・記入例!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人事考課の自己評価コメント記入例

人事考課シート人事考課表、自己評価シート)の自由記入欄には、なにをどう書けばいいのでしょうか?

ふだん、文章を書き慣れていない人が、仕事の自己評価を書くというのはなかなか難しいもの。

しかし、嫌でも苦手でも、締め切りまでに書いて提出しないといけないし、どうせ書くなら、ちょっとでも上司からの高評価を得て査定に有利になるように書いてみたいですよね。

そんなあなたのために、人事考課の自己評価コメントの例文、文例を紹介します。


目次 [ index ]

人事考課の自己評価コメント記入例

人事考課では、自分がこの1年間頑張ってきたことを指定された評価項目に従って記入します。

一般的な人事評価シートのフォーマットでは、あらかじめ「かなりできた(A)」「まあまあできた(B)」「ふつう(C)」「あまりできなかった(D)」「できなかった(D)」といったように、自己評価レベルの記入欄と、コメント記入を求めるスペースがあるフォーマットが多いです。

人事考課シートのサンプル

各項目の書き方のポイントについての解説はこちらの記事へ、
自己評価の書き方は? 人事考課シート記入の重要ポイント

この記事では、文章コメントを記入する際に参考になる自己評価の例文・文例を代表的な職種別に(営業、事務系職種、技術・専門職)紹介します。

スポンサードリンク

1.営業職の自己評価コメントの文例

評価項目①:営業目標の達成度

■本年度売上(扱い)予算額:〇〇〇〇千円(目標の前年比 105%)
          達成額:△△△△千円(予算比:110% 前年比:115.5%)

■本年度予算は、前年から5%増の高い予算であったが、予算を大きく上回る〇〇〇〇(千円)を達成することができ、結果、予算比110%、前年比115.5%となった。

評価項目②:目標を達成できた(できなかった)理由と具体的行動

■年初より目標とした、訪問件数の増(前年比110%)が目標数字を押し上げた。

■中でも、これまで疎遠であった顧客8件(別紙参照)との良好なコミュニケーションを構築、特に夏のキャンペーンの積極的勧誘が奏功して想定以上の受注につながる。その後、下期後半にも継続して引き合わせがあり、受注増につながる。 

評価項目③:来期(来年度)の挑戦目標

■来年度売上(扱い)目標額:〇〇〇〇千円(本年度実績比 104%)

評価項目④:来期(来年度)の目標達成に向けた具体的取組

■来年度は、当社創業〇周年を記念した新製品の発表が秋に計画されており、予定のキャンペーンに合わせ顧客攻勢をかける予定である。特にA地区の再開発が進むのに合わせて、重点営業強化地区にしたい。

■ライバル社の反攻も想定されマーケットの拡大も今以上に見込めない中、訪問件数は今以上に増やすことと、すき間時間や待機時間を有効に使い、電話による勧誘と営業フォローを強化する予定である。

評価項目⑤:職場チームワークへの貢献

■営業第3課の中堅社員として、3課全体の数字の底上げに貢献できた。特に他メンバー6人とは、課ミーティング通じ常に情報交換を行い販売方法のヒントや顧客へのアプローチ方法を工夫できた。

■中でもC地区での苦戦はここ数年続いているが、私の担当する優良顧客からC地区顧客の知人紹介を引き出し、3件の顧客紹介を担当のS君に紹介することができた。

評価項目⑥:下位等級者・有期雇用者等への指導

■昨年入社の新人の指導役を任された。営業職の基本である行動計画の立て方、訪問時の基礎マナー、顧客(名簿)の管理方法、製品知識、個人情報の守秘義務等総務関連知識の5分野を指導。

■実際の営業活動については、1年間同行営業を行いセールストーク等についてOJTをする。

評価項目⑦:職場や仕事の改善への提案や意見具申

■営業日報の作成と提出にかなり時間がかかるというのが、課全体の問題点であったが、日報フォーマットの重複部分や、日報としてはあまり意味のない項目もありフォーマット改善を提案した。結果、現在の非常にスリムで書きやすい様式に改善することができた。

■それから、提出後の課長からのフィードバックが数日ずれこむことについては改善をお願いしたい。

評価項目⑧:自己啓発や自己研さん

■主力商品の保証期間内の修理など、アフターに関する知識がまだまだ乏しく、私自身の課題である。また、製品知識そのものを深める必要があり関連書籍を読み啓発してきた。

■業界としても、当該マーケットの将来性の見極めは大きな課題であり10月に社外セミナーに参加した。(半額会社負担制度を利用)

2.事務職(総務職)の自己評価コメントの文例

評価項目①:業務課題の達成度

■本年度課題:営業月報集計を月例会議の2日前に本部提出

■月例会議の前々日提出は社長の特命であり、会議前に提出することで社長以下幹部の会議前チェックをするのが目的であった。結果、12ヶ月のうち11ヶ月で目標達成。1ヶ月は前日となりほぼ課題達成できたと考えます。

評価項目②:課題を達成できた(できなかった)理由と具体的行動

■営業月報の集計作業は、営業部門の協力がないことにはできないが、今回の課題は効果的な会議運営をするためのものであるということを営業部門に理解してもらうため、私自身が営業部門長に直接かけあい、従来より2日早い提出をお願いした。

■一方で営業部から月報フォーマットの簡素化の提案があったが、経理部長にも了解をもらい提案を了承、当初の課題をほぼ達成した。1ヶ月(8月)だけ前日となったのはシステムメンテナンスが急きょ入ったためやむなく1日遅れる。

評価項目③:来期(来年度)の挑戦課題

■月例会議終了後の議事録回覧に時間がかかりすぎ、重要決定事項が現場に徹底されないという問題を来期中の解決を目指す。

評価項目④:来期(来年度)の課題達成に向けた具体的取組

■議事録の回覧ルートが今のままでいいのか再検討する。

■議事録の中で、緊急決定事項、通常回覧事項を区分する。

■全員同時メール配信で周知徹底する事項とそうでない事項を区分する。

評価項目⑤:職場チームワークへの貢献

■シフト勤務体制に突発的に入る変更に対して、自分の事情の許す限り穴が開かないよう調整弁となった。また、私自身の都合もどうしようもない時は、他のメンバーに働きかけ善後策を講じた。

評価項目⑥:下位等級者・有期雇用者等への指導

■昨年の春より配置されたパート社員2名の指導役を任されており、早期戦力化を目指し、業務の基礎知識のレクチャーはじめ実技を通じてスキル向上を指導できた。中でも、Aさんについてはパソコンスキルがまだまだ未熟でありできるだけ時間をかけ個別指導した。

評価項目⑦:職場や仕事の改善への提案や意見具申

■前年度の総務課の職場改善テーマである「円滑な課内コミュニケーションの達成」は課長が常に言われていることであり、課内ミーティングで以下の提案をした。
1.個人の課題の明確化 2.伝言メモフォーマットの整備と徹底 3.シフト勤務変更希望の一週間前ルールの徹底

評価項目⑧:自己啓発や自己研さん

■将来マネジメント職を希望しており社外のマネジメントセミナーに参加した。

■ワードとエクセルスキルは課内でも水準以上と自負するが、今後プレゼンテーション能力を高めるためパワーポイントをさらに勉強した。


3.技術職(専門職)の自己評価コメント(デザイナー職の場合の文例)

評価項目①:技術貢献課題の達成度

■本年度課題:
1.春季新製品発表のマスコミ向けリリース資料の作成
2.ホームページのリニューアルに伴うwebデザイン更新

■1.各メディアの反応も良く10社から問い合わせをもらう。広報担当者にも協力してもらい、内8社から取材依頼があった。特にA雑誌社は特集を組んでもらう。

■2.マイナーチェンジしかできなかった。しかし、秋のキャンペーンでは新製品紹介の車内吊りポスター制作が急きょ決定し取り組む。キャンペーン受注額は、目標比108%.前年比120%で貢献できたと考える。ちなみに使用宣伝費は予算比99%と予算内に収めることができた。

評価項目②:技術貢献できた(できなかった)理由と具体的行動

■マスコミ向けリリース資料作成については、実際の交渉窓口である広報担当者とよく連携を取った。特にメインターゲットの雑誌社には広報担当者と共に出向き、自らプレゼンテーションしたのが奏功した。

■ホームページのリニューアルはマイナーチェンジで終わったのは残念だった。秋のキャンペーンが予定外とはいうものの、春のキャンペーン終了後のまだ余裕のある時に構想を作っていれば良かったというのが反省点である。

評価項目③:来期(来年度)の技術貢献の課題

■本年の反省通り、ホームページリニューアルはやり遂げたい。当社の事業スキームもかなり変わってきており来年度の前期中を目標とする。

評価項目④:来期(来年度)の技術貢献に向けた具体的取組

■グラフィックデザインが得意の私にとって、webデザインは今後の課題である。ホームページから関連サイトへのリンクがスムーズにいくには、まだまだデザイン上の課題がありチャレンジ目標としたい。そのため、同業他社や異業種の研究をすすめていきたい。

評価項目⑤:職場のチームワークへの貢献

■現在のデザイン担当職は、平面デザイン担当と立体デザイン担当がそれぞれ2人の合計4人であるが、相互交流ミーティングを3ヶ月に1度、計4回開催した。定例展示会では平面、立体問わず当社デザインスタッフの総合力として展示した。

評価項目⑥:技術の伝承

■現在の仕事が私しか知らない固有の専門性にならないよう、技術的ノウハウを常に共有ファイルに収めている。特にキャンペーン関連業務で得た当社新製品開発に関する諸資料は守秘扱いとした。

評価項目⑦:関連部署との連携協力

■新製品発表キャンペーンにおけるマスコミ対策は広報担当者とよく連携を取った他、新製品開発プロジェクトメンバーの一員として、マーケティング部、新規事業部、社長室と連携を取り結果は評価項目①の通りである。

評価項目⑧:技術力向上・開発と自己研さん

■デザイン力のブラシュアップのために、社外イベントである経産省主催の「デザイン博2020」に参加させてもらい、工業デザイン最前線の勉強をすることができた。また、出身芸術大学の月例日曜公開講座には卒業後欠かさず参加している。


人事考課の書き方は、短い文章で簡潔に!

空白のスペースに文章を埋めるというのはなかなか面倒で気をつかうものです。

ましてそれが自分自身についての評価で、それによって給料やボーナス、出世などの査定に響くというのですからなおさらです。

自分を過小評価して何も書けなくてもいけませんし、あまり長い文章をずらずら書いて読みにくくなったり、意味が通らなくなってもいけません

この記事で挙げた文例などを参考にしながら、スムースに記入して、締め切り納期を守って上長に提出してくださいね。

高評価につながる自己評価の書き方のポイントは、
自己評価の書き方は? 人事考課シート記入の重要ポイント

上司の高評価を得るために普段から心掛けるべきことは、
普段の実践と自己評価の書き方が鍵。新入社員のための人事考課攻略法

自己評価シートを書いていると、自分のやりたい仕事ってホントにこれかなぁ?と疑問をもってしまった人は、
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

あなたが上司の立場で、部下に対して評価コメントを返す側であれば、
人事考課の上司コメント。部下へ返す評価コメント例文と注意点

うまく自己評価を記入して、あなたの人事評価が上がりますように。

あなたに最適な転職活動の進め方は?
転職診断
★自分の「個性」や「強み」がわかればもっと自己PRしやすいと思う…
女性事務員
無料の自己分析とスカウトサービスだけじゃない、転職者の8割が利用する転職サービス

フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす