サラリーマン副業バイト8種類|無理なく収入アップできる仕事は?

もうちょっと収入が欲しいと思ったとき、気軽にできるのはアルバイトの副業です。

バイト求人を探して面接にいけば、採用される確率も高く、すぐに働き始められます。

とはいえ、どんな仕事でもいいかというと、そこは平日・日中の時間を拘束されるサラリーマンならではの注意すべき点があります。

サラリーマン・OLに適した副業を紹介します。


1. 飲食店店員

副業 飲食店

いつも仕事が定時で終わる人は、夜の居酒屋やバーなどでバイトをするのが最も確実に稼げる手段です。人手不足で時給が上がっているので、結構な額を稼ぐことができます。

学生時代にこうしたお店でバイトしていた人であれば、だいたいのマニュアルに書いてあるようなことはわかっているので気軽にとりくめるでしょう。

スポンサードリンク

2. コンビニ店員

コンビニ店員

こちらも本業の会社で残業や休日出勤がない人向けです。シフトをうまく入れて体力を温存しつつ継続すれば、安定的な収入が得られます。

3. ホステス・コンパニオン

女性であればクラブ、キャバクラなどのホステスや宴会コンパニオンなどのアルバイトをする手段もあります(男性ホストの副業は拘束時間が長くほぼ不可能です)。

なんといっても時給が高いのが魅力です。

ただし水商売の世界も競争が激しく、新しい若いコが次々と入ってくるため、OLとのダブルワークを長期間続けることは楽ではありません。


4. 警備員

工事現場やスーパーの駐車場などの警備員のアルバイトもハードルが低い副業です。

日中のサラリーマンの仕事を終えてから深夜の仕事になることがほとんどで、肉体的な負担は大きなものがあります。

短期的にスキル不要で稼ぐには向いていますが、長期にわたりサラリーマンと兼業することは難しいでしょう。


5. 引っ越し作業員

土日に需要の多い引っ越しのバイトは、力自慢で体力のある人ならやってみてもいいでしょう。

かなり腰にくるので、若い時に稼いで早めに引退するのがおすすめです。

6. イベントスタッフ

こちらも土日や祝日の仕事が多いのでサラリーマンでもあまり負担がなく副業できます。

空いている日に仕事を入れるので気軽ですが、収入面では安定しません。


7.コールセンター

コールセンター

電話応対が得意であれば、コールセンターの仕事もいいでしょう。特に女性におすすめです。

深夜・休日のコールセンターは比較的ヒマで肉体を酷使するタイプの仕事でもないので、副業バイトでもやっていきやすいでしょう。

8. 家庭教師

学歴がそれなりにあって子供に教えるのが好きならば、家庭教師もいい副業になります。

ただし、時給は高いですが、時間は生徒次第でコマギレになりやすく、思ったほどは稼げないかもしれません。


アルバイト求人サイト

残業代も減ったし、体力的に余裕もあるし、という人は、さっそくバイト情報を探してみましょう。

●主なアルバイト求人サイトを紹介しておきます。強みのある地域や職種など、サイトには特徴がありますので、自分に合ったものを見つけましょう。

 

会社で昇級して給料アップした!といってもせいぜい月あたり数千円から1万円程度の違い。もっと手っ取り早く収入をアップさせるには副業です。政府ですら企業の賃金アップをあきらめて副業推進に動き始めました。

とはいえ自分で週末起業などするのはなかなか大変です。その点、お店などでバイトするのは、学生時代から慣れ親しんだ働き方ですよね。

アルバイトの求人情報は豊富にあり、人手不足のいまは時給も高く、給料も勤務した時間でだいたい計算できるので着実に稼ぎたい人に向いています。

 

副業を頑張りすぎて、身体を壊したり本業での支障がでないようにするために注意すべきことは、
ダブルワークはきつい!副業・バイト掛け持ち7つの注意点

 
あなたに適した副業で、しっかり収入アップできますように。