薬剤師の悩み<転職で年収アップ!>

薬剤師の悩み<転職で年収アップ!>

スポンサードリンク

高年収の求人が多く、人手不足で転職もしやすいと言われている薬剤師。

実際、薬剤師は他業種に比べ転職して年収アップを成功させる人の割合も多いです。

しかしその一方で、より良い環境や待遇を求めて転職した結果、以前よりも悪い職場環境へ転職してしまったという薬剤師の人も少なくありません。

転職はその後の人生を大きく左右する重大イベント。

たった1回の失敗が自分のキャリアの傷となってしまう事もある為、慎重に考えて行動することが重要です。

そこでこの記事では、薬剤師として転職を考えている人の為に転職して失敗しない為のヒントをお伝えしていきます。

「間違った判断をしていないか」

「このまま転職して大丈夫か」

など、自身の現在の状況と照らし合わせつつ、1つの判断基準として参考にしてください。


スポンサーリンク

「今の職場を辞めたい!」薬剤師が転職を考える理由

「もうこの職場で働いていくのはつらい、、」

転職市場では、全体の傾向として現状への不満から転職を考える人の割合が圧倒的に多いです。

まずは薬剤師で転職を考えている人にありがちな転職理由を紹介していきます。

休日や勤務体系を理由に転職を考えている

ドラッグストアや病院勤務の人に多い悩みとして挙げられるのが休日や不規則な時間といった勤務体系。

土日休みがなかったり夜勤もあったりと、これらを理由に転職を考える人は多いです。

勤務時間も長くなりがちな為、体力的な問題や労働に対する収入が見合ってないという不満が背景にあります。

職場環境に馴染めず転職を考えている

少人数制の調剤薬局で働く人に多いこの悩み。

主に職場の人間関係が原因で転職を考えるというケースです。

薬剤師の中には性格が細かく気難しい人も多く、職場でのコミュニケーションの構築がうまくいかずストレスの原因となってしまう人も少なくありません。

待遇・収入面での不満から転職を考えている

小組織の病院や調剤薬局では、待遇面や収入で他より劣るケースもあります。

狭い人間関係を求めて小さい職場を選ぶ人も多いですが、いざ働いてみるとやはり他の薬剤師との収入差が気になり始め、そこが職場に対する不満へと繋がっていきます。

薬剤師は高収入と言われている職業ですから、働き口の少ない地方では収入面で不満を持つ人が多いです。

これらを理由に仕事を辞めるのはダメなのか?

この他に復職や引っ越しを理由に転職を考える人もいますが、ほとんどの場合が上の3つのような不満を理由に転職を考えています。

不満を理由に転職を考えている場合、まずは自分でその悩みを解決する努力が必要です。

例えば、

  • 職場の人間関係に悩んでいるのであればコミュニケーション能力を自分で磨いてみる
  • 仕事がうまくいかないと悩んでいる人はもう少し長い目で見て頑張ってみる

など、それらをしてダメだった場合に初めて転職という選択肢が出てくるのです。

不満を持った際、解決に向けた行動もせず転職を決めてしまうと、ほとんどのケースで転職先でも同じ壁にぶつかります。そしてそれがまた次の転職理由に繋がってしまうのです。

前職がブラック企業でもない限り、転職したところで劇的に環境が変わる事はそうありません。

まずは自分の力で現在の不満を解決できないか考え行動し、その結果次第で転職を検討するのがいいでしょう。

待遇面や収入面については組織規模に影響される場合が多く、その場合交渉だけではどうにもならない為、これらを理由に転職を考えているのであればこのまま転職活動を進めても特に問題はないと言えます。

ネガティブ転職は失敗に繋がる

いくら転職しやすい薬剤師とはいえ、これをそのまま面接で伝えていたら転職はまずうまくいきません。

不満を理由としたネガティブ転職は企業にマイナスイメージを与えてしまうからです。

仮にこの理由をストレートに伝えて内定がもらえた場合、その職場は以前よりさらに条件の悪い企業の可能性があります。

「不満を理由にした転職はNG」

これが転職するうえでの大前提です
エクスファルマ

スポンサードリンク

薬剤師が転職を失敗させない為の3つのポイント

不満を理由にした転職はNGと言ったものの、冒頭でお伝えした通り実際にはほとんどの求職者が不満を理由に転職をしているというのが実態です。

そんな中でも転職を成功させる薬剤師と失敗させる薬剤師のように差が出てきてしまうわけですが、この差はどこで生まれるのでしょうか?

転職経験が少ない人は気付きずらいのですが、薬剤師で転職を成功させる人は次の3つのポイントを意識して転職活動をしています。

1.ポジティブな理由で面接に臨む

根底にはネガティブな理由がもちろんありますが、転職を成功させている薬剤師は企業に対してポジティブな転職理由を伝えています。

自分を客観的に分析し、企業に自分の強みを積極的にアピールしているのです。

  • 薬剤師として自分に何ができるのか?
  • 自分が入る事で企業にどんなメリットがあるのか?

逆に、なかなか採用につながらない人の多くが

「職場の人間関係がうまくいきませんでした。」

「長時間労働が辛くて、、」

など、ネガティブな理由を企業に伝えています。

薬剤師の転職活動においては、ここに圧倒的な差が生まれるのです。

自身が雇用側になって考えてみれば分かる事ですが、不満を言う人と未来を見ている人、雇用主にとってどちらが魅力的に見えるかは言うまでもありません。

自分を雇用する事のメリットを企業にたくさんアピールする

これだけで成功の確率は大きく上がります。

2.言う必要のない事まで言わない

日本人の特性なのか、これには多くの人があてはまりますが、選考時には企業がマイナスに思う事をいちいち言う必要はありません。

「職場で失敗してから働きずらくなって、、」

「人間関係でトラブルを起こしてしまいました。」

など、自分のミスやマイナスな部分を話せるのは良いことではありますが、転職活動においては逆効果。これでは自分は職場に馴染めない人材ですと企業にアピールしているようなものです。

面接時に都合の悪いことを話す義務はありませんので、企業にポジティブな印象を与える事だけをアピールしていきましょう。

転職経験がある人なら体験しているかもしれませんが、企業も自社に都合の悪いことは言いませんし、求人票にも載せません。

3.情報収集を徹底的にやる

これは転職後のミスマッチ、つまりイメージしていた職場・仕事とは全然違ったといったことを防ぐ為にとても大事なことです。

薬剤師転職の失敗パターンには、転職後のミスマッチによる失敗とキャリアダウンによる失敗がありますが、転職後のミスマッチは事前の情報収集で防げるケースが多いです。

今言ったように、企業も自社に都合の悪い事は絶対に求人票には載せませんので、こちらから積極的に情報を拾っていく事が重要になってきます。

  • 企業の評判はどうなのか?
  • 企業・病院の規模はどの程度か?
  • 職場環境・社風はどうなのか?

これらの情報を事前に細かく集め、そのうえで応募していく事で転職後のミスマッチを防ぎやすくなります。

以上の3つが転職を成功させている人に共通しているポイントです。

  • 事前の情報収集
  • ネガティブ要素の排除
  • 徹底した自己分析

ここに意識を向けて転職活動する事が薬剤師転職のカギとなってきます。

薬剤師の転職成功の近道はエージェント

失敗しない為のポイントをお伝えしてきましたが、実際のところこれらを一人でするには正直難しい部分があります。

企業の情報はインターネットやSNSで調べる事くらいしかできませんし、転職経験がない薬剤師の人にとっては自己分析や面接対策なども難しい。

これでは事前に十分な対策が取れているとは言えません。

その為、転職活動は専門家のサポートを受けながらするのがベストな選択と言えます。

つまり、転職エージェントを利用して転職活動をしていくという事です。

転職エージェントとは?薬剤師が利用する事のメリットを紹介

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーという転職の専門家が無料で転職支援をしてくれるサービスの事を言います。

  • 自己分析・キャリアプラン作成を手伝ってくれる
  • 職務経歴書・履歴書の添削
  • 面接対策でのアドバイス
  • 企業とのやり取りの代行
  • 深いレベルでの企業情報の提供

これら転職に必要な事を全て専門家がサポートしてくれるので、内定に向けて効率良く転職活動をしていく事ができるのが強みです。

転職エージェントを利用することで、求職者には次のようなメリットがあります。

企業の社風や労働環境を事前に把握

企業の情報は求職者が一番知りたい部分。転職後に「事前の話と全然違った。」「条件面で騙された。」なんて事は絶対に避けたいところです。

しかし、ネットの検索だけでホントに知りたい情報を知ることはなかなかできません。

一方で、エージェントは企業の人事や直接取材を基に社風や雰囲気といった労働環境を細かく把握しています。ミスマッチ率を下げられるというのはもちろん、求職者は転職後の自分がイメージしやすくなります。

表に出てこない求人を紹介してもらえる

一般的に、自力で転職活動をする場合は転職サイトやハローワークを利用しての転職活動になりますが、エージェントには非公開求人という表には出てこない求人も集まっています。

レアな優良企業からの求人も多く、選択肢が増やせるという点でメリットがあります。

非公開な理由は企業によって様々ですが、高年収求人や管理薬剤師求人といった好条件の求人が多いのが特徴です。

自分では言いづらい条件交渉の代行

面接時に、自ら希望(勤務条件・給料など)を交渉できる人はそういません。

「言った事で相手にマイナス評価を与えないか?」

「不採用に繋がるのではないか?」

こういった気持ちがどうしても働く為、提示された条件が希望通りでなくとも断れずにのんでしまう人がほとんどです。

エージェントを利用すればこれらの交渉は全て代行してもらえるので、自分の希望を企業に伝えやすくなります。

ワンクッション入るので企業にマイナスな印象を与える事もありません。

内定率を上げる為の対策ができる

キャリアアドバイザーによる具体的な対策指導もエージェントの強み。

  • 第3者の視点を取り入れる事で客観的に自分を分析
  • 企業のクセを知ったうえでそれに合わせた面接対策

自己分析が上手く出来ない人にとって第3者目線での意見はとても貴重ですし、今後5年~のキャリアプラン作成もしやすくなります。

また、エージェントは過去のデータから企業毎の選好のクセも把握しているので、それに合わせた具体的な対策を講じたうえで選考に臨めます。

これらのサポートは転職活動の大きなプラス要素と言えます。

全て自分で進めなければいけない自己応募での転職活動に比べ、エージェントでは分からない事は全てキャリアアドバイザーに聞けば解決できるので、求職者にとってはメリットが大きいサービスです。


知名度のある大手エージェントに登録するのが◎

エージェントを利用する際は、知名度があり企業規模の大きい大手のエージェントを利用するのがおすすめです。

大手のエージェントほど求人数も多く集まり、規模の大きい企業からの求人も集まります。

それを踏まえたうえでおすすめな転職エージェントがこちらです。

マイナビ薬剤師

サポートに対する評価が高い大手のマイナビが運営する薬剤師に特化した転職支援サービスです。

マイナビ薬剤師は薬局事情に精通しているのはもちろん、求人以外の情報にもこだわっており、現場の薬剤師からも直接話を聞き状況を把握しています。

もし転職エージェントを利用するのであればマイナビ薬剤師を利用する事をおすすめします。

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度5年連続NO,1
  • 求人数53000件以上
  • 全国の求人を網羅
  • 1人あたり平均19.5件の求人紹介

薬剤師の転職を成功させる為に

転職で失敗しない為の方法についてお伝えしてきましたが、大事なのは

  • 問題解決の為にまずは自分で努力をする
  • 正しい方法で転職活動をする

この2点につきます。

逃げの転職は後の失敗に繋がる可能性が高く、転職活動の進め方を間違う事で転職後のミスマッチを起こすリスクもあります。

1度の転職が人生に大きな影響を与える事にもなるので、本当に転職が必要か今一度考え、自身がない場合は転職エージェントを利用しながら着実に転職活動を進めていく事をおすすめします。
マイナビ薬剤師

2019/07/19 2019/07/22

スポンサーリンク
この記事も一緒に読まれています