1. TOP
  2. うつ病からの仕事復帰は? 復職支援プログラムと再就職支援

うつ病からの仕事復帰は? 復職支援プログラムと再就職支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鬱からの仕事復帰は?

うつ病が回復してきたら、休職中だった人は復職を、退職した人は再就職を考えることでしょう。

しかし、いきなり仕事復帰すると、再発の恐れが大きくなります。

また、すぐには職場復帰へ気持ちが向かない人もいるかもしれません。

そんな人のためにあるのが、復職支援プログラム(リワークプログラム)就労支援制度です。

休職している人、退職して再就職を目指す人、それぞれ利用できる制度が異なります。仕事復帰をサポートする制度を紹介します。

スポンサードリンク

うつ病からの仕事復帰は?

うつ病などの精神疾患には「休むこと」と「リハビリ」が必要です。

骨折したら、まずは安静にし、骨がくっついたら徐々に動かしますよね。うつ病の場合も同じように「安静にすること」と「徐々に動かすこと」が必要です。

急いで職場復帰したものの、うつ病を再発し再び休職、あるいは復職がかなわず退職してしまった
という人も少なからずいます。

また、再就職の場合は、健康な状態であっても初めての職場というのは大変なのに、心と体が病み上がりでは、はたして付いて行けるのかと不安もより大きなものになることでしょう。

そんな人は、復職、再就職の不安をやわらげるための制度を活用しましょう。

「徐々に動かすお手伝いをしたり」「病気を再発させない心の使い方」や「コミュニケーションの方法」を教えてくれます。再就職者には就職を斡旋してくれたりもします。

休職者、退職者が利用できる制度について紹介します。

スポンサードリンク

1.うつ病での休職者は、復職支援プログラム(リワークプログラム)の利用を

うつ病や躁鬱病などの精神疾患が回復してきても、いきなり元の職場に復帰したり再就職すると、再発するリスクが大きいです。

そんなときに活用出来るのが「復職支援プログラム(リワークプログラム)」と呼ばれるものです。
これは、心の問題で仕事ができなくなった人が、問題なく復職できるよう支援し、再発を防ぐ為の取り組みです。

リワークプログラムを受けるには、精神疾患がある程度回復してきた頃に、主治医に相談してみるのが良いでしょう。

基本は職場復帰を目標とした休職者向けですが、民間企業が行っているものなどでは退職者も受けられます。

復職支援プログラムを利用すると下記のような利点があります。

1-1. 決まった時間に起床し、通勤し、決まったプログラムを行うのでリハビリには最適

うつ病である程度回復してきたら「リハビリをする」と上記でありました。

その第一歩が「決まった時間に起床する」ということです。

それまで安静にしている生活から、今度は普通の生活リズムに戻すことが必要になります。

自分の意思だけですとなかなか大変ですが、リワークプログラムを受けるようという気持ちが、キチンと起きるきっかけになります。

また、外出し電車にも乗るということも良いリハビリになります。

1-2. パソコンを使った資料作成や運動も

症状が回復してくると集中力が戻ってきます。

「図書館で本が読める」「資料作成が出来る」などの簡単なことを目標にまずは始めます。

リワークプログラムではそれらのリハビリも行っています。

またみんなで体を動かす運動のプログラムや掃除も入っているところもありますので「体を動かす」きっかけにもなります。

徐々に体を動かす量が増えると夜もぐっすり寝られて、症状回復への糸口となります。

1-3. 同じ境遇の仲間も出来、一緒にとりくめる

リワークプログラムの最大の利点は同じ境遇の仲間と一緒になってやっていけるということです。

うつ病などでは孤立したり、劣等感を感じたり、自責の念にかられたりします。

そこへ同じ境遇の仲間がいるというだけでも「1人ではなかったんだ」と励みになります。

辛い悩みを共有したり、また相手の悩みを共感することで、気持ちが楽になることもあります。

また同じ境遇の仲間が、大変ながらも一歩を踏み出そうとしている姿は本当に励みになります。

1-4. 病気の再発を防ぐような心の使い方が学べる

ほとんどの復職支援プログラムで、病気の再発を防ぐような心の使い方(認知行動療法)を教えてくれます。

ほとんどの精神疾患にも効果があるという臨床結果も出ている方法で、この心の使い方が学べると病気の再発を防いだり、ストレスを感じにくい心の使い方が出来るようになります。

1-5. 人間関係を円滑にするコミュニケーションも学べるところも

色々な原因でうつ病になってしまったと思いますが、ひとつの要因に人間関係があげられます。

そんな人のためにはコミュニケーションのコツを教えてくれるところもあります。

「アサーショントレーニング」と呼ばれ、アサーションとは自分も相手も大切にした自己表現という意味です。

相手を尊重しながら自分の意見を主張するための方法を身につけるコミュニケーションが学べます。

1-6. 復職支援プログラムを受ける方法

復職支援プログラムを受けるのは、主に以下の3つの窓口があります。

1.地域障害者職業センターリワーク支援

全国の都道府県に設置されています。

例)東京のリワーク支援のプログラム
http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/tokyo/om5ru80000009ilf-att/om5ru80000009iqq.pdf
休職中の方が対象です。失業中の方は受けられません。無料ですが、利用希望者が多く待つこともあります。

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)
http://www.jeed.or.jp/index.html

2.病院やクリニックに併設されているデイケア

費用は1日数百円程度必要になります。自立支援費医療という医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度を申請すると3割負担が1割で受けられます。また負担の上限額もあります。

参考:厚生労働省の自立支援費医療の制度
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/jiritsu/gaiyo.html

うつ病リワーク研究会(リワーク活動している医療機関や施設を検索出来ます)
http://www.utsu-rework.org

3.民間の企業やNPO

民間の場合は、失業中の方でも受けることが出来ます。料金はそれぞれの施設によります。

企業の視点にたってプログラムを組んであるところでは、より実践的なリハビリができます。中にはパソコンやプログラミングなど、より専門的な実践訓練を行ってくれるところもあります。

2.うつ病での退職者は「就労移行支援制度」の利用を

退職して失業中の方を対象にした復職支援プログラムと似たようなサービスとして、「就労移行支援」があります。

これは障害者総合支援法で定められた福祉サービスのひとつで、民間企業やNPOの就労移行支援事業所でサービスを受けることができます。

福祉のサービスなので抵抗あるという方もいるかもしれませんが、低予算でリワークプログラムで提供されるような内容を提供しているところもあります。

障がい者就業サポートガイド!障害者が運営する障害者のための就職支援サイト(全国の就労支援事業所(施設)の検索ができます)
http://www.fukushi-navi.jp/index.php

就労移行支援では主に次のようなサポートを受けることができます。

2-1.仕事をする上で必要なスキル等を身につける職業訓練

パソコンを習得したり、資料作成などを行っているところがあります。リハビリ等や技術習得にも良いです。

2-2. 就職活動の対策サポート

面接対策や履歴書作成など就職活動に必要なこと、ビジネスのマナーなども教えてくれるところがあります。

2-3. 就職の斡旋など

役所やハローワーク、病院等の関連機関と連携しながら、個々の適性に合った就職の斡旋なども行ってくれます。

2-4. 就職後の職場への定着支援

就職後の定着を支援するようなサービスを行っている施設もあります。

2-5. コミュニケーションや認知行動療法の指導

認知行動療法やアサーションのコミュニケーション方法を教えているところもあります。

2-6. 退職後、最大2年間利用できる

就労移行支援事業所の利用期間は退職後原則24カ月(2年)内で利用することが可能です。

利用できる期間に制限があることもあり、少し症状や体調が回復されてから利用するのが良いでしょう

2-7. 利用者負担額の軽減措置がある

障害福祉サービスの利用者負担額はサービス提供費用の1割を上限として、利用者本人の収入状況等に応じが負担上限額が設けられています。

2-8. 障害福祉サービスの支給申請手続きは?

就労移行支援事業所を利用するには、行政が発行する「受給者証が必要」です。

お住まいの市区町村の窓口(保健福祉部健康福祉課など)で、障害福祉サービスの支給申請の手続きを行ってください。

スポンサードリンク

3.再就職には、ハローワークを最大限利用する

ハローワークには「専門援助部門」という、窓口が設置されていて、再就職の支援をしてくれます。

もちろんうつ病の人もこの窓口でサービスが受けられます。

3-1. うつ病の特性を理解した上で仕事探しをサポートしてくれる

うつ病の特性を理解した上で再就職先を探してくれたり、求人企業や求人内容の細かい情報を提示してくれたりなどのサポートを受けられます。 

3-2 病気を隠すか隠さないかなどの確認をしてもらえる

病気を隠して就職するか、オープンにして就職するか悩み、迷いどころですが、そのアドバイスにも乗ってもらえます。

3-3.障害者枠を紹介してもらえる

精神障害者保険福祉手帳があると企業の障害者枠も紹介してもらえます。

3-4. 就職後もフォローがある

就労後に急速な変化で調子を崩さぬよう、徐々に勤務時間を延長する体勢などスムーズに職場になじむフォローもしてくれます。

3-5. 他機関との連携も出来る

障害者修業・生活支援センターや職業能力開発施設など就労機関と連携しているので困ったときなど相談も出来ます。

3-6. 事前実習やトライアル雇用も出来る

ジョブコーチや地域障害者職業センターと連携して事前に研修を受けることも出来ます。
トライアル雇用では終業前にハローワークの紹介により企業で一定期間働ける制度です。互いの様子がわかり、ミスマッチも防げます。

3-7. 専門家に相談できる

精神障害者雇用トータルサポーターという精神障害者の就職支援に関する専門家が配置されていて相談もできます

3-8. 面接や履歴書の書き方などもサポートしてくれる

面接の受け方や、履歴書などの書き方を教えてくれます。

3-9. 障害者手帳か医師の意見書が必要

うつ病の人が「専門援助部門」のサービスを受けるには障害者手帳か主治医の意見書が必要になります。
  

復職や再就職のサポートに制度を活用しよう

いかがだったでしょうか?
うつ病をはじめとする精神障害の方の復職・就労の支援には本当に色々な制度があります。

ぜひ、ご自身の状況にあったサービスを受けれることをお勧めいたします。

しかし、中には福祉サービスや障害者手帳や受給者証を発行することに抵抗がある方がいるかもしれません。

もちろん、プラスになるかどうかはご本人しだいですが、食わず嫌いで活用しないよりも、まずはやってみて活用してみて、復職や再就職のサポートになれれば、それに越したことはありません。

病気になりにくい心の使い方である「認知行動療法」や、自分も相手も大事にするコミュニケーションスキルの「アサーション」などは、仕事でもプライベートでも使えるスキルです。ぜひ活用してみてください。

また、こういったサービスの良い点は同じ境遇の仲間が出来るということだと思います。

病気というのは、「自分だけなんてこんな思いしないといけないんだ」という思考になってしまいがちです。

しかし、同じ境遇の仲間に出会え、悩みを共有したり共感したりすると「症状や苦しみを抱えていたのは自分だけじゃなかったんだ」と思えます。

また、同じ境遇の仲間が、悩みながらも、その人の道を前に進もうとしている姿は励みになります。

もし1人で悩んでいるのなら活用してみると、新しい発見があるかもしれません。

休職中や退職した場合のお金の問題は、
うつ病で休職期間中・退職したときに収入を得るには?

うつ病で休職・退職中の過ごし方で大切なことは、
うつ病で退職~再就職までの過ごし方。再発防止心境チェック

うつ病で休職する手続き、仕事復帰のためにやっておきたいことは、
うつ病での休職手続き。スムーズな職場復帰のために大切な事

あなたが、着実に仕事復帰、再就職へ向かって進んでいけますように。

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
最低でも年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす